ターンX


「今までの時代は間違っていたのだ、人類は戦いを忘れる事など出来はしない。
 だから、このターンXで全てを破壊して、新しい時代を始める!」

サンライズのアニメ作品『∀ガンダム』に登場する、∀ガンダムと対を成すMS(モビルスーツ)。
デザインは∀ガンダム同様シド・ミード氏によるものである。

型式番号 Concept-X 6-1-2(Concept-X Project-6 Division-1 Block-2)
全高 20.5m、重量 50.6t。

ムーンレィス所属ギンガナム艦隊の 御大将 (おんたいしょう)、
ギム・ギンガナム(:子安武人)の手によって月のマウンテンサイクルより発掘され、彼の愛機となった。
従来のMSとは異なる技術で作られたらしく、それらを遥かに超える性能を持ち、MS単体では最強クラスの戦闘能力を有する。

全てにおいて正体不明の機体であり、スペックや来歴には謎が多い。
上記の 御大将 の台詞や、劇場版での主人公ロラン・セアックの発言から∀ガンダムの兄弟機であるとされる。
一説によれば、戦火を逃れ外宇宙に進出したニュータイプの移民者たちの子孫が生み出した機体が偶然地球圏に漂着したものがターンXであり、
外宇宙の技術力に恐れを感じた地球人たちがターンXの技術を元に黒歴史当時の全技術を結集して作り出したのが∀ガンダムであるとも言われている。
機体の各所に補修や改造の跡が見られる事から、過去に幾多の戦いで用いられて来た事だけは確かなようだ。
腕や足の形が左右非対称な上、明らかにバックパックだけ形状的に浮いているのはそのため。
また、は過去の戦いで∀ガンダムにより付けられたものらしい。
ちなみに名前の「X」は「10番目(X)の星により道を曲げられたもの」という意味で、
作中でも「ターンXって言ったって、Xに変わりないじゃないですか。」「何なんだ、ターンって?」とツッコミを入れられている。
この他にも小説版では「XはターンしてもX。すなわち時代の揺り戻しに屈する事もない。故に普遍の真理である」とも言われている。

主な武装としては、背部バックパック「キャラバス」に搭載されているものに、
ビームライフル、ビームバズーカ、ハンドビームガン、および3連装ミサイルランチャー(ただし殆どの武装が使われていない)。
右手には3本のワイヤークローに加え、ターンXの代名詞とも言える溶断破砕マニピュレーターを装備。
右腕を展開し、ビームをIフィールドで成形する事で、掴んだ物を破壊する必殺技「シャイニングフィンガー」が使用可能。
機動武闘伝Gガンダム』の主役メカ・シャイニングガンダムの必殺技と同名だが、
最高にハイな 御大将 「シャイニングフィンガーとは、こういうものか!」 と叫んだ事からそう呼ばれるだけで、
シャイニングガンダムのものとは原理がまるで違う。
シャイニングガンダムの物は高熱の液体金属を流した掌で相手の頭部を掴み、破砕する攻撃であり、
ターンXのものは恐ろしく高熱なマニピュレーターで敵機体表面を溶解し、敵機体内部に連続で輻射波動を打ち込んで内部から爆散させるものである。
よって、本来はシャイニングガンダムとはまるで無関係の可能性が大きいと思われる。
また右腕マニュピレーターのクロー部には3連装ビーム投射システムが搭載され、
ビーム砲としての使用はもちろん、ビームを長く伸ばして収束し、ビームサーベルとして使用する事も出来る。

さらに、∀ガンダムなどのMSに用いられている「Iフィールド・ビーム・ドライブシステム」をより高度な形で搭載しており、
宇宙世紀でいうサイコミュシステムのような制動をする事が可能。
これによって機体を頭部・両腕・両肩・胸部・背部・腰部・両足の各部位単位で自在に分離合体して戦う事が出来、
頭部以外の各パーツに装備されたビーム砲を遠隔操作してのオールレンジ攻撃「ブラディ・シージ(和訳すると 惨たらしい包囲攻撃 )」を使用するほか、
緊急離脱の手段としても用いられる。
分離のアイデア自体はジオングが考えられた時にすでに出ており、初代ガンダムから実に20年という長い期間をかけて初めて映像化されたものだったりする。

各パーツにはそれぞれ独立した機能があるらしく、頭部(通称エックストップ)は機体全体の制御は勿論、
巨大衛星砲カイラス・ギリ」をコントロールする事が出来る。
また腰部ユニットには相手の武器をコピーする機能が備わっており、
最終決戦では∀ガンダムからデータを吸収、ナノマシンでありとあらゆる物を分解して砂や土へと還元する禁断の兵器「月光蝶」までもが使用可能になった。

その高性能故か起動に莫大な電力を必要とするらしく、初めて機体本体を起動させた際には月の都ゲンガナムを停電させてしまった。
が、前述の腰部ユニットは相手のエネルギーを吸収する事も出来るらしく、劇中でもハリー・オードの搭乗するスモーのエネルギーを略奪していた。

と、ここまでターンXの性能を書いたが、これでも外宇宙においては ただの量産機に過ぎない という恐ろしい説があったりする……

「ギム・ギンガナムッ!
 刺し違えてその命、貰い受けるっ!」
「このターンX凄いよ!さすが∀のお兄さん!
 スモーのエネルギーは全て貰っている、ゲンガナムの電力を頂いたようになぁっ!
 解っているのかハリー・オードォォッ!」
「ユニヴァァァァァァス!!」

「月光蝶である!」

ギンガナム艦隊は、月を守る武人として2500年の軍事演習を続けていたが実戦経験はただの一度もなく、劇中でも部下が初歩的なミスを犯す場面があった。
それでも流石に 御大将 自身は即座に実戦に対応し、数機のモビルスーツを撃破する活躍を見せた。尤も、 味方も巻き込んでいる のだが。
だが、その 御大将 も乗機を捨てて挑んだロランとの生身での一騎打ちにおいて、素人のロランに 刀をポッキリと折られている
しかし、折れた刀でロランの刀を弾き飛ばすだけの強さは見せているので、完全に敗北したわけではない。

パイロットの 御大将 は戦闘技術こそ卓越してるもののニュータイプではないため、
本来ニュータイプ用に開発されたターンXの真価を発揮させる事は出来なかったようだ。
しかし、それでもなお恐ろしい戦闘力を誇り、欲望のままに戦火を拡大する 御大将 の手によって、
一機でハリー率いる親衛隊を撤退に追い込むなど多大な活躍を見せるが、
最終決戦においてロランが搭乗する∀ガンダムと相打ちになり、お互いの「月光蝶」の光に包まれて 御大将 共々消息不明となった。
ちなみに初登場時は頭だけの状態で部下のマヒローに抱えられていた。かわいい。

なお、初期プロットに基づいて書かれた福井晴敏の小説版では、月に向かうロラン一行を襲撃するもののその戦いで戦死するという中ボス程度の扱いだった。
アニメ版の脚本完成までの間に御大将に何があったのだろうか……。

御大将 の素晴らしき活躍&名台詞集

+各ゲームでの活躍
+ガンダムVSガンダムシリーズでのターンX
VSシリーズには『ガンダムVSガンダムNEXT』から参戦(前作には背景としてのみの参戦だった)。
兄弟の∀共々、作中最高のコスト3000枠で参戦している。
武装は劇中で披露したそのほとんどが再現されており、
メイン射撃は背中にマウントされたビームライフル・バズーカを打ち切るごとに交換する方式で、最終的には右手からのビーム砲になる。
その他シャイニングフィンガー、脚部からのメガ粒子砲、全身を分離してのオールレンジ攻撃、
腕を飛ばしてのワイヤークロー、そして切り札の月光蝶と一通り揃っている。

一言で言うなら「近距離向け変則万能機体」。
ユニークな見た目に反して多くの武装は素直な挙動であり、弾切れで種類が変わるメインや、
2つの攻撃方法があるオールレンジ攻撃の癖を理解さえすれば、そう扱いにくい機体ではない。
特に特殊射撃のオールレンジ攻撃はこの機体にしかない強みであり、
自機の当たり判定を一瞬消しながら攻撃出来る特射、高弾速の腕を飛ばしつつ相手を包囲して射撃するレバー入れ特殊射撃と、どちらも強力。
レバー入れ特殊射撃によって近距離戦主体の機体に強いプレッシャーをかけられるのが強力で、
腕前の差が開いていなければこの特射をちらつかせ、あわよくば当てる事でかなりの優位に立てる。

余談だが、このゲーム、子安氏がCVを担当している人物 御大将 を含めて4人いるため、
やろうと思えば スーパー子安大戦 が可能。すごいうるさい。

続編の『EXTREME VS.』にも引き続き参戦。相変わらずコストは最高値。
武装的には前作と変わらず「武装を満載したオールラウンダー」なのだが、前作のような武装を取っ換え引っ換え使っていく方式ではなくなり、
メイン射撃のビーム砲とバズーカが独立した上に、優秀なサブ射撃の脚部メガ粒子砲はCSに移動。
弾幕を張る性能が前作に増して向上した。
ただし、格闘や前作の肝であった特殊射撃の分離攻撃の性能は全体的に下方修正されている。
他の3000コストのような強烈な技は持たないものの、射撃・格闘ともに攻撃の選択肢が多いのが強みとなっており、
これら豊富な武装を使い分け、相手の機体の苦手な部分を突き、
あわよくば豊富な近接択の数々で戦いのペースを握るのが『EXVS』以降のターンXの基本スタイル。
御大将の 「マニュアル通りにやっていますとはアホの言う事だ」 という台詞を体現するかのような機体に仕上がっている。

今作の肝は特殊格闘で繰り出せるシャイニングフィンガーであり、
これはレバー移動で対応した方向に高速で回り込みながらシャイニングフィンガーを繰り出すというもの。
格闘としての性能はいまいちだが、この技の肝は「高速で移動出来る事」であり、
この格闘と横幅の広いCSを組み合わせた連携は非常にいやらしい。

月光蝶はエクストリームバースト(覚醒)中にのみ発動出来る、所謂必殺技のような立ち位置に移動。
前作と違いきちんと相手に向けて銃口補正がかかり、コンボに組み込む事も可能。

次回作『FULLBOOST』でもその性能は相変わらず。新技が多数追加された兄弟と違い武器はほとんど前作と同様だが、
武器の性能はそのままにロック距離の延長+足回りの強化というアッパー調整を受け、まるで穴の無い強機体に躍進。
我が世の春春期には5強に数えられる安定した戦果を上げ、6月末の更新でさすがにやりすぎたと判断されたのか、ロック距離は短縮された。

だが、御大将はこれで終わらなかった。
有志の研究により、兄弟ともどもA覚醒の性能が異常な事が露呈したのである。
本作は覚醒の仕様が変わり、機体選択時に「攻撃性能を引き上げる攻め向きの「アサルトバースト」(A覚醒)」
「防御力やリロード時間を強化する守り向きの「ブラストバースト」(B覚醒)」
という二種の覚醒が選べるようになったのだが、そのA覚醒でかかる性能補正が B覚醒を食いかねない攻撃・防御補正 である事が判明したのだ。
具体的に言うと A覚醒は攻撃力補正が格闘機並なのに防御補正もブラスト系最高の30%の補正がかかる
…本機のB覚醒の防御補正は 25% である。
この覚醒選択の意味を消滅させかねない狂性能から、プレイヤーからは「AでもBでもない、新たな覚醒」という意味も込めて 「C覚醒」 と呼ばれていた。
ちなみにこのCはCompleteとかCheatとか、なんの頭文字かは意見が分かれる。

これもやりすぎたと判断されたか、C覚醒もアップデートで修正された。もっと早くやれよバンナム
しかしそれでもA覚醒は攻撃20%防御15%、B覚醒は攻撃力補正がないものの防御力補正30%と全機体トップクラスの性能であり、
プレイヤーからは「ターンタイプの圧倒的性能の原作再現なんじゃ?」と言われている。

あと、今回の 御大将 はTV版が落ち着いて聞こえるくらいにハイテンションで叫ぶので、やかましいゲーセンの中でも比較的彼の声はよく通る。
特に、先ほど紹介した特格を連続で使用すると 非常にやかましい。

以降のシリーズにも、コンセプトをそのままに継続参戦している。
しかし、『マキシブースト』以降は周囲の機体が新武装や大幅な強化を受ける中、微妙なアッパー調整ばかりが続き、
『マキシブーストON』では、大幅な上方修正を受けたにも関わらず周囲の機体がそれ以上にヤバかったため
最終的に3000コストの中でも下位の立ち位置に落ち着いてしまった。

+ガンダム無双シリーズでのターンX
『ガンダム無双2』にも登場しているのだが、条件を満たさなければ使用出来ない∀と違い、
ターンXは ただパーツを揃えるだけで使用出来る という簡単な物。
そのためか性能は∀ガンダムに及ばない上攻撃モーションも少ない。と言うか∀がチート(ry
その上、ロランのストーリーモードでは 御大将 の乗るターンXを撃破すると 御大将が武者ガンダムに乗り換えて再戦してくる
発売前の第2回人気投票ではサザビーに次いで2位だったのに……。

「このターンX凄くないよ!本当に∀のお兄さん!?」

パイロットとしての 御大将 の性能は、格闘と防御は中々良好だが、射撃が壊滅的。具体的に言うと ワースト3位
全体的には中の下と言った所。まあパーツとスキルでどうにでもなるので、そんなに気になる差でもないが…。

また 御大将 を選択すると 「絶好調である!!」 と叫んでくれる。

そして『ガンダム無双3』では 念願のメイン機体に昇格!我が世の春がきたあああ!!!
シャイニングフィンガーが新要素の「誘爆」と相性がよく、雑魚MSの集団に突っ込んでいって一撃→雑魚の連鎖爆発で、
瞬く間にフィールドが更地に!というような 御大将 の高笑いが聴こえてきそうな素敵な活躍が可能になっている。
なお、選択時のセリフは 「今回も、絶ッッッ好調であるッ!!!(高笑い)」に悪化。
それにしてもこの 御大将 、ノリノリである。

+GジェネレーションシリーズでのターンX
初出の『F』では月光蝶 (マップ全体の全機体の武器エネルギーを低下させるマップ兵器) を持っており、
自軍の全機体にマップ兵器無効のオプションパーツを装備させ、
大量のターンXを購入して毎ターン月光蝶を繰り出し続ける事で、 敵軍を完全にハメ殺す 事が可能であった。
だが、そんな特別な使い方(自軍の半数近くが月光蝶用ターンXになり、作業プレイなのでつまらない)ではなく普通に戦わせた場合はかなり微妙で、
近距離で使えるシャイニングフィンガーは上の説明と異なり Gガンと同じ必殺技 になっており、
ゲーム内では必殺技の使い勝手が異様に悪かったために近接戦闘はむしろ苦手な部類。
おまけに射程の長いブラディシージまで必殺技扱い(ギンガナムがニュータイプじゃない故の措置だろうが)なので、遠距離もやっぱり苦手。
HPとEN値は流石に高いものの、不思議な事に 飛行能力が無い Iフィールド防御が無い 頭部脱出機能が無い と、
本来あるべき能力からは程遠い姿であった……(頭部脱出機能以外は後の作品で装備)。

しばらくはこんな扱いだったものの『WARS』でその武器特性が一気に改善。
待望のビーム格闘武器「溶断破砕マニピュレータ」を実装。さらには通常兵器版月光蝶も付き、シャイニングフィンガーも必殺技属性の見直しにより、
性能が強化されるなど、近接戦の火力を重視しつつも、ブラディシージが覚醒武器(要するにファンネル化)となって遠距離戦も実現、
マップ兵器版月光蝶で敵機を無力化する事も可能と、万能性に優れた良機となった。
通常の射撃武器はバズーカしかなく、ビーム射撃がないのが欠点だが、そこは勘弁してやって欲しい。
正直、より優秀な気がする。あれ?他にもそんな例があったような……。

…とか言ってたら、『WORLD』では弟はそれに対抗するかのごとく 核ミサイルが使えるようになった。 酷い主人公機があったものである…。
とはいえ、主人公機三体を手玉に取るムービーがあるなど、本作では凄まじい優遇っぷりである。
『OVER WORLD』では月光蝶が覚醒武器化したため、攻撃力は非常に高いが、MP消費武器が3つもあるというピーキーさに磨きがかかった機体となった。
そのためか 御大将 より同じ声で覚醒武器を強化出来るアビリティを持つムウ・ラ・フラガの方が能力を発揮出来る オノーレ!

「当たれぇ!!」
「当たるわきゃねぇだろおおおおおおおお!!!」


ちなみに 御大将 はと言うと、機体乗り換えにより 超ノリノリ でシャイニングフィンガーやゴッドフィンガーに興じていたりする。

「このゴッドガンダム凄いよぉ!さすがシャイニングのお兄さんだぁ!!」
どっちかというとゴッドガンダムは弟じゃないかとか突っ込んではいけない

+ヴァンガード版GジェネレーションシリーズでのターンX
この他にも『モノアイガンダムズ』やそのリメイク(に近い)『DS』、『CROSS DRIVE』などに登場。
これらの作品にはIDコマンドと呼ばれるもの(スーパーロボット大戦における精神コマンドのようなもの)があり、
御大将もそれを容赦無く使ってくるため非常に手強い。
また『DS』ではついに本家とのフィンガー対決が実現した。
19:47~
ちなみにこの『DS』の隠しストーリーにきれいな各作品のライバル達がメインの「ライバルルート」があるのだが、
ある条件を満たすと シーマジェリドゼクスや『モノアイガンダムズ』のラスボス など数キャラの内条件を満たした一人が、
御大将からターンXを強奪する という衝撃的な展開が見られる。

+スーパーロボット大戦シリーズでのターンX
スーパーロボット大戦シリーズでは『α外伝』と『Z』に参戦。
『α外伝』では性能が凄まじく高く、ユニット性能だけならあのネオ・グランゾンにも匹敵するほど。
特にハードルートの場合は、ザンネック4機の援護防御も合わせて厄介。
しかもHPが減ればド根性で回復し、おまけにターン制限もあってプレイヤー泣かせのシナリオであった。
また、初めて御大将が 絶好調である! と発言した作品である(ネタに定評のある中断メッセージにて発言)。
もともとは発音から生まれた空耳だが、めでたく公式で 御大将 のセリフとして採用されたようだ。
ちなみに後述の『Z』の中断メッセージでは同じ声の『キングゲイナー』のキャラ、アスハム・ブーンが 御大将 に対抗してこの台詞を放ち、
それに「月光蝶である!!」で返すというやり取りを演じている。そりゃネオ(ムウ)も呆れようというもの

『Z』ではオールレンジ攻撃が全体攻撃で射程の長いP武器、特殊効果がサイズ補正無視とバリア貫通という鬼仕様。
そして「自機中心型+装甲値ダウン効果付き」のマップ兵器の月光蝶を使ってくるなど、更に厄介な敵となった。
しかし、1話限りだがなんと 味方としてスポット参戦するのである。
HP以外は敵時のデータそのままなので、 御大将 の能力と合わせて無双が出来る。
無論、スポット参戦なので経験値やPP(パイロットポイント)は無駄になってしまうが。
その際に、元祖シャイニングフィンガーの声も務めたイザーク・ジュールのグフイグナイテッドとの戦いも可能である。

「俺にシャイニングフィンガーとやらを見せてみろ!」
「シャイニングフィンガーとはこういうものだ!」

『Z』本編では月光蝶で生命の木に大打撃を与え、(本人にその気は無いが)堕天翅の計画を阻止したのであった。
世界の危機を一つ防いだのだが、直後にあわや時空崩壊という事態に陥る。
その後死亡したかと思われたが、『Zスペシャルディスク』の後日談シナリオで、
エグゼクターシステムにその資質を見込まれてまさかの再登場。
文明の破壊の一翼を担う存在として、∀ガンダムや同じく復活したアクエリオンと剣を交えた。
今度こそターンX諸共戦死したらしく、以降のZシリーズに登場する事は無かった。御大将の事なのでちゃっかり生きてる可能性も捨て切れないが

なお、スパロボにおいては前述の「パイロットの実戦経験が乏しい」という短所も、
他勢力や異星人との対決を経ている事によって緩和されている可能性がある。
もし、そうだとすると強敵なのも道理かもしれない…。

+SDガンダムシリーズでのターンX
『SDガンダムフォース絵巻 武者烈伝 武化舞可編』では、
武者頑駄無真悪参の直系の子孫「抜刀武者逆伐(ぎゃくばつ)」として登場したが、商品化されていない。
西洋騎士甲冑風のアレンジでカッコいいのだが…。
しかし『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』では、なんと「項羽ターンX」として登場し、ゲーム『真三璃紗大戦』の同梱プラモとして商品化された。


MUGENにおけるターンX

+gen氏製作
  • gen氏製作
現在は入手不可。
∀ガンダムの製作者でもあるgen氏によって公開されたターンX。
氏の∀ガンダムと同じく『スーパーロボット大戦α外伝』の画像をベースにしており、
劇中で使用したほぼ全ての攻撃と 御大将 の名台詞・珍台詞がふんだんに盛り込まれ、見ても使って楽しめるキャラに仕上がっている。
他にもギンガナム艦隊旗下のマヒロー隊やメリーベル・ガジェットの搭乗するバンディットなどのストライカーも呼ぶ事が出来る。
もともと当たり判定が小さい上に、拘束時間の長い3連ビームやマヒロー隊にAI殺しのメリーベルと中々強力。
「相手のエネルギーを吸収する」機能は「相手のゲージを吸収する」当身技として再現されている。
この技によって相手のゲージを吸収するため、ゲージ技を使いづらくする効果も有る。
また、瀕死状態で3ゲージあると全画面防御不能大ダメージ技 「月光蝶」 を容赦なくぶちこんでくる。
しかし中途半端な体力とゲージだと自己修復に回してしまうため、ガード自体が甘い事もあって「月光蝶」が使えなくなって敗北なんて事も割とあったりする。
いずれにしろ、相手にする場合は瀕死状態での反撃のスキを作らせず、一気に倒してしまわないと危険になる。

「純粋に戦いを楽しむ者こそッ!」
「自分を捨てて戦える者には!」

オ・ノーレ!

+大会ネタバレ
大会では特に幻想浮遊島タッグバトルでの西行寺幽々子とのタッグが印象的。
「パワーゲージ吸収」→「バンディット呼び寄せetc」の極悪コンボを始めとした高威力・高火力の各種攻撃に始まり、
反撃を受けて体力を減らされても瀕死必殺技の「月光蝶」を叩き込んでねじ伏せるなど、活躍ぶりが半端ではない
(相方にお株を奪われるという失態もやらかしているが)。
優勝目前での敗退となってしまったが、本来主役であるはずの東方キャラを遥かに超える濃い弾幕を披露するその姿は、多大なるインパクトを残した。
もしかしたら、この動画の影の主役は彼なのかもしれない…。

また、このキャラをゲジマユにするととんでもない事になる。
良キャラ揃いの作品『別々』ランセレチームバトルロワイヤルでは、追い込まれてゲジマユ状態となったものの愛原奈都美(と和樹の旦那)の前に苦戦。
このまま敗退かと思われた所ででまさかの「月光蝶」を二連続発動し逆転。
その後も当身「生体反応収集」を2連発してみせてもおり、ゲジマユ状態の恐ろしさをまざまざと見せ付けている。

同様に力が・・・勝手に・・・トーナメントでは、我が世の春が何度も到来したり、月光蝶重ねがけで大ダメージを叩き出したりと正に 絶好調
ターンXで視聴者の腹筋を破壊してカニミソへの引導を渡し、と並んで暴虐の限りを尽くし、大会の問題児と呼ばれた。

特に音速丸との戦いでは御大将ならではの 迷言 を生み出した
(7:22~8:44)

「ターンXで全てを破壊して・・・

 我が世の春が来たあああああ!!!」

「ターンXで全てを破壊して、新しい

月光蝶である!!!」

末期は『スーパーロボット大戦Z』のドットを使いリメイクしたものが作られていた。
ドットのサイズもちびキャラだった旧ターンXと比べかなり大きい。
ストライカーが専用ゲージを消費するものになったり、月光蝶がガード可能になったりと性能はややマイルドになるようである。
ちなみに製作者様曰く「AIに関しては自由に公開して下さって構いません」との事である。

winnie氏によるAIが存在したが現在は氏の引退により入手不可。
ガードは硬すぎずそれでいて強く、なにより挑発をよく使うのが特徴的で、誰彼構わず勧誘したり、死亡フラグを解説してくれたりした。
まぁ、全てのセリフを聞く事は、AI同士の対戦が主流のニコニコ動画ではまずないのだが。

+かっちぇ氏製作
  • かっちぇ氏製作
こちらはリアル頭身のターンX。
ストライカーの類は持ち合わせていないがオールレンジ攻撃や溶断破砕マニピュレータ等、原作の技は一通り揃っている。
コマンドがボタン同時押しや順押しなど非常にシンプルな上喰らい抜け出来るメガクラッシュも搭載されており、人操作でも扱いやすいのが特徴。
AIも搭載されており、強キャラと互角以上の強さである。
遠距離においてジャンプを繰り返しながら弾幕を張る事が多く、そのためにガードの堅い相手だとタイムアップになる事も。

そして、ターンXの特徴である左右非対称のシルエットであるが、左向き右向き両方の画像が用意されており、
シャイニングフィンガーが左右反転してしまう事もない。芸コマ。

また 迷言 を生み出したよ!さすが御大将!(9:02)

「シャイニングフィンガーを使う

ディアナがそんなに好きかあああああ!!!」

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー




「戦場でなぁ!恋人や女房の名前を呼ぶ時というのはなぁ!
 瀕死の兵隊が甘ったれて言う台詞なんだよぉ!」