アイン


「私は、人を殺す為に生かされているから……」


ニトロプラス第1作目のPCゲーム『Phantom -PHANTOM OF INFERNO-』に登場するヒロイン。
秘密結社「インフェルノ」に所属する、暗殺者の少女。
一切の感情を介さず忠実に任務を遂行する姿から、組織最強の暗殺者に与えられる「ファントム」の称号を持つ。
愛銃はコルトパイソン、H&K SOCOM等。暗殺の為には偽の感情を演じることも厭わず、その姿は「芸術品」とまで称される。
名前の「アイン(ein)」とはドイツ語の「1」、つまり「一人目のファントム」を表わすコードネームである。
オリジナルのPC版は無声だが、PS2移植版やOVA、『ニトロ+ロワイヤル』では南央美氏、
2009年放送のアニメ版『Phantom -Requiem for the Phantom-』では高垣彩陽氏が声を担当している。

「これは夢なんだ。悪い……夢」
「そうね……でも、長い長い悪夢になるわよ」

合衆国全土を震撼させた、マフィア幹部連続殺害事件。
実行犯と目される暗殺者「ファントム」は足跡を一切残さず、事件は暗礁に乗り上げていた。
そんな中観光で一人アメリカを訪れていた主人公、吾妻玲二は偶然事件の現場を目撃。
ファントム(アイン)によって消されるはずだったが、彼女に対して反撃を試みた事で才能を見出され、拉致される。
彼はアインの師であるサイス・マスターという科学者によって過去の記憶の全てを消され、
暗殺者となるか死ぬかという極限状態においてアインに師事し、数々の訓練を受けていく。
過酷な訓練の末、玲二は二人目のファントム「ツヴァイ」の名を与えられ、組織最高の暗殺者までに成長する。
そんな中、彼は感情をなくしたようなアインが、実は心の底で感情を押し殺して生きている事に気が付く。
そう、彼女は決して感情を無くした訳ではなく、自らを殺人マシーンと規定しない事には人殺しの自責に耐えられなかったのだ。

+以下、原作ストーリー。ネタバレ注意。
ほどなくして自分のパスポートを手に入れ、過去の記憶と本当の名前を取り戻した玲二。
彼はアインに「エレン」という新しい名を与え、彼女と共に「インフェルノ」から逃れ生きていく事を決意するのだが……。

「君に名前をあげる。きみはエレンだ」

しかしエレンは土壇場でサイス・マスターを裏切る事ができず、玲二は彼女と対決する。
師弟であり、戦友であり、それ以上の関係であったかもしれない彼女との対決を制した彼は、
以来、新たな「ファントム」として、裏社会に名を轟かしていく事になる。
……かつてのエレンと同様、徐々にその心を軋ませながら。

数年後、ふとした偶然からギャング抗争に巻き込まれた少女キャル・ディヴェンスを救った玲二は、
彼女を守る為に危ない橋を渡り、奪われた資金を追っていく過程で、ある人物と遭遇する。
それは自らの手で殺した筈のエレンだった。彼女は生き延びて、サイス・マスターの部下に戻っていたのだ。
しかしサイスの暗躍により、裏切り者として組織に追われる身となってしまった玲二。
心の拠り所であったキャルの待つアパートさえも組織に爆破され、彼は何もかも失ってしまった。
始まりの地に戻った玲二とエレンは、今度こそ組織から逃れるために旅立つ。――生きる為に。

しかし、逃亡の果てにたどり着き、学生として生活を始めた日本にも、二人の平穏な日々は無かった。
サイス・マスターによって居場所を突き止められ、新たな三人目のファントム「ドライ」が送り込まれる。
それは生き延び、自分を捨てた玲二を殺す為、暗殺者として成長したキャルだったのだ。
「インフェルノ」とヤクザの抗争に巻き込まれる級友、そして玲二の為に命を賭けて戦う二人の少女。
更にサイス・マスターの究極の完成品、かつてのエレンのように調整された六人の少女――「ファントム」達。
玲二は再び、最強の暗殺者「ファントム」として銃を手に執る……!

「アインなんて呼ばないで……。わたしはエレン。そう望まれ、そう生きる」

―――生き延びた二人は、大陸に渡り、エレンの家族を探していた。
細くつたない情報を頼りに各地を旅した後、辿り付いたのは――モンゴルの大平原だった。
だが、ここから先に進む情報は無い。ソビエト崩壊後の混乱は、何もかもを消し去ってしまったのだ。
家族を見つけられなかった事を悔やみ、謝り、それでも諦めずに探そうとする玲二。
しかしエレンは、澄み渡るような――何処までも何処までも広がる青空を見上げ、首を横に振った。
ここで良い。ここが自分の故郷なのだ。そう思えた。だから――

――エレンは今までで一番幸せそうな表情で、笑った。

なお、イベント全踏破のおまけCGを見る限りその後はモンゴルに住んでいる模様。髪が伸び、三つ編みに結っている。

+彼女のより詳細な設定、というか情報。こちらも微妙にネタバレ注意。
「アイン」として以外の身元が一切不明。恐らくはモンゴル出身と思われる。
ソ連崩壊の騒動で孤児になり、娼館に売られた所をサイス・マスターに引き取られた模様。
「ファントム」に仕上げられるべく洗脳、催眠、様々な薬品投与を受け、過去の記憶も一切奪われている。
その為、玲二に会うまで死ぬ自由すら与えられていなかった。
暗殺兵器としての一作目であるため、肉体強化の実験として必要以上に体を弄られているらしい。
その為、薬品投与の副作用で時間が経っても外見年齢があまり変わらない。ロリババアという程ではないが。
サイス・マスターが自らの作品に永遠性を持たせるため、自分の技量を後継に受け継がせる目的で玲二の教育に当たる。
教育能力まで含めて完成としたわけである。

感情を押し殺しているため冷たく見えるが、その仮面を一度崩されると脆い。
自分を〝人間〟と定義してしまった瞬間には泣き出してしまった。
作品中盤から時折見せる素顔から、元来は優しい性格のようである。
ちなみに暗殺のための演技としてなら、何処にでもいるティーンエイジャーの少女として振舞えたりする。

インフェルノから玲二とともに隠れていたころの潜伏先の学校がキリスト教系であったため、
そこで神学に触れて哲学、学問としてキリスト教の教えに興味を持ったらしい。
礼拝堂で一人で祈っている姿が作中でも描写されている。
ドライとの対決前には特に熱心に祈っていたようである。その後その礼拝堂で銃撃戦をすることになるが。
暗殺者の顔をしているときは非常にリアリストのような言動をとるくせに、
戦いが終わると「主よお許しください」と呟く彼女はそこに人間としての素顔を見せているのかもしれない。

戦闘人形としてのスペックは極めて高く、芸術品とまで称され、サイス・マスターから歪んだ愛情を受けていたが、
感情を爆発させて殺人者となった際のツヴァイには遥かに劣る(実際、それ故に彼はファントムとなったのだが)と評価されていた。
その為、彼はツヴァイの発展型としてドライを作ったのだが、彼女はとにかく情緒不安定で扱いにくく、
結果的にサイス・マスターは原点へと立ち戻り、アインの発展量産型とも言える少女たちを作る事になった。
しかしツヴァイと共に成長した彼女にとってそんな存在は敵ですらなく、あっさりと倒されてしまう。まさにかませ犬である。
アイン曰く、かつての自分とまったく同じなので戦闘能力自体は拮抗していても動きが簡単にわかるという。
ワンパターンな育て方しかしていないサイスに対しては心の中で嘲笑したようである。
まあ、それもアインと直接対決したシーンの話で追い込まれてた時は結構脅威だったりしたんだけどね。

また全てに復讐する為、玲二がインフェルノの幹部となる道を選んだルートもあるのだが、
「アインとまったく同じ」だった為、簡単に全員篭絡され、玲二に忠誠を誓うハーレム状態になっていた。
そして油断していた幹部達ごとサイスを抹殺し、自分を利用していたインフェルノを乗っ取ってしまう。
以前の失敗まるで修正できてない辺り、天才なんだか間抜けなんだか良くわからないぞ、サイス・マスター。


左上から順にアハト(8)、フェンフ(5)、フィーア(4)。右上からゼクス(6)、ツィーベ(7)、ノイン(9)。
年齢や人種については不明だが、件のEDでは青年となった玲二より年下、他ルート登場時は同年代のように描かれる。
玲二がインフェルノと敵対する事を選んだルートでは、例外なく彼女たちは皆殺しになってしまう。
数字姉妹たちは玲二の「道具」となる以外、人間に戻ることはできないという不幸な運命にあるのだ。

ちなみにこの男、ラストでは「アインは戦闘能力を持たず、自分と対抗をしない人間を殺さない」と思い込んで
(事実過去のアインはそうであった)銃を捨てて意気揚々と逃げようとしたが、玲二との生活で変わったアイン…
もといエレンは暗殺人形としての命令の遂行ではなく、自らの意思で復讐「殺人」を行う。
自分で人を殺すことを決めてしまった以上、もはや何の言い訳もできない罪として背負わなければならないが、
エレンにはその覚悟ができていた。

サイスマスターの敗因は人は成長するものであるということを忘れていたことと、アインが人であると認識していなかったことだろう。

同作は徹底した銃器のモデリングに非常に重厚なシナリオを持ち、発売当初に全くの無名でありながら口コミで評価が広がり、
遂にはPS2への移植やOVA化などが行われた稀有な作品であり、当時のアダルトゲームの流行路線から外れていても、
その出来次第でヒットすることを証明した作品として高い評価を受けている。
……まぁエロゲーで『3Dで再現された銃器』『原稿用紙1000枚以上のテキスト』だのを宣伝で前面に押し出し、
しかも掲載誌はミリタリー系だったあたり、処女作の頃からニトロはニトロだったわけだが。

後、どうでもいい余談だが、彼女の愛銃「コルトパイソン」は.357口径、
かの有名なガンマンで元暗殺者、『ルパン三世』の登場人物・次元大介の「コンバットマグナム」と同口径である。
次元はジャムってもトリガーをもう一回引くだけで次弾を撃てる信頼性の高さと、人を即死させるのに十分な威力という理由で
これを好んで使ってたんだそうな。やっぱり同業者同士考えることは同じってことなんだろうか?
単にリボルバーがカッコいいからかもしれないが

2009年4月からニトロプラス10周年記念として、
Phantom -Requiem for the Phantom-』というタイトルで新たにアニメ化して放送された。
エロゲのメディアミックスにはよくあるように今作も正規エンドとは違う終わり方をしている。
+具体的には(ネタバレ注意)
原作ゲームのアインルートに忠実な流れで話が進んでいるが、最終話のラストにて玲二が何者かに狙撃され、死亡。
原作の虚淵氏はあれはあれで納得しているようで、「終わり方に納得できないって言う人は今度出るリメイク版をやってみてください」とのこと。
ちなみに同じアインルートである小説版や漫画版では、玲二・アイン・ドライと、
ファントム全員が生き残る 玲二もげろな 割とハッピーEDっぽい展開だったりする。


『ニトロ+ロワイヤル』におけるアイン

クリックで拡大
同じくNITROPLUS製作の『ニトロ+ロワイヤル』にも出演。
性能としては同作屈指のスピードキャラ。
近距離、遠距離共に優れた技を持つので、どちらの距離でも相手にプレッシャーをかけていく事ができる。唯一の空中投げ持ち。
ちなみに2Pカラーが長門有希に似てる…ていうかまんまである。まあどちらもネタ元が一緒だし。
また、何故か鉄壁である。ニトロワのくせに。

リーブアタックは「SIG-BLASER-R93」。相棒であるツヴァイこと玲二が画面外から狙撃を行う技である。
本人がカットインでちょこっとしか出てこないので、初見では何が起こったのか分からない人もいるかもしれない。
さすが(ニトロでは)割とまともな主人公。ガード不能という特徴があり、主に起き攻めに使用される。
画面上に照準が表示され、最大3回ランダムに動き、相手に照準が重なると発射される。
但しアイン本体がガードしたり、攻撃を喰らったりすると照準は消滅してしまう。
ガー不なので相手の体力次第では勝ち確定の状況も作れるが、威力はだいぶ小さいのでよほど削らない限りはそうそう狙えない。
ちなみに原作でこの銃を使ってるシーンでは隣にヒロインの一人であるキャルが観測手としているわけだが、その状況に対してアインさんの胸中やいかに。

ところで、超必殺技の一つ「GEPARD-M1」はロングバレルのライフルをぶっ放す技(?)なのだが、弾の発射位置が明らかにおかしく、
銃口より内側に潜り込んでいても普通に当たる謎兵器。その物干し竿は飾りか。アクセサリーか。
『ブラスターズ』では3ゲージ技に昇格。演出も画面外に後退し、遠距離からスナイプに変更されている。


MUGENにおけるアイン

  • 如月銃駆氏製作
原作の素早い動きは健在で、リーブアタックが一部ガード可能(中段のみ)であったりと変更がある。
また地上・空中でチェーンコンボ可能、突進&打ち上げ技の「掌底」がジャンプでキャンセル可能、
そこから空中チェーンコンボ→空中投げまで繋がり、吸血鬼でも暗殺するつもりかのような動きを見せる。

また、銃駆氏のアイン用にmage氏がAIを作成。隙のない動き+割り込みで相手を追い込み、画面端に追い詰めて一気に攻め立てる。
そして、やけに「GEPAED-M1」をぶっぱする。

ニトロワキャラの中でもかなりの強さを誇る為、今後の活躍も期待される。
+大会ネタバレ
この大会ではちせとのタッグで出場。
圧倒的なコンビネーションでデス=アダーにストレート勝ちすると、
最終回では、それまでどのタッグも破ることの出来なかった魔王カラーの高町なのはをたった一人で撃破するという快挙を見せた。

  • Lates氏製作
黑魅霊などを製作しているLates氏が製作したアインも存在する。
ドットが書き換えられており、性能が若干異なる部分がある。
デフォルトで11段階に調整可能なAIを搭載しており、こちらもかなり強い。
ツヴァイは呼ばないようである。

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他

更新停止中大会

削除済み大会

出演ストーリー