ロクショウ

「ロクショウ まいる!」
『メダロット』シリーズのクワバージョン主人公機。KWG型メダロット・正式名「ヘッドシザース」。
メタビーとは違い、ロクショウは格闘攻撃に特化したメダロットである。
ヘッドシザースという名前とは裏腹に、頭部の鍬形を模したパーツは索敵アンテナであり、攻撃には使用しないが、
漫画版ではロボロボ団に操られて暴走した際にメタビーを挟んで持ち上げるパワーを見せている。
もともと命中率の高いソード主体のロクショウにはあまり必要ではなく、
二体目がいないゲーム開始直後は片腕が破壊されただけでほぼ手詰まりになるのですぐに別の格闘系の頭部パーツに換えてしまった方がいい。

+ キャラ設定・原作ネタバレ注意

「お前には解らない……この俺の心の痛みを!」


MUGENにおけるロクショウ

ムロ(仮)氏製作。グラフィックはメタビーと同じく、GBA用ソフト『メダロット弐CORE』より。
必殺技は、原作ゲーム同様各パーツ使用及びメダフォースのみ。
頭部パーツ「アンテナ」が攻撃用でないこともあり技数はメタビーより少ない。

  • チャンバラソード(右腕パーツ、ラッシュやスライサーを出せる)
  • ピコペコハンマー(左腕パーツ、押した攻撃ボタンによって飛距離が変化する)
  • メダフォース(たていっせん。1ゲージ消費。やや隙が大きいが威力も大きい。)

その他、通常攻撃も可能。メタビー同様投げも出来る。
原作では装甲は厚めだが体力が若干低めに設定されている。

参考動画

現在はサイトほぼ削除で入手不可。

五右衛門氏によってAIも作成されている。

出場大会

削除済み

出演ストーリー


「地に伏したい者から前に出ろ!」