レナ・シャルロット・タイクーン

コレのどこをどうしたらあんなドット絵に


「だいじょうぶ。ほら、私が食べてみせてあげる…モグモグ…」

レナシャルロットタイクーン (Lenna Charlotte Tycoon)
161cm 45kg *1
旧スクウェアのゲーム『FINAL FANTASY V』(FF5)に登場するキャラクター。
タイクーン第二王女。年齢19歳。タイクーン城出身。父を追って城を飛び出し、その際にバッツ達に出会う。ミニスカートを愛用し、ジョブでの姿も多くがそれである。
弱者に対する労わりを忘れない心優しい性格で、飛竜を友とする。ストーリー中で飛竜を気遣うあまり毒草に足を踏み入れたり、人体に有害な飛竜草を自ら口にしたりと献身的な面も見せる。だがその裏には病の床に伏した母を救えなかったことに対する後悔の念がある。また、魔物に憑かれたり毒矢を受けたり魔物にファリス諸共攫われたりと、災難に遭う回数が多い。
サリサという姉がいるが、幼少期の頃に行方不明となってしまっている。
(以上、Wikipediaより引用)

メインキャラクターの一人で、水の心「いたわり」の象徴となっている。
ファンタジーに付き物のお姫様キャラではあるが、性格は優しく献身的である一方いざという時は非常に行動的。
FF5のシステム上戦闘面での特徴はあまりないが、初期パラメータは他のキャラクターと比較すると魔力系統が若干高め。
後述の容姿方面などからのイメージもあって、最初にジョブ(職業)チェンジができるようになった際は魔導師系統にするプレイヤーも多い。

作内での女性キャラ人気については、女であることを隠していた男勝りの海賊のボスという高スペックを備える
ファリスに一歩譲る場合も多かったりするが、FF5のシリーズ中における人気の高さも手伝い、
シリーズ屈指の清楚性としばしば見せる行動力を兼ね備えた正統派の戦うお姫様属性などによりファンは多数存在する。
そういった両面はすっぴん(初期ジョブ)のミニスカートながら清楚さを失っていない衣装にもよく現れているといえる。
ちなみにレナの白魔道士姿はFF5のジョブの中でも特に人気が高く、「レナといったら白魔道士」と言うくらいよく似合っている。
『チョコボの不思議なダンジョン2』などチョコボシリーズの一部に登場する白魔道士の少女、シロマもレナをモデルにしている。

キャラクタードットやデフォルメ絵における、ピンク髪とショートの髪型も特徴。
(当時のFFシリーズに共通して言えることだが、天野嘉孝氏の設定画とゲーム中の姿は髪色を中心に相違点が多い)
アニメや漫画では新旧問わずピンのキャラクターは多数登場しているが、
ゲームでは当時ピンク髪の女性メインキャラクターは割と珍しかったように思われる。
有名シリーズのキャラクターであることからも、ピンク髪のゲームキャラと言えばレナを想像するプレイヤーも多いだろう。
ファイアーエムブレムシリーズなどではピンク髪のキャラクターも何人かいるが、発売はFF5より遅いものが殆ど)

また、踊り子やGBA版で追加されたネクロマンサーなど、一部のジョブではかなりきわどい衣装を着用していたりする。
まあ、当時のスクウェア作品のキャラクターには程度に差はあれどよくあることではあったが。



MUGENにおけるレナ

アリ氏作のものが存在している。FF5のドットを使ったちびキャラ
イントロのアビリティ選択により、使用可能な技が変化する。
アビリティごとに各ジョブの服装に変化する様はさながら着せ替えショーである。
2015年4月1日をもってアリ氏が引退した為、残念ながら正規入手は不可能となった。
転載・改変自体は自由との事。
現在はfoxy氏のonedriveにて代理公開されている。

各種魔法が詠唱の隙こそあるが強く、その隙とゲージ消費を相方が補えるタッグ戦では特に有効。
特にリフレクの飛び道具自動反射は飛び道具主体のキャラ相手には極めて高い効果を持つ。

+ 通常攻撃
+ 非魔法系アビリティ
+ 攻撃魔法
+ 補助魔法
+ 青魔法
+ 召喚

「ふくをかわかさなきゃ…見ちゃだめよ!」

+ 余談


出場大会

削除済み

出演ストーリー



*1
当時の雑誌『電撃スーパーファミコン』の付録冊子ではスリーサイズが設定されていたことがある。
(具体的な数値はB:82、W:57、H:83。ゲームキャラクターとしては普通のサイズである)
ただし、掲載されたのが公式な攻略本ではなく、その後他の媒体で同じ情報が載ったこともないため、この数字は非公式だという見方も強い。