ジャンヌ




「おほほほほほっ、土下座でもしてくれたら

      負けてあげてもよくてよ!!」

 名前:ジャンヌ・ダルク
 キャッチコピー:(WH2)超超お高い女王様!!(WHP)美しき聖剣士
 年齢:19歳
 出身地:フランス ドムレミィ・ラ・ピュセル(旧ドムレミィ村)
 現住所:日本 ブラウン博士の秘密の別荘
 職業:剣士
 身長:168cm 体重:53kg(自称)スリーサイズ:B90・W59(自称)・H93
 足のサイズ:24cm
 チャームポイント:長いまつげ
 年代:1431年 誕生日:1412年4月5日
 血液型:B型
 格闘技:剣術
 趣味:料理作り、洋裁
 好きな物:強くてイイ男、自分自身、パフェ、宮廷ファッション、
 好きな音楽:デスメタル、賛美歌
 嫌いな物:軟派系の男、辛いもの(キムチなど)、かわいこブリッコ
 得意なスポーツ:ジュト(模擬試合のこと)
 知能指数: 高ビー
 宝物:美貌


今は亡きADKの『ワールドヒーローズ』シリーズのヒロイン。
名前・風貌こそあのオルレアンの聖女こと百年戦争末の英雄ジャンヌ・ダルクがモデルであるが、
ワガママ、高ビー(高飛車のこと。今では死語)で超強いという、男の存在を無視したような美少女剣士である。
自称「超絶激爆疾風怒濤電光石火天地爆裂史上最強宇宙一の美少女剣士」
19歳なのに少女?は禁句。
『ワールドヒーローズ』への参加理由も、「自分より強い男と結婚したい」という夢を叶えるためであった。
しかしそのあまりの強さから、結婚相手が見つからないというお約束である。
彼女を尊敬している出雲良子が「カッコいいし憧れるけど、包丁で千切りする度に高笑いするのはちょっと……」と
発言している時点でお察しくだしあ。
故郷に帰っても村人たちは彼女のことを「たいした娘だ」と言っても「かわいらしい娘だ」とは言ってくれず、そのことを不満に思っている。

『WH1』では、J・カーンに惚れるのだが見事に破局、一応JETでの武者修行及び2P対戦時での勝利メッセージからして
想いは残ってて未練はあったものの、JETまでにカーンはジャンヌに 400戦400敗以上 していた。
彼女いわく、正々堂々とカーンと闘って 自分が 負ければ嫁入りするつもりだったのだ。
が、カーンはワーヒー1のEDによるとジャンヌのようなタイプの女性が苦手らしく負け越しまくり。
これにはジャンヌもガッカリ(カーンに失望というよりは、強すぎる自分にヘこんでいた)。
彼女は以後のシリーズでは吹っ切れてカーンを「過去の男」として扱うようになった。

ちなみに、WH2JETではリョウコ、J・カーンの3人で組み 酒池肉林チーム と名乗ってプレイヤーに挑んでくる。
入場時はJ・カーンを中心にリョウコとジャンヌが両手に花の状態で入場してくる。 マジで。
しかもこの登場シーン、女性がカーンに腕を組んで一緒に歩いているようにしか見えない。
他の大会参加者についても、ファンディスク『ADKワールド』の台詞では……
「大体修行バカアチョアチョうるさいの脳みそ筋肉男初代変態機械
無口バイキングは妻子持ち。海賊はブラブラしてるし、二代目変態は論外。
 他は変態三号裏切り者悪者本物の猿小娘しかいないじゃない!
カーン様?もう過去の男よ。あら、誰か地味なの忘れてるかしら?」
としか思っていないようだ。

良子からは「素敵なオトナの女性」として憧れられているが、当のジャンヌは彼女をただの小娘としか見ていない。
しかしネオジオCD版『パーフェクト』のおまけ漫画では自分に懐いているラスプーチコを可愛く思っているようだ。

他にも『ADKワールド』での台詞には、このような自己紹介もある。

「私の愛用の武具について教えてあげる。まずはヨロイ、”シャイニングフォース”そしておなじみ聖剣”バスタードバスター”両方とも武器屋のオヤジから色仕掛けでだまし取ったの。美しいって罪よね。でも剣の方はこんな力が隠されていたなんて知らなかったわ。研究していけばまだまだ秘密が隠されてるかも。勝手に攻撃してくれれば一番いいのに」

「何々、「質問:暗黒武闘会のときに19歳ということはジャンヌさんは今20歳ですか?」おーほっほっほえーとえーと・・・永遠の美少女、ジャンヌ様は歳をとらないのよ。私はまだ19歳。来年も、再来年も・・・・歴史とつじつまがあわなくなるなんてそんな理由じゃない*1から安心なさい。私は永遠に19歳なの、わかった?わかったわね? ね!

武器を色仕掛けで騙し取るだの、永遠の19歳宣言するだの、最早やりたい放題である。
しかし、ハンゾウとデートする小娘を見てジェラシーする等、自分に相応しい男がいないことを気にしていて、内心はかなり焦っていたりする。
『ADKワールド』でキサラ・ウェストフィールド(16歳)からオバサン呼ばわりされているので無理もないのかもしれない。

『ADKワールド』では天然な良子のツッコミ役として2人でファンからのお便りの紹介などをしている。

『NEO・GEO ギャルズグラフィティ』でもずっと婿が見つからないことを嘆いている。

テーマ曲『異宼の女剣士』
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20901334


最近ではKOF2002UMのギリシャステージに背景出演している。


原作での性能


数少ない武器持ちで、設定が設定なだけに、かなりの強キャラである(『パーフェクト』除く)。
必殺技飛び道具の「オーラバード」、剣を振りぬく無敵技「フラッシュソード」の二つだけ。
全てタメ技で、ゲーム中での位置づけは所謂ガイル系列であった。

『ワーヒー1』では、フラッシュソードを連発するだけでマッスルパワーは何も出来なくなってしまい、
伝説の 10:0 ダイヤグラムを作ってしまった。
奇しくもガイルvsザンギ同じ構図であり、ある意味その究極形とも言える。
対マッスルパワー以外にも不利な点がつく相手はおらず、文句なしの最強キャラとして君臨した。

続編の『ワーヒー2』では対空必殺技のジャンプ斬りを繰り出す「ジャスティスソード」が追加されたり、
弱スライディングが究極対空として機能した他、各通常技・必殺技ともリーチ・スピード共に優れ隙も無いという
チート振りでまたしても最強の名を欲しいままにした。

しかし、『ワーヒー2JET』では各種通常技・必殺技とも弱体化を受け、
新技として「ファイアーバード」という、演出こそカッコイイものの兎に角当て辛いトホホな必殺技が追加された。
それでもきちんと使えればまだまだ役に立つ通常技を備えていたため、対戦ランクでは上位だった。

『パーフェクト』ではエキストラアタックとして飛び道具を破壊できる「スラッシュウィップ」、
究極奥義として削り性能が非常に高い「エンジェルアロー」が追加された。
しかし、他キャラがかなりはっちゃけたアッパー調整を受けていたのに比べるとシステム的に愛されている点が少なく、
研究の進んだ今の評価は「中堅~下位程度」と見なされることが多い。人によっては「悟空よりはマシだが最弱候補」とも…

後期になるほどそれなりにマイルド補正はかかっていったが、やっぱり強いことは強かった。
スタッフに愛され意図的に強キャラにされていたと言えよう。 キャラ人気はまた別の話であるが。


MUGENにおけるジャンヌ


  • Mouser氏製作・WHP仕様
原作再現系であるが、最大の特徴として、設定によりコマンド性質が切り替える事が出来る。
ジャンヌの必殺技はシリーズを通してガイルと同じ溜めが主流だが、設定によりこれらを全てコマンド系にする事が出来る。
初期設定が既にコマンド形式となっているのでオーラバードが波動拳コマンドであったり、
フラッシュソードが竜巻旋風脚コマンドとなっており、これによって基本戦法もがらりと変わる、全く違った印象を持つキャラになる。
氏のサイト閉鎖後は長らくRandomselectで代理公開されていたが、氏が活動を休止した際に公開停止された。
氏が活動を再開した際には再公開されなかったが、代理公開時代のデータがアーカイブに残っている。

特に名乗る名の無い流れ者氏によってAIが製作されている。
投げの往復ビンタが永久にできる。
動画の説明文にあるアドレスからAI保管場所がSkyDriveに変わっているので注意。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5481751

E-FRY氏によりボイスパッチが製作されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14906102

  • cerenas氏製作・WH2+アレンジ仕様
スタートボタンを押すごとに3つのモードにチェンジし、それによって技や戦法ががらりと変化する。
現在、氏のサイトでは公開されておらず入手は不可能である。
あなたって、本当に最低の屑だわ! http://www.nicovideo.jp/watch/sm4283288


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結
非表示

出演ストーリー

はい、○人組作って運動会
無限旅行(11話後編)
夢幻暁光奇譚
ウドン13(本編・番外編共に変態という名の淑女)


*1
ただし、元ネタであるジャンヌ・ダルクの事を考えると結構笑えない事である。
史実のジャンヌ・ダルクは1430年の年末にイングランド軍の捕虜となり、翌年5月30日に処刑(享年19)されるまで
ずっと監禁生活状態であった。『ワールドヒーローズ』のジャンヌもこういった経歴があるのかは不明だが、
(20歳になると歴史と噛み合わなくなると言ってるので、少なくとも歴史上自分がどういう末路を迎えたのか知っているという事になる)
そうだとしたらブラウン博士ナイスタイミングと言わざるを得ない。
恋人探しにやたらと躍起になっていたのも、彼女が生涯処女のまま処刑されたことを考えると分からなくもない気がしてくる。
(詳細は割愛するが、彼女は処女であったことをわざわざ確認した上で処刑されている
また、JETのファイアーバードが火だるまになる演出の技なのも、上記の処刑が火あぶりであった事を考えると邪推したくもなる。
また、現住所が明らかに現代なので、15世紀のフランスには戻っていないかもしれない。
なお、処刑後にジャンヌを名乗る女性がドンレミ村に現れ、家族が立会い「間違いなく本物だ」と証言したが、金を渡された後すぐ失踪したため偽者の詐欺だったとされている。