乱王






「あぶなかったぁ~」


 七草堂ひろきち氏製作のオリジナルキャラクター。CVは貴坂理緒女史。
 元々は2D格闘ツクールで同氏によって作られたゲーム『TALES OF MOON』
 (某ゲームシリーズとは関係ない)のプレイヤーキャラの一人だが、
 この度めでたくMUGENに参戦する事と相成り、後に専用ステージも公開された。
 …が、残念ながら現在は本体・ステージ共に公開停止。

 深い山奥にすむ「鬼族」の娘で、「楽しいもの」「美味いもの」「面白そうなもの」ならなんでも好きな好奇心の塊。
 いかつい名前の由来や年齢は不詳。
 ロリには珍しく「ぷに系」ではなく「スレンダー系」だが、
 勝利ポーズの一つ(左の絵)ではグラマラスな大人の体型に変身する。



野生児らしく見られても気にしない性格のようで大胆な動きが多く、
パンツの面積や「隙間」が心配になるような格好をしている。
ゲージMAXシングルトーナメント【Finalゲジマユ】の追加枠ではスク水姿で戦っていた。
このスク水版も現在公開停止中。

標準で脱衣KOブリス姿が搭載されている。
小柄でリーチは短く、発生もあまり早くは無いが威力は高い。
動きの速さと多彩なコンボで勝負するタイプ。


ストライカーとして登場する二人は、2mを越える大男「サムス=スターリン」と、
アンドロイド「セーラ=サイバリアン=ハスキー」(量産型プロトタイプ)。
サムスは突進とアッパーカット、セーラは援護射撃をしてくれる。

しかしサムスはタフだが、発生は遅くリターンも少なめであり、
セーラは攻撃を一回受けると''首がもげて''攻撃が中断される。
そのため、度々動画で「グロwww」「R-18G」等のコメントがつく事があるが、
前述の通り彼女はアンドロイドなので別にそんな事はない。はず。
まぁ、確かに首がもげた姿はシュールであるが……。
ちなみに、セーラの射撃は低確率で 無差別判定 になる。
その時は彼女が頭から落ちてくるため区別は容易。

またおまけの人氏と溝星氏によって、外部AIが公開されている。
おまけの人氏のものは氏らしくガン攻めで、
高ダメージの逆さ回転きっくと投げを積極的に狙っていく。
ゲージはセーラの射撃及び、射撃中の「ちょ~電撃100万ボルト」に使う。

溝星氏のものはAIレベルに応じて、サムスとセーラを使い分けたりと行動パターンを変化させる。
またレベル1~4だと、逆さ回転きっくはコンボ派生以外から出すと威力が半減されるよう調整されている。



乱王Mk2

2010年8月に公開された、cnsをUJI氏が担当した新バージョン。
現在はDL先がリンク切れを起こしており、残念ながら入手出来ない状態である。
性能が大幅に変更され、 妙にでかかった キャラサイズもやや縮小された。
あと大ポトレも大変けしからんものに(ry
通常状態と特殊構えである「背向け」状態からの豊富な技を駆使して戦っていくかなりテクニカルな性能となっている。

上記のストライカーの二人は、特殊ゲージによりそれぞれ呼び出せるタイミングが限定され、以前ほどは便利ではなくなったが、
技自体は大幅に増加したので様々な状況に対応できるようになった。3人で繰り出す合体(?)技も追加された。
AIも標準搭載されている。

cns部分を担当したUJI氏のBlogにて細かい性能の解説などがなされているのでそちらも参照の程。

原作でのサムスとセーラ

ニコ動ではあまり出てないが、富竹ジロウに撮られた事があるので、見た事はある人は少なくないはず
(ただその時のステージの背景の方が気になった人も多かったみたいだが)。
参考動画(5:00あたり)
KFXにも移植されている。

また、さんかく氏によってVRChat用のアバターも公開されている。
VRアバター紹介動画


出場大会・動画

削除済み