Psyqhical


「倒してみせよ…」

誕生日:不明
出身地:不明
身長:189cm (6'2")
体重:79kg (174 lbs)
職業:グスタフの右腕
好きなもの:仕事
嫌いなもの:京と庵と思われる
格闘スタイル:莫大なパワーを用いた戦闘



Zelgadis氏製作のコンプゲー『THE KING OF FIGHTERS MEMORIAL』のラスボス堕瓏の改変キャラ。
名前の読みは「サイキカル(霊媒・超能力者占い師・心霊現象等の意味)」だが、
本来のスペルは「Psychical」。何故「c」ではなく「q」なのかは製作者のみぞ知る。
愛称は「サイキ」だが、KOFXIIIの中ボスとは無関係。
+『THE KING OF FIGHTERS MEMORIAL LV2』ネタバレ注意
『THE KING OF FIGHTERS MEMORIAL LV2』においてはアーケードモードのイントロでグスタフ・ミュンヒハウゼンとともに出演。
しかし、彼らの前にElementが出現。
最初にElementに挑むのだが、真っ二つにされて消滅した

性能

ほぼ遠距離中心という珍しい戦法をとる。いわゆる弾幕キャラ。
改変元と同様に操作感覚もKOF仕様になっており、スーパーキャンセルやドリームキャンセルも搭載。
ジャンプすることもしゃがむことも出来ないが、移動速度が非常に速く、後述する移動技もあり、そもそも完全に固定砲台な戦法をとる彼にはあまり無関係。
ボイスミズチのものを使用しているが、声が若干低めになっている。

技の発生が全体的に遅く切り返しの手段に乏しいため接近戦は苦手。特に当身の通用しない投げキャラには近づかれてしまうとめっぽう弱い。
だが、型にはまれば恐ろしい程強く、ゲージを確保できてしまえば攻撃範囲の広い技を連発して相手の行動を封じ、相手の隙があればロック系超必で一瞬にして8割の体力を奪う。
相手の対抗手段となりえる飛び道具超必殺技も凶悪な設置系超必殺技「Reversion of projectiles」で潰してしまう。
こうして相手を「成す術がない」状態にする戦法をとる。(詳細は下記参照)

このように性能やAIがかなり凶悪なので、凶~狂レベルに位置する。
双璧を成す存在であるグスタフとは実力的に互角といった感じ。

遠強Pと強Kが飛び道具系統になっているのも特徴であり、通常投げがなぜかワイヤーダメージとなっていたりと特殊な判定をもつ技が多い。攻撃力やゲージ回収率も高く、一方的に殺るか殺られるかの二択になりがちなキャラ。
グスタフ等のゲージ回収率の高いキャラとタッグを組めば、ゲージ回収も相まってとんでもないことになる。

防御面では超反応による当身技「Reversion of attack」を使うが、やはり発生フレームに少し難があるため押し込まれてしまうと対処できないことも多い。しかし、そのような相手の有利な流れを無理やり妨害させる非情かつ凶悪な技「Temporary paralysis」があるため簡単には崩されない。この技は強制的に自分以外の全てのものの動きを遅くさせることができる(無論タッグなどでは味方も遅くなってしまうが)。
つまり、このキャラの致命的な弱点である技の発生の遅さや、近づかれてしまうと切り返せないといった点を全て消し去ってしまう。とんでもない技ではあるが、相手の攻撃を喰らうと効果が切れてしまう
とは言っても元々超反応持ちなので、「自分が遅くなっている」と認識できないプレイヤーやAI相手では当身を必ず成立させ、プレイヤーや対戦相手はトラウマを植え付けられ、絶望のどん底に突き落とされるということが多い。
無論、相手のガードの発生も遅くなるため、相手にとっては彼のあらゆる行動が全て発生0フレームとほぼ同義ということになる。
(つまり事前にガードが出来ていなければ、ほとんどガード不能状態になってしまう)
あとは距離をとってなぶり殺しである。それでも相手のAIは認識できない…。とことんAI殺しな技である。

さらに勝利を決定的にするのが、相手のダウン時に使う設置系超必殺技「Reversion of projectiles」。
この技は相手の飛び道具、必殺技、超必殺技に対して反応する設置技で、発動するとほぼ全画面に8割近いダメージを与える。しかもガード不能
この技によって彼の得意とするレンジ内で対抗する唯一の手段である飛び道具、必殺技、超必殺技を封じ込めてしまうという凶悪な性能を誇る。

これらのことからわかるように、相手の抵抗する手段を一つ一つ潰していき、最終的に詰ませてしまうという恐ろしいキャラなのである。
このキャラに勝つためには、チャンスを逃さず一気に決められる攻撃力と多少の攻撃ならものともしない程度の防御力が要求される。
デフォでは小ポトレが存在せず、ポトレ無しのまま動画出演している姿も見られるが、
多数のポートレートを製作しているE-FRY氏によって専用小ポトレが作成されているので気になっていた人は是非導入しておいて損はない。

PP氏による外部AIが存在したが現在は公開されていない。
このAIは先読み当身から10割を奪うというデフォAI以上の凶悪なパターンで、狂下位クラスであれば殆どのキャラを撃破してしまう。

ディオボロ氏による外部AIも存在したが現在は公開されていない。

また、こちらも「Psyqhical-N」などの改変キャラが存在しており性能や技構成等が異なる。
数ある改変キャラの中でも上記のオリジナルのAIパッチを作成したPP氏の「Psyqhical-Boss」はスプライトが改変元と同様だが、
高カラーだと技が変化し(7.8.10pカラー/9.12pカラー/11pカラーの三種類)(1~8.10pの時でもフライングされると9.12pの性能になる。)準神クラスに匹敵するほどの凶悪な改変がされており、2002UMのMAX2演出も追加されデフォルトで小ポトレも存在している。
2013年1月5日に新しくリニューアルされたバージョンが公開されたが現在は入手不可。

(11pカラーの対戦動画)

八式特攻人形氏による改変パッチが存在したが現在は公開されていない。
こちらは基本的な性能が大幅に上昇し技の演出もかなり変化、更にカラー別性能も追加される。
超必殺技等も大量に追加され、5ゲージ技で固有結界まで展開するなどかなりやりたい放題。
しかし、元々ムラっ気のある性能がより前面に押し出されている為か、同じ相手と戦わせても戦績がなかなか安定しないことが多い。

またMugenTZ(Mugen太子)氏による本体付きAIも公開されている。今のところ唯一使用可能な外部AIである。
前2つのAIに比べると10割コンは比較的しないものの兎に角Reflectionを超反応で使用し、攻撃と回避をむらなくこなす凶AIである。
コンボより丁寧な立ち回りを優先するので地味さはあるものの弱点をものともしない動きで、これからの活躍に期待がかかる。

2013年11月にBK氏による改変キャラ「サイキカルBK」が公開された。スプライトは一新されており、大小ポトレも完備。
いくつか新技も加わり、7P~12Pはボス性能の火力にUPする。作者による簡易AIもデフォで搭載されている。
但し氏のサイトのキャラDLページではなく、ブログのみでの公開なので注意。
2013年の大晦日にSilvan氏のAIが公開された。5段階にレベル調整が可能。

また、Psyqhical風にアレンジされたアリス・マーガトロイドの改変キャラ「Physalis(フィサリス)」というキャラも存在しており、某ストーリー動画では共演を果たしている。

グスタフ同様、専用BGMとして一騎当千DragonDestinyのBGM「典韋のテーマ~賛美歌~」が使われている。

+必殺技解説
Invisible reflection
見えない弾幕が相手を襲い、弱では相手の遠くから、強では相手の背後から攻撃する。
遠距離での要となる技。固めや迎撃など様々な用途が可能。
グスタフの「Reversion of light」を崩してダメージを与えられる数少ない技だったりもする。
余談だが、この技は超必殺技でキャンセルもできる。
Dimencion Attack
空間から画面端まで届くビームを出す。
弱では上段、強では下段となっているので、強だと立ちガード不可。
こちらも遠距離での要となる技で発生が速く、端まで届くため固めに使える。
上記の「Invisible reflection」と同様、グスタフの「Reversion of light」を崩してダメージを与えられる数少ない技のひとつ。
Dimencion Attack MAX
Psyqhical-bossに追加された新必殺技。
上記のDimencion Attackを強、弱と連続で放つ。
Gravity weighed
見えない弾幕で相手を叩き落す技。
必殺技の中でも珍しい全画面判定技。
必ずダウンを奪えるサーチ系の単発技と考えていい。
相手が空中にいようが叩き落すので、迎撃に使える。
ただし、攻撃時間が短いので回避されやすい。
Reversion of attack
当身技。Psyqhicalに攻撃を仕掛けた相手を捕らえ、返り討ちにする。
コマンドを入力した瞬間当て身判定が発生し、更にその状態が約1秒間も続くという非常に鬼畜な性能。
更に下記の「Temporary paralysis」と組み合わせれば神の1F当身をも超える技となり、「Dimensional invocation」などでキャンセルすれば拘束された相手に続けて攻撃を仕掛けることもできる。
余談だが、あらゆる無敵技を潰す技でもある。
Dimencion Attack Up
簡単に言えば「Dimencion Attack」の斜め上版。
コマンドやビームを斜め上に飛ばす以外は「Dimencion Attack」と同様。
対空技として使える。弱と強でビーム発生の位置が違う。
Teleport
相手の背後に回りこむ技。改変元の飛毛脚に似ているが、比べ物にならないほど高性能。
Retraction
タメ技。相手にワイヤーダメージを仕掛ける。
Psyqhicalの真上から背中側以外全部攻撃範囲という凶悪な判定があるため、こちらも迎撃に。
相手との距離が離れるほど有利なので、このような吹き飛ばして距離をとる技が多く見られる。
Reflection
自分の周りにバリアを張る。
飛び道具を反射し、反撃の見えない飛び道具を前に飛ばす。
バリアにも攻撃判定があり、張っている間は相手を寄せ付けない。

+超必殺技解説
Reflection of soul
1ゲージ消費。
相手を捕らえて姿を消し、大量の火柱で攻撃する。CPUは主に地上コンボの〆に使う。
Dimensional invocation
1ゲージ消費。
相手を挟むように空間に穴をあけ、そこから出るビームで攻撃する。
非常に使い勝手が良く、相手の行動を封じる手段となり、これが出ればかなり有利な試合運びが可能になる。
持続時間も長く固めにも使えるが、出が少し遅いので上述の「Reversion of attack」を成功させてこの技でキャンセルさせた方がいいだろう。
余談だが、この技をヒットさせた後に「Temporary paralysis」等でキャンセルさせれば空中コンボの応酬という絶望を相手に押しつける。
Blue streak
1ゲージ消費。手前側から奥へ流れるように火柱を立てる。
主に空中コンボの〆に使う。食らうと必ず端まで吹き飛ばされる。
相手の得意とする距離を崩す技。
Temporary paralysis
2ゲージ消費。一瞬で自分以外の行動を遅くさせる技。
相手の好機を潰し、流れを引き寄せる。詳細は上述の文章を参照。
Crystal Prison
2ゲージ消費。四角い棺で相手を捕らえ、破壊する。
Psyqhicalの周りにも当たり判定があり、カウンター気味にヒットさせることも可能。
ヒットすれば9割近くを奪う。正直3ゲージでもおかしくない狂性能。相手の隙を突いて止めを刺す技。
エターナルフォースブリザードと呼ばれることも。
Reversion of projectiles
3ゲージ消費。設置系超必殺技。AI限定で3ゲージなくとも使用してくるが(PP氏AIとPsyqhical-boss)ゲージは消費する。
相手の手段を封じるための「罠」となる。詳細は上記の文章を参照。
Ray Dream
3ゲージ消費。姿を消した後、大量の火柱で相手を襲う技。
ぶっぱで使用し、8~9割を奪っていく上、範囲はほぼ全画面。当たり方によっては簡単に10割を叩き出す。
ガードできなければ決定打にもなりうる技で、相手は成す術もなく詰むことになる。
Psyqhical-bossのみTemporary paralysis中に使用すると演出が変化する。
Psyqhicalはグスタフ同様、元々挑発自体搭載されてないため、PP氏のAIやPsyqhical-bossでは勝ち挑発代わりにこの技を使う。

「血が… 感じるな…」


ニコMUGENでのPsyqhical

グスタフとは凶~狂クラスの大会の出場が多く、YoutubeのMUGEN動画でもタッグを組んで戦っていたり、激突したりすることが多いが、技の出の遅さ故、負けてしまうこともある。
ストーリー動画においても共演していることが多く「グスタフあるところサイキカルあり」というところか。
+大会・ストーリーネタバレ注意
第三回mugenハイスコア選手権ではグスタフとともに参加。
見えない弾幕を生かした戦略でAI部門第1位を獲得した。

また、robo氏によって声が島田氏になるボイスパッチが作成されたが、Zelgadis氏への許可がないため、公開されていない。

出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー