憲磨呂



「だから言っただろー!」

日本テレビのバラエティ番組『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』の企画から生まれたキャラクター。
名前の読みは「 ノリマロ 」。よく漢字を間違われるが、 憲磨呂 である。憲呂でも憲呂でも、ましてや憲 麿 でもない。
マーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリートファイター』に登場する。
『生ダラ』中にてマーストへの登場が発表された時、マースト開発スタッフ達すらその話を聞いておらず、寝耳に水であったという。
(マーヴル・スーパーヒーローズ VS. ストリートファイター・サウンドトラックCD ライナーノーツより)

デザインとはとんねるずの木梨憲武氏(スタッフロールでの名前は番組内で演じていた 木梨憲太郎 *1名義)によるもの。
名前は番組内で行われた一般公募で選ばれ、当選者には本作品のゲーム基盤とアーケード用の筐体、
さらに当時カプコンが発売していた全てのPS、SSソフトが贈られた。

 見た目は老け顔かつ小柄で貧相な学生。構えや攻撃もへっぴり腰で、
 バナナで足を滑らせたり超必殺技ではコスプレをしまくったりとネタ的要素が強い。
 『生ダラ』以外にも、『みなさんのおかげです(『した』の前番組)』など、
 当時のとんねるずのレギュラー番組で木梨氏が演じていたコントから動きを上手く取り入れ、
 独特のキャラクター像を構築している。この勝利ポーズにニヤリとしたとんねるずファンも多いだろう。

 ちなみに開発段階では、
  • 前向きで明るい性格
  • 高校二年生
  • 防御が基本姿勢
  • 運動神経が良く、跳躍力がある
  • バランス感覚が良く、塀とか登るのが好き
  • 勝率は3割くらい
  • 戦いを好まず悪人が嫌い(上記の「だから言っただろー!」もそれゆえの発言)
 等といった設定が木梨氏により作られている。

+実のところ…
木梨憲太郎氏のデザインとは、実はフォトショップで描かれた憲磨呂の原型と、
その場で憲太郎氏がやった思いつきモーションだけであった。 ゴアは犠牲になったのだ…。
しかし、当時のグラフィック・チーフであったあきまん氏は、それだけの情報から憲磨呂のドットとモーションを完成させたのだという。
サウンドトラックCDでのライナーノーツであきまん氏は「大変だったけど楽しかった」と、当時のことを振り返っている。

上記の動画集でもフォトショで描いた憲磨呂を波平カットにして「お父さん」と言っているシーンが見られるが、
このお父さんも超必にしっかりと登場しているあたり、かなり手がこんでいる事が伺える。

しかし…

「ノリマロよ、カン違いの大たわけよ

おまえがここにいる事自体が間違いなのだ」

アポカリプス・談)

そのあまりにも周りから浮いているキャラクター像から、マーヴル側より
「ヒーローがこんなふざけた奴に負けるのは駄目だ」「最初の契約の時に居なかったキャラを出すのはどうなのか」
等のクレームを受けてしまい、海外版では使えなくなっている(ただしデータ自体は封印されているだけで残っており、セリフなどは英訳済)。
まあ例えれば、日本の有名な人気作品をアメリカでゲームにしたら、作品とは全く無関係な謎のギャグキャラが搭載された、
と言うような物なので、マーヴル側の抗議もむべなるかな。
ん、どこかでそんな話を聞いたような……?
当然、国内でもキャラ発表当時から正式稼働後に至るまで、その存在意義については絶えず論争の的となり、
結果、良くも悪くも 『MSH vs SF=憲磨呂ゲー』 という印象を広くもたらすこととなってしまった。

また開発段階では、相手の背後に回り込みカンチョーをするという「おかんちょうサービス」という投げ技があった。
この技、番組内では、スパイダーマンにカンチョーをひたすら決め続ける映像が流れるなか即興で技名が決められ、
「おかんちょうサービスだ!」というボイスが収録されたり、
岩永哲哉氏や笹本優子氏等声優陣のやられボイス収録まで放送されたのだが、
マーヴル側から断固として拒否され、結局は没となっている。
まぁたとえ実装されていたとしても、格ゲーでのカンチョー使用には先駆がいるのでそれほどインパクトはなかったかもしれない。
MUGENでもカンチョー丸とか阿部さんとか全然自重しない奴らがいるから目立てるかどうかは……

マーストの開発は『ストIII』開発と時期的に被っており、
『生ダラ』の企画も当初は「ストリートファイター最新作のキャラクターをデザインしに行く」という告知内容だったということもあって、
もしかすると『ストIII』にも出るのでは…などと予想されていた。
しかしこの「憲磨呂」、著作権がカプコン・日テレ・アライバル(とんねるずの所属事務所)の3社協同管理のため、
このうちの1社でも同意が得られなければ使用できず、
また上記の通り海外ウケがあまりよろしくなく、世界展開を考えた場合にとても微妙、という事情もあり
アクの強さで隠れた人気を誇るキャラクターでありながら、マースト以外での出番は無い。

まあ、その日常の非戦闘員な動きで戦うというスタイルは、『UMVC3』ではカプコンのサプライズ枠参戦キャラが後継者として再び日の目を見ることになった。
あちらは条件がそろうと大いに化ける強さだが。

なお、海外ではキャラ自体は消されているものの、ネットの力により彼の存在は「諸事情によりお蔵入りしたキャラ」として意外と知られており、
春麗の大ファンで盗撮をしまくっているオタク」など独自の二次設定が付けられたりもしている。
また「ノリマロ登場!」という日本語を誤解したのか、フルネームが「Norimaro Toujou」となっているサイトもいくつか存在する。
公式には彼のフルネームは不明である(一応デザイン元は木梨憲武ではあるが、憲磨呂の苗字が木梨かどうかも不明である)。


原作での性能

キャラ性能としては飛び道具、対空技、突進技と一通りは揃ってはいるものの、とりわけどれも使い勝手は良くなく、
かなりテクニカルなキャラクターとなっている。
ステータス的には、上記のように「一通り揃っている」という点と、
企画の関係上 意図的に弱く設定されているわけではない ことから、どちらかというとさくらに近い。
そのため、技の性能や使いどころを把握しておけば、癖はあっても爆発力のある攻撃で相手を圧倒することが可能な強さを持っている。
また隠しコマンドを入力することにより、通常の二段ジャンプをしのぐ四段ジャンプが可能となる。
さらに隠し要素として、対CPUダン限定で相手をおだてて隙の大きい技を出させるという変わった行動が出来る。
あとついでにどの技も無駄に名前が長い
超必殺技3つは
「ハイパーストロングミラクルトレジャー」
「アルティメットグランドチャンピオンジャンプ」
「ウルトラバラエティプライベートメモリーズ」

…長い…
ちなみに上から、飛び道具、対空、突進乱舞だが、例に漏れず非常に癖が強い。
故に「ごっつもの投げ」(開発段階での名前)、「しょーりゅーけん」(技時の台詞より)、
「ノリマロアタック」(左に同じ)とそれぞれ言われることが多い。


MUGENにおける憲磨呂

国内外に数体存在している。

+サイキョ~流&Ayustat氏製作
  • サイキョ~流&Ayustat氏製作
地上戦を重点に置いた仕様、すなわちこれまでの対戦格闘ゲームの感覚に近く、
エリアルが無くなったがチェーンコンボや必殺技の精度が地上戦を想定した物になっており、
またかなり発生が早く連続技に組み込みやすい新技「ワンダフルウルトラ馬場キック」が追加され、
原作とはまた違った攻め方が楽しいキャラとなっている。
音声ファイルが軽量化のために音質が悪いのが欠点。

+DarkRiem氏製作 MVC仕様
  • DarkRiem氏製作 MVC仕様
本来出ていない続編のマヴカプアレンジとなっている為、割と原作に近い仕様となっている。
また昇龍拳が竜巻コマンドになっており重宝する技になっている。
こちらも、マーストのOPで「だから言っただろー!」のポーズで周囲に大爆発を起こすアニメを流用したオリジナル技が追加されている。
AIが搭載されており、特筆するほど強くはないがアドバンシングガードを頻繁に使用して距離をとってくる。
Basara-kun氏のサイトで代理公開されている。

+Jin Kazama氏製作
  • Jin Kazama氏製作
同じく地上戦を重点に置いた仕様。全体的に技の癖が小さくなっている。
「だから言っただろー!」や挑発が上記の英語版になっているのが特徴。
またストライカーとしてダンを呼び出すことが可能。

+Wolvie氏製作
  • Wolvie氏製作
原作に近い仕様で、ジャンプ時に相手キャラにアイコンが表示されるのが特徴。
+アフロン氏製作 MVC3仕様
  • アフロン氏製作 MVC3仕様
アフロン氏によるMVC3仕様アレンジの憲磨呂。2011年6月4日に公開。
固有グラ持ちなのに『MVC2』でハブられた仲間 メカ豪鬼アニタとチームを組み、
ディレイドハイパーコンボやチームエリアルコンボなども使用可能。
今は亡き無限ロダに有志によるAIパッチが公開されていた。
強攻撃とアドバンシングガードで突き放し、飛び道具とアシストのメカ豪鬼で封殺するスタイルをとる。
アドオンによってはアシストでフライングをしてしまう恐れがあるので注意。

+REDHOT氏製作
  • REDHOT氏製作
Infinity Mugen Teamで公開されている。Mugen 1.0対応だが、WinMugenでも使用可能。
ライフバー上に「PRESS START BUTTON」と表示されるのが特徴。
対女性用の特殊イントロを搭載している(原作にも存在するものである)。
TAG TEAM MODE対応キャラであり、3P側もしくは4P側で選ぶと強制的に控えへ回る。
スーパージャンプすると位置を示すアイコンが出る。2段ジャンプは存在しない。
吹き飛ばされると固まって動かなくなる不具合がある(投げられたりすると復帰する)。
空中投げの際に一瞬画像が乱れる。
AI起動コマンドは記述されているが、AI自体は搭載されていない。


出場大会

凍結

出演ストーリー



*1
その他木梨氏は競馬評論の際には「木梨ノリゾー」、演歌デビューの際には「憲三郎」等コントキャラクターも含め
多くの名義を使用している。
(その背景には、彼が自らのイメージを利用したり、勘だけで作り上げた「人間・木梨憲武」がフィードバックするような
 キャラクターを多数演じている事があげられる)
またこの「木梨憲太郎」としての活動が、氏が芸術活動を始めるきっかけとなっている。
ちなみにとんねるずとDJ OZMAがプロデューサーを務めるユニット『矢島美容室』のメンバーである母親
「マーガレット・カメリア・ヤジマ」が彼に酷似しているが、おそらく気のせいだろう。
矢島美容室はニコニコでもなぜかブレイクし、デビュー曲『ニホンノミカタ~ネバダカラキマシタ~』は
組曲『ニコニコ動画』等で知られるしも氏の楽曲『七色のニコニコ動画』のメドレーのひとつにも選ばれている。
そして今年4月には日本デビューまでの前日談を綴った映画まで公開された。
……今や正体隠す気ゼロですが!