エドモンド本田


「朝の稽古より楽勝でごわす!」
初出作品: ストリートファイターII
出身地: 日本
生年月日: 昭和35年11月3日
身長: 185cm(髷含む)
体重: 137kg
スリーサイズ: B212 W180 H210
血液型: A型
好きなもの: 風呂、ちゃんこ鍋、ティラミス
嫌いなもの: 優柔不断
特技: 鍋奉行
ファイティングスタイル:ジャパニーズスモウレスラー(IV)
キャッチコピー:張り手十番勝負(II)、怒涛の力士(RBOF)、角界一の風雲児(ZERO3)、
        豪快スモウパワー(CVS)、熱血力士参上(IV)
CV:菅原正志、郷里大輔(アニメ映画)、福田信昭(実写吹替)、安西正弘(実写吹替)、永野善一(IV)

ストIV絵は こちら

顔に歌舞伎の隈取りを施している日本出身の力士
ホームステージはストIIシリーズでは銭湯の中に作った土俵で、『ZERO3』では銭湯前に作った土俵になっている。
赤いマワシに青い浴衣を着用し、闘う際は浴衣の上半身をはだけた姿になる。
顔の隈取りは、じゃぱにいずかるちゃあを知ってもらおうという本田のアイディアだが、
『ZERO2』のソドムのEDに登場する際は土俵の上でもこの隈取りをしていたりする。
また外見だけでなく、勝利ポーズでも歌舞伎の見得の様に首を回したり、飛び六方を行うパターンがある。

名前や奇天烈な外見、銭湯と土俵の融合したホームステージ等から、
日本文化をちょっと誤解している日系人等と誤解されがちだが生粋の日本人である。
名前は全て漢字で書くと「江戸主水本田」。ゲーム内ではE.本田(E.HONDA)と表記されている事が多い。

「日本一、すなわち世界一でごわす!」

頭の大銀杏は硬くセットされており、頭突き等をしても乱れない。バーディーにその髪型のセンスを誉められていたりする。
何故か髷の中にまで骨がある事がブランカの電撃を受けた時に確認出来るが、
ゲーメストのQ&Aにて「これはフライドチキンの骨で、頭突きの威力を上げるために仕込んでいるもの」と回答されている。
…同じ様な理由で硬い嘴のマスク付けているレスラーがいたような。
ニコニコ動画では彼自身より、彼の技等をモデルにしたと思われる、
日本の国技「相撲」とは似て非なるJAPANの国技「SUMOU」シリーズが有名だろうか。


キャラクター設定

豪放でさっぱりした性格。破天荒な相撲が常に注目を集める人気力士。口癖は「~でごわす」。
しかしその豪快過ぎる本田のスタイルは、角界方面からは余り良い目では見られていない。
角界での番付は大関であるが、 その秘めた実力は横綱級とも言われる。
(正確には張出大関。大関でも下の扱いである。なお、現実の相撲界では1994年の番付を最後に「張出」の記述はされなくなっている)
おそらく、飛んだり蹴ったりストリートファイトをすることが横綱としての品格が無いと判断されている可能性が高い。
だが、本田自身は大真面目に相撲を愛しており、「相撲の素晴らしさをもっとたくさんの人に知ってもらいたい」と常に考え、
相撲を「わあるどわいど」にするため、角界を飛び出して世界巡業の旅へ出る。

朝稽古が毎日の恒例となっており、その際の四股を踏む音やぶつかり稽古の騒音が近所迷惑になっていた。
本田が海外へ巡業する際、住人はこれで安眠出来ると思っていたが、
毎日弟子達に直接スピーカーに繋いだ国際電話から大音量で激励をかけていたため、結局巡業前とさほど変わらなかったというエピソードが初代ストIIの頃に残る。

また、初代の頃は勝ち台詞から察するに、
「ちからこそが せいぎで ごわす!」


など、やや自信過剰な一面もあったが、ZERO3以降では相手の力量を認める台詞も多くなった。
時系列ではZERO3⇒IIなのでむしろ傲慢になったと言えるのだが

東駒形にある銭湯「加富根湯(かぷこんゆ)」の主人には昔から世話になっており、
同銭湯が経営難に陥っていると聞き、何とか再建に協力出来ないかと考えた結果、
銭湯の前に土俵を作ってストリートファイトを行い集客を図るという、心優しい一面も持っている。

また、ストZERO3のEDでは、
ベガを倒した後に往く所を無くしたユーリユーニのクローン軍団たちを引き取り、自分の相撲部屋で稽古を付けるなどの面倒を見ている。
しかし、ベガが死ぬと彼女たちは細胞崩壊を起こしてしまう筈なのだが……
尤も、肝心のベガもストリートファイターIVで「不完全な予備ボディ」を利用して「復活」、つまり一度は肉体だけでも死亡しており、
ウルトラストリートファイターIVでは親衛隊が健在な事から「即座には死なない」あるいは「魂が無事なら平気」と思われる。
まあそれ以前に本田じゃあ仕方ない。相撲協会も本田のやる事は止められないと諦観してるようだし。

さいどびじねすでちゃんこ料理店「どすこい亭」を経営。
元々力士の人は下っ端時代に料理をさせられるため、料理上手が多く本田もその例に漏れないのだろう。
店は大繁盛の様子で、世界的に進出している(『ストリートファイターIIダッシュ:公式アルバム』より)。


キャラクターとしての扱い・背景

開発時の名前は「E.鈴木」。ストIIでは各国人のステレオタイプをやり過ぎかもしれない程強調したキャラデザが顕著だが、
エドモンド本田も日本人の典型的な名前ということで鈴木とされていた。
その後、海外でも有名である自動車メーカーのホンダにちなみ「E.本田」に変更された。

アニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』では、賭け試合でダルシムと対決。
その後にリュウと知り合う。日本の武道家同士として彼の旅に付き合い、リュウガイルと共にシャドルーとの最終決戦に参加するなど出番は多い。
テレビアニメ『ストリートファイターII V』では登場しなかった。
歴史紹介アニメ『よみがえる藤原京』では、厳しい修行の末に会得した新必殺技を披露するため、
リュウケン春麗の三人を奈良に招集するのだが……
+ボンボン版『ストリートファイターII V』について
馬場康士(現・馬場康誌)氏によるテレビアニメ『ストリートファイターII V』のコミカライズ作品『ストリートファイターII V烈伝』では、
南極にあるハイデルベルグ研究所で、エドモンド本田がリュウたちに襲い掛かる。
このハイデルベルグ研究所は人間に超人的な力を与える改造人間、人造機兵の研究に携わっており、ベガもこの研究所の脱走者という設定だった。
細胞レベルでの強化が施されているらしく、強力な再生能力と膂力、肉体変化能力を持ち、
雪上車のキャタピラを引きちぎって鞭として使用し、ガイルの同僚を文字通りミンチにする(今ではZ指定されそうな程の描写である)わ
腕を切り落とされたと思ったら再生能力で断面から尖った杭のようなものを生やすわでリュウ達を苦しめたものの、
最終的にはファイヤー波動拳によって焼き尽くされた。

当時リアルタイムで読んでいた読者の大半は「本田が改造人間」にでもされてしまった…と思った事だろうが、
実は作者によると、エドモンド本田とはよく似ているが別人の人造機兵らしい。
作者曰く「ジェームス本田」とのこと。

(以上、Wikipedia『ストリートファイターII V烈伝』より抜粋)

『スパII X』での登場以降、『ZERO3』に再登場が決定するまで約4年間の空白があったが、
その間もカプコン製格ゲーの名物キャラとして背景や他キャラのED等によく登場していた
(本人が登場するものの他、「加富根湯(かぷこんゆ)」「本田湯」という名の銭湯等、間接的に本田を思わせるものも)。
ちなみに、この本田湯、本田の実家という設定である。
本田の無体っぷりから稽古場を持てないのを見かねて親が開店前の銭湯を稽古場として貸し出しているそうだ。
その設定を反映してか、イラストの一つにデッキブラシで銭湯を掃除する本田が描かれていたりする。
ただしその当の本田は見得を切る練習でもしていたようだが、力みすぎて床を踏み割ってしまっている。

『ZERO3』ではスーパー頭突き等の技のかけ声の発音が外国人風のアクセントになっている。
また、何故かザンギエフのEDに登場し、サイコドライブの破壊を手伝っている。SUMOUつええ

ストIIシリーズでは『スパII X』に至るまで一度もEDのグラフィックに変更が加えられなかった唯一のキャラであったり
(II Xのノーコンティニュークリアでの追加一枚絵は除く)、EXシリーズ及びでは初代ストIIからのキャラの中で唯一未参戦。
GB版ストIIでもダルシムと共に出番が無い(その代わりかM・バイソンサガットベガが使用可能)。

また、初期のストIIシリーズでは、勝利台詞の多彩さが(リュウやケン等を抑え)全キャラクター中でナンバーワンである。

本田をデザインしたのはカプコンの女性社員であり、彼女はゲーム中に登場する春麗の声も担当していた。
ちなみにモデルとなったのは千代の富士であると後に別の開発担当者が語っている。
力士故か他キャラと比べると重量級だが、力士としては小兵の部類に入る。
現在の力士の基準でも小柄な方の元横綱朝青龍と比較しても、身長は1cm低く、体重は10kg前後軽い。


キャラクター性能

キャンセル不可な技が多い反面、その一発一発は非常に重い。通常技の火力では全てのキャラクターの中で一番高い。
その上瀬戸際のど根性があるということで、体力が減った時の攻撃力上昇率が全キャラ中一番高く設定されている。
力士らしく打撃は張り手が主だが、四股踏みや蹴たぐりの動作を取り入れた足技、更には巨体を生かしたボディプレスも使う。
巨体の割にジャンプ力はある方なのだが、どちらかと言えば空中戦よりも地上戦が得意であり、
張り手攻撃は手の平の先が当たるように出せば、相手の攻撃とかち合っても一方的に打ち勝ったりする事が出来る。
また、蹴たぐりの動作を取り入れた立ちキック(前入れの場合もあり)は足の長さの割にリーチがあり、相手を転ばせることが出来る下段技である。
さらに、立ち強パンチは通称「ごっつぁんチョップ」と呼ばれ驚異的な対空性能を誇り、ジャンプ攻撃を得意とするユーザーから恐れられた。
しかし何より特徴的なのは、立ち合いの動作を取り入れた必殺技の「スーパー頭突き」で、
本田の巨体が弾丸のように空を飛んでいくシュールな姿 はユーザーに強烈なインパクトを残した。
この頭突きは出掛かりに無敵があり、弱で出せば無敵が持続している間に攻撃判定が発生するので
引き付けて出せば対空としても機能する(中と強は攻撃判定発生と同時に無敵が切れるので相打ちになりがち)。
その他にも、相手の突進技をガードしての反撃にも利用可能。

火力が高い一方、足がとても遅い。またジャンプは高度こそ意外にあるものの、スピードがそれほど素早くなく飛距離は短いため、
リュウガイル等の飛び道具を持つキャラクター相手には苦戦する。
距離を取って飛び道具を撃たれ、それをジャンプしてかわすと着地を足払いで狙われ転ばされるか対空技で迎撃されてしまうため、
一切近づけず負けてしまう事もしばしば。
そのため、ストIIダッシュターボ以降では、上昇中に飛び道具をすり抜けられる「スーパー百貫落とし」が追加され、
またスーパーコンボの「鬼無双」が飛び道具をかき消せるため、トリカゴにも幾分対応できるようになった。
実は初代ストIIのスーパー頭突きでもサガットのグランドタイガーショットのような発生位置の低い飛び道具に対しては見てからカウンターを取れていたのだが

以上の性能を踏まえて地上技での牽制、突進、削り、奇襲が主な攻撃パターンだったが、
投げ間合いこそやや狭いが投げ後に素早く動けるコマンド投げ「大銀杏投げ」が追加された以降の作品では、一層接近戦に強くなった。
特にぶっぱスーパー頭突きによる場荒らしと、投げでダウンを奪ってからの「百裂張り手」による起き攻めは相手を選ぶものの強烈で、
ジャンプ中↓+中Kの「フライングスモウプレス」によるめくりや、作品によっては回り込みで裏に回ってのn択を仕掛けられるなど、
まとわりつくような攻めも可能。

特に初代カプエスでは、回り込みの所要時間が非常に短いため、回り込みでまとわり付いての攻めがかなり強力だった。
ただし、八神庵のMAX八酒杯をSNKグルーヴで出されると、回り込みの継続時間が短すぎて八酒杯の火柱をすり抜けられない。
おまけにジャンプによる飛び越しも不能、相手はMAX八酒杯を撃ってからパワー溜めをすれば
火柱が消えるまでには再びパワーMAXになってMAX版八酒杯の連発が可能と、手の施しようがなかった。
CVS2では前キャンの登場により、全体フレームの短い大銀杏投げに無敵を付加する事が可能になった。
ただでさえ隙の少ない投げスカリに長い打撃無敵が付くことで余計隙を突くことが難しくなり、かなりの強さに。
他にも百裂張り手やスーパー頭突きなど前キャンと相性のいい技が目白押しである。

『ZERO3』ではスーパーコンボに新技を追加されて登場したものの、残念ながら性能的にはかなり低い。
通常技が大振りで隙が大きい…のはまだしも、当たり判定面まで弱いというかなり致命的な欠点があり、
地上の立ち回りですら何気なく振られた相手の牽制技に制されてしまいやすい。
飛び込みも全然強力ではなく、百裂張り手を連打するだけでそこそこオリジナルコンボしやすいものの、
総合的に見るとオリジナルコンボ能力も低い。
出場作品の中でも最も弱い本田かも知れない。勝ち続けるには相当の愛とやり込みを持ってしても厳しいだろう。

ストIVではスーパー頭突きを根元で当てた場合や強百裂張り手から鬼無双に繋げる事が出来るようになり
本田のセービングは構え中にキャラ軸が下がり、やられ判定と投げられ判定も後退すると優秀な要素が加わったが
スーパー百貫落としの上昇ボディプレスの攻撃判定が小さくなり、フライングスモウプレスによるめくりも弱体化。
スーパー頭突きの火力は上がったものの、EX版でも無敵時間が殆ど伸びない(空中判定になるまでに無敵が切れる)
故に波動昇龍が出来るキャラ(特にサガット)とは絶望的な相性に。

しかしスパIVになると飛び道具持ちのキャラがガイルを除いて弱体化し、
スーパー頭突きがグランドタイガーショットを抜けられるようになった事で相対的にランクが上昇。
それどころか絶望的な組み合わせが全く無く、2010年7月時点のダイヤグラムでは2位に4ポイントもの差を付けて遂に単独首位になってしまった
その後はフェイロンの評価が上がるなどして首位では無くなったが、最上位陣の一角となっている。
3DS版では溜めコマンドをスクリーンに表示できるボタン一つで出せるようになった為に更に強くなっている。(通信対戦では使えないが)

ウルコン「スーパー鬼無双」(スパIVではウルコン1)は画面端まで相手を運んで連打を喰らわせる技。スパIVでは火力も上昇した。
スIVからのウルコン2「震・大蛇砕き」は大銀杏投げを強化したような技。 有難くないふんチラ(ふんどしチラリ)も拝める。

スパIVAEでは弱スーパー頭突きが上半身無敵から下半身無敵になった為に対空技として使えなくなり、更に火力低下も相まって中堅クラスまで落ちてしまっている。


MUGENにおけるエドモンド本田

古参キャラだけあってそこそこの数が公開されている。
動画に主に登場するのはCVS仕様が主流。

ストII

+TommyGun氏制作 ストII仕様
公開停止中
+Yayutto氏制作 ストII~スパIIX&レインボー&アレンジ仕様
ラウンド開始時に7種類のモードが選択でき、対戦中に変更も可能。
選択可能なモードとしてはストIIシリーズ5作品(無印II、ダッシュ、ターボ、スーパー、X)のモードに加えて、
海賊版ROMであるレインボーモード、さらにロマンキャンセルやオリジナル技が追加されたアレンジモードも搭載している。
モードによって本田のボイスやヒット音まで原作通りに変わるこだわりの仕様。残念ながら現在は公開停止中。
しかしGal129氏による改変版が2011年10月10日より公開されている。
原作準拠のモードにおけるダメージ値、発生、判定などがより原作に近く調整されている他、デフォルトでAIが搭載されている。
(現在は原作準拠のモードにおける技の性能は全てX準拠となっている。今後シリーズごとの差別化も予定とのこと)

ストZERO

+Gargoyle氏制作 ストZERO仕様
今のところ唯一のストZERO仕様本田。

CVS

+Gal129氏 CVS2仕様
原作再現。
configでEXグルーヴの設定を変更可能。
中々手ごわいAIが搭載されている。
+H”氏 CVS2仕様
現在は代理公開していたURA(Re:)氏のOneDriveのアカウントが凍結されたため入手不可。
原作再現仕様であり、AIレベルを11段階に調整可能であった。

アレンジ

+Pots氏制作
いつものごとくCvSベースでエクセル搭載、EX必殺技やアレンジ技など多彩なつくりとなっている。
EXでひとり省かれていた彼もとうとうエクセルが使用できる。
AIも標準搭載のものの他、yashi氏によるAI(+改変)パッチが公開されている。

yashi氏のAIではEX技の強化を筆頭に軒並み性能がアッパー調整されている上、
ウメハラもかくやと言わんばかりのブロッキングを始めとした高い防御性能に超反応を駆使し、
コンボの難しい本田でありながら的確かつ高火力なコンボを叩き込む強キャラと化している。
相手によっては凶クラスをも完封する潜在能力を誇る。

最新版は1.0専用とwinmugen専用がある。
+Fido氏製作 MX仕様
ブロッキングやジャストディフェンスを搭載。氏のMXシリーズ共通のシステムを持つ。
エフェクトが非常に綺麗。現在は入手不能。
+Thedge氏 kofXI仕様
Z Saber User氏リュウのスモープラチナを基にThedge氏が足りない動作を手書きで加えたKOF風ドットであり、本家と見紛う程素晴らしい完成度を誇る。
システムはKOFXI仕様で、スパキャン、ドリキャンはスキルゲージ依存(原作通り二本までストック)。
ZERO3の動作が主だが、スト4のくずれダウンや垂直JC(ジャンプ吹っ飛ばし)もちゃっかり実装されている。
ちなみに、顔と胴体のパレットが分けられていて、お面やすっぴん状態にできる。
斑鳩氏によりAIパッチが公開されている。

魔改造

+3㌶氏制作 shadowSUMOU
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
シャドゥレディがいるならshadowSUMOUが居たっていいじゃないという 何かがおかしい 発想で作られた、
オイルSUMOUを合わせたまったく新しくないアレンジキャラ。
全体的にはMARVEL VS. CAPCOMっぽい仕様で、どこかで見たことのあるような技の数々に加え、
形こそ微妙に違えどファイナルミッションもしっかり搭載されている。
スペシャルパートナーとしてシャドゥレディを呼び出せる。
他にも モヤッとボール 塩爆弾を撒いたりちっちゃい本田を発射したり案の定カオスなキャラクター。
優秀な突進技とエリアルでどんどん攻めて行ける、本来の本田とは違うスピーディーな戦いができる。
さらに裏キャラも存在、こちらはなぜか本田の皮を被ったハカン。ハカンの各種技を本田で再現しており、まるで違和感がない。
スプライトをハカンのものに変えればそのままハカンとして公開できそうな出来栄え。
さらにオイルの津波を起こす「オイルレイジ」が追加されている。 オルバスのより何か不潔に感じる。
性能としてはストライカーが健在なうえエリアルからの空中投げもできるので、ハカン本人よりも強い。新超必で遠距離も安心。
MVCのようにヴァリアブルアタックで2つのモードを交代して戦えるが、片方がすっ飛んできて交代する。
二人の本田が並ぶのはなかなかおぞましい光景である。

Felicity氏によるAIパッチが公開されていたが公開停止のため入手不可。
+ネモリア氏制作 RIKISHI
SUMOUである。Pots氏本田の改変であり、外見は隈取りのない本田だが中身は完全に別物。
そのカオスな技の数々は世界最強の国技SUMOUを再現するために加えられたものである。
突っ張りからビームが出る、塩撒きモーションから烈風拳を放つ、四股でダウン追い打ちが可能など
かなり派手で強烈なアレンジ技が搭載されている。
特に空中での機動性や必殺技の追加が多彩であり、アーマー持ちの技等もあって凄まじい攻めが可能。
またカニミソリスペクトな部分も随所にあり、ナギッぽい動きをしたり、当社比15倍増の攻撃判定のある塩を撒いたり、
鬼無双がホンギヌスだったりする。相撲らしい技もあり、YOTSU状態からの派生投げコンボ等も搭載されている。

これだけ見るとかなりの強キャラのように見えるが、このキャラは文字通りSUMOUを再現しているため、致命的な弱点が存在する。
ダウンすると死ぬ。画面端から押し出されると死ぬ。空中喰らいで画面端でも死ぬ。
要するに常に死と隣り合わせである。もはや攻めていれば強キャラというレベルじゃない。
しかしそれに対する救済措置的な能力「DOHYOUGIWA」も搭載されており、画面端近くに追い込まれると体が光り出し、
摩擦強化によるヒットバックの軽減、攻撃力が最大で3倍となり、コンボでノーゲージ7割奪い去ったりする。

総じて攻め、ワンチャンに全てを賭けたSUMOUらしいキャラである。

また、Z Sabre User氏の製作したKOF仕様リュウは裏モードでジョジョ立ちしつつ本田をスタンド(通称「スモープラチナ」)に使っていたが、
現在はそのモードは無くなっている(キャラ自体は現在も公開中)。

最近ではPots氏+yashi氏の本田の出番がなかなか多く、相撲繋がりで四条雛子とタッグを組むことも多い。
ただ、待ち気味の戦い方をする本田とガン攻めの雛子が今一噛み合わず、本田が後ろでサボっているように見えてしまうことも……

+魔改造注意。
カオスに定評のあるMr.師範ことpoikre氏の「突然死大会」では、
別のSUMOUを阻止し、見事優勝を果たす。
「バランス大崩壊究極大会」ではその別のSUMOUとタッグを組む。
スーパー頭突きのダメージが改造前より威力が高くなっており、ヒット数も半端なく多くなった。
そのため、「ホンギヌスの槍」と呼ばれることも多々あった。
その次の「ギガ大会」では、塩をばら撒き、相手タッグを怯ませた。
最近はばら撒く塩の量が増えた様子。

「世界は広いのう!」


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み

出演ストーリー