ランサー







「その心臓、貰い受ける――――!」



  身長:185cm/体重:70kg
  属性:秩序・中庸
  イメージカラー:青
  特技:魚釣り、素潜り、山登り
  好きなもの:気の強い女、無茶な約束
  苦手なもの:回りくどい方針、裏切り
  属性:秩序・中庸

TYPE-MOONから販売されているビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』・『Fate/hollow ataraxia』に登場するキャラクター。
これを題材とした同人ゲーム、『Fate/sword dance』やカプコンから販売されている格闘ゲーム『Fate/unlimited codes』にも登場している。
また、世界観を共通する並行世界の未来を舞台にしたRPG『Fate/EXTRA』にも出演しており、マスターは某赤い悪魔の一族である。
薄幸 うっかり のコンビ…ヤベェよ兄貴…弱い考えしか浮かばねェ ――!!!
しかしランサーは生き生きしてるのできっとこれでよかったのだろう。

アニメなどでのCVは『ベルセルク』のガッツや『リトルバスターズ!』の井ノ原真人などを担当している神奈延年氏。

生前偉大な功績をあげて死後においてもなお信仰の対象となった英雄が成る「英霊」と呼ばれる存在。
第五次聖杯戦争において「ランサー(の騎士)」のクラスのサーヴァントとして召喚された。
ランサーのクラスの条件に違わず高い敏捷性を持ち、赤い魔槍を獲物とした白兵戦を得意とする。
物語の最初にアーチャーとの戦いを目撃した主人公、衛宮士郎を「目撃者は消す」の魔術師のセオリーに従って殺そうとした。

アーチャーとは色々な理由で犬猿の仲。殺気を出す事自体は珍しくない彼だが、本編中で本気でブチ切れたのは彼に対してだけである。本編中のような戦争時でなければ、殺し合いになるほど嫌い合ってるわけでもないようだが。
ちなみに彼とアーチャーの初戦は、夜の学校の校庭という状況や、砂埃の舞い方などからイベントCGで 月面でアーチャーとランサーが戦っているように見えた とツッコまれたいう逸話がある。
その結果か『unlimited codes』ではこんなミニゲームが作られてしまった。

粗暴で敵には容赦が無いし、必要とあらば一般人でも容赦・躊躇なく殺すが、根は正義の人で忠義や誇りを重んじる真っ当な英雄らしい英霊である。
とは言え「正義」とはいっても、属性は「秩序-中庸」。良く言えば己の価値観に忠実、悪く言えば自分勝手
それでも、仮初の主であろうと裏切りをよしとせず、しっかり任務をやり通すあたりは秩序の属性とらしいと言えるかもしれない。
誇りを命よりも重く見るが、自らのそれよりも国、なにより愛する者たちの誇りこそが、彼の最も大切とすることである。

本編での漢らしい行動から「兄貴」と呼ばれるなど『Fate』の中でもファンからの人気はかなり高い。
公式の人気投票でも第1回で8位、第2回で6位、公式の携帯サイトの兄弟姉妹にしたいキャラ投票では兄貴部門で優勝と結果は上々。

+ 以下原作等のネタバレを含みます


格闘ゲームでのランサー

+ 『sword dance』でのランサー

+ 『unlimited codes』においてのランサー


MUGENにおけるランサー

  • ドロウィン氏製作 『風雲イリヤ城』仕様
『hollow ataraxia』のミニゲーム、『風雲イリヤ城』でのデフォルメされたドットを使用した二頭身のちびキャラドロウィン氏によって製作・公開されている。
ほとんどのキャラがフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可な中、現在も入手可能。
可愛らしいからと言って侮るなかれ。ちゃんとゲイ・ボルクだって搭載済みだ!
ガー不高威力飛び道具で、特にAIに対しては非常に有効なものの、最大1ゲージでゲージ回収率も低い。
ゲージ回収率の高いキャラを先頭にしたタッグなどではとても強力。
2Pカラーでディルムッド(「FateZERO」のランサー)になるがボイス未搭載のため違和感はないだろう。

また、ペペロン氏と蓬莱氏によるAIパッチが製作されていたが、どちらも現在存在しない。
ペペロン氏のAIは3段階のレベル設定や、タッグ戦時のゲイ・ボルク使用率などが設定可能だった。

  • お家氏製作 『sword dance』仕様
アサシンやライダーも製作したお家氏作の『sword dance』仕様。現在は公開停止。
やはり原作再現を基本としておりAIも中々強い。ただし、「突き穿つ死翔の槍」を使っても槍はなくならない。
ちなみに元が同人ゲーのため声は神奈延年氏のものではないが、ボイスパッチをあてて変更できる。
syuri氏によって外部AIが作成されているが、ボイスパッチ版にしか対応していないので注意。

+ 大会ネタバレ

  • STG氏製作 狂キャラ版
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30828097
『sword dance』ドットを元にしたもの。
矢避けの加護再現の飛び道具無効や攻撃中アーマー、割合ダメージを持つ。
またゲージが変数で管理されているためゲージ消去などを受けない(代わりにタッグ相手のゲジマユやゲジマシも無効にしてしまうが)。
カラーが上がるほど大ダメージ無効、自動回復、食らい中無敵などが付与されていき、想定ランクは狂中位〜最上位。
なお、偶数カラーは常時AI起動となっている。
更新で追加された特殊モードとして言峰マスターモードがあるが、
通常よりも性能が低下する上勝利時に出るだけで試合中は特に何もしない弱体化モード。言峰の身長が3mぐらいに見えるが気にしない。
また 自害スイッチ も追加され、設定すると試合中ランダムで 言峰が唐突に現れ自害させてくるようになる。
一応腹に刺した槍に攻撃判定が存在し、やたら強力な即死が仕込まれているので当てれば大抵の敵は倒せるが当然最高でもDKO。
氏のサイトでは告知されていないが更新パッチが公開されており、適用すると攻撃中アーマーを切れるようになるほか、
自害の攻撃判定を消し ただランサーが死ぬだけ にする事が出来るようになった。ついでに言峰の身長も縮んだ。


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み
出演ストーリー

*1
ちなみにFateでは「ゲイ・ボル」で統一されているが、他作品では同じ名前の武器が「ゲイ・ボル」と表記されることがありよく間違われる。
(なお、原典での綴りが「Gáe Bolg」であるので「ゲイ・ボル」の方が言語に近い)
ついでにアーチャーが「カラドボルグ」という武器を使うのでなおさらややこしい。
原典ではクー・フーリンの師であるスカサハ(メガテン的には スカアハ )が与えた槍とされており、素材は怪魚の骨らしい。
ノコギリ状の刃を持ち、相手を貫けばその切れ込みが無数のトゲと化して伸びて相手を体内からズタボロにし、
投げると30の鏃と化して敵軍に降り注ぐという。
Fateでも相手を貫いたゲイ・ボルクから無数のトゲが相手を内側からズタボロ二する描写があったり、「突き穿つ死翔の槍」が対軍宝具となっていることから伝承を踏まえていることがわかる。
ところで原典での投擲方法は、一説には 足で掴んで投げる という奇抜極まりない投擲フォームなんだとか。
きのこが乱心せずに普通に投げさせてくれたのは、ランサーには救いだったのかもしれない……。

*2
     ア     ン     サ     ラ     ー
「後より出でて先に断つもの───」
魔術教会から派遣された女性魔術師。
旧知の仲であった言峰の不意打ちで致命傷を負い、左手を切断されて奪われた令呪の一画は
ランサーに対する「マスターの鞍替えへの賛同」に使われた。その後の生死は不明。
凛が調査に向かったアジトには切り落とされた左腕のみが残されていた。
+ ……だが…

*3
マーボー。
以上。
+ いくらなんでもそれだけじゃ分からんという人へ