チェルノブ


ある日、原発の爆発が起き、その時、爆風下に炭坑夫チェルノブがいた。

九死に一生を得たが、彼の体は異状能力に支配されていた。

超人として生きる決意をした。だが…デスタリアンの触手はすでに彼にも


                     行け!チェルノブ


                                         我前に敵は無し

プロフィール

名前:チェルノブ(Chelnov)
出身国:ロシア共和国(?)
職業:元炭坑夫(移植版では科学者)
生年月日・年齢・身長・体重・血液型・格闘スタイル:すべて不明

普通じゃないものを作らせたら天下一品の伝説のゲーム会社、
今は亡きデータイースト(通称デコ、DECO)が発売したデコ三大奇ゲーの一つ(後の二つは『カルノフ』と『トリオ・ザ・パンチ』)、
強制 横スクロール型アクションゲーム『チェルノブ
(正式タイトル『ATOMIC RUNNER CHELNOV -戦う人間発電所-』)の主人公。


アーケード版『チェルノブ』

1986年4月26日に旧ソ連ウクライナ共和国北辺で発生した、原子力発電において悲惨な原発事故「チェルノブイリ原発事故」。
その世界規模の大惨事から僅か 2年後 にデコが 何をとち狂ったのか 発売したゲーム、それが『チェルノブ』である。
元DECO社員曰く、チェルノブという名前は本当にチェルノブイリから取ったそうである。無論、あの事故が起こる前の話ではあるが…。

+デコにはよくあること
そもそもタイトルからしてもうアウトな香りがプンプンしていたのだが、ストーリーがそれに輪をかけて凄まじく、
原発事故で被曝した 炭坑夫チェルノブが、
放射線の影響で備わった 異状能力(注:原文ママ)を駆使して、その能力を狙う悪の組織デスタリアンと死闘を繰り広げる」
という、DECO直球すぎだろ言わざるを得ない内容であった。
おまけにサブタイトルはアトミックランナー戦う人間発電所、タイトル画面にはバックに自由の女神が映し出され、
左上には共産主義のシンボルが燦然と輝いているというヤバさで、当時マスコミにも取り上げられ波紋を呼んだ。
しかし、ここまで盛大にはっちゃけておいて
「チェルノブはカルノフ(同じくデコ三大奇ゲーの一つ)の 従兄弟 であり 深い意味はない
という 見苦しい言い訳 説明をした辺りは流石デコであった。*1

その後はメガドライブとX68000で移植版が作られ(メガドラ版はほぼリメイクに近い)、
セガサターン版も作られる予定であったが、発売中止となってしまった。

参考動画

しかしこのゲーム、単なる話題性だけではない。
ゲーム自体としても相当変な作品で、そういう点からも伝説的な作品となっている。
+デコだからしょうがない
  • 後ろに戻れない
このゲームはボス戦以外は全て強制スクロールなのだが、プレイヤーが何もしなくてもチェルノブは勝手に走り続けていて、
レバーを後ろに倒すと立ち止まる(ちなみに前に倒すとスピードが速くなる)。
後ろを向くためには、方向を変えるためのボタンを押さなければならず、ここが一番慣れるまで苦労するところである。
この仕様の為に「自分の後ろに落ちたアイテムは拾えない」「分岐を行き過ぎたら戻るのは不可能」という事態が発生する。
……「おれに後退はない。あるのは前進勝利のみ!」
流石ポスターに レッツランニング と書かれているだけのことはある。

  • チェルノブの動きが妙に滑らか
上記の通りチェルノブは常に走り続けている訳だが、その動きが滑らかすぎる
その滑らかさたるや正直ちょっとキモイくらいである。

  • ネーミングセンスがおかしい
多数の武装を持つが、その武器の名前が重力分銅赤城山ミサイル
またアイテムの名前にも円高コインドル安コインなど、相当に危ないネタがある。

  • 敵がなぜか異様な怪物
悪の組織「デスタリアン」と闘うのが本作の目的だが、
敵キャラがどいつもこいつも意味不明なデザイン&名前をしている。
意味不明すぎてこれはある種の芸術なんじゃないかとすら思えてくるほどである。
ボスは割と分かりやすいが、ラスボスは殆どエイリアンにしか見えない。
他にも土偶っぽいボスがいたと思えば、巨大な軍用ヘリがボスだったりとやっぱり良く分からない。
このようにかなりの異質さを誇る本作だがアクションゲームとしての完成度は高く、
独特な操作にさえ慣れてしまえばスピーディーかつ大胆な動きを楽しむことができる。

また彼のテーマ曲は非常に単調ながら、妙な中毒性があり人気も高い。後述の『溝口危機一髪』でもこの曲が聴ける。
AC版では全7ステージ中5ステージでこの曲が鳴り響き、果てしなく聴かせ続ける事で否応なく脳髄に叩き込まれる仕様となっている。
このためテーマ曲が特に有名だが、もう一曲あるBGMもかなりの名曲で、MD版では最終ステージ用に抜擢されている。
さらにMD版で追加されたBGMにもいい曲が多く揃っている。
結局、全部いい曲である。 AC版の洗脳仕様のため テーマ曲しか頭に残ってないという人は一度聴いてみよう。

そしてこのゲームを語る上で欠かせないのがエンディング。
+行くなぁー!チェルノブー!
いきなりローマ字表記で「OWATTE SHIMATTA」と言われるだけでも十分凄いのだが、
エンディングロールが終わるとそれまで走っていたチェルノブが画面外に消え、
するといきなり敵の軍用ヘリが現れて彼を追って画面外へ。

次の瞬間、激しい銃撃音とチェルノブの死亡音「 ミョーン 」が連続で聞こえ、

その直後画面に大きく エンド (「END」ではなく「エンド」)の文字が表示される、という超ダークなものであった。

このまさかの死亡エンドに、独特の操作方法に苦悩しながらやっとクリアした
多くのプレイヤー達が大きなトラウマを植え付けられたことは想像に難くない。
ちなみにエンディングの文字はローマ字だけどエンドがカタカナなのはデコだから気にしないように。

その後もデコの他作品に(ボスキャラとして)登場し、データイーストの看板キャラクター的な存在となった。
溝口誠カルノフと並ぶ同社の人気キャラクターである。 デコゲー最大のヒーローなのだ!


メガドライブ版『チェルノブ』

メガドラに移植を果たしたチェルノブ。
ご家庭向けに放射能などのヤバい部分は取り除かれ、チェルノブの設定も「被爆した元炭鉱夫」から「強化服を着た科学者」にチェンジ。
武器の性能や見た目、ステージの世界観も一新され(ただしサイケなデザインなのでこれはこれで…)、メガドラ屈指の名作との声も。

ストーリー
科学者の父・妹とともに宇宙服を開発していた青年チェルノブ。
ある夜、趣味のジョギング中に何者かにチェルノブの家が襲われ、妹チェルミーが誘拐、父も瀕死の重傷を負う。
父はチェルノブに作っていた宇宙服は、実はデスタリアンと戦うためのコンバットスーツだと言うことを伝え、死亡。
チェルノブはコンバットスーツをまとい、妹を救い出し、そしてデスタリアンを壊滅させるために戦いを始める。
行け、チェルノブ! 我前に敵は無し!!

冒頭でいきなり敵に捕らえられたり
一緒に作っていた宇宙服がコンバットスーツだと言われるまで気付かなかったり
色々な意味でデコ節が炸裂。AC版より奇妙になっていると言う声も。

タイトル画面もビル街を背景に「こちらへ駆け寄ってくるチェルノブ」へ一新され、サブタイトルの『戦う人間発電所』も削除された。
エンディングではAC版と同様の展開の後、生存が確認されるが、死に瀕したチェルノブが幻視した光景という解釈もできる描写で
彼の運命についてはまだ予断を許されなかった……。

残念ながらデータイーストは倒産してしまったものの、版権は 他社ゲー続編のクソゲー化に定評のある パオンに引き継がれ、
現在ではWiiのバーチャルコンソールで遊べるようになっている。
なんかドリームキャスト末期に出たセガのご乱心ゲー『セガガガ』の偽ゲーム集のジャケットにもなっていた。
+ヤバすぎて一度削除されたらしい参考動画


ファイターズヒストリー 溝口危機一髪!!』における設定と性能

原作の壮絶なエンディングにて再登場など絶望的だと思われていたチェルノブだったが、
同社の格闘ゲーム『ファイターズヒストリー 溝口危機一髪!!』にてラスボスとしてまさかの復活を果たす。
+敵のヘリに狙撃された筈の彼が、一体何故!?
瀕死の重傷を負ったがなんとか生き延びたというデコ節全開のはちゃめちゃ展開で、
全国のデコファンを(色んな意味で)安堵させた。
AC版もしくはMD版の展開の後、無事に生き残ったのだろうか。
通常のストーリーでは謎の主催者「C」として三度目のグレートグラップルを開催するが、
溝口誠の専用ストーリー「浪花快男児篇」では“全世界のムダをはぶく”ことを目的に
世界中で窃盗を働くとんでもない奴になってしまっている。なにやってんだオマエ!
なお、通常のストーリーを溝口でクリアした際、そのまま「浪花快男児篇」へと続く流れとなる為、
恐らくグレートグラップルで敗北した後に、世界中で窃盗を働いているのだと思われる。
…もしかしたら原作のEDの影響で人格が歪んでしまったのだろうか。だとしたらすごく迷惑な話である。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2348813

作中ではアメリカ・ロサン ジェ ルスにてレイ・マクドガルの追跡を振り切り来日、
グニャグニャのたこハリボテは大嫌いという理由でわざわざ大阪まで赴き、たこ焼き屋「浪花一番」のタコ看板を盗む。
「貴様には私をつかまえることすらできんだろうがな」と溝口を挑発するような発言をして行方をくらますが、
溝口が新しい看板を作ったほうが早いことに気づくと「そうはさせん!」とあっさりと正体を現す。


      あるときは正義のロウドウシャ

      あるときは科学のギセイシャ!

                               その実態は・・・・!

                愛と正義の使者!

                                                             アトミックランナー チェルノブ!

――――――――――――――――――――――――――――
            タコギライ     タコギライ     タコギライ 
――――――――――――――――――――――――――――

        ☢   ☢   ☢   ☢

――――――――――――――――――――――――――――
            タコギライ     タコギライ     タコギライ 
――――――――――――――――――――――――――――

登場シーンではバックに放射(ryのマークと無数の「タコギライ」の文字が並ぶ。そんなに嫌いか。
おそらく「正義のロウドウシャ」はAC版、「科学のギセイシャ」はMD版のチェルノブにかけているのだろう。
そしてMD版では削除された禁断のキャッチフレーズ 「アトミックランナー」 の字句が堂々復活。いいのか。

性能としては原作ゲームで登場した技を忠実に再現したキャラクターとなっており、
アクションゲームの主人公らしく数々の飛び道具原作再現のもの)を主武器とする。
この飛び道具がどれも強力で、CPU戦ではレーザーを乱射されただけで固められ
それらを飛び越えたところですかさず対空重力分銅で叩き落とされ
近距離に近づいたところで赤城山ミサイルをぶっぱなしてくる。
しかもファイヒーはゲージ技はなく簡単なコマンドでこれらの技が撃ち放題なため、下手すると全く近づけずに負けたりもする。
ストーリー紹介 http://www.nicovideo.jp/watch/sm92876

余談だが、『ファイターズヒストリーダイナマイト』の漫画版では当然ながらチェルノブ本人は出てないものの
敵勢力の引き連れている戦闘員が見た目かなりチェルノブっぽかったりする。


その他のゲーム出演

この他のゲーム客演としては、『トリオ・ザ・パンチ』における中ボスとしての登場が有名。
原作で使用しなかった巨大ハンマーを振り回し、プレイヤーに二度襲いかかる。
なお、マスクがモノアイでない等、微妙に見た目が異なっている。
主役キャラの一人「カマクラくん」がチェルノブの変装した姿だという噂があり、
そうだとすれば、この中ボスはチェルノブを模した敵兵士という事になるのだろうか。
どちらの説が正しいとしてもチェルノブ本人が何らかの形で出演している事は間違いない。
チェルノブの登場は10:49より http://www.nicovideo.jp/watch/sm673872

また、はっきりとした出演ではないが、『ドラゴンニンジャ』の敵勢力が運転しているトラックに「CHELNOV」の文字が書かれており
デスタリアンに敗れて瀕死になったところを回収されて輸送中なのでは?ともささやかれた。
なお、このゲームも何の脈絡も無く一面ボスがカルノフとか
このゲームの主役が後に『トリオ・ザ・パンチ』にタフガイとして出演するとか
他ゲームとの関連も深く、ゲーム内容自体もいろいろとデコ節満載である。


MUGENにおけるチェルノブ

+dobio氏製作
  • dobio氏製作
原作の様な鬼仕様ではなく、結構優しめの性能。というか、ちょっとちんまい
CNSの記述を変更してサイズを「1」から「1.3」にすれば、他製作者のFH勢を並べても丁度良いかもしれない。
原作再現のオリジナルモードの他に、アレンジモード「EXチェルノブ」も作られていて、
キャラ選択時にスタートボタンを押しながら決定することで使うことができる。

EXTRA CHELNOV
オリジナルとの大きな違いは
  • 通常攻撃でボタンを押し続けると乱舞っぽい連続技になる ドガドゴゴガガッ
  • ブーメランが直線上に飛び、押し続ければ三連ブーメランになる
  • 対空分銅が連続ヒットし、倒れた相手を浮かせられる
  • 唯一のゲージ技としてマスタースパークばりの極太ビーム「ハイパーレーザー」超必殺技として搭載(パワー3ゲージ&マナゲージ(霊力)消費)
などなど。

デフォAIはまだ搭載されていないため基本的に棒立ち状態なのだが、EXチェルノブはたまにいきなり動き出し、
連続コンボ⇒ハイパーレーザーで一気に八割持っていくこともあるので油断は禁物である。
お家氏によるAIパッチが存在するが、現在は公開停止。

+とけい氏製作
  • とけい氏製作
こちらは溝口危機一髪のスプライトを使用しており、氏の作ったほかのFH勢と同じくらいのサイズ。
ただし性能はアトミックランナーよりのアレンジ仕様。
イントロでは捕らえられていた柱から脱出し、様々な技がアクションゲーム風にアレンジされ、
トリオ・ザ・パンチで使用していた巨大ハンマーによる攻撃を繰り出したり
従兄弟をストライカーで呼んだりアトミックつながりの名前がつけられた超必がある。
勝利すれば「Lets Go Go Go」とアクションゲームでのステージクリア曲を流しつつ、FHの「Chelnov Wins」のコールが入る、
まさにチェルノブの集大成と言えるアレンジである。2つのゲームから組み合わせた演出が見事に合致し、まるで最初からこういう演出が存在したかのよう。
3ゲージ技「ラスト・デスタリアン」では 突如ラスボス戦を開始。
これで相手をKOすれば特殊な勝利シーンに移行するが、それは原作エンディングの再現なので いきなり出現した敵ヘリに撃たれてしまう。
とりあえず、画面内に転がってくるのは彼のヘルメットなので、グロい場面ではない。

デフォルトでAIも搭載されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20230650

ニコニコでは溝口誠のストライカーとしての出番の方が多かったが、今後の活躍に期待。
ちなみに、現在溝口は裏モードでしかストライカーを使えないため、そちらの出番は激減中。
昨今MUGENにも色々絡みのキャラも増えてきた事だしね。
時代がチェルノブにやっと追いついてきたのだ!

OWATTE SHIMATTA

SHIKASI KARE NIWA

ANJYUNOCHI WA NAI



HASHIRE CHELNOV


出場大会

削除済み
更新停止中

出演ストーリー


+全くの余談
MELTY BLOOD』で一躍有名になった渡辺製作所が、この『チェルノブ』を
マリア様がみてる』でパロディした『山百合連弾』というゲームを作っている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6175014


*1
余談だが、一時期「スラブ神話には実際にカルノフとチェルノブという兄弟神が存在する」という情報が
ネット上に流布しWikipediaにも記載されていたが、実の所この説は出典に乏しかったらしく、後の検証によって
上述のスラブ神話元ネタ説は「勘違い(もしくはジョーク)によるガセ」という見解が通説になりつつある。
チェルノボグという死と破壊を司る神は確かにスラブ神話に存在している為、ここから広がった勘違いなのだろう。


 ________________
 |l i! i ゝヽ、_i,!/`ー'  ... , -、_ ..  i_l . i!.∥
 |l i!(~ ゚   i>   . r'~、 、 ,ー,.   }_ i!.∥
 |l i! l <|   っ   :.`ヒ)ヒヒヒi..:   .,]i!.∥
 |l(`ー       _ .. _: r' 、 ノ , ノ :    !.i!.∥
 |l i  。 ゚   /     ヽ、 ィ‐' /'!    i .i!.∥
 |l `7.     i::   ..:::!./`=-' i  _/...i!.∥
 |lく~ r、 ゚   、ト、____ノ!K !   ,l `ー、_イi!.∥
 |l r' ~ 。.  _ ゝ、__,ノX^ ー-‐ク r!_  `'7∥
 |l .}    / ヽー-‐/ヽ   ィ' `ー'' ,.ム'∥
 |l `=-   /::   /`ー'  \ ノ!      く、'∥
 |-'^、   、::::....ノ:      ..:i  ヨ\   `.∥
 |\,-,    `^ヽ::::..      .:::::!  } i!_,!  }∥
 |l i!{_   r-、'、:::::.... __ ,. イ   ̄、.   ∥
 |l i! .!  くuk /、 ̄;;;; ,ノ^、   |ス,  ∥
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄