シナモン

「シナモンヒップ、ア゛タ゛ーーーック゛!」

サンリオで発表されたシナモロール(シナモンロールではない。ましてや、汁モンでもくまモンでも無い。)シリーズの主人公的存在である白い子犬の男の子。CVはリメイク版の則巻アラレソニックシリーズのエミーを演じた川田妙子
勘違いされやすいが、シナモンはウサギではなくイヌである。
もっとも本来ウサギとしてデザインされていたのを急遽と言うことにしたので、あながち間違いでもない。
逆にシュガーバニーズとかいう、テディベアみたいなウサギもいるが……。

大きな耳が特徴でこの耳を使って空を飛ぶことも可能。

2011年2月には、船乗り姿の「おしゃれキャプテンシナモンの甘×辛マリン」、
5月には、頭にリボンを付けた「リボンマジック」、
10月には、水玉模様のかぼちゃパンツを穿いた「マイラブリーシナモロール」といったバリエーションが登場している。

2012年6月には、 公式サイト 及び ニコニコ公式チャンネル で10周年記念オリジナルソング「シナモンのパレード」のPVを公開。 MikuMikuDance 用モデルを8月31日まで配布していた。
7月には、原宿にあるニコニコ動画のショップ「 ニコニコ本社 」で 20日〜29日の期間限定で「ニコニコカフェシナモン」をオープン。
くるくるロールのパンにシナモンがたっぷりかかった特製ケーキ「シナモンロール」、シナモンのカップに入ったミニパフェ「シナモンのカップデザート」、そして、シナモンの形をした白いご飯に 青色のルー がかかっている「お空のひげシナモンカレー」を販売していた。
これに関連してニコニコトップでもニコニコテレビ君と共にヒゲをつけた姿を見せていた。
12月5日には、 OSTER project がプロデュースした 公式キャラクターソング集「Cinnamon Trip!!」 が発売された。

それを記念して、ニコニコ本社で 12月5日〜21日の期間限定で「ニコニコカフェシナモン2」をオープン。
真っ青に透き通ったブルーソーダに白い雲に見立てたバニラアイスや生クリームを浮かべカラフルなお星様のゼリーを散りばめた「遠いお空の雲の上ジュース」、耳飾りのお花をかたどったハムが可愛らしい「シナモエンジェルス特製★ロコモコプレート」を販売する。
なお、収録されている楽曲は、12月14日よりサンリオピューロランドで公演される シナモン10周年記念レビューショー「シナモンせかい旅行」 で使用される。

+OSTER projectとは
「恋スルVOC@LOID」「ミラクルペイント」で知られるボーカロイドプロデューサーで、大のシナモロール好き。
氏の動画において、シナモンが仮の姿としてよく出現している。

2014年4月1日に、Twitterにて本名は「品川紋次郎」という嘘を付いた事もある。

『パズル&ドラゴンズ』にもキティやマイメロディ、ポムポムプリンと言ったサンリオの主要キャラと一緒にコラボ限定のガチャで登場している。
属性は光。進化させることでパズドラのエンジェルのコスプレをした『エンジェルシナモン』になる。
あれ、パズドラのエンジェルは女の子だから女装になるのでは・・・
スキルは火と水のドロップを回復ドロップに変換する『おやつの時間だよ!』、リーダースキルは3コンボ以上で攻撃が上がり、最高で3倍になる『ホワイトハート』。
あまりガチャを回さない(課金しない)ユーザーにとってはそれなりに心強い存在となる。
同じコラボキャラだとポムポムプリンの場合、回復力が下がる代わりに攻撃力が3.5倍になる。


MUGENにおけるシナモン

KomoD氏製作のシナモンが存在している。
見た目はふわふわしてて可愛らしいが、AIが入っており、強さはなかなかのもの。
コンボも一撃入るとポンポンエリアルされてしまう。
性能に関しては空中ダッシュ&緊急回避を兼ね揃えている為、機動力が高く、さらに、常時耳に当たり判定が無いので耳を使ったパンチが相殺できない。
高性能な飛び道具やヘルパーも持ち合わせており、可愛い外見に騙されてプレイヤー操作で練習相手として戦ってみたら返り討ちにされてしまうケースが後を経たない。
シナモロールからなのでモカやエスプレッソなどのお友達召喚技が多い…
はずだがサンリオ繋がりでマイメロディやハローキティの姿も見える。
(技の内容や敗北時のキティの台詞はアニメ版の「おねがいマイメロディ」)
何故かカービィ必殺技「ファイナルカッター」や某幼女のパロディ技「カップのなか」を使いこなし、
さらには瞬獄殺まで会得している。さりげなく超必殺技のほとんどが高性能。
コンボを入れてゲージがあるとシナモンヒップアタックを多用するが、外れて虚しい結果になることも多い。

CMを基にした3ゲージ超必殺技「フーバーオーバー」は
背景の動画にあわせて耳を振りまくるという非常に凝った技なのだが、
重かったりラグったりすると音楽がズレるのが悲しい。こっち来んな。
「フーバーオーバー」は曲名ではなく歌っているバンドである。
元ネタのCM
フルバージョン

また、パワーゲージ満タンでキャンセルしてフラフラ動きまわることも。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4437922
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5401486
2009年5月31日の更新で同梱されたMasanobu Uchida氏制作の改変パッチを使用すると改善される。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7036276

一時期は多くのトーナメントに出場し、白くて可愛い外見に似合わぬ強さで暴れまわったため、
その強さからニコニコMUGEN創成期において「白い悪魔」と畏れられたこともあったが
次第に世紀末な性能を持つキャラの増加やAIのインフレなどといった流れに取り残され、現在では弱キャラ扱い。合掌。
とはいえこうした経緯から現在でもシナモンが登場すると「白い悪魔」などのコメントが見受けられることもある。
しかし、フーバーオーバーを多用できる環境だと…
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12008372
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16472259
「動物と一緒にタッグトーナメント」にて間桐桜と組み、ヒット数が500以上出す等、名コンビぶりを魅せつけ、
いつの間にか「白黒デモーニッシュ」というタッグ名まで出来た。
また、2014,11,9にhatya氏製の凶(狂)キャラ化パッチが公開され、初出場の「世紀末台パン杯」では好成績を残した。今後の活躍が期待される。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25378272


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
非表示

出演ストーリー