コノメニウー

この目に映るものは

遠い日の真夏の陽炎

空には血潮に翳る月夜

遥かな時を超えた

貴方の命を愛した

今夜だけは譲れない

如月竜人氏が作成した、MELTY BLOODキャラクターのアレンジキャラである復讐貴吸血飢アブソリュート白レンなどが即死技を決めたときor特定技でKOした時、
特殊演出として流れる『MELTY BLOOD』の主題歌、「MELTY BLOOD」のサビ部分に対して付けられるコメント。

他にもでっていうちびゆっくりといったキャラにも、上記のアレンジキャラたちをネタにして「MELTY BLOOD」のサビ部分の歌が搭載されているため、このコメントが付けられることがある。
また、來氏によって上記のアレンジキャラの演出を元にして既存のキャラが音楽を流すようになるコノメニウーパッチが公開されている。

如月竜人氏のキャラ群がMELTY BLOODのアレンジキャラが多いため、原作をよく知らない人からはメルブラ版テーレッテーと言われたりもする。
ただし流れる条件が違う事等から本質は大分違う。
当然のことではあるが、 原作で戦闘中にこの歌が流れることはない。
MUGENでアレンジ・製作された如月竜人氏のキャラ(及びでっていう)限定の演出であり、「コノメニウー」というコメントもそれらに対してのMUGEN独自のコメントである。
よって、 当然ながらMUGEN動画以外で「コノメニウー」は使わないこと。
また以前MB公式サイトの掲示板にてMUGENにおけるMBキャラの仕様について聞くというMUGENファンによる暴挙があり、一時MUGEN界隈にMBファンが突撃し大騒動になったこともある。
MUGENと原作は姿は同じでも全く別物です。原作に迷惑をかけない。これはMUGENを楽しむ上での基本です。

ネタ過ぎるためかライトなファンには好評なものの 原作ファンには嫌う者も多い
この曲が流れるアレンジキャラが大体原作性能とかけ離れているため、混同されるのを嫌がられるのも原因の一つ。

「MELTY BLOOD」のサビ部分の歌が特殊演出として流れ、
更にキャラの作者が「このBGMはコノメニウーである」と想定しているアレンジキャラ以外のメルブラキャラに何でもかんでも「コノメニウー」コメントを付けることは、
「キャラを間違えてる」「ネタと原作の区別が付いてない」と倦厭されがちで、キャラのファンを不快にさせるうえキャラの作者にも大変失礼なので、使用する時は空気を読んで正しく使いましょう。

また、復讐貴と吸血飢がこの演出を流す条件の一つに「17分割でKOする」があるためか、他のキャラクターの使う「17分割」に対して何でもかんでも「コノメニウー」を付けられることがあるが、
「17分割」はあくまで復讐貴と吸血飢が演出を流すための条件の一つに過ぎず、他のキャラクターの同種の技や、条件を満たしていない復讐貴と吸血飢の「17分割」に「コノメニウー」とコメントすることは完全に誤用なので注意。

無論、元祖であり世界唯一の作者によるコノメニウー公認・推奨キャラ(2009年5月現在)である、
如月竜人氏のキャラ群(と一部ネタキャラ)にこの字幕を付ける事は全く問題ない。
マナーを守って楽しくコノメニウーしよう。
2010年7月現在よりIna氏の志貴にもIna氏本人の手でコノメニウー要素が追加された。

元となる部分が歌詞のせいか、「コノメニー」などの表記揺れが比較的目立つ。

ちなみに復讐貴とグラップラーSHIKIの応援歌として、あわけんPによってボーカロイドのMEIKO&巡音ルカがアレンジして歌っている。

+ 如月竜人氏+αのキャラがコノメニウーを流す条件

現時点では数少ないが、今後この曲を即死技や特殊演出に使用するキャラが増える可能性もあるため、
動画で耳にする機会ももしかしたら増える……かも。
(もっとも、不運な事にネタイメージが付いてしまった今ではネタキャラ以外が搭載するにはかなり超難易度だと言わざるを得ない)
ストーリー動画などでは演出としてmegamariやマガキさんがコノメニウーしていたりシリアスシーンで普通に流れたりといろんなキャラがコノメニウーしている。
ただしあくまで正式に「コノメニウー」が搭載されているのは如月竜人氏のキャラ(とでっていう)だけなので扱いには注意が必要である。
特に、ノーマル遠野や七夜がアークドライブKO等をした場合にネタ気味に字幕をつける等の行為はあまりよろしくない。

なお、復讐貴=コノメニウーというイメージがついているが、コノメニウー以外のBGMを流すようにすることも可能。

最近は原作再現MBキャラが「コノメニウー」を流せるようになるコノメニウーパッチも作成されたようだが、
何も知らぬ視聴者に誤解を与えたり、原作ファン及び原作再現キャラのファンが良くない思いをする可能性もあるので、
動画作者はネタになるからといって安易に動画に使用せず、深く考えて覚悟と決断をした上で起用して貰いたい。

+ パッチでコノメニウーに対応するキャラ
そして何故か4/13の更新以降、極死・七夜が使えるようになった大垣氏の十得制御棒うにゅほにもパッチ対応されている。

また、動画アップ者が無関係なキャラの技に編集でコノメニウー演出を入れることもあるが、それを見た視聴者がそのキャラの作者に突撃したり、
別の動画で同じ技を決めた場合に音楽が鳴らず疑問に思った視聴者によって「コノメニウーは?」というコメントが書きこまれるなどの事態が起こる可能性もあり、
「本来は搭載していないが編集で入れた」ということをはっきりさせておかないと誤解を招くと思われる。

このように「ネタ、ギャグ要素が強く真面目なキャラにコノメニウー弾幕を付けるのは失礼」とされるようになったのは
コノメニウーの演出があるのがコノメニウーが主体のアレンジキャラとパッチによる追加が可能なキャラを除くと ネタキャラばかり のが原因だろう。
でっていうやちびゆっくりはネタの要素が強い変則的なキャラだし、復讐貴は殺人貴をベースにしつつもレーザーを撃つ、カードを投げる、翼を生やすといった関連性の全くない技を大量に使うなど、
これらの一見無関係な技を使えるのには理由があるとはいえ、設定を知らないとどうしてもネタ的な要素に見えてしまう(しかし ネタキャラではない ので注意)。
それ以外のキャラは「既存のキャラをコノメニウーを使えるようにして技や性能を多少変えただけ」の微改変が多くコノメニウー追加可能キャラとは言えてもコノメニウー搭載キャラとは言えない。

ちなみに、遠野志貴のアレンジキャラであるグラップラーSHIKIが即死技であるラストアークを決めた場合は、
この歌をアレンジしたBGM「MELTY BLOOD ver.beat」が流れるが、
流れるのが特殊ゲージを貯めて即死技を決めた場合のみであること、「MELTY BLOOD ver.beat」はノンボーカルなので「コノメニウー」とは聞こえないこと、
作者が「BGMが被ったのは偶然」と明言していることから、コノメニウーというよりはテーレッテーオーモーイーガーの仲間だと思われる。4月26日に公開されたBGM追加パッチをあてる事でラストアークBGMをMBAA版「MELTY BLOOD ver.beat」や
「Truth from “Melty Blood”」に変更可能になった。
他にも志貴咲夜十得制御棒うにゅほなど、コノメニウーではなく「MELTY BLOOD ver.beat」の方を必殺用BGMとして搭載しているキャラは多い。

参考動画



これはひどい

コノメニウ…「見切った!」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7508397