ジョニー









 出身地: アメリカ
 生年月日: 10月24日
 身長: 184cm
 体重: 72kg
 血液型: O型
 趣味: いい女を探すこと
 大切なもの: 秘蔵のギターコレクション
 嫌いなもの: 洒落の解らない奴
 所属: ジェリーフィッシュ快賊団
 アイタイプ: 青

「ハッピーエンドの条件は……ハンサムが勝つことさ」


GUILTY GEAR』シリーズに登場するキャラクター。
アメフトの伝説的プレイヤーでもヒューマン・トーチでもゴーストライダーでも「ジョニー・ザ・パックン」でもない。
義賊集団「ジェリーフィッシュ快賊団」を率いるリーダー。また、「幻影博文派燕月剣」という日本の抜刀術の伝承者でもある。
声優は『ドラゴンボール』のセル格ゲー界歴代悪役で御馴染みの若本規夫氏。


無類の女好きであり、年齢や体型はもとより、種族すらも問わない。
そのためか彼の部下もメイディズィーをはじめ皆女性で、中にはあの作品この作品のキャラに似たクルーの姿も。
出会う女性を誰かれ構わず口説き、快賊団への入団を呼びかけるのだが、フラレっぱなしである。
意外ともてないのかもしれない。団員達からは好かれているようなのだが…。
とにかく女性と見れば入団を勧め、終始つれないミリアやうざがって斬り掛かる梅喧も懲りずに勧誘。果てはザッパに憑いてるS子すら口説くという徹底っぷり。
しかし、一度ブリジットを勘違いして口説いてしまったことがあり、ジョニー曰く「一生の不覚」らしい。
いや、むしろあれほどの女好きが一戦交えるまで気付かなかったブリジットの容姿に驚嘆すべきか。
この人を見たらどうなるだろうか。

しかし野郎には容赦ない。対テスタメントの勝利コメント(『X』~『XX/』)や『X+』のストーリーモードの対テスタメント前の台詞で、
「1つだけ言っておく。俺から女を遠ざける存在は容赦しない」
と発言しており、見方によってはテスタメントの話や事情を聞かずに一方的にディズィーを連れていったようにも見えてしまう。
尤も、ディズィーを通してだが、「たまに遊びにこい」と言ったり気遣いはしていたりする。
その割に坊ちゃんに限り「ハンサムボーイ」と褒めており、
立場上は対立しているも時と場合によっては協力したり、船に乗せたり、それとなく気遣っているなど、互いの力量を認めている様子。

一見チャらい男に見えるが、元々は戦争孤児で孤独な生活を余儀なくされた辛い過去を持っている。
そんな自分を救ったのは、今のジョニー同様孤児と共に快賊団を率いていた先代団長であった。
その背中を見て育った彼は、「嘆くばかりではいけない。自分も救う側になろう」と一念発起し、そしてジェリーフィッシュ快賊団を結成する。
重い内容を感じさせないのは無論、ジョニーの強さや包容力や優しさゆえであろう。

+参考動画


原作での性能

喰らい判定を持たない刀を使うことによる長いリーチと強い技判定、高い防御力と根性値によるタフネスさ、高火力のコンボが強み。
ダッシュがステップ型なので機動力は低めの部類だが、フォルトレスディフェンスを仕込むことで隙を消す「マッハダッシュ」というテクニックで補うことが可能。
ゲージ効率がトップクラスに高く、前後歩きをしているだけでどんどんテンションゲージが貯まっていく。
ジョニーは最低25%ないとコンボが安く、また50%ない状態で固められると死が見えるのでゲージを貯めておくのはかなり重要。
上記のようにゲージ依存度の高さ、切り返しの乏しさ、機動力の低さ、コンボ難易度の高さ等々から上級者向けキャラと言える。
弱点は多いが、その分ペースを握ってからの火力は弱点を補って余りあるほどの爆発力で、
何よりその見栄えが非常によいスタイリッシュなコンボからプレイヤー人気は高く、コンボムービーの数も多い。
+主要必殺技解説
  • ミストファイナー
前方にリーチの長い居合斬りを繰り出す。
Pで上段(斜め上)、Kで中段(正面)、Sで下段(足元)の3方向に撃ち分けることが可能で、
コマンドのボタンを押しっぱなしにすると「構え」をとり、ボタンを離すと居合を繰り出す。
この構えはキャンセルすることで通常技硬直を軽減できる(通称「ミスキャン」)。
これを利用したテクニカルな固めや連続技がジョニーの持ち味。
また、後述する「グリターイズゴールド」を当てることでミストファイナーのレベルが1上がる。
Lv1では頼りない性能だが、Lv2になると出が速くなるうえにヒット後受け身不能状態で相手を浮かせ、
Lv3になると無数の斬撃を繰り出す高威力技になる。
Lv3ミストはコインを2枚使う上にLv2ミストヒット→追撃の方がダメージが大きいので、
Lv2状態を維持して戦うのが基本であり、Lv3はハズレ扱いであった。
ただし、後作ではLvに比例してミスキャンの有利時間を増やしたりFRC対応&FRCすれば追撃可能になったり、ヒット後壁張り付きを誘発する…といった、
Lv3ミストの利用価値が上がる仕様が追加されている。

  • グリターイズゴールド
前方にコインを放り投げる技。威力は雀の涙だが、技の動作時間が極端に短いうえに攻撃レベルが高いため、連携に混ぜるとかなり強力。
また、これを当てることでミストファイナーのレベルが上がる。
ただし、一部の作品を除き1ラウンドにつき8回しか使用できない。そのため無駄撃ちは厳禁となる。

  • バッカスサイ
通称「霧」。ガード不能の霧を作り出し、相手にまとわりつかせる。
この霧はダメージこそゼロだが、まとわりついている間はミストファイナーがガード不能になる。

  • ディバインブレイド
拳を振り上げ、真下に衝撃波を飛ばす技。
地上版と空中版の2種類が存在し、地上版はコマンド入力後前方にジョニーがカッ飛び、その後追加入力で衝撃波を撃つ。
空中版はその場で即座に衝撃波を撃つ。
『XX』以降はFRCに対応し(衝撃波発射の瞬間と、地上版コマンド完成瞬間)、高速移動による奇襲や起き上がり時に低リスクで重ねる、
後述する高威力コンボ「ディバコン」のメインになるなど有用度が増している。

  • 燕穿牙
『XX』で追加された技。ウイスキーを切って火を出す二段技で、中段判定かつ発生が早いため地上から低空で出すと高速中段として機能する。
また、初段のウイスキーを切る部分は受け身不能なので、この部分のみを当てることで強制的にダウンを奪う「燕カス」というテクニックが存在する。
シリーズが進むにつれてどんどん硬直が増えてしまい、ACでは高高度コンボの〆に使おうものなら当てて反確という悲しいことになってしまった。
『Xrd』ではメイが「燕穿牙?」として修得している(性能は異なる部分もあるが)。

  • それが俺の名だ
覚醒必殺技。刀を斜め上に突き出し、ヒット時に相手をロックして演出に移行。「J」の字を描く軌道を残す斬撃を食らわす。
出始めから無敵時間があり、リバサや割り込みの技として重宝される。コンボに組み込まれる事はあまり無い。
もっぱら「俺の名」と呼ばれるが、名前を3択で答えさせるあの技と略称が被っているため、mugen動画でこの単語を使うときは誤解のないよう気をつけよう。
なお、この技はヒットすると強制的にジョニーが左側に移動するため、「J」が左右逆になる事はないので色々と安心だ。
技名の元ネタは90年代にサンデーで連載されていた漫画『ジーザス』の、
「(死に際にジーザス…と呟く敵に)それが俺の名だ、地獄に落ちても覚えておくんだな」という台詞だろう。
+X
  • X
初登場にして全盛期、そして最も問題のあった時期でもある。
ダウン追い打ちの仕様とバッカスサイの硬直が短い事を利用した「霧ハメ」と呼ばれるテクニックが発見され、猛威を振るった。
火力も高く牽制が強かったので、FCDが発見されるまでは他を寄せ付けない最強キャラと言われた。詳しくはこちら
+XX
  • XX
ダウン追い打ちで受身を取られるようになり、連続霧ハメは不可能となった。
他にもJHSや2HSが変更されたり、5HSが弱体されるなど立ち回りにおいてかなり苦しくなった。
しかし、追加技の燕穿牙の性能が高く、火力が非常に高かったため十分戦えていた。キャラランクは中堅。
+XX#R
  • XX#R
燕穿牙の着地硬直が大幅に増えた上に、6Kの基底ダメージ補正がきつくなるなどさらに弱体化。
そのため既存のコンボで減らなくなり、それを補うためにディバインブレイドFRCを絡めた「ディバコン」が使用されるようになった。
ディバコンは軽々と5割を奪ってしまうほど高火力であり、ジョニー使いには基本コンボとも言えるのだが、
基本とは名ばかりな高難易度を誇り、これができずに折れてしまったプレイヤーも多い。
しかし、安定して決まるようになれば勝率も上がるうえ非常に見栄えも良く、技術は要求されるがやりがいのあるキャラとなった。
ランクとしては下の上。
+XX/
  • XX/
牽制とコンボが大幅に強化された。特に新技のジャックハウンドが強力で、霧ハメへの移行が可能になり強キャラと見る人もいる。
しかし、コンボに人並み外れた入力精度が必要なため実戦では中堅クラスにとどまっている。
+XXAC
  • XXAC
ディバインブレイドのリターンがなくなり単発に終わってしまううえに、
これまでのジョニーの主戦力であったディバコンが実戦レベルではほぼ不可能になってしまった。
その代わり、追加された新技の「キラージョーカー」を使ったコンボ、すなわち「キラコン」が主力コンボとなった。
しかし、機動力の低さ、牽制の硬直の長さからチャンスが少なく、
ワンチャンスからのリターンも他が上がったACでは並クラス、攻めの継続も難しいことから非常に苦しい戦いを強いられる。
研究が進んでも結局評価は変わらず、ブリジットと並んで最下層の弱キャラにまで落ちぶれることに。
+XXAC+R
  • XXAC+R
他のキャラの火力が比較的マイルドになる中、
真上にコインを投げる上グリターの追加やガトリングルート追加など、全体的にコンボを伸ばすような調整が取られた。
というよりまったくと言っていいほど弱体化された部分がなく、また周りのキャラは基本的に強化と共に弱体化もされていたため、
『AC』での評価はどこに行ったのやら、かなり高い評価を得ていた。
が、肝心の立ち回りはあまり変わってない上に、上位陣は更にぶっ飛んでいたため、結果的に中堅上位に収まる。
+家庭用限定モード
家庭用版限定としてEX版が存在している。
EX版では必殺技の性能がかなり異なっており、
  1. ミストファイナーとジャックハウンドが飛び道具も取れる当身技に。
    設定されているジャストタイミングで当身を取れた場合性能が強化される。
  2. 無敵昇竜技「H.I.T.S.」の追加。切り返しに苦しむジョニーにとってはありがたいところ。
  3. 俺の名も発生が6F→0Fと強化。
  4. 覚醒必殺技「雲長の居合」の追加。空中で低威力の斬撃を放つ技なのだが、
    「発生0F(暗転後ガード切り替え不可)の中段」「基底ダメージ補正120%(=ダメージが増加する)の状態で相手を浮かせる」という驚異の崩し技。
  5. アクセントコアにて弱体化したディバインブレイドも、EX版では昔のように追撃可能。

通常技は通常技で…
  1. ダッシュが通常のタイプに変化。しかしゲージ増加補正がステップ時のままのためゲージの増え方がすさまじいことに。
  2. 立ちKが基底ダメージ補正無しの立ち下段。
  3. JHSの発生が高速化し、低空ヒット時ならダウンが取れるようになった。

とまあ、読めば分かるがノーマルキャラに少しはよこせという性能。大体の作品でノーマルよりも強くEXキャラの中でも上位といわれることが多い。

また、ゴールドVerは
  1. 攻撃力1.1倍(ただし、刀を使った攻撃は2倍)
  2. ダッシュが高速化+移動距離の増加
  3. ミストファイナーがレベルを問わず威力が即死級に
と大きく強化される。
中でもミストファイナーの威力増強は一度見たら噴き出すレベルで、
小足からだろうが投げからだろうがコンボの〆だろうがお構いなしに相手をSLASHする。
耐えられるのは金キャラクターのごく一部だけ。
最強クラスには劣るものの金の中でも上位の強さとされる。
数時間かけたサバイバルモードでミストファイナーで即死させられると非常にやるせない。
+XrdR
  • XrdR
『Xrd』ではストーリーモードのみの登場であったが、『XrdR』で満を持してプレイアブルキャラに復帰。全国のジョニー使いは諸手を挙げて歓迎した。
果たしてその性能は過去作からかなり変わっていた。
  1. 足払い、2HSなど一部の通常技がリニューアル。
  2. ミストファイナーは全レベルにおいて単発技に。また、空中版ミストファイナーが追加。撃ち分け・構えキャンセルも可能。
  3. 燕穿牙、ディバインブレイド、キラージョーカー、ジャックハウンド削除。
  4. 燕穿牙とディバインブレイドを組み合わせたような技「ツヴァイハンダー」の追加。
    初段のみ当てれば燕カス同様相手を受け身不能でダウンさせられる(通称「ツヴァカス」)。
  5. 覚醒必殺技「トレジャーハント」の追加。ヒットすると相手の「大切なもの」を奪い取れる。
    奪った大切なものはグリターイズゴールドで投げるコインの代用品として使える。

『AC』~『AC+R』時代の悩みのタネであった火力の低さが解消され、さらに地味に強化されている各種通常技や必殺技、
RC必須&基底ダメージ補正ありだがダメ押しの一手として霧ハメが可能と攻撃面が大きく強化。
不安視されがちな防御面もブリッツシールドである程度ならカバーができる…と隙がない。
以上の結果、稼働初期時のダイヤグラムはジョニー一強とまで言われるほどであった。
その後バージョンアップにより霧ハメ、ゲージ効率、技の判定などが見直され、多少順位は落ちたものの強キャラの内の一人ということで落ち着いている。

参考動画


MUGENにおけるジョニー

+無敵医師氏製作 GG#reload仕様
  • 無敵医師氏製作 GG#reload仕様
㍻㌢氏によって最初に作られたGGキャラとAIがこれ。
投げから燕穿牙カス当て→霧をしてきたり、高威力のディバコンも使用する。
さらに2010/12/20の更新で高火力ループコンボまで利用するようになり、そこから燕穿牙カス当て→霧までするようになった。
運が悪ければそこから一気に即死まで持っていかれる強力なAIとなっている。
また黒と金に対応化し黒モードではジャックハウンドRCを連発しものすごい速さで固めをする。
トドメに高頻度で「俺の名」を使うので〆の見栄えが良い。
ただ、刻んでいるイニシャルの「J」が「丁」に見えたことから、たまに「丁さん」と呼ばれたりする。
2011/01/11の更新で遂にACっぽいモードが追加された。
2011/04/14の更新でACモード対応にされたようだ。

また、#Rモード、EXモード、ACモード問わず家庭用のEX版専用覚醒技の「雲張の居合い」に加え、
オリジナル技として薔薇を投げた後すれ違いざまに斬り裂く覚醒技「J.H」(ジャックハウンドの強化版)が使用可能となっている。
後者はGBA版GGXのEX用オリジナル覚醒技が似ているので元ネタなのかもしれない。

外見・戦闘スタイルのかっこよさと若本ボイスから人気は高いようで、ニコニコのトーナメント動画でもよく顔を出している。
特にタッグやチーム戦では毎回違った女性キャラと組んでいる。相手は主に居合い絡み。
流石節操無しハンサム。

狂キャラ枠に金ジョニーが出ることも多く、チートファイナーと称される。
ただし、当時はAIが金に対応していないため、なかなか出さないことも多く、視聴者をやきもきさせた。
最近ではミストファイナーを優先して出すように変更されている。

影縫氏が某大会を再現したカニミソ魔改造パッチを公開していた。
一時期公開停止されていたがはいうぇい氏により代理公開中。
通常カラーでもなかなかの強さだが金カラーでは狂中位相手にも圧勝するほど。
  1. 攻撃力二倍
  2. 攻撃補正なし
  3. 攻撃を受けるとグリターイズゴールド放出 ただし本家とは違い攻撃判定あり
  4. グリターイズゴールド連射
  5. グリターイズゴールド無制限
  6. ミストファイナーが射程無限&必ず連続切りに
  7. ワープ中無敵+ジェネラルみたいな挙動
  8. 常時AI起動
  9. 11P限定でたまにコインがポロり
  10. 残りライフが少なくなるほどミストファイナーの頻度アップ
  11. 試合が長引いたらデストローイ使用
分からない方はこんな感じと思っていい
またたくし上げの人ことyuki氏のAIも公開された。
ACモード固定になりレベルと直ガ率が変更できる。
ジョニーの性能をフルに生かしており、
低空での『雲長の居合』から補正を利用してのコンボやディバインブレイドからのコンボで八割近い体力を奪うなど、
非常に強力であり凶ランクの上の方に食い込む力を持つ。
また金カラーはミストをコンボに組み込むようになっており、狂ランクでのより安定した活躍も期待される。

2016年1月にはtryshur氏により改変キャラのJT(ジョーカートリック)ジョニーが公開された。
氏曰く折角対応キャラもいるのに死に技のせいで動画では見れないため作ったとのことで、
名前通りあらゆる所から食らい中でも当たる全画面判定(air変更で通常判定にも変更可能)のジョーカートリックをぶっぱするキャラとなっている。
また始動のトランプにダメージが付いているのでアーマーキャラ相手でも戦闘可能。ランクは狂中位レベル。

+松梅魂氏製作 サムライジョニー
  • 松梅魂氏製作 サムライジョニー
松梅魂氏により製作されたサムライスピリッツ風のジョニー。
コンセプトは『直感操作で一発逆転』とのことで、攻撃力は零SPに近く、
システム面は剣サムの零スピリッツに近いが独自のアレンジが施されたものになっている。
居合によるバッサリ感は正にサムライの一言。GG仕様とは違い、居合の一撃を魅せてくれる。
参考動画

AIは未実装だが、簡易AIを搭載予定。また、外部AIは歓迎とのことであり、2017年に@5分氏によりAIが製作された。

+如月竜人氏製作 COHジョニー
  • 如月竜人氏製作 COHジョニー
氏の代表的キャラである復讐貴のストーリーであるChain Of Heartsに対応するようにメルブラ風にアレンジされたジョニー。
厳密にはメルブラアレンジである氏のCOHアレンジキャラ。そのため、ディスプレイネームが「Johnny(COH)」となっている。
シールド各種やアークドライブ、ラストアークなど一通り搭載されており、
『MBAC』に近い仕様であるが、サーキットスパークが空中でも使用可能になっている。
また、同シリーズのキャラに搭載されている一撃必殺技も存在する。ジョーカートリックではない。
他のCOHキャラ同様にAADやLAでKOする場合はBGMが流れる。
そして他のキャラ同様にBGMを選択できるため、あのBGMを流すことも可能。
初期設定では「碧羅の天へ誘えど」 になっている。
他のキャラの場合この曲はアストラル向けのBGMだが、なぜかこのキャラはこれがデフォルト。
AIは一部の技をまったく使用しない簡易的なものが搭載されている。
簡易的と言っても弱いわけではないので注意。
参考動画

また、アークの世紀末な連中と共にのりもの入りを果たした。
風流せい!風流せい!

+大会ネタバレ注意
タッグ大会成績
出場大会名 タッグのパートナー 最終成績
同人キャラ混合タッグ選手権 琥珀 準優勝
第2回同人キャラ混合タッグ選手権 京堂扇奈 第3位
【直感とネタで】タッグ戦するよー 琥珀 優勝
男女タッグ祭り2008 琥珀 決勝T1回戦敗退
新旧入り乱れ!男女タッグバトル大会 セシリア 準優勝
懐かし男女タッグトーナメント 琥珀 優勝
パートナーが変わっても安定した成績を叩き出しているのは流石であろう。

筐体クラッシャーズ集合!台パンシングルランセレバトルに金カラーで出場。
大会中盤に敗退リーチの危機に陥るも見事に持ち直し、最終盤には怒涛の6連勝(大会最多連勝)を挙げる。
そして迎えた最終パートでは開幕早々に一勝。この勝利でジョニーが唯一敗北数に猶予を持つことになり、
一歩リードしたかと思われたが、痛恨の連敗を喫して敗退。
最終戦績は14勝6敗。
最終決戦進出は果たせなかったが、堂々たる3位入賞であり、台パンの大会名に相応しい活躍を見せた。
+この大会で生まれた奇妙な縁
予断だがこの大会終盤で脱落危機にあったカオスの権化であるHIGEと対戦した際、3R目で自爆敗退を見届ける出来事が存在した。
これ以降2014年に開催された大会においてHIGEと対峙した際、ほぼ必ずといっていい程HIGE脱落を自爆で見届けているようである。
下記動画はそれらを纏めたものであり今の所4度起きてる模様。
全ての始まり(3:57~)
さらに別大会でも(10:29~)
遂にはこのような大会まで(11:07~)
この傾向は2015年になっても変わってなかった(13:27~)

出場大会

+...
シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止
凍結
非表示

出演ストーリー

+...

「俺を本気にさせたのは……ミステイクだったな」


  • 表記について
MF ミストファイナー
バッカスサイ
コイン グリターイズゴールド
JC ジャンプキャンセル
HJC ハイジャンプキャンセル
前○ レバー前攻撃、(例:前P=レバー前パンチ)
エリアル 空中コンボ、空中連続技

  • お勧めコンボ
ジョニーの主なエリアル
コマンド 備考
~→JK→JS→JC→(JK)→JS→(JHS)→JD→燕穿牙 前Pや前Kヒットもしくは地上投げや近S等の拾いからの空中コンボは基本これでOK。更新によってKBがかなり増えたのか、中央の通常投げからだとJC後のJKを入れると燕穿牙がスカる。
~→JK→JS→JD→燕穿牙 前K等拾い位置が高い場合のHJで追撃するとき、もしくは相手画面端で投げ後に燕カス→霧を狙うときに(この場合は燕穿牙にディレイを入れる)。空Kの前後に空Pを加えたり組み合わせを調整しても良い。
HJD→燕穿牙 HJ空Kは届かないが空Dは届きそうなときや咄嗟の追撃に。
~→JK→JS→JC→JS→JHS→雲張の居合→… 覚醒必殺技。雲張で終わらせればコインや霧を重ねたり、前Kから追撃をしたりなどもできる。

ゲージ未使用コンボ
コマンド 備考
K→HS→Lv2MF下or中→ステップK→(近S)→エリアル Lv2時の基本コンボ。ダメージは下がるがミスト後は前K→HJエリアルでも可能。
K→HS→MF構え→構えジャック→地上コンボ 構え状態から出すジャックハウンドはよろけ時間が通常のジャックハウンドよりも長い所を利用したコンボ。通常ジャックで繋ぐとRCしない限りは密着状態のみよろけ中の相手に投げが間に合う程度なので注意。Lv2であるなら構えへの移行が早くなっているので楽になる。Lv1なら足払い→霧orJ.H.や密着限定だが前Pで浮かせてエリアルで良いだろう。

ゲージ使用コンボ(TG50%)
コマンド 備考
K→(近S)→足払い(1段目)→J.H→前K→エリアル 2段目で当てた場合はダウン追い打ちになって反確となる。レベルが1の時でもエリアルに行ける。ミストのレベルが2のときは通常技→ミスト→前K or ステップ近Sなど通常技→エリアルで〆る手もアリ。