デ・ジ・キャラット

「カタギの連中には分からないにょ!

 ゴールデンウィークはオタクにとって貴重な時間にょ!」

概要

ブロッコリーが展開するキャラクター企画、及びキャラクターショップ「ゲーマーズ」の看板キャラクター。
声優はローゼンメイデンシリーズの桜田ジュンやリリカルなのはシリーズのゲボ子でおなじみの真田アサミ女史。(初代)
デ・ジ・キャラットシリーズは真田氏やぷちこ役の沢城みゆき女史のデビュー作でもある。
一時期、2代目として明坂聡美女史が演じていた…のだが、15周年記念を期に真田氏が再び復帰している。
ちなみに初代と2代目は設定上は別人である。

デ・ジ・キャラット星からやってきた王女様。
本名はショコラ。通称でじこ。1998年7月に初登場。当時は名前がなく、翌1998年8月に名前と通称が決定した。
語尾に「にょ」を付けて話す(ドラマCD版では「にゃ」と言っていたこともある)。
白猫の帽子に尻尾。ライトグリーンの髪で、髪飾りに大きな鈴(王家の印)を左右に1つずつ付ける。
この語尾について、ファンの間で「最初期の設定では『~なんよ』であったが、キーボードで打つ際のミスタイプにより『~なにょ』になり、それが定着した」
という噂があったが、制作側はこの噂の存在を認めつつも、ネーム作成の時点ではパソコンが使用されないことを理由として公式に否定している。
地球にやって来た目的は「大女優を目指すため」と「アナローグ星のデ・ジ・キャラット星襲撃から逃げるため」の2つの説があるが、
実は両方ともが公式設定であり、作品によって異なる。

得意技は「目からビーム」で、好きな食べ物はブロッコリー
外見とは裏腹に生意気、狡猾、そして迂闊な性格が一番の魅力。当初は「巨大化する」という設定があったが、
使い魔的存在のゲマに「水にぬれると巨大化する」というかたちで移植された(原作本等では「公然の裏設定」としてときどき使われる)。
『にょ』ではまねきねこ商店街で暮らす事になっているが、大抵の設定では秋葉原のゲーマーズにて女優を目指しながら働いている。
『~ファンタジー』では記憶喪失になった。

夏や冬にはコミケに走り、いおりん本を買いあさる。最近では業界に慣れたのか、当人も同人誌を描いていたりする。
ちなみにスピンオフ作品の『ウインターガーデン』では大人になった姿で登場するが、まるで別人のように純情可憐な女性へと変貌しており、
作品の内容も見ているこちらが恥ずかしくなるくらいの純粋なラブコメであった。
あまりの別人ぶりに「成長し女優になったでじこたちによる劇中劇」「よく似た(?)他人」等と言われ、シリーズに含まないと考える人もいるくらいである。

ちなみに現在、ニコニコで公式シリーズ動画「にまにま」が配信中である。

(以上、wikipediaより一部抜粋、改稿)

余談だが、でじこは『格ゲー野郎』やアニメ版の『パワーストーン』や『ギャラクシーエンジェル』など、台詞の無いモブも含めるとあのライバル店の看板キャラクター以上に数多くのアニメやゲームにゲスト出演している他、
「ベターマン」など、作中でデジこのコスプレをしてるアニメやゲームも存在する。


MUGENにおけるでじこ

にゃん☆鬼龍氏が同人ゲーム『ねこみみ格闘絵巻ねこねこ』のスプライトを使用して製作したものととけい氏製作の同人ゲーム『ばとるにょ』仕様のものが存在するが、前者はトクトクのサーバー復旧後にサイトが消滅し現在入手不可。メールで報告してやれば復活してくれるかもしれない。
+ にゃん☆鬼龍氏製作 『ねこみみ格闘絵巻ねこねこ』スプライト
+ 時間の国けい(とけい)氏製作 『ばとるにょ』仕様

また あのライバル店の看板キャラクター との対戦も実現していたりする。

因縁の対決(16:54~)

出場大会

更新停止中



添付ファイル