裏百八式・大蛇薙






「おぉぉぉ… くらいやがれぇ!

草薙京超必殺技。 この他草薙柴舟、草薙京-1、KUSANAGIが使用。 読みは「-おろちなぎ」。
ちなみに京-1のものには「裏百八式」が付かない。この他クリスがオロチ一族版大蛇薙「暗黒大蛇薙」、
黒子がパロディ技「黒子大蛇薙」「黒子まっくす大蛇薙」を使用する。

拳に集めた炎の力を「百八式・闇払い」のモーションで振り払い、巨大な炎を翻し目の前の敵を焼き払う技。
発動モーションは京は片手、柴舟は両手の間に炎を生み出す。MAX版では全身が炎に包まれる。
ちなみに'96~'97のMAX版の正式名称は「秘奥義 裏百八式・大蛇薙」。体に炎を纏うと秘奥義に昇格するらしい。
掛け声も'94では通常必殺技の鬼焼きと同じ「うりゃあ!」の使い回しだったが、'95より「くらいィ…やがれ!」とタメるセリフになり、
以降「おぉぉぉ…くらいやがれぇ!」や一気に叫ぶ「これで終わりだ!」など、毎年のように変更が加えられていった。

草薙一族の先祖が1800年前にオロチを倒した技で、八尺瓊(やさかに)八神)一族に伝わるオロチの動きを封じる奥義「裏百八式・八酒杯( やさかずき )」と対を成す。
名前の通りオロチ一族を祓うために存在する技だが、ゲーニッツの風に通用しなかったために京はさらに修行を積み、「最終決戦奥義・無式」を編み出すに至った。
しかし、ゲーニッツとの再戦では庵とちづるの協力を得たため「無式」ではなくこの技で止めを刺している。

演出は派手だが基本的に発生はあまり速くなく、強攻撃や「七拾五式・改」からの連続技が主な使い道。
払った炎は飛び道具判定。強は上半身、弱は下半身の出掛かりに無敵があるため、相手の動きを読んで割り込みに使えなくもない。

'95以降は溜めが可能になったが、溜め切っても演出や威力には変化なし。
ただしMAX版は溜めモーション時に全身を包む炎にも攻撃判定があり、払った炎も最大3ヒットする。
こちらは出掛かりに全身無敵があるため、単に飛び道具として使う他、対空や割り込み、緊急回避潰しに有効。密着なら弱パンからでもつながるが、魅せの範疇だろう。
画面端で薙ぎ払いの炎を2ヒットの形にすると更に追撃ができ、通常よりも高ダメージを出せるテクニックも。
ただし割り込みや対空は「無式」の方が安定しやすい場合も多い。


'99では発生が遅くなり、大幅に弱体化。MAX版の全身攻撃判定も出がやたら遅くなり、ストライカー無しにはまず当たらなくなった。
これはネスツに拉致され、「プロジェクトK」のための実験を受けた副作用の一部とされている。
ストライカーから繋がない限り連続技にも組み込めなくなったが、年を追うごとに徐々に復活の兆しを見せた。
2001以降は一瞬だけ溜めると発生が速くなり、このテクニックを使って連続技に組み込むことができる。
またXIでは投げ始動のリーダー超必殺乱舞技「伍百弐拾四式・神塵( かむくら )」のフィニッシュに大蛇薙を放つ。

柴舟のものは無敵がない以外はほぼ'98までの京と同じ性能だが、繋ぎ技の関係上、連続技に組み込むのが容易になっている。
また威力は常に、京よりも柴舟のほうが高い。ただし柴舟はMAX版でも炎で全身を覆うエフェクトはなく、当然攻撃判定も発生しない。
京-1のものは発生がかなり遅く、カウンターモード中以外では密着からの連続技でギリギリ繋がる程度。
KUSANAGIのものは'98までの京とほぼ同じ性能になっているが、2003版は中ボスという位置付けもあってか、溜め中は全身無敵と非常に高性能。


「炎で焼き払う」 という極めて王道な技ながら、ドットの秀逸さやボイスの熱さ、設定の緻密さなどが好作用し、
初登場以来十年以上の長きに渡り、京を象徴する大技として定着している。
ニコニコMUGENでも人気は高く、京がこの技を出すと 「フライ揚がれ!」 という空耳コメントが頻繁に書き込まれる。
また数はあまり多くないが、京の関連キャラクターやアレンジキャラクターに同様の技が搭載されていることがある。あと京の彼女と同名のキャラにも。
ちなみに、この子も京やクリスなどからコピーすることによって使用可能。この技でKOすると、製作者の空耳を表現した字幕が出ることもある。