エース

「ガリで。」 「あんこくw」 「ござる」


オンラインゲーム『FINAL FANTASY XI』における竜騎士・暗黒騎士・侍のネタ的な総称(或いは蔑称)。
由来はエースヘルムという頭装備を唯一装備出来るジョブ達であった為。
麦わら海賊団の船長の義理の兄や、ウルトラ六兄弟の一人とは多分関係無い。

両手槍、両手鎌と両手剣、両手刀という(両手斧の戦士を除く)両手武器が得意な前衛集団にして、
エンシェントサークル(ドラゴンに強くなる)、アルケインサークル(アルカナ{魔法生物のこと}に強くなる)、
護摩の守護円(デーモンに強くなる)と、ホーリーサークル(不死生物に強くなる)のナイトを除く、
サークル系アビリティの集団でもある。
え?MUGENのドラゴンアルカナデーモン?ごめん別に特別強くならないんだ^^;

本来エースとは、
  • トランプの一の札。
  • 第一人者。最高、最上の存在。「わが社若手の―」
  • 野球で、チームの柱となる投手。主戦投手。
  • ゴルフで、ホールインワンのこと。
(Yahoo!国語辞書より一部引用)
とあり、主に2番目の意味で日常では褒め言葉として使われている事は周知の事実である。
しかしこの3ジョブがMUGENでキャラクターとして製作されるほどネタ扱いされたのには、理由がある。

+ 竜騎士

+ 暗黒騎士

+ 

…以上の三者三様の不遇さからこのジョブをメインとしているユーザー間には妙な結束力が育まれ、
そこへエースヘルムの実装が成されると、他ジョブから「何処がエースだよw」と嘲笑された。
開発チームが「この3ジョブはチーム内でも『エース』という一括りで呼ばれていたんです」
とインタビューで発言した事により急激にネタ化が加速したのである。

ちなみにエースヘルムは入手方法は難しいながら、攻撃力・命中率・攻撃速度の上昇と中々良い効果を持っている。
しかし後に追加されたエースロケットの効果は「カウンター+5」(所謂格ゲーにおける「当て身投げ」の成功率が上昇する感じ)。
これを装備出来るエースは、レベル上げではナイト忍者が敵を引き付けているのを
横から攻撃するスタイルである為、自分で攻撃を受ける機会がほぼ無く実用性は皆無に等しい。
もう狙ってやってるんじゃないのか開発チーム。
その後も着々と小出しにエース装備は追加されてゆき、ついに全身エース装備をする事も可能となった。
因みにこのエース装備一式、優秀だが全身にてんでばらばらなデメリットがついており、一式で着るメリットは殆ど無い

+ 俺が、俺たちが、エースだ!!

勿論、由来としては蔑称に分類される名称の為、動画内で言及されているならばともかく、
全然関係ないところで「竜騎士・暗黒騎士・侍」が挙がったからといって無闇に持ち出すべきネタではないので注意。
特にFF11界隈では、こうしたジョブ格差ネタ・ジョブ差別ネタに関しては不快感を露にする人も多く、
エースやリューサン、ガリにあんこくwといった言葉だけでもみるみるうちにその場が荒れることも珍しくない。
軽はずみにこれらの言葉を使い、そのような状況を招いた場合、その責任の一端は間違いなく
「最初にその言葉を使った空気の読めないヤロウ」にあることを知っておいて欲しい。
リアル年季とヴァナ年季、そしてリアルマネーが掛かった言葉であり、
そうなったとしても決して過剰反応とは言いきれないのだ。


+ エースAA

MUGENにおけるエース

毎度おなじみ2chネトゲ実況板の某スレ産。暴れん坊鴨南蛮氏により製作された。余談だが、某スレの住民たちはエースが大好きである。
小ポトレはエースヘルム。
地上で暗黒騎士・空中で竜騎士・しゃがみで侍に自動的に切り替わる。
システムはGUILTY GEARをベースにしており、リーチに優れる竜騎士での空中コンボが強い。
画面端まで飛んで行くミサイル「エースロケット」は火力は高めだが弾速が遅くガードが容易。
超必殺技は竜騎士が愛竜Mikanに乗って画面を横切る突進技「リューサンインザスカイ」。
どこかで聞いたような鳴き声を発するが何、気にすることはない。
因みにこの技、エースオリジナルではなく元はリューサンに搭載されている技である。

これも余談だが、ポトレはブロントさん(ミニ)の製作者であるくんしょうも氏によるもの。


AIが無かったため長らく出番が無かったが、1月下旬に白身氏によってAIが作成された。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル