エース

「ガリで。」 「あんこくw」 「ござる」


オンラインゲーム『FINAL FANTASY XI』における竜騎士・暗黒騎士・侍のネタ的な総称(或いは蔑称)。
由来は「エースヘルム」という頭装備を唯一装備出来るジョブ達であった為。某海賊漫画の主人公の兄ではない。

両手槍、両手鎌と両手剣、両手刀という(両手斧の戦士を除く)両手武器が得意な前衛集団にして、
エンシェントサークル(ドラゴンに強くなる)、アルケインサークル(アルカナ{魔法生物のこと}に強くなる)、
護摩の守護円(デーモンに強くなる)と、ホーリーサークル(不死生物に強くなる)のナイトを除く、
サークル系アビリティの集団でもある。
え?MUGENのドラゴンアルカナデーモン?ごめん別に特別強くならないんだ^^;

本来エースとは、
  • トランプの一の札。
  • 第一人者。最高、最上の存在。「わが社若手の―」
  • 野球で、チームの柱となる投手。主戦投手。
  • ゴルフで、ホールインワンのこと。
(Yahoo!国語辞書より一部引用)
とあり、主に2番目の意味で日常では褒め言葉として使われている事は周知の事実である。
しかしこの3ジョブがMUGENでキャラクターとして製作されるほどネタ扱いされたのには、理由がある。

+竜騎士
FF11における元祖不遇ジョブ。バトル開発チームによる調整不足は毎度見慣れた光景。
サポート役のペットであるワイバーンとセットで一人前なのにワイバーンが貧弱ですぐ死ぬ(ワイバーンはリアル二時間に一度しか呼び出せない)、
ごくごく普通のちょっとした行動でワイバーンの召喚状態が解除される(ワイバーンはリアル二時間(ry)、
レベル50から先はアビリティ?何それと言わんばかりに何も追加・補強されない、
仮にも「騎士」を名乗る近接ジョブなのに防具の性能は見た目に反して性能が貧弱でプラモデルと揶揄されたり、
武器も使いにくい両手槍主体、最大のウリであるジャンプ系アビリティにバグがある、
当時最強だった狩人と能力が丸かぶりで下位互換ジョブ扱い…等々、あまりにも不人気要素の塊であった。
他ジョブに比べてのよい点はあまりに不遇期間が長すぎたため、中の人の精神が鍛えられていて紳士的ということくらい。
現在ではアタッカーとして活躍できるようになったが、バージョンアップの度に開発からの扱いが雑だとささやかれる。

+ガリで。
もしもパーティ皆で寿司屋に行ったら、という一幕。

侍「寿司おごるよ」
暗「マジでぇ?w」
狩「んじゃ、イクラ」
白「あたしタマゴ~」
侍「竜さんは?」

\   、 m'''',ヾミ、、 /   
  \、_,r Y  Y ' 、 /';,''    
  、 ,\ヽ, | | y /、 ,;;,,'',  
  \、\::::::::::/, /,, ;;,    
   ヽ\ o 、 ,o / { ;;;;;;;,,    
   丿 [ \|:::|/ ]  >"'''''   <ガリで。
    >、.>  U   <,.<        
  ノ  ! ! -=- ノ!  ト-、       
..''"L  \\.".//_ |   ゙` ]

「(パーティで大したことができない)竜騎士が頼めるものといったらガリ(生姜)位しかない」というネタである。
(ちなみに忍者は大トロを頼め、赤魔道士はウニを頼める位の立場)

AAは、恐らくFFシリーズで一番有名な竜騎士である、FF4のカイン・ハイウインドのもの。
竜騎士の性能向上により『FF11の竜騎士=ガリ』が死語になりつつあることと、
カイン自身がシナリオ面では結構なネタキャラ(詳細はググっていただくとして、端的に言えばよく洗脳されて裏切る
であることから、
現在ではFF界隈で『ガリ』というともっぱらカインのことを指す。
勿論蔑称の類であるので、無闇に使用するのは避けましょう。何事も空気を読むということは大事です。


その立場の悪さを自虐した、パーティに誘う黄色い声援(を夢見るというブラックジョーク)「キャーリューサーン
はキャラ・単語が一人歩きするくらい有名。
そして最近では誰が考えたのかヴァナを翔ける一陣の蒼い疾風「ブルーゲイル」という、
やたらカッコいい通称が定着している(※ヴァナとはヴァナ・ディールの略。FF11の世界の名前)。

エースメンバー内ではその長年の不遇を耐えてきた経験と心の深さからリーダー役を務める事が多い。

+暗黒騎士
とにかく環境に愛されなかったジョブ。
攻撃特化型として実装された都合、攻撃力が上げる代わりに防御力が下がる類のアビリティが多いのだが、
そのせいで周囲からは「ピンチでさらにピンチを招くジョブ」と勘違いされまくり。
得意の両手鎌と両手剣は素の命中率が低く攻撃が当たらないので風を送るだけの「扇風機」などと揶揄され、
当たってもTP)の溜まりが妙に悪く、ウェポンスキルが撃てず、撃てたとしても命中率が低いため結局当たらない。
おかげで当時流行りの「連携(成立すると追加ダメージが発生する超必コンボ)」に参加できないため、攻撃を当てるためだけに得意でもない片手剣を持たされるハメに。
時代が変わり、「連携」のつなぎ方も変わり、命中率も改善されたのだが、「連携」に参加できるウェポンスキルは性能が微妙すぎて攻撃力を活かせず、
高威力なウェポンスキルは「連携」にかみ合わないため周囲から使わせてもらえないという事態。
現在は両手武器の命中力が上がり、「連携」も廃れたためこれらの欠点はずいぶん改善されたが、
バージョンアップのたびに両手鎌と両手剣の優位性が変わるため、武器仕様に振り回され続ける日々を送っている。
極めることができれば文句なしに最強クラスのジョブではあるが、その道程は果てしなく険しい。というか一般人には無理。

+暗黒騎士AA

   〕)    ,;::-‐'|ー::;,_   (〔
  ./ |  ,;:'"  :::|;:::::::;;;ヽ  | ヽ
  { 丶,l    .:::|;::::::::::;;;;l .ノ 
  丶  丶   .:::|;:::::::::;;/´  ノ   
    ``Y''    :::l::::::::::;;`Y''′    <竜騎士ネタに飽きてきた今こそ俺が主役になる番だな。
    ==| lii;;;,,,   :::;;;;;;iill {==
   f l;;;1 ゙ヾllllllli illlllllソ'";|ヽ
__ .i |;;;ヽ  ゙ヾlllソ'":::;;;/;;l ヽ、
ヽ l | ヽ;;;;;ヽ   lll ::::;;/;;;;l l;;ヽ
;;;;ヽヽ  ヽ;;;;;;;\ lll ;/;;;;;;;l  'l;;;;
k/;;;;ヽ ヽF⌒ヽ;;;`;;´;;;;;;/⌒ヽ. |;;;
AA表記の際はFF4の主人公セシル・ハーヴィの暗黒騎士時のAAが使われる事が多い。

エースメンバー内では基本的に(ネガティブな)話題を振る役。竜騎士がリーダー役なのが少し納得行かない様子。

+
ゲージがたまりやすい特性を持ち、技をガンガン振って戦うジョブ。
二時間に一回、ゲージ全消費の技が1ゲージ消費になる「明鏡止水」を持つが、ゲージがたまっていないと何の役にも立たない。
明鏡止水を使うようなピンチの時にゲージがあるはずもなく、ネタ的な扱いであった(現在は発動時にゲージがMAXになるよう強化された)。
瞬間的な物理攻撃力なら間違いなくナンバーワンであり、技も頻繁に使えて高火力。
加えて「連携」には大体合わせられる技の豊富さ…というと全然不遇に聞こえないが(実際初期は強かった)、
他ジョブの調整時に巻き添えで弱体を食らうことが多く
その攻撃力と爆発力、命中率は地に落ちてしまった(緩やかに強化され、現在はかなり強いジョブとなっている)。
サムライだからしょうがない?口にしたき言葉にござる。
幕末故致し方無し?ヴァナ・ディールは天晶暦ですからー!切腹!

+侍AA

 ,-、__,-'~~ ̄`ー-、
~ノ,----、_     i
/| ニー  :    | ,、
..| ー ~   ;、__,-、| ! `ー-、
ヽ、 ,-三='   , ヾ |_|_,,,,,,,,__|
  |ヾ `┴'   !   /、_ノー-、
  |__,,,┘`-'  `┤  )   )  <侍といえば拙者でござるよ。
  / ー-、  ,  |.| (   (    
 └' ̄`┘ノ ,,-'  |-、 `-、`ヽ
-、  |   '//   | `ヽ、`、 )
   ̄ ̄ ̄/  ,-┴-  | リ

   ,ノヽ,        _ノ`、
   ヽ  ヽ,-‐,へ‐-、/  /
     \ \,||  ||/ /
  ____r\_/´`\_/y___ 
 {・  | /y´⌒`y\ |  ・}  
  `r‐-≧ニニ二ニニ≦-─r´
     rl く二>∧く二> ハ   <おにぎりの真の味が分かるのは拙者だけ。
     >、.>  U   <,.<        
    ノ  ! ! -=- ノ!  ト-、    
  ..''"L  \\.".//_ |   ゙`
AA表記時はFF6の老侍カイエン・ガラモンド、或いはシャア・アズナブルの改変AAが用いられる。

エースメンバー内では事なかれ主義で保守派。日々弱体修正に怯えつつおにぎりをもそもそ食べている。

…以上の三者三様の不遇さからいわゆる三バカ的な扱いをされてしまうジョブであった。
ビジュアルの格好良さから好む人も多く、不遇に負けずに運用しているユーザーも多かったのだが
「エースヘルム」の実装が成されると、他ジョブから「何処がエースだよw」と盛大にネタにされてしまう。
後に、開発チーム内でもこの3ジョブが『エース』という呼称で呼ばれていた事が明らかになり、
「エース=竜騎士・暗黒・侍」というネタが半公式化する事になる。

ちなみにエースヘルムは入手方法は難しいながら、攻撃力・命中率・攻撃速度の上昇と中々良い効果を持っている。
しかし後に追加されたエースロケットの効果は「カウンター+5」(所謂格ゲーにおける「当て身投げ」の成功率が上昇する感じ)。
これを装備出来るエースは、レベル上げではナイト忍者が敵を引き付けているのを
横から攻撃するスタイルである為、自分で攻撃を受ける機会がほぼ無く実用性は皆無に等しい。
もう狙ってやってるんじゃないのか開発チーム。
その後も着々と小出しにエース装備は追加されてゆき、ついに全身エース装備をする事も可能となった。
因みにこのエース装備一式、優秀だが全身にてんでばらばらなデメリットがついており、一式で着るメリットは殆ど無い

エースロケットの実装により、いよいよこのエースネタはネ実民に気に入られ、
様々な改造AAやFlashアニメといった作品がどんどん投稿されていく中で原型とはかけ離れたエースのAAが完成したり、
「あまり私を怒らせないほうがいい^^」「諸君、落ち着きたまえ^^」「すごく落ち着いた^^」というエースAAのお約束フレーズが登場した。

+俺が、俺たちが、エースだ!!

エースジョブの不遇やネタ化を本気で嫌がる人が居る一方、開き直って楽しんでいるエースジョブ愛用者も居たなか、
バージョンアップにて「次は槍を使うジョブの大幅強化を予定している」という告知が入った事で
「いよいよエースの筆頭である竜騎士の超絶強化によってエース躍進の時か」という機運が高まり、ネ実はお祭りムードとなった。
しかし、実際に蓋を開けてみれば竜騎士の修正は「アビリティ『スーパージャンプ』の名称を『スーパークライム』にします」というだけで更にオモチャにされる事となった。
更に後のバージョンアップにて、暗黒騎士に「アブゾタック」が実装され、更に入手方法が店売りというお手軽強力性能だったことから
暗黒騎士がエースジョブから一抜けするような形になり、次いで侍と竜騎士も別ベクトルでの強化が入っていきボンクラジョブを脱していくこととなる。
こうした強化は嬉しい半面、かつての「エースジョブ」という概念が消失する事でもあり、それを惜しむ声もあった。
以下に掲載しているエースを題材にしたFlash作品のラストでも「エースロケットの中に3人で写っている写真が入っている」というシーンが挿入されている。


その後、「エース」という呼び名は「両手武器をメインとしたアタッカー職」という意味で広く使われるようになり、
イコールボンクラジョブであるという風評は姿を消していくが、「エースネタ」の方は色々なところで残っており、
後にスクエアエニックスから発売されたゲーム『半熟英雄』シリーズでも他のネ実ネタと共にそれっぽいフレーズが盛り込まれていたり、
『ディシディア デュオデシム ファイナルファンタジー』に特定の4種類の装備を身につけると発動するセット効果名として「エースロケット」が存在している。


+エースAA
             / ̄ ̄ ̄ ̄\
            /         .\
          /   / ̄ ̄\   \
         /   /      \  . \
       /   /         \  \
      /      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     \
    /暗 / ̄ ̄ ̄ ̄| 竜   | ̄ ̄ ̄\ 侍.\
   /  /      /     \     \  \
 /  /        | ^   ^  |      \  \
  ̄ ̄         ( .>ノ(、_, )ヽ、.)         ̄ ̄
            ノ ! ! -=ニ=- ノ!  ト-、    
         ..''"L \\`ニニ´//_ |   ゙`
            エースヘルム

      / \
     /    \
    | ^   ^ |  <これがエースロケットであるか^^
    .| .>ノ(、_, )ヽ、.|
   / ! ! -=ニ=- ノ\
 /  L\`ニニ´/]  \
  ̄ ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
      ̄ ̄ ̄ ̄
       川
     ( (  ) )


MUGENにおけるエース

毎度おなじみ2chネトゲ実況板の某スレ産。暴れん坊鴨南蛮氏により製作された。余談だが、某スレの住民たちはエースが大好きである。
小ポトレはエースがエースと呼ばれる由来となったエースヘルム、大ポトレはブロントさん(ミニ)の製作者であるくんしょうも氏によるもの。
種族は竜騎士がエルヴァーン、暗黒騎士がヒュム、侍がミスラと思われる。

地上で暗黒騎士・空中で竜騎士・しゃがみで侍に自動的に切り替わる、三位一体の変身キャラ。
システムはGUILTY GEARをベースにしており、リーチに優れる竜騎士での空中コンボが強力である。
空中を担当するリューサンの機動力により、三段ジャンプ、空中ダッシュは2回使用可能。
完成率は約64%との事だが、事実上の最終バージョンとなっているものでキャラクターとしての使用に支障はない。

立ち回り上の主軸になるのは侍の「居合」をキャンセルする事で繰り出す「居合キャンセル」。
前HS>HSといった普段つながらない連携が成立するため、これを利用して相手にガードさせて立ち回る事になる。
前述の通り空中技のリーチが長く、更に空中での機動力も高いため低空ダッシュなどを利用した攻めは非常に強力である。

画面端まで飛んで行くミサイル「エースロケット」は火力は高めだが弾速が遅くガードが容易。
超必殺技は竜騎士が愛竜Mikanに乗って画面を横切る突進技「リューサンインザスカイ」。
どこかで聞いたような鳴き声を発するが何、気にすることはない。
因みにこの技、エースオリジナルではなく元はリューサンに搭載されている技である。



AIが無かったため長らく出番が無かったが、白身氏によってAIが作成された。

出場大会

出演ストーリー



添付ファイル