Robber Crab

為三  戦三

三為為為 三戦
オンラインゲーム「FINAL FANTASY XI」の敵モンスターの一種、クラブ族の個体の一つ。「ローバークラブ」と読む。
クフタルの洞門・ボヤーダ樹・海蛇の岩窟・テリガン岬・グスタフの洞門・ブンカール浦〔S〕に生息する。
所謂現実世界でいう「蟹(カニ)」であるが、縦に移動出来るし足も四本、青い甲羅のものが顕著で、
甲羅も球体に近く鋏は縦に構えボクシンググローブの様な形状である。
そのずんぐりした体の上に二つの目が付いた姿が漢字の"為"に似ている為、
プレイヤーの間では"為"という愛称で呼ばれている。
(上記の図における「戦」は「戦士」を表している。)
「攻殻機動隊」のタチコマと ミナミコメツキガニ を足して二で割った甲殻類をイメージしていただければ分かりやすいか。
(ちなみに実際のミナミコメツキガニも横ではなく前歩きである)

拡張ディスク「ジラートの幻影」で追加されたモンスターで、
生息地域は同ディスクで追加される「ジラートエリア」と呼ばれる地域がほとんどである。
クラブ族の中でも60~68と基本レベルが高い。
そのため「FF11最初のストーリーのラスボスである「闇の王」より強い蟹」と
度々言われており、実際に「闇の王を倒して調子に乗っていたら蟹に殺された」という
冒険者を量産している。

+ 「闇の王より強い蟹」

「仲間を連れてこない」「沢山いる」「魔法を使ってこないのにMPが奪い取り放題」「特に危ない技も無いから安心」と、
パーティーにおけるレベル上げでは良く狩られる人気者。
しかしビッグシザーはただの一発攻撃だが当たればかなり強く、バブルシャワーで水属性攻撃ついでに攻撃力を下げてくる、
バブルカーテンで魔法に、シザーガードで物理攻撃に強くなり、メタルボディは一定ダメージを完全無効化する。
その持久力とスタンダードながら高性能な敵故に、 ソロで挑むと泥沼、ちょっとでも気を抜けば地獄を見せられる。

ちなみにジョブ設定的にはナイトらしい。道理でしぶといわけだ。
「Robber Crab」とは「泥棒蟹」という意味。リアルのヤシガニの異名であり、光り物を集める習性がある


MUGENにおけるRobber Crab

ネ実の某スレ産。製作はG・E・若本氏。
ブロントさん汚い忍者の様にネタ的な要素はなく、そのままただのカニである。
サイズ的にはちびキャラの部類。ジャンプ力は低く、技も余り繋がらない。
だが防御力と一発一発の攻撃力は高く、見かけによらずパワーキャラである。
ちょこまか動き回って攻撃はしっかり防御、ちまちま攻撃を当ててゲージが溜まったら、
シザーガードで自己強化、バブルシャワーぶっぱというちょっとチキンな戦い方が定石か。

出場大会

出演ストーリー