アヤメ


「刀は抜かぬためにある銃は撃たぬためにある。

 それが、父や母より受け継いだ私の信念です。」


オンラインゲーム『FINAL FANTSY XI』に登場するキャラクター。ゲーム中の表記は「Ayame」。NPCの一人。
バストゥーク共和国のミスリル銃士隊という精鋭部隊に最年少で入隊したエリートである。
ついでにミスリル銃士隊は野郎だらけなのでアヤメは隊の 紅一点
種族はヒュームの女性。
東洋文化の集まる航海都市「ノーグ」で修行した過去があり、
ノーグの頭領ギルガメッシュとも幼児期から家族ぐるみで面識がある。
ちなみに20歳のお姉さん。銃士隊のNo.4との評判。

性格は沈着冷静、感情が表に出ないタイプで、年相応より落ち着いた物腰をしている。

+ これがミスリル銃士だ!

+ アヤメとナジ

チョコボレースではシドのチョコボ「InvincibleXIII」の騎手として登場。
このチョコボにはナジが乗っていることもあるが、成績に違いはない様子。

バストゥーク港の実家には父のエンセツと妹のカエデが居るが、
彼女自身は公務のためあまり在宅していない様子。

ジョブは侍。多くのクエストやミッションに登場するキャラクターなのだが、
戦闘している場面が不意をつかれてあっさりのされたところくらいで真の実力は謎に包まれていた。
しかし東京ゲームショウ2006での「ヴァナ★フェス2006」において「ヒロインズコンバット」というイベント戦にシャントット他と共に参戦、
その実力をプレイヤーに見せ付けた。

以上、 FF11用語辞典 より。(一部加筆、改訂)

プレイヤーからは「アヤメさん」とさん付けで呼ばれる事が多い。さんを付けろよデコスケ野郎!

MUGENにおけるアヤメ

ブロントさん発祥の地で作られたキャラ。製作者は暴れん坊鴨南蛮氏。ボイスは朱鷺宮神依のものを使用。
ネタ要素が大いに盛り込まれているヴぁーん汚い忍者等とは違い、
赤猫と同じように原作である『FINAL FANTSY XI』に基づいた正統派キャラ。
「心眼」で一度だけ攻撃を避けきり、「八双」で攻撃力を上げ、「黙想」でゲージを溜める姿はまさにヴァナ・ディールの侍。
フルゲージ時に使用可能な七之太刀・雪風→八之太刀・月光→九之太刀・花車による「乱れ雪月花」コンボは美しいの一言。
最新版にはAIは対応していないので注意(キャラの大きさ、乱舞の有無で判別は容易)。

最新版の動画。操作は暴れん坊鴨南蛮氏本人。

現在は公開していたロダにとんずらされたため、入手不可。

出場大会

削除済み

出演ストーリー