フリーマン



 年齢:24歳
 身長:185cm
 体重:80kg
 誕生日:11月21日
 血液型:不明
 国籍:イギリス
 格闘スタイル:我流格闘術「慚愧」
 趣味:衝撃緩和に使うプチプチを一つ一つ潰す
 特技:頭さえ入ればどんなに狭い所でも通ることができる
 大切なもの:ドリルのネックレス(気に入っている)
 苦手なもの:花粉の多い花
 好きなもの:針や刃物の先端
 嫌いなもの:人混みの中
 好きな食べ物:フィッシュ&チップス
 好きな音楽:ヘヴィーメタル
 得意スポーツ:特になし
 CV:



「これが愛ある殺戮だ…」

餓狼~MARK OF THE WOLVES~』のキャラクター。
ストリートファイトで得られるスリルに快楽に近い感情を見出している危険な男。
特に生死を賭けた一瞬を至上とし、カインと対峙した際「刹那的に物を考えるきらいがある様だ」と評された。
KOFには魔人・グラントが参戦すると聞き、その未曾有の敵に対しかつてない興奮を覚え、出場を決めた。

人を殺す事を「召す」と称しており、既に幾人も殺害している。
同作キャラのケビンも親友をフリーマンに殺された人間の一人である。
「召す」基準の一つとして「飽き」があり、それまで興味を持っていた対象も飽きれば容赦なく殺す。
逆に飽きなければ殺さない、とある意味解りやすい思考をしている。
要は己の飢餓感を満たしてくれるかどうか、と言う事だろう。

SNKお得意の狂人系キャラで、人気は結構ある。
プレイヤーの間では「自由人」「自由男」「レミーマン」と呼ばれている。
一番最後は無論この男に似ているからだが、パクリとかそう言う訳ではなく、
「開発途中でストIII3rdが出た時は被りっぷりに嫌な汗をかきまくりでした。一時期レミーの弟にしようとか血迷った事をシラフで考えた」
「モデルはマンソンちゃうしレミーも偶然やっちゅうねん!」
どうやら不慮の事故(?)だったらしい。偶然とは恐ろしきものである

おや?レミーのようすが……

「俺より自由な奴は貴様が初めてだ…」


性能

通常技はいいものが揃っており、牽制に優れる。
その反面、必殺技の発生が遅い上に無敵の付いた技も殆どない。
突進技の「ナイトメア」*1、ブレーキング対応コマ投げの「モービットエンジェル」は忘れてもいい技とまで言われている。
更にダッシュがステップなので機動力も低く、凶鳥逃げするグラントに追い付けないなんて事もしばしば。
ラッシュには優れるものの崩しに欠け、切り返しも貧弱という困った性能。
ゲームキャラとは言え殺人犯に対する社会的制裁だろうか?
ちなみに、彼に親友を殺されて復讐に燃えるケビンはグラントと並ぶ最強キャラである。
そんな奴に追われている彼に未来はあるのだろうか?それ以前に『MOW』の続編が(ry

何は無くとも三段入力技の「V.O.D」と超必殺技の「フルブラスト」がフリーマンの生命線。
V.O.Dは段数毎に弱と強を任意に切り替えられ、揺さぶり、ゲージ溜めなどに使える優秀な技。
しかし、弱V.O.D三段目はガードされると24F不利と罠としか思えない数値。
なので三段目を強で出すのはフリーマン使いの定石。
超必のフルブラストは0F発生技でこそないものの、リーチが長く小技から繋がるので重要なダメージソース。
リーチの長い遠立ちA、足の先に食らい判定が無い遠立ちBを出す際にコマンドを仕込んでおき、
当たったら自動的にキャンセルフルブラストが出る「仕込みフルブラ」は、是非とも覚えておきたいテクニックの1つ。

中々厳しいキャラだが、弱攻撃→フルブラストやフェイントを絡めたコンボが出来る様になると頑張れる。
ダイヤグラムロックグリフォンに次いで下位に位置している。

ちなみに、フリーマンには対カイン限定で妙なバグが存在する。
手順としては
1.フリーマンがモービットエンジェルを打ちます
2.カインがヒムリッシュ・アーテムorヒムリッシュ・ゼーレを出します
3.フリーマンがカインを掴んだ時にアーテム(orゼーレ)が当たれば成功!
という具合で(厳密には掴んだ瞬間の数Fであり厳しい)これが成立するとフリーマンが増える
……と言っても空中で棒立ち状態で、当たり判定も無いので壁にもならず、連動して攻撃してくれるわけでもない。
フリーマンガフエタアアアアアアアアアアアアアアア

ぶっちゃけるとヤリタカッタダケーな技であった…
+のだが。
のだが。
稼動から実に11年、世紀末ゲーセン勢がこのバグを検証する際に事件は起こった。
上記のバグと似たタイミングで潜在能力版ヒムリッシュ・アーテムを当てると(タイミングは更に厳しい)、
フリーマンが一気に画面端まで吹っ飛ぶ事があるのだが、
この後カインとフリーマン双方の挙動が バグる。
具体的な例を挙げると、

これはひどい。

参考動画

なお、上記で示す通りこの状態は双方共に行動不能になる技が多く、詰んでしまうと筐体をリセットしなければならない。
これを起こしてしまうと 出禁 の可能性もある。家庭用でも出来るようなので自宅でお楽しみください。
で、このバグによってカインのようにダイヤが変動したかというと…まあ条件やらキャラ限やらの時点で お察しください。
結局ヤリタ(ryなバグであった。スバラシイアクムダースバラシクネエヨー


MUGENにおけるフリーマン

数体確認されているが、どちらかと言えばELLARavenousの元になったキャラとして知られている。

+john氏 & Ayustat氏製作 MOW仕様
  • john氏 & Ayustat氏製作 MOW仕様
原作再現仕様。
2019年のYahoo!ジオシティーズ終了によりサイトが消滅し、残念ながら現在は正規入手不可。
かなり以前に製作されたものながら完成度は高いが、AIは搭載されていない。
その為ニコニコMUGENで見る機会は少ない…のだが、結構人気があるおかげか、自作AIトナメやプレイヤー操作で稀に見かける。


+斑鳩氏製作 MOW仕様
  • 斑鳩氏製作 MOW仕様
こちらも原作再現。性能のアッパー調整などは無いとの事。
氏謹製のAIがデフォルトで搭載されており、AIレベルを8段階、反応レベルを10段階に調整可能。
アレンジ仕様での活躍の長かった彼だが、今後の活躍に期待したい(原作最弱キャラ筆頭だが……)。

+K.O.D氏製作 MOW+XI風アレンジ仕様
  • K.O.D氏製作 MOW+XI風アレンジ仕様
スプライトは『MOW』のものだが、『KOFXI』仕様にアレンジされたフリーマン。
スパキャンやドリキャンが使用可能で、MAX2のオリジナル技も搭載されている。
その他性能もかなり変わっており、強V.O.D2段目で中段判定、弱V.O.D2段目は下段判定のため、簡単な2択になる。
また、強3段目が相手を浮かすので追撃可能。フルブラは弱攻撃から繋がらないが、その代わり強V.O.D3段目から繋ぐ事が出来る。
…と、V.O.Dがかなりアッパー調整されていて、原作以上にV.O.Dが重要なキャラに仕上がっている。
モービットエンジェルも相手が立っていればJ強攻撃から繋がるし、他の技もV.O.Dの追撃に使えるようになった。…クロウを除いて。
デフォルトでAnjel氏のAIが搭載されているが、さらに名無し氏によってAIパッチが製作されており、今後の活躍に期待。

+Kasumi1030氏製作 MOW+XI風アレンジ仕様
  • Kasumi1030氏製作 MOW+XI風アレンジ仕様
K.O.D氏のフリーマンを基にアレンジを加えたキャラで、現在はKamekaze氏のサイトで代理公開中。
バグや一部挙動の修正、火力の高すぎる超必殺技の火力調整などが施されている。
デフォルトで簡易的なAIも搭載済み。




「この悪夢へ…ヨ・ウ・コ・ソ…」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結

出演ストーリー



*1
「忘れてもいい技」なのは確かだが、ナイトメアのコマンドが↓↘→+AorC、対してフルブラストのコマンドが↓↘→↓↘→+AorCであるため、
フルブラストの入力をミスった場合9分9厘ナイトメアが出る→反確で死が見えるという事が多い。
「忘れたくても忘れられない技」「むしろ削除して欲しい技」なのも確かである。「まさに悪夢!(自分に)」「スバラシイアクムダー」はフリーマン使いの合言葉。