本多忠勝

+ 史実での本多忠勝

家康「行け!忠勝、おめぇが最強だ!!」

忠勝「……」


カプコンのゲーム『戦国BASARA』シリーズに登場するキャラクター。
天下に平和をもたらす為に戦う、戦国一の兵力を誇る「徳川軍」の総大将、徳川家康に使える武将で徳川軍の伝家の宝刀。
そのあまりの強さから「その体に傷一つ付けられない」と言われ、徳川軍を勝ち戦に導く猛将である。二つ名は「戦国最強」
まともに相手をすることができるのは島津軍の総大将、島津義弘(『X』には未登場)だけであると言われている。

史実での「一つも傷を負わなかった」というエピソードに、BASARA的解釈を加えた結果 何をトチ狂ったのか 「物理的に傷付けられない」ような姿になっている。
(本来の忠勝は攻撃回避を重視した軽装を好み、重装備なのは同じ徳川四天王の井伊直政の方だったと言われている(ちなみに直政の方は傷だらけの猛将である))
その巨体に見合った巨大な槍(というかドリル)を武器に戦場を暴れまわる。しかしこの蜻蛉切、どう見ても止まった蜻蛉は真っ二つじゃなく粉々である。
ドリル型の武器を振り回す、巨大な鎧など、『ウォーザード』のブレイドと共通点が多いが、特にモチーフにしたとは公言されてはいない。

その見た目や強さ、また戦闘中は一言も話さない(機動音はある)ことから*1どう考えてもロボット自動機械人形の類だと思われるのだが、
(1のゲームオーバー画面は他のキャラが「戦死」や「落命」なのに、忠勝は「停止」であることからも)
ゲーム中や開発スタッフからは詳しいことは何一つ言われておらず、中の人がいる可能性もある。
そのためプレイヤーからはホンダムと呼ばれている。扱いからすると鉄人28号や、特にジャイアントロボのほうが近いかもしれないが。
作中においてもそのあたりは誰も突っ込まないが、モブ兵士からは敵味方問わず「とても人とは思えねぇ!」とか言われている。お前等わざと言ってんのか。
唯一、毛利元就は2~英雄外伝において「貴様、人では無いな」と突っ込んでいる。勿論返答は無いが。
3では仲間武将のアシストシステムでプレイヤーの種類限定で自動アシスト(男性の場合、女性の場合など)する能力を持つものがいるが
プレイヤーが鋼鉄の場合、仲間が自動アシスト」というのがあった。
無論忠勝以外に有効なキャラクターはいない。

原作ゲームでは、攻撃力・防御力・スピード・リーチなどが全て最強クラス。その上、常時スーパーアーマーという戦国最強っぷり。
背中の砲塔から砲弾(専用アイテムによりプラズマ弾に換装可能)を発射したり、ブーストを吹かして高速飛行したり、盾を装備して防御力を高めたり
浮遊支援子機(いわゆるファ○ネル)を呼び出したり…と、体内に沢山の武装を格納しているため、様々な戦い方が出来るという絵に描いたような強キャラ
よく言われることとして、「体がデカすぎて画面が見づらい」ことが挙げられるがそこはご愛嬌。

弱点らしい弱点は無いに等しいキャラだが、唯一の弱点として「騎馬兵(通称UMA)」の存在が気がかり。
彼のチートアーマーは「騎馬兵の突進を跳ね返し、逆に突進してきた馬が死ぬ」というギャグみたいな性能なのだが、突進ダメージは普通に受ける。
それどころか、他の武将なら一回の突進で一回しかヒットしない所が、アーマーのせいで多段ヒットしてしまうので……。
つまり彼、騎馬兵との戦いで受けるダメージが他武将の数倍に膨れ上がるのだ。騎馬兵の多い伊達軍武田軍との戦いでは慎重さが求められる。
騎馬兵は飛び道具で簡単に迎撃できるので、最強の飛び道具である「攻撃形態」を所持している彼にはさして問題はなかったりするのは秘密。

『3』では固有技をボタンで使い分けるようになったシステム変更を味方につけ、多くの形態を使い分けたり、
あるいは同時発動したりして闘う、さらに強力で面白いキャラになっている。空だって飛ぶ。
ストーリーでは、鶴姫・黒田官兵衛・最上義光の3人の中から同行者を選び、それによってストーリー・ルートはもちろん勝利演出まで変化すると言う
少々変わったストーリー展開。エンディングこそ共通だが途中が非常に凝っていると言う珍しい展開である。
加えて全国を行脚して最強を目指す「直江状無敵戦」ルート、織田信長以外の全員に存在する本能寺ルートと、
全キャラ最多タイの5ルートを持つ。
なお、全プレイヤー武将中唯一、どのルートを通っても「関ヶ原の戦い」が最終ステージにならない。それどころか、中盤で関ヶ原を終えてしまうルートさえある。

敵として出現したときもその強さはまさに「戦国最強」、最高難易度になると生半可な装備では太刀打ち出来ない。
初代の三方ヶ原のステージではラスボス級の強さを誇る(ステージ自体は総大将の家康を倒せばクリア)。
『2』以降は多少弱体化し倒しやすくなったものの、イベントにより撃破可能な大阪夏の陣では凄まじい耐久力を誇り、
イベントまでの時間制限もあって普通に倒すのは難しい。
そして外伝で追加された小牧長久手の戦いは、初代同様忠勝の追撃から逃げ続けるステージだが、あえて倒すと二回も復活そのたびに強くなる
『3』では主・家康に従って多くのステージで登場。しかしその関係からか、前作までよりもかなり倒し易い。倒せなかったら詰むので仕方ないが。
『宴』のとあるステージではとうとう家康よりも柔らかくなってしまった。
また、「最強戦術」と称してステージに落雷を落とすと言う離れ業をやってのけたりもする。明らかに本人が襲ってきた方が強いのは言わないお約束。

お楽しみ武器は地球儀を模した「天地の理」(『2』まで)と「庭の木」(『3』)、そして床屋のアレを模した「螺旋灯 斬溌」(『4』)。
やはりこれも高速で回転している。地球儀等はともかく庭の木が回転ってどういう事なの……。
『バトルヒーローズ』の彼のストーリーでは生き別れの兄弟が居ることが発覚した……と思ったが、別にそんなことはなかったぜ!

無双ゲーの体現者とも呼べるその強さ

+ 最強の双璧

+ アニメ版での活躍


戦国BASARA X』での性能

原作同様に様々な武装形態を駆使して戦うキャラ。攻撃は大振りだが威力は高く、通常攻撃にも削りがついている。
稼動初期には「鉄クズ」「戦国最強(笑)」などと揶揄されていたが、研究によりその高い性能が引き出されていった。

形態変化には「ブーストゲージ」を消費する。このゲージが無ければ殆どが使用できない。
ただしゲージを使い切ってしまうと「オーバーヒート」が発生、一定時間ゲージを使用できなくなる。
なお、原作と同様BASARA技の「突進形態」と一部の形態を組み合わせて使用できる。

+ ブーストゲージを消費する行動

+ 忠勝の援軍について

飛行形態」を駆使した素早い揺さぶりや「援護形態」による場の制圧が非常に強力。
万全の状態であれば、 削り付きの攻撃を連続ガードさせつつ相手をガードクラッシュ寸前まで追い込む という、凄まじい攻めを行える。

現在では、研究勢により「ファンネループ」というループコンボが確立されており、攻めに関してはトップクラスである。
これが「コンボ中に援軍ゲージを回復し、起き上がりにファンネルを重ねる」という強烈なもので、捌き切るのは難しい。
ゲーム中で最も体が大きいものの、各技にガードポイントを発生させる「防御形態」により守りもそこそこ。
他キャラより防御力や気絶耐久値が高く、ガードゲージやヴァイタルソースの回復速度がゲーム中最高なので打たれ強い。

ブーストゲージを使わず「攻撃形態」に移行できるバグや、試合終了まで「防御形態」を永続付加できるバグまで発見されている。
「暴力的なオフェンスを売りにした、非常にテクニカルなキャラ」という立ち位置に収まり、初期の低い評価は完全に覆ったと言える。

ただし、各種形態の性質を理解しなければならず、体の大きさから対忠勝限定のコンボも多いため、常に気を抜けない。
家康が連れ去られた場合、帰ってくるまでの間、ダッシュもできない忠勝一人で援軍付きの相手を捌かなければならない。
座高が高い、ジャンプするまでが遅い、リバサから必殺技を出せないなど妙な弱点も多く、総合的な防御性能は低い。

オクラという神の領域にいたった武士(もののふ)がいたため戦国最強にはなれなかったが、
永久を持っていて当たり前のこのゲームで、無いにもかかわらず強キャラに位置したあたりは原作最強キャラの面目躍如といったところか。

ちなみに一撃BASARA技にもガードポイントが付いており、無闇に援軍カウンターをすると直撃を食らうので注意。完全に初見殺しである。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10708655 http://www.nicovideo.jp/watch/sm13908312


MUGENにおける本多忠勝

MUGENではrei氏が製作したものが2009年1月26日に公開された。
援軍、スタイリッシュポイントなど再現度が高く、
防御形態と援護形態を同時に入力すると永続的に防御形態の効果が発生するなどのバグまで再現されている。
また、「ステージの端から出てきた忍者が、ステージの端まで家康を拉致する」と言う仕様の都合上、
極端に狭いステージだと即タダカーツ!な状況に陥ってしまうことも。

身体の大きさ故に弾幕には非常に弱く、またゲームの仕様上バ火力という程では無いものの、
自慢の装甲やデフォルトAIによるファンネルを駆使した攻め継続はMUGENでもしっかり発揮されている。
とにかく家康がよくしゃべり、「タスケテクレー」などネタ度が高いためか出番が多い。

+ 大会ネタバレ

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



*1
撃破した時のみ、ザーザーという砂嵐の音の中に紛れて男性の声で「もうしわけ……!」という声を聞き取ることが出来るが、空耳だった。
そもそも 声:なし (公式ページより)なので当然といえば当然である。

16:40
http://www.nicovideo.jp/watch/sm12689104
CVは家康と同じ大川透氏である。
まさか…中の人は家康の影武者(或いは本人)、もしくは血縁者なのか…!?
まあ、明らかにバグだけどな!