AI

1.人工知能(じんこうちのう,英:Artificial Intelligence, AI)のこと。
コンピュータに人間と同様の知能を実現させようという試み、あるいはそのための一連の基礎技術をさす。
(Wikipediaより)

2.MUGENにおいては、キャラクターの戦闘時のアルゴリズムを記載したファイルのこと。
転じて戦闘アルゴリズムそのものの事も指すが、一般の格ゲーなどでは主にコンピュータ操作という意味合いでCPUと呼ばれる。
具体的にはcnsファイルやcmdファイルに「相手がどういう攻撃をしてきたか」「どういう状態でいるか」などを読み取らせ、
その値によりどういった行動に出るかを詳細に記述していく。
つまり知能というものではなく、思考実験「中国語の部屋」そのものであり、いわゆる所の人工無脳と同じものと言って良い。
基本的にはこのアルゴリズムが記載されていないキャラが多く、動きは完全ランダムでイマイチ的確な行動をしないものだったのだが、
ニコニコ動画でMUGEN動画が多くアップされていった2007年ごろからキャラクターとは別にAIパッチだけが作られるケースが増加し、
今ではあらかじめAI搭載型のキャラクターも多く作成されている。
そして、所謂「AIインフレ」とも言われる時代を経た現在、AI同士の対戦のレベルが格段に上がり、熱いバトルをするキャラ達が増えている。
しかしそれと同時に、これからMUGENを始めようとする格ゲー初心者達にとってあまりにも優しくない環境である、というのも事実である。
AI作者の中には、例えば、Easy(初心者向け)~Hard(上級者向け)という風に、後述のレベル制AIというものを作っておられる方も多く存在する。
ただそのようなAIでは、今いる強いキャラ達に対抗すべく作られたようなものが多く出回っており、
Easyレベルですら、「1コンボ3割強とか当たり前」「小足見てから昇竜余裕でした」とか言わんばかりの強さであるものが多い。
勿論、対格ゲー初心者にも対応すべく作られたようなAIも存在するのだが、
上記のようなAIが普及し過ぎているせいで、数が少なく、ほとんど知られていないのがほとんどである。

AIは人間のように目と指でキャラクターを操作するのではなく、プログラムレベルで自分の置かれたステートと相手の置かれたステートを監視し、
事前に記述された値と状況が合致した場合のみ、事前に決定された値を返す事により行動を決定する。
例えば「相手の攻撃が打撃か投げか」「通常技か、必殺技か、超必殺技か」等は
相手が適切な記述を行っていれば、いかに発生が早くてもプログラムには判断可能である。
(ガード可能かどうかを判断したり、判断する前にヒットする技や、AI殺しに反応するのはまた別の問題だが)
また、通常はアナログに入力されるコマンドも機械的にステート移動をさせているだけのために、
人間には困難な目押し暴発しやすいコマンドを100%の精度で成立させることができる。
そのようなAIのポテンシャルを最大限活用すれば、人間の限界を超えた状況判断とコマンド入力精度を兼ね備えた凶悪操作となり、
絶対に勝てないAIを完成させることも(理論上は)不可能ではない。

しかし、遊びが一切無いAIは倒すのが難しく、格闘ゲームの面白さをスポイルしてしまうことになりかねない。
そのため、意図的にプログラム記述に遊びを作り、ガードの隙や攻撃のミスを作り出し「いい試合」ができるようにAI作成を行うことも多い。
また、AI製作者にとっては プログラムゆえの利点を最大限発揮する凶悪AIよりも、「いい試合」をするAIのほうが作成は難しい と言われている。
これは0か1かで判断される機械言語で「遊び」を表現すると、どうしても記述量が大きくなりがちになるためであるが、
そもそも「いい試合」の定義が人によって異なるため最終的には好みの問題になり、安易に比べるべきではない。
(無論、精密さを追求していっても記述量は増える)

MUGENは格闘ツールであり、AI同士の対戦をウォッチする(これを動画にした物がAIトーナメントになる)以外に、
人操作で遊ぶ事ももちろん遊び方のうちの一つに数えられる。 だがMUGENは遊び方も遊ぶ人も、文字通り無限。
狂キャラを難なく倒せる程の上級者もいれば、お気に入りのキャラクターが動く様子をのんびり楽しみたい人も、
皆MUGENで遊んでいる。 そのように多様なニーズに応える答えの一つが、レベル制AIである。

レベル制AI

内部設定を変更する事でAIの強さ──具体的に言うと、立ち回りの的確さやコンボ精度、超反応の発生の有無、
時にはキャラクターの性能そのものなどを変更させることが可能なAIのこと。
平成㌢氏のGGキャラや北斗キャラの、12段階に調整出来るものが有名か。

当然ながら調整の細かさや強さにどれだけの変化が生じるかは製作者により、
対人・対AI・対AI(超反応前提)の3段階程度に抑えられているものから、
アヌビス二刀流ポルナレフのような999999段階という非常に細かい設定ができるものまであり、
数字だけを見るとそれがどれぐらいの強さなのかが、よく分からない事も多い。
今更言うまでもなくMUGENのみならずあらゆることで常識だが、使用する前には取説(readme)を 必ず 読むこと。

平成㌢氏AIのギルティギアキャラクター、風見氏AIキャラやアバレッタなどの最高レベルAIは、並みの腕では攻略不可能に近いキャラである。
それに挑戦することもMUGENの大きな楽しみだといえるし、それら素晴らしい動きをするAI同士の対戦を観戦する事もまた、MUGENの魅力である。
そのような強敵に挑むことを望まないプレイヤーでも、これらのキャラのAIレベルを下げれば、自分の楽しみ方でMUGENを遊ぶことができるのだ。
しかし、そのAIレベルも上述の「AIインフレ」に伴い、強さの基準が上がっているらしく、
それ以降作られたor更新があったAIのレベルの低い段階までもが強くなってしまい、プレイヤーの敷居を高くしてしまっている。
ニコMUGENでは強AI同士の対戦や強AIに挑戦するプレイヤー操作動画が多いが、
全てのMUGEN利用者がそういった強AIを求めているわけではないのも事実である。

MUGENはコンシューマーゲームと大きく異なり、性能・AI記述ともに一切自重しない領域での楽しみ方が確かに存在する。
そのような領域に足を踏み込む際には、対人戦を考えたプログラミングの遊びは邪魔になる。
このようなキャラクターでも対人戦を考え、AIレベルを下げたりカラーを変更すると通常性能になるキャラも多い。
例をあげるならば12Pカラー以外では性能・AI等が変化するhanma氏作成のイグニスUNKNOWNオニワルド
高レベルAIだと性能自体が変化する水影氏作成の射命丸文、Kong氏のキャラクターなどがある。

レベル制AIはレベルごとにAI記述を変化させるため、程度の差こそあれAIを一つ搭載するよりも手間がかかる。
MUGENの多様なニーズに応えてくれる製作者たちの心使いに、感謝を忘れてはいけないだろう。

また、製作者によっては「 ○レベル以上は強すぎるので動画使用は非推奨(禁止) 」等といった基準を設けていることもあるので、
単純に「最高レベルで出せばいいだろ」などと考えず、冒頭で言った通りきちんとreadmeを読み、どのように使用するのが適切かをきちんと確認すること。
動画を視聴する場合も、動画内で普段活躍するキャラクターが大敗したり逆の現象が起こった場合に、
無闇に「AIレベル下げた(上げた)だろ」等とコメントすることは、うp主やAI製作者の方々に大変失礼である。


タッグAI

通常のシングル(1対1)での戦いを想定したAIとは違い
タッグ(2対2)での戦いを想定して作られたAIのこと。
最近ではシングル・タッグどちらともに対応したAIもある。
また、特定のパートナーを想定し相互に搭載するタイプのAIは夫婦用AIと呼ばれることもある。

タッグでは、パートナーがいるのでパートナーの連続技に自分の連続技を重ねたり、
パートナーの後ろから援護射撃等、タッグならではの動きが追加されている。

連続技をパートナー~自分と繋げるのなんかは見栄えもいいので動画なんかでも盛り上がるだろう。
当然ながらタッグ対応AIと非対応のAIで2対2をする場合タッグ対応AIの方が有利である。
(タッグ大会などではこの辺を考慮して調整するのもいいだろう)

ただタッグの醍醐味は偶然起きる連続技で、偶然だからこそおもしろく、
だからタッグ用の動きはない方がいいと言う人もいる。
どちらが正しく間違っているとは言えないので、お互いに熱くならないように。


○作AI

トーナメント動画「○作シリーズ」内で配布されたAI全般を指す。
動画の内容どおり、他の誰も作らないようなマイナーなキャラのAIが多い。
この点だけでも大きな価値があり、マイナーキャラを出したい動画製作者などから重宝されている。
キャラの製作者に迷惑のかからない範囲であれば、すべて改変・公開自由とのこと。

このAIの最大の特徴は、 状況にかかわらず事あるごとに挑発を連発するなどのネタ行動をする点 である。
時には思わず吹き出してしまうような奇行を見せる場面も…恐らく最も有名な例が東映版ボイス付属AI入りのスパイダーマンであろう。
あと一撃で決着、という土壇場で至近距離で挑発して敗北する姿を見た人は多いと思われる。

性能面ではキャラによって上下の差はあるが、基本的に強すぎず弱すぎずのバランスのとれたものが多い。
こうしたことからブレの少ない強さを重視したAIには苦戦しがちだが、この性質は単にウケ狙いだけではなく、
プレイヤーの攻め込むチャンスを作るためのものであり、AI観戦ばかりでなく実際に自分操作で相手してみると、
意外とテクニカルな動きもあったりして、なかなかよく練られたAIであることに気づくかもしれない。

日々生み出される強AIに対抗するようにインフレが進む傾向にある昨今のAI事情において、
決してマイペースを崩さず、見るものに笑いと癒しを与えてくれるのが「○作AI」なのである。

自動生成型AI

拡張子.aiで構成されているキャラで従来の造りとは異なる仕様である。
Beterhans氏制作キャラがこの独自の手法を採っており、原理がどうなっているのか解読不能。


AIの作り方などについては初心者用AI講座簡易AIテンプレ等を参照。

なお、AIパッチ作成はキャラクターの各種cns・cmdに記述を追加、あるいは改変する改造行為なので、
公開する際には、 「キャラ作成者がどこまで改変を許可しているか」をきちんと確認することが必須 であり、
また改変に制限が設けられていない場合であっても、性能の改変を行う際には改変箇所を明らかにしておくべきである。

関連項目:人工AI AI殺し 超反応