神キャラ


神キャラとは、通常のMUGENキャラクターのランク付けでは該当しない、更に極まったレベルで製作されたキャラクターに付けられる集合概念の一つである。
なお、ここで紹介されているキャラはほんの一部に過ぎない。
より詳細に知りたい方は専用のwikiがあるためそちらを参照することが望ましい。
オリジナルキャラおよびページが存在する一部のアレンジキャラについてはMUGENキャラクター紹介5を参照のこと。

神。いわゆるゴッド。相手を倒す事に特化したキャラたちの総称で、狂以下と比べると全体的に高く特殊な性能をしているのが特徴。
名前の由来はキャラに『神~』『ゴッド~』といった名前のキャラが多かったこと、その格ゲー離れした性能を名前と掛けた事が始まりである。
「神曲」「神作画」などといった同人・ネット界隈での高いクオリティを称賛するスラング(用語)とは意味合いが異なる。

神キャラと称されるキャラの対戦は、「格闘ゲームではない。CNSを使ったパズルだ」とも言われる。
平たくいえば、卑怯』だろうが、『』だろうが、最終的に『勝ち』さえすればOKであり勝利の称号を得るためには手段を選ばないキャラクター達であるといっても過言ではない。
勝てばよかろうなのだァァァァッ!!
火力を上げる、防御力を上げる、ライフ超回復を行う、一撃必殺技を組み込む、無敵時間を長くする……と研究し続けた結果、
MUGEN自体の特殊仕様やバグを、意図的にキャラの構成要素に組み込むようになっていった。
(そのため、「n択」などの格闘ゲーム的な駆け引き・性能も一切意味をなさない
まさに本当の意味で「バグとしか思えない強さ」「存在自体がバグ」(というか、「バグそのもの」)と言えよう。
またそういったバグを利用しているためWinMUGEN専用が殆どで、
逆に仕様が変わった新MUGEN1.0&&1.1専用の神キャラというものは新MUGENが登場した2009年以降、現在に至るまでいまだ存在していない。
もしそういったキャラが今後開発されれば正に新種発見モノであり第一人者はギネスブックものである。
なお1.0以降でも永続ターゲットは使用可能で、それを用いた「真空投げ」は使用可能となっている。
新MUGENでも土俵を問わない名を馳せる神キャラと製作者の登場を是非とも期待したい。

現在では相手の強力な攻撃を無力化しつつ有意な情報を素早く正確に探知し、自分の攻撃をいかに相手に食らわせられるかが要とされている。
などはよくあること。さらには、
といったような行為も仕様の範疇とされている。
  • 制限時間のタイマーが常時止まって時間切れによる勝敗にならない

HPや攻撃力・防御力など、ステータスの単純な数値は一般的な格闘ゲームのキャラクターと大差ない場合が多い。
これは「狂」までの性能基準は体力・技性能・無敵時間といった格闘ゲームの範疇で照らし合わせられるが、
「神」以降ではHPや攻撃力・防御力などステータスの殆どシステムで制御しているので、 単純なステータスは意味をなさない ためである。
一方で並キャラと大差なく見えても、実は通常攻撃が全て飛び道具だったり本体に見えるのは本体ではないような特殊なキャラもいる。

攻撃性能と防御性能の差がアンバランスだったり、
いたずらにドローゲームを連発するキャラは好まれず、後述する論外(または準論外)と呼ばれるきらいがある。
このキャラ層はMUGENキャラ全体に比べれば非常に薄いが、「狂」同様に内部での差が大きい。

神キャラを扱った主な動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10268930 http://www.nicovideo.jp/watch/sm21129202
今現在、神キャラたちは日進月歩のペースでインフレし続けており、
動画投稿時と現在とでは中身が全く別物になっているキャラも多いので、動画を見る際には投稿日を確認してからが望ましい。

神キャラは即死攻撃を仕込んだ特殊な画面全体攻撃を所持しているものが多く、
それには派手なエフェクトを伴う技が多いため、特に神キャラが使うものは「大魔法」と一括して呼ばれている。
最近の神キャラ同士の戦いは、内部的には互いの即死を狙い合う複雑な戦いをしていても、
外面的には互いに大魔法を出し合っているだけのド派手な魔法合戦(通称:花火大会・驚きの白さ等)になる事が多い。

個体差こそあるものの、神キャラは総じて複雑なcnsが組まれており、中にはとんでもない記述量に達しているものもある。
(通常のランク内に収まるキャラの中にも、神キャラと同じシステムを搭載したり恐ろしく複雑なcns記述を持つ者はいる)

余談だが、凶狂キャラや神キャラたちが狭い室内ステージで暴れると、「神キャラでも壊せない建物」「建物が最強」などと言われ、
「耐震住宅」をもじり「耐神住宅」タグが付くことがある。

内部では狂・凶のように下位神・中位神・上位神と細かいランクが存在する。(また逆の言い方で、神上位・神中位・神下位もある。)
ただし現在において、基準と言えるものはほとんど無い
強いて言うならば、神としてのランク付けは使用する即死の種類や混戦等の有無によってほとんど決まる。
神キャラは1対1での戦いだけならそれぞれの強さを比べることが可能でも、具体的なランクというものはないも同然と言ってしまってもいいだろう。

準神

MUGENキャラのクラスについて語るスレで新たに考案されたランクであり、
強さ自体のランクの上限をここまでとし、ここに含まれる以上のキャラを全て凶悪キャラとして扱うという方式である。
かつての選定基準はSMH弾幕七夜(如月竜人氏改変版 AILv13 AI常時起動 地上/空中サキスパLv1 ストーリーモード)・Rare Akuma竜子1stの4体の内2体以上に
専用対策無しで互角以上の戦績を修められるというものだったがMUGENキャラクターのランク付けの狂最上位にある通り
全員即死当身に弱い為現在はRare Akuma竜子1stを中心に、3体目以降に戦乙女サキ12Pや吹き荒ぶ旋風のゲーニッツ12P等使う人が多い。

更に、下記の5キャラ(通称:「準神五柱」)のうち1体でも即死できる
(つまり、高精度の混線や強制死の宣告を持つ)なら、同時に「神キャラ」の称号も得られるという新方式である。
(よくある勘違いとして、準神は狂以上、神以下というものがあるが、そもそも強さの総合的な評価ランクではない)
この方式で言う神キャラとは、総合的な強さではなく、如何に多くのキャラを倒せるか、という
一定の殺傷力(後述)を有したキャラたち『のみ』の『殺傷力基準ランキング』みたいなものである。

ランク策定にあたり準神を含める場合の神の門番としては

これらを即死させれば神キャラ入りすることになるが、専用対策による即死・判定勝ち・削り倒した場合は無効である。
尚、このランクの内の事情はまだ未完全であり、変わる可能性もしばしばある
ただし、準神における神キャラは概ねキャラの殺傷力のみを基準とする評価方法であり、同ランク内での防御性能や搭載技術はまったくの考慮外である。
そのため、耐性が旧論外・準論外属性の準神キャラに防御面でそれほどでもない神キャラが負けることもありうる。
下のランクに負けることは他のランクでもそれなりに発生することではあるが、強さ順である準神より下のランクとは基準が異なっていることに留意する必要がある。

など。

元の「狂上位から中位神」に関わる大会を開くにあたり参考になる階級だが、
昨今一部のキャラで準神仕様域内の攻撃に対する防御性能向上が試みられており、試合にならない状況が次第に増えつつある。
準神基準の定着には今後、防御性能を検討する必要があるだろう。
なお、準神ランクの採用については各人の意志に委ねており、従来のランク分類の使用を禁じているわけではない。
準神を使用する場合の神キャラは旧基準の上位神とほぼ等しいためか、準神採用時でも上位神は神キャラではなく上位神と称されることが多い。
まだ曖昧なまま設立したランクなので、同じ準神に位置すると思われるキャラ同士でも神キャラ同様絶対に勝てない組み合わせが多く出てくる。
主に「異常な無敵キャラ」(シャルロットうめぇ氏AILV5)から「狂の許容範囲を超えた即死を連発(野生七夜12P、HIGE10P)」、
「即死にも耐える防御性能充実(銀の聖者9P)」のキャラなど。
だが、例を挙げた中の2つの項目に当てはまるキャラもいるわけであり、ランク内の差が激しく基準自体もまだで的確に成立されてないため、
準神に批判的な凶悪界からは大会の開催は非推奨と言われている。

主な動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23215566

下位神

多岐にわたるバグ利用即死攻撃の手立てのうち、複数カテゴリによる討伐を許し、
一方で自身もそれらの攻撃のうち幾らかを選んで使用する。自分の攻撃で死ぬとは限らない。
狂キャラの攻撃でも一応は落ちる可能性があるように調整されているものの、
狂キャラ(少なくともステートの仕様を正規の手順で利用する程度のキャラ)では
確実に耐えられない攻撃をほぼ常時ばら撒いて戦場を掃討する(ルナティック11P、R.S.P.2nd常時覚醒等)。
削り以外を無効化するものの理論上討伐可能であり、用いる攻撃もある程度の範囲におさまっている耐久型(ミズチTYPE-M、神速久那妓10P)。
等、いかれてはいるが性能面に多少の手心が加えられているキャラの集まりである。
残してある隙の大小などから戦績、ひいては実力の幅がそこそこ広く、下記の中位神以降とは一線を画している節がある。

具体的な判断基準としては狂上位~狂最上位相当であるSMH、弾幕七夜、レアアクマ、竜子1st相手に圧倒しつつ
なおかつ準神5柱を1体でも即死させる事ができればこのランク相当と言える。
準神5柱のうち倒すのに混線バグが必要なキャラがいるが必要ではないキャラもいるため必ずしも下位神になるためには
混線バグの搭載が必須かというとそうでもない。

2016年9月時点での該当キャラは以下の通り。


中位神

比較的敷居が低い下位神に対し、中位神と呼ばれるためには
精度の高い超即死OTHキラー、超即死投げ、常設凍結当身といった神の攻撃の花形と呼べる攻撃手段を複数持っており、適切に用いる。
一般に広く普及している攻撃手段であるReversaldefやターゲットステートコントローラーの
つけ込む隙が(混線の介在を除いて)一切なく、外因性の即死によって倒される事は少ない。
これらの技術持ちがほぼ必須であると考えられる。
攻撃手段の中でも内因性即死の鍵となる混線に関しては扱いが難しく、
耐性は持っているが攻撃に用いない、混線を用いるもののそこから大した攻撃を行わない、
大技などで用いるが自身がより程度の低い即死・削りにより安定して倒されるなどの「手加減」がないキャラは
上位神として扱われることになるだろう。
また、高度条件下からの落下死(アーマー貫通砲)やtaginといった特殊な即死に関しては、
関与必須とまでは考えられていない場合が多い。

2016年9月時点での該当キャラは以下の通り。


上位神

混線等による即死準備および即死手段を持ち、
神キャラの中においても一定以上のキルスコアを得られるよう調整された、神キャラの一つの到達点である。
ここから先の領域は、作者側の絶え間ない修練と研鑽がほぼ必須となる。
上位神と呼ばれるためには、自身も混線をはじめとする様々なKO手順に対し一定以上の耐性を持ち、
その他(論外攻撃を含む)製作者の意図しない方法では敗北に至らない構造になっている。
汎用邪眼キラー(準汎用)、強制死の宣告、変数弄り、親変更、探査(潜入型、利用型問わず)など記述自体の難易度が高く、
かつ大半のキャラに対して有効な即死に搭載し、それらを精度良く適切に扱うことができる事。
これらの条件を満たしていることが最低条件であろう。

2016年9月時点での該当男女4キャラ(参考:2016年神最上位検定)は以下の通り。

ちなみに混線、親変更、探査等を積んでいてもキルスコアが芳しくないキャラもいれば
準神5柱を即死できないにも関わらず上位神並のキルスコアを叩き出せる例外キャラもいる。
お前のような狂キャラがいるか


神最上位

上述したように、一口に神キャラと言ってもその実力はピンからキリまである。
そんな中でも、倒せるキャラの幅が特に広い(殺傷力が高い)部類のキャラはこのように呼ばれる場合がある。
わかりやすく言えば
などの上記のほぼ準論外に近い彼らを専用対策無しで汎用もしくは準汎用で即死させられるキャラ、それらを最上位と呼ぶ。
殺傷力だけを見れば攻撃論外を除けば全ランク中でも最強の層だが、
それは自分自身に干渉して死亡するという危険性も孕んでいるということに他ならない。
だが、このランクに該当するキャラ達はどれも完成度が高く普通に見ていてもその様な事態はまず起こらないだろう。
つまるところ、それは 下手な論外キャラよりも高い即死耐性を持っている という事を意味する。
そのため、「これは神最上位だと思う」「いや準論外じゃね?」「上位神上位でしょ」というような不毛な議論が掲示板や動画のコメントで起こる場合も少なくない。
2017年現在では神最上位を名乗るための大きな指標として白霊夢氏が毎年上げている
神最上位検定での検定結果が最近の神最上位を決める基準となりつつある。
この計測結果では成績上位10キャラのみ最上位という扱いであり、上位10組に入るのは狭く険しい登竜門と言える。

  • 2017年神最上提名公布

+ ←過去の結果

時代の流れが得に速いと言われる神キャラ界にとって、もっとも速いのがこの最上位であるため
最上位かと思っていていたら知らぬまに最上位じゃなくなっていたということも十分ありえる。
特に毎年行われている神最上位検定だが1年立ったら上位神に落ちていたなんて事が普通にある。

  • 2016年9月時点での該当キャラ一覧(参考:2016年神最上位検定)
+ ...
  • 2017年9月時点での該当キャラ一覧(参考:2017年神最上位検定)
+ ...

ぶっちゃけるならば、基本的に上位の神キャラについて語る場合、
直接対決そのものに意味が無いため、話題に上るのはほぼ攻撃性能のみということになる。
よって、最上位神レベルの攻撃性能を持つならば防御性能が狂に毛の生えた程度だろうが論外だろうが問題にはならない場合が多い。
直接対決そのものに意味が無いのは神最上位勢のほとんどは撃破するのに
専用必須な準論外級の耐性と耐久力を持つため(詳しくは後述の準論外の項目を参照)
直接対決しても大体ドローになるからであろう。
ただし、中にはあえて耐久力を低くしている神最上位もいる(強制死の宣告などの関係で)が、
それらのキャラも神最上位といわれるだけあって十分に硬いのでそうそう撃破されることはないと考えていい。
また、これらのキャラでしか倒せないキャラもいたりする。

準論外

論外キャラには基本的に撃破条件が設定されていないが、あえて設定されている場合、
または親捏造(もしくはほかの技術)によって倒されるようになった今まで倒せなかった論外キャラが準論外と呼ばれる。
この層に位置するキャラは、ダメージを受ける条件が異常に厳しかったり、
倒すまでに膨大な時間がかかったりするなどで撃破するには専用対策必須である場合が殆ど。
主に理論上倒せる場合と、タイムアップで負ける余地がある場合に分けられるだろう。
「論外は負けない事が前提だが、準論外は負ける余地がまだ残されている」といった認識でも構わない。
ただし、論外と比べると防御性能・即死耐性面では準論外の方が上、という場合も多く、このあたりが神上位・神最上位と混合される所以。
神上位か準論外の決め方は攻撃に重視しているか、もしくは防御に重視しているかである。


など。

防御論外

神以下が倒せるように作られていることに対して、
  • 常時無敵
  • 食らい判定が無い
  • 何もしてこない
などの理由から攻撃が当てられず、倒す方法がまったく無い(少なくとも作者はそのつもりで作った)キャラ達の総称である。
ようは負けないことに特化したキャラであり、そのため(一応は)戦う気のある神キャラと区別される。

この特性から必ずしも攻撃面まで強力とは限らず、ひろしセクロスの金カラーのように「攻撃面は並キャラ」というキャラや、
極端なケースだとDancerのように「オニワルド12Pと戦っても死なない」が、攻撃しないので「ウルトラマグナスすら倒せない」というキャラもいる。
(というか、当身含む攻撃技をしてこないキャラはこちらの当身系即死が使えないため、即死攻撃をやってくる連中よりむしろ倒しにくい。)

本体に食らい判定が無いキャラには長らく攻撃を当てる手段が見つからなかったが、相手が手を出してくるのであれば、
ダークアテナが初めて搭載したオメガトムハンクスキラーによって倒すことが可能となった。

かつて論外と呼ばれたキャラたち

など。
ちなみに、A-Bomb以下3体にはオメガトムハンクスキラーも通じない。
それでも今では専用対策すらなしに、MUGENを落とさずに即死させられるのだから、神キャラ界の進化は恐ろしいものである。

現在論外と呼ばれている主なキャラたち

など。

技術進歩により論外と言われていたキャラ達の撃破が相次いでいることにより、純粋な論外キャラは以前に比べると少なくなっている。
(とはいえ「ゲーム」として見るならば、神キャラの殆どが「論外」と言われても間違いではない事は確かである)

+ おい、試合しろよ


だが、ここに書かれているキャラも近年類まれなる製作者達の技術進歩により、少しずつ撃破されつつある。(A-Bomb MK-2、マハヴィロ3など)
元々は「絶対に、どんな手段を使ってでも倒せない」というキャラが集まるランクだったため、%n等の隔離技術で倒せるようになった今、昔ほど論外という存在は薄れてしまったかもしれない。
が、それでも準隔離以下の技術では撃破が不可能なキャラが多いため撃破条件が設定してある神キャラよりは倒される要素がない。
まさに「MUGEN」という名前通り、可能性は永遠に存在するのかもしれない・・・。

攻撃論外(ランク:内部論外)

あるMUGENのバグを使用すれば、試合さえ始まればほぼ全てのキャラを撃破出来る事が確認されている。
これは超即死から派生した一定条件下で「相手の生存フラグを直接書き換える」というもので、
これにより理論上は全てのキャラを倒すことが可能となった。
主に「直死」、P消去等と呼ばれる場合が多い。
この強力無比に見えるバグだが、キャラ登録数やアドオンなどにも影響される、動作が重過ぎるなど
そもそも非常に不安定であり実用化・汎用化された例はほぼ皆無。
研究の結果、OSがvista以降であればそこそこ安定するようになったものの
動作上はウイルスに近い挙動なので使う際は自己責任でどうぞ。

このバグを使用している主なキャラ

攻撃論外(ランク:外部論外)

近年ではmugen以外のプログラムを用いて只管自キャラの勝利を目指しているキャラがいる。
これらは日本で着手している製作者が殆どいなく大多数が海外製キャラとなっている。
外部論外クラスになると同じ土俵のキャラでなければ勝つことが不可能になる。
というより、もはや外部ツール用いてる時点でmugenという枠を超えてるよね
内部キャラと大きく異なる点はそのキャラのフォルダに.exeファイルのような普段mugenで使用しない
ファイルが混じっていてそれがdefファイルで実行されるように仕向けていればほぼ確定かと思われる。
また、外部論外の中にはmugenを実行しているパソコンのOSを破壊する本物のウイルスキャラも
過去にあったため取扱いには内部論外キャラ以上に注意するべきである。

外部論外クラスの主なキャラ
  • 現実ドナルド・忌
  • 仮想ドナルド
  • UーNue
  • One Hit Kill Yee

なお、どのランクでもそうだがMUGEN動画において神キャラ以上の動画に対して、キャラ性能や攻撃方法に対して批判の書き込みをするのは御法度である。
MUGENではどのキャラクターも制作者の「製作意図」がある訳であり、神キャラもそんな「製作意図」によって生まれてきたキャラである。
たとえば上記のオメガトムハンクスの場合、「エンディングだけを見たい時に勝ち進むため」のお助けキャラだったそうである。
これ以外にもボーナスステージ系キャラなどは、内容にもよるが意図的に論外・準論外になっていることがしばしばある。
(例:無双系ミニゲームでは敵を倒しても倒しても一向に相手のHPがつきないなど。)
それらに対して「面白くない」「つまらない」「何が楽しいの?」と、感情的な書き込みをするのは
キャラ全般の制作者に対しても批判をしているようなものでもある。
キャラの製作意図、コンセプトはきちんと把握した上で、発言をするように心がけよう。

コメント

  • 狂キャラランク以下の方にコメント欄がありましたのでこちらにも設置してみました。 -- 名無しさん (2016-05-23 10:49:32)
  • 技術の日進月歩は本当に恐ろしいな、中位神大会で最上位神がやられてたわ -- 名無しさん (2016-06-19 21:29:44)
  • 乙です ここに載ってる最上位神の基準は最近では基準として扱われることはほぼ無い気がします -- 名無しさん (2016-06-20 07:23:21)
  • 神最上位認定は最近だと汎用火力による毎年行われる殺傷力検定で上位入りしたキャラというイメージが強いですね。他の方がどう考えているのかわかりませんが凶悪wikiの機能が殆ど停止している以上ここの記述を独自で変えていく必要があるかもしれませんね・・・ -- 名無しさん (2016-07-22 11:25:30)
  • 狂最上位と準神&下位神の違いだけは記述あるといい気が -- 名無しさん (2016-08-17 16:46:54)
  • 殺傷力検定結果が出たけれど、正直神最上位の例示キャラを入れ替える時が来たと思う。じゃあ誰を入れるかとなると判断に難しいけど(特に今回頭角を現したキャラ) -- 名無しさん (2016-09-14 01:14:57)
  • 下位神~上位神の話しも含めて思い切って変えてみましょうか。うーんちょっとって思う人がいましたら遠慮なく元に戻しちゃってください。 -- 名無しさん (2016-09-14 09:13:41)
  • 勝手ながら、神最上位の項目におけるキャラへのリンクを一部変更させていただいたと共に誤字の修正をさせていただきました。 -- 名無しさん (2016-09-16 00:46:05)
  • 対応ありがとうございます! -- 項目追加の人 (2016-09-16 09:14:13)
  • 外部論外キャラは、制作するときにまずどういったコマンドを使って外からmugenを動かすかということと、他の外部論外キャラと対峙したときどうやって相手の実行するプロセスをどういったコマンドを使って妨害するかを考える事が大事なのだそうです -- 名無しさん (2016-12-28 16:03:12)
  • ちなみに外部論外キャラは指定した相手内部キャラとは戦っていないので、mugen落とすキャラと同類です -- 名無しさん (2016-12-28 16:06:41)
  • 某所にて神最上位の相手が古いと指摘があったので2015年および2016年の検定の相手から製作者・改変元作品が被らない形で入れ替えてみました、問題あれば随時修正してください。 -- 名無しさん (2017-01-08 14:31:29)
  • ↑お疲れ様です。対応ありがとうございます。 -- 名無しさん (2017-01-24 13:06:35)
  • だれかD4CDIOを作ってくれないかなぁ。 -- 名無し (2017-05-26 23:23:01)
  • うーん・・・このページ編集してて思ったんですが神と論外ってページ分けるべきですかね?外部とか明らかに神の範疇を大幅に超えていると思うんで・・・ -- g_nicomugen (2017-07-31 14:45:01)
名前:
コメント: