ロブ・ビンセント


「ブラストウェーブ!!」

本名:ロブ・ビンセント(Rob Vincent)
声優:飛田展男
身長:181cm
体重:84kg
年齢:28歳
国籍:アメリカ
キャラクターカラー:レッド

知る人ぞ知るナムコの対戦格闘ゲーム『ナックルヘッズ』の主人公的存在。

大財閥の一人息子であったが、ある日突然に父の会社が経営危機に見舞われ、
家業を継ぐ事に疑問を感じつつも、巨額の賞金が手に入る格闘大会「ナックルヘッズ」にエントリーする。
安易に金が手に入る方法に走ろうとするあたり、家業を継ぐ上でとても心配な性格である。

武器トンファー
性質上、若干リーチが短めだが通常技自体の性能はそれほど悪くない。
さらに必殺技が高性能で、飛び道具「ブラストウェーブ」や対空技「トルネードアッパー」などを持つ波動昇龍キャラ。
でありながら突進奇襲技「スライディングキック」まで持ち、そのどれもが原作では高性能。
隙のないオールラウンドなキャラクターとなっている。

が、実はCPU戦オールクリアの難易度は高い。全キャラ中一番かもしれない。
というのも『ナックルヘッズ』ではラストの敵が自キャラのゴールデンバージョン(つまり色違いの同キャラ戦)となるのだが、
このアルゴリズムが非常に極悪かつ超反応で技を出してくるため、理不尽な負け方をしやすい。
「スライディングキック」からガードを続けていれば投げ、技を出せば「トルネードアッパー」で迎撃…と、
鬼のような連携でこちらの体力をみるみるうちに減らしてくる。
キャラ性能が高いがゆえの弊害であるが…どうにも納得できん!


MUGENにおけるロブ・ビンセント

MUGENにおいてはenvymask666氏によるロブが公開されている。

出場大会

  • 「[大会] [ロブ・ビンセント]」をタグに含むページは1つもありません。



添付ファイル