豊田可莉奈



「キミ程度の相手じゃ本気になれないよ!
   ね!ケロピョン♪」
豊田可莉奈(とよた かりな)
CV:荒木香恵
クラス:1年B組
出席番号:22番
誕生日:5月9日
星座:牡牛座
血液型:B型
身長:151㎝
体重: 45㎏
好きな物:カエル
嫌いな物:ヘビ
好きな教科:生物
嫌いな教科:化学
好きな言葉:一寸の虫にも五分の魂
彼氏イナイ歴:16年
チャームポイント:後れ毛
将来の夢:生物学者になること
スリーサイズ:79/53/81
所属:生物部

ファミリーソフト製作のギャルゲー格闘のパイオニア、『あすか120% BURNING Fest.』シリーズの登場キャラクター。
『あすか120% マキシマ』から登場する主人公、本田飛鳥の幼馴染兼ライバル。
ポニーテールに僕っ娘、ニーソ(のように見えるが、キャラデザ曰くベッドブーツ)さらにはツンデレ成分も入ってるという非常にハイスペックなキャラクター。
ツンデレなんてカテゴリ概念がない時代から存在する、由緒正しいステレオタイプのライバルキャラである。
現在でも通じるその萌え要素は、1995年に誕生したキャラクターとは思えないほど。実際人気も高かった。
実際彼女を主人公にしたドラマCD「かりな120%」が発売されている。
「ケロぴょん」と名づけたトノサマガエルをペットにしており、声を掛けるときはとても甘い感じになるらしい。
名前の由来は飛鳥と同じくトヨタ、カリーナからと車繋がり。
ドット絵やイラストでは分かりにくいが、飛鳥共々身長151cmと、実はかなり小柄。
150cmの娘149cmの娘と全然違うように見えるが、まぁ、MUGENではよくあることである
ゲーメストムックによればモデルはキャラデザの幼馴染とのこと。

キャラ設定

主人公、本田飛鳥とは幼稚園、小学校とずっと同じクラスでその間飛鳥の「天然」に振り回される日々を送る。
中学校は別だったものの、私立繚乱女学院高等部入学後、彼女の平穏はわずか3年で破られる事となる。天敵との再会。蘇る悪夢。
そして、飛鳥への「復讐」を決意。
運動部が上位を独占する部活動対抗格闘戦メガファイトトーナメントに1年生……そして文化部の身でありながら、飛鳥ともども本戦出場を果たす。

「けろぴょん‥‥ついにこの日がきたね。僕らが味わってきた数々の屈辱‥‥

今日こそあの能天気爆弾女に復讐する!それまでは絶対に負けられない!」


飛鳥に対しては、天然に振り回され被害を受け続けた天敵とは言うものの、
実際はそう嫌っているわけでもなく、飛鳥の優しさも知っている。
ただ単に、人づきあいが苦手でカエルのケロピョンのみを友達と認識している可莉奈にとって
親友として親しく接してくる飛鳥の存在そのものが照れくさいとの事。
これは小さい頃から両親が片やパイロット・片やブティック経営で夜遅くまで忙しいためにほとんど一人で過ごしてきたのと、
寂しがりでありながら素直になれないのが災いして友人もあまりいない為である。
またメガファイトに参戦したのも自分をみんなに認めさせたい気持ちがあった為。
EDでは飛鳥との関係はライバルであり続けたいと願い、その次以降のメガファイトトーナメントで飛鳥と再戦を決意する。


性能など

格闘スタイルは足技主体+ケロぴょんによる援護攻撃。飛鳥と同じく対空技、飛び道具、性能の高い通常技を装備し
さらにはケロぴょんによる設置技も持つキャラ。強力な攻めと安定した守りを誇るバランスタイプ。
リーチ・判定が強く、扱いやすい通常技で相手を押さえつけやすく、ガードキャンセル、カウンター、対空として機能するバイオインパクトや
癖はあるけれど高性能な飛び道具のケロケロヒートプレスなど総合能力は高い。立ち弱が下段なのも崩しに強力。
ケロぴょんセットアップを使うとその場にケロぴょんを待機させることができ、待機中はゲージも増えていくのでゲージ管理にも一役買う。
しいて言うなら対空、特に空対空面でやや弱いといったところ。
連続技も強力で、爆発力もあるため、押されていたとしても試合をひっくり返す事も可能である。
特に最終奥義であるケロケロメガヒートは、地面に叩き付けられてバウンドした相手を可莉奈本体で拾う事で更にケロケロメガヒートに繋ぐ事ができる。
可莉奈の爆発力を支える強力な技である。
原作でのコンボ例
シリーズにもよるが、メガヒートを絡めたコンボで9割以上消し飛ぶ様は恐怖そのもの。

もう一つの最終奥義ケロケロアングラーは使いどころは難しいが発生保障がある固め技。
コンボには組み込めないが、保険や起き攻めに絡めて本体で崩すといった手法が取れる。固め中に一定距離を保てばガードキャンセルもされづらい。
これらの技を使う為に、ケロぴょんセットアップである程度任意にゲージを溜めることができるのも強みの一つ。
攻め手が豊富で、ケロぴょんをうまく使えば他キャラを圧倒できるほどの強力なラッシュ力を持つ。

PS初となる『スペシャル』ではケロぴょんセットアップにとんでもないバグが存在していた。
この技は上記の通りケロぴょんが待機を始めるとゲージも徐々に増えてくのだが
何故か 際限なく猛スピードでゲージが上昇 し、あっという間に120%まで到達してしまった。
この為、一人 ゲジマユ状態 となり無類の強さとなっていた。
直後修正版(黒丸版)が発売され、上記のバグは無くなった。
(現在アーカイブスで配信されている『スペシャル』はこの修正版の内容)
最終作『ファイナル』では特に苦手なキャラも無く上位キャラ。
ちなみに可莉奈と共に戦ってくれるケロぴょん、何故か身体に炎を纏えるというとんでもない能力を持っていたり
どこからともなく同族を大量に召喚出来たり、人間を抱えてバスターを決めたりと、本当にカエルかどうか疑いたくなるカエルである。

天然主人公の幼馴染+足技主体と、パンストとベッドブーツの違いはあるものの
どっかのガチレズと共通点が多いキャラクター。もちろん彼女と違いそんな百合な気はあるはずも……

何の含みもない無邪気な笑顔を向けられた可莉奈は、少し頬を赤らめた。

(飛鳥に悪気はないってわかってるのに、ボクったら!きっと心が狭いんだ)


…距離は置いているものの、一度デレると彼女彼女のようになってしまうかもしれない。

MUGENでの可莉奈

+ サクラカ氏製作 リミテッド仕様
+ Cerenas氏製作
+ アズ氏製作 D4可莉奈


「ボクとケロピョンは友達だ!」

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー