刹那




「命の証とは……何だ!」

                                              流派: 無銘(殺)
                                              武器: 八十枉津日太刀
                                              生年月日: なし
                                              年齢: 外見20歳前後
                                              身長: 6尺2寸(約187.9cm)
                                              体重: 20貫目(75kg)
宝物: なし
趣向: なし
利き腕: 左
好き: なし
嫌い: 現世、常世を問わず全ての存在
家族構成: なし
キャッチコピー: 暗闇の殺戮剣 -Dark Soul-

設定

SNKの格闘ゲーム『月華の剣士 第二幕』に登場するキャラクター。ガンダムの人はこちら
戦乱の中死んだ赤子の肉体に地獄門から出た怨念(みたいなもの)が取り憑いて生まれた、呪われた存在。
(ちなみにサムスピにも似たような出自の人が居たりする)
この世あの世を問わず、自分も含めて全ての存在を憎んでいる。
人間の負の部分を集めた存在であるが故に、その性質は純然たる「悪」である。
彼が戦う理由は地獄門の封印の阻止、即ち封印の巫女=の殺害。
また、漆黒の刀身が特徴的な彼の愛刀『八十枉津日太刀(やそまがつひのたち)』は
刀匠であった高嶺響の父、源蔵の絶作。この刀を打ったことが、源蔵を死に至らしめる原因となった。

と、いかにもな設定があるのだが、当の高嶺響とは響、刹那のどちらのストーリーモードでも出会うことがなく、
電撃や技構成などが対っぽい楓とは全く縁が無い。
設定を生かしていると言えるのは雪と相互中ボスになっている事ぐらいで、
あとは斬鉄李烈火など物語的に特に重要でもなく、縁のある相手もいないキャラの中ボスで出てくるだけという
敵役として作ってはみたものの、既に身内で話がまとまっている連中に絡ませる余地が無かったと思えてしまう微妙な扱いであった。
ちなみにEDで慨世から「イノチヲカルモノか」という意味ありげな言及を受けるも、当人ははぐらかした上に、
月華の剣士の物語も現状二幕で終わっている為、それがいかなるポジションの存在なのかは不明のままである。

ストーリーでのしゃべり方はテンションが低いのだが戦闘時は一転して高くなる。
例:「うぉおあああ!!」「死ねえ!!」「無駄だ!!」
通常投げの高笑いは本当に楽しそうである。



原作性能

原作ではかなりのパワータイプ。
特徴としては、全体的に技のモーションがかなり大振りで隙だらけなので小回りが利かない点が挙げられる。
←+Aや屈蹴りと言った小技が、発生が遅い、ヒットで五分、ガードされると大幅不利、と非常に性能が悪い。
その為接近戦ではかなり分が悪く、密着されると投げか弾き位しかやる事が無くなる。
斬り攻撃は総じてリーチがあるが、強斬りは全て二段技なため、空振りした際の隙は甚大。
動作自体も非常に大きいので、剣質技だとガードされたとき1段目と2段目の間にガード短縮を仕込まれて弾かれるという惨状すらある。

基本的に地上ではリーチがそこそこで上方向にも判定が強く適当な対空と牽制を兼ねる立ち弱斬りと、
モーションが小さめでリーチもありダウンを奪える足払いを弾きの的にならない程度に振りつつ、
弾かれても痛い反撃を受けにくい空中から発生が早く上下をカバーする弱斬りでちくちくダメージを取り、
隙を見てダッシュ通常投げを叩き込んでいく、というパワーとはかけ離れた戦法を強要されるキャラ。
弱斬りから昇華対応技に繋がるので、4Aか5Aどちらかに目押しがかけられたら火力面だけでも大きく変わっていたのだろうが…
ちなみに無銘(伍)のアーマーを着ければ、効果時間が短いとは言え相手は手出ししにくくなるので、
図々しく立ち回ることが可能になる。でも投げやスライドダウン技や足払いには無力。

ちなみに彼の持つ技は全て「無銘」である。通常技はすべて「無銘」。
奥義は「無銘(壱)」、「無銘(弐)」、など。彼のクールというか邪悪な雰囲気にはマッチしているかもしれない。
だが、「無銘(絶)」、「無銘(極)」、「無銘(極の追)」、「無銘(滅)」等々…。それ、既に「無銘」じゃないから。

ついでに無銘無銘書かれててもどの技かピンと来にくいと思われるので簡易的な紹介。
無銘(壱)・・・「消えろぉ!」と叫びながら一刀両断。
無銘(弍)・・・「無駄だぁ!」と叫びながらいわゆる空牙。(ただし無敵も全く無いので対空には使いづらい)。
無銘(参)・・・「るあぁぁ!」と叫びながら突進斬り。
無銘(四)・・・「目障りだ!」と掴んだ時に叫ぶ対空投げ。
無銘(伍)・・・「ふっ!」とryスーパーアーマーを付ける技。
無銘(伍ノ追)・・・「踊れぇ!」と叫びながら相手に悪っぽい電撃をかます技。追撃可能。
無銘(絶)・・・「今ここでぇ・・・死ねぇぇ!!」と叫びながら強化版無銘(壱)。 見え見え…なんだよぉ!!
無銘(極)・・・「こああぁ!」と叫びながら三回耐えられるスーパーアーマーをつける。
無銘(極ノ追)・・・「終わりに・・・するかぁ!」と叫びながら無銘(伍ノ追)。
        当たると相手を鏡の中に閉じ込めて、魂を抜き出し「悪夢のようだろ・・・?」と握り潰す
        新声社のコミックアンソロジーのとある漫画ではコレがFATALITYみたいなことにry
無銘(滅)・・・「泣き叫べ!」と叫びながら乱舞奥義。

これだけ書くと逆に混乱しそうではある。


「在るべき場所に行きつくだけだ…。」

ちなみに、SNK公式ギャルゲー『Days of Memories』では若者の人気を集める新進気鋭の映画監督として登場…って何故だ
一応、シナリオによっては悪役としての一面も見せるが。


MUGENにおける刹那


+Orochi Herman氏・アレンジ仕様
かなりのアレンジが加えられており、まず攻撃が6ボタンのカプコン式になっている。
(キャラ選択時にスタートボタンを同時押しすることによって、それぞれの剣質を模したモードでプレイすることも可能。ただし、乱舞奥義は未実装)
それに準じて弱斬り(というか肘)や弱蹴りが追加され、チェーンコンボも可能。
(連殺斬と比べるとかなり好き勝手に繋げられるようになっている)
原作よりかなり小回りが利き、近距離戦に強くなっているが反面強斬りや技の威力は抑えられている。
しかし斬撃の範囲は変わらないので中距離での牽制は強斬りが有効。立ち強としゃがみ強は頼れる対空兼牽制。
そしてレバー入れ攻撃(→+強)が空振ると悪夢が待ち受けるのも変わらない。
原作と違い必殺技キャンセルが可能なためコンボに組み込める点は大きいが、暴発させないように注意しよう。
また、投げ範囲が伸ばした手の先まで発生しており、かなりの間合いがあっても投げられる。
また、Air登録に不備があるのか、一部のモーション中に姿が消えることがあるが該当モーションのAnimを修正すれば直る。
オリジナル技は623+強蹴りの無銘(四)の対地版(236236+蹴り)及び41236+弱蹴り+中蹴りの無銘(終)。
対地版無銘(四)はダメージこそ小さいものの広い投げ間合いを持ち、発動中は全身無敵。
更にガード中の相手も投げられる為、カウンター・固め・牽制と広い範囲で活躍する。
尤も少々壊れた性能の為、対人プレイでは使い方に注意。
無銘(終)は楓の活心・伏龍に酷似しており、前者のコマンドは1ゲージ、後者は3ゲージ使用で溜めることが可能。
最大まで溜めるとガード不能になるが、1対1ではまず不可能。

無銘(参)から昇華も可能なため(ただしダメージは小さい)、通常は1ゲージの方を使おう。

デフォルトで性能を十二分に活かすAIが入っており、並み居る強キャラ相手にも引けを取らない。
アーマーが入ると何かのスイッチが入ったかのように暴れ、時に「極ノ追」までかましてくれる。
ただし、かの影DIOと同じ製作者なだけあってか、強さにはややムラがある。
そして何を隠そう、当ページ下部の大会ネタバレの項目は大体がこの刹那が参戦した結果であり、一見の価値有りである。

+Orochi Herman氏刹那のコンボ
アレンジが加えられているだけあってコンボのつながりは非常に多い。
AIが使ってこないだけで、凶悪なコンボも結構ある。
(弾き)→弱蹴り→中蹴り(or弱斬り→中斬り)→強斬り→6強蹴り→無銘(伍) アーマー確定コンボ。6強蹴りの効果が壁まで吹っ飛ばす+ダウンが長いので、安全にアーマーをつけることができる。画面端でも問題なし。
(弾き)→弱蹴り→中蹴り(or弱斬り→中斬り)→強斬り→6強斬り→対地版無銘(四)→(2中蹴り→6強蹴り→無銘(四))×2 壁際基本コンボ。最後の無銘(四)を無銘(伍)に変えることでアーマーが確定する。
(弾き)→弱蹴り→中蹴り(or弱斬り→中斬り)→強斬り→6強蹴り→切り上げ攻撃→強斬り→6強蹴り→切り上げ攻撃→6強蹴り→無銘(四) 壁際基本コンボ2。ダメージを重視するならこちらで。最後を無銘(伍)に変えることでアーマー確定。
(アーマーを付けている状態で)(弾き)→弱蹴り→中蹴り(or弱斬り→中斬り)→強斬り→6強蹴り→切り上げ攻撃→強斬り→6強蹴り→切り上げ攻撃→無銘(伍ノ追)→無銘(壱)1HIT→2弱蹴り→2中蹴り→強斬り→6強斬り→無銘(壱)→昇華無銘(絶)→強斬り→6強蹴り→無銘(伍) アーマー時限定壁際限定コンボ。切り上げ攻撃から無銘(伍ノ追)→無銘(壱)1HITとつなぐことで強制的に立ち状態にしコンボを継続する。最後の昇華無銘(絶)からの追撃はサイズがデカイキャラ限定。条件は厳しいが、7割減らす+アーマー半確定という鬼コン。しかも消費ゲージはたったの1。
(無銘(極)状態で)地上弾き→無銘(極ノ追) 無銘(極の追)が確定するコンボ。地上弾き、または電撃で仰け反ったところだと連続HITする。
(壁際で)(6強蹴り→切り上げ攻撃)×n 壁際永久。
+HSR氏・原作仕様
基本的に原作再現で、剣質も選べるようになっている。
フレームや判定なども殆ど原作と変わらず、かなり細かい点まで拘って製作されている。
原作再現なので火力は高めだが技が大振りで、無銘(弐)には無敵が無く、ガード崩しにも欠けている、と非常に使いづらい。
優秀なAIも入っているのだが、上記の性能の所為でOrochi Herman氏の刹那とは別の意味でムラがある。
弾きからの連続技がどれだけ入るかで勝負が決まると言ってもいいかもしれない。

鳶影氏によるAIが公開されているが、
記述が甘いのか鋼体を付加していない状態でもしばしば食らい抜けをしてくるという不具合がある。
+月砂氏・BBB仕様
BBB風にアレンジされた刹那。
原作での技はすべて搭載されており、エンハンスなどBBBの仕様もしっかり再現されている。
BBB仕様であるため火力は落ち気味だが、弱点である隙の大きさを補えるBBBならではの強烈な反応速度を手に入れている。
Pゲージが搭載されていないアレンジ仕様だったが、更新によりPゲージを始めシステム面が氏の守矢と同じように本家BBB風に調整された他、
技の追加・変更、性能調整や一部モーションの変更など全体的に別物と言えるほど一新された。新規にモーションが書き起こされていて、追加されたモーションが非常に多彩なものとなっている。その中でも、立ち中攻撃は強判定、リーチが長い出も早いと非常に使い勝手が良く、コンボの始動や牽制に。
追加技の空中突進技「無銘(空)」は見た目がまんまベリ○ルエッジであり、コンボパーツとして優秀な点も同じ。・・・というか前述の立ち中もモーションが彼の物で、優秀な点は向こうも同じ。少なからず意識しているのかもしれない。

ちぃたま氏によるAIが公開されていたが、現在は公開停止。
8段階の強さと、11段階の行動の精密度を調整できる。
デフォルトで<強さ6,精度10>に設定されており、
この状態でもタッグ戦で組む相方次第で100hit超えをザラに出す強さを見せてくれる。
更新で性能面にカラー差が付くようになった。

shao氏によるAIも公開。5段階のAIレベルの他に、対人戦・対AI戦のAIを選択可能。その他細かい調整をconfigで行うことができる。
+コンボ集
※A=弱攻撃(L) B=中攻撃(M) C=強攻撃(H)
立ち(屈)A→立ち(屈)B→立ち(屈)C→無銘(参)→B無銘(四)orC無銘(四) 最新版の基本コンボパーツ。B無銘(四)は基本的に画面端で、C無銘(四)はそれ以外の時にBダッシュと合わせて使う。
(地上ヒット限定)立ち(屈)A→立ち(屈)B→立ち(屈)C→A無銘(壱)→C無銘(弐)→無銘(空)→B無銘(四)orC無銘(四)or無銘(伍) 基本コンボパーツその2。無銘(空)をしっかり当てることができれば相手がバウンドするので、そこからキャンセルできる技が繋がる。BとCの無銘(四)の使い分けは同上。無銘(伍)で安全にアーマーを張ることが出来る。
適当→C無銘(四)→エンハンスor溜め無銘(極) 無銘(極)を安全に溜めることが出来る。エンハンスを選択する場合は機動性の高い相手には反確を取られることもあるので注意。
(中央)A無銘(壱)→C無銘(弐)→無銘(絶)→エンハンス エンハンスコンボ。C無銘(弐)→無銘(絶)のキャンセルポイントは無銘(弐)で地上にいる時(2ヒット目)のみ。
(端・密着限定)立ちA→立ちB→A無銘(壱)→立ちA 目押しコンボパーツ。端での密着限定なので狙える時にだけ狙うといい。
無銘(参)orH無銘(弐)(端限定)orB無銘(四)or(H無銘四→Bダッシュ)or無銘(空)など→無銘(極)→無銘(極ノ追) 無銘(極ノ追)の確定ポイントあれこれ。他にも色々繋がるので自分でも試してみよう。

また、操作解説動画もアップされている。
+macbeth氏・影楼
上記の月砂氏製「BBB刹那」をベースに弾き等の要素を追加、基礎性能の向上、オリジナル技を追加した改変キャラ。
defが200に上昇している他、カラー毎に剣質と性能が変化する。
また1~3Pはゲージ消費で食らい抜けが使用可能、4~6Pは食らい抜けが使えない代わりに常時アーマーに変化する。
今のところ7P以降は未完成。

Configで弾きの頻度と食らい抜け使用可否、攻撃が全画面判定になる剣質『九』モードなどが設定できる。
剣質『九』モードをONにするとAIがやや攻撃的に変化したが、最新版のver1.07でこの剣質は削除された。

現在は公開停止。

ニコMUGENでの扱い

ニコニコMUGENではBBBキャラと相性が良いのか久那妓との和風銀髪ペア、扇奈とのセ組、どちらも人気がある。
ちなみに久那妓の兄・神威と容姿が似ており、扇奈も巫女で神威の目的も刹那の地獄門云々と共通点がある。
さらには、上記の通りにBBB仕様まで作られるほどである。
なお、彼の連れているフクロウの名は「ナギ」。

また、見た目はどことなく八神庵に似ている(危ない雰囲気も)。因みに4コマ漫画でもネタになった。
ロック・ハワード)同様、『KOF MI2』にて庵の隠しコスチュームに刹那の衣装が用意された。

他のストーリー動画では、借金取りでいい人役をやらされたり
時には先生(ロリコン属性持ちどことなくお茶目な性格持ち)や
生徒(朴念神自治会長大学生など)にもなったりと非常に多彩なキャラ付けがある。
また、彼の名前から某ガンダムの主人公扱いされることも。
そして勿論原作同様悪として活躍してる動画もあるので安心してほしい。
また、逆に主人公を務める動画もある。
とある理由で復讐者であろうとするも、かっこ良くもややダメ人間な刹那を見られるのはこの動画位なものであろう。こちらも一見の価値有り。
+ストーリー動画ネタバレ
特に原作準拠であるKING OF FIGHTERS Xにおいては、「吐き気を催す邪悪」と言わしめるほどの悪役ぶり。
ストーリーの黒幕として原作でラスボスを務めているメンバー達と共に並び立ち、
イノチヲカルモノとしての本領を遺憾なく発揮している。
またこの動画では専用BGMとして同じくこの世の全てを憎む剣士のテーマが当てられており、
それが刹那の雰囲気にも完全にマッチしている為、より一層その活躍を際立たせている。
原作同様の邪悪な刹那を見たいと思う人には、一見の価値あり。

+大会動画ネタバレ
力が・・・勝手に・・・
pprn氏のネタトナメ・力が・・・勝手に・・・トーナメント第一期に出場した4人の内の一人である。後の後継大会から一期生と呼ばれる。
ルール上アーマーの効果が薄く、隙だらけの極ノ追や滅が勝手に・・・しまくっては反撃されていたため、戦績は一弱だった。
その後開催されたプラスコミュニケーションでは、他の三人は「一期生」チームとして出場したのに刹那だけハブられてしまい、しばらく視聴者からネタにされた。
だが、闇鍋パーティームテキングしたりぶっぱして滅を決めたりしているので、全く良い所無しという訳ではない。

プラスコミュニケーション終了後のおまけ動画では、一期生チームから彼に突如三人刺客が差し向けられるのだが・・・。
ちなみにこのバトル、元はpixivでの4コマ漫画ネタの逆輸入である。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9613740

その後pprn氏の大会であるたびたわ2では姿こそは見せないものの、どういうことか某ロボットのパイロットをしていた。 シネェ!

9条の人ことfuwafuwa氏の大会動画にて、ロック同様特殊ルールの理解者 と言っても過言ではない。
どういう事か言うと、月華チームの中堅として嘉神慎之介とタッグで出場したのだが、普段は隙が大きい筈の攻撃が全て全画面に。
その恩恵で大会のルールと噛み合った結果、判定の暴力で大暴れし「素振り勢」「素振りは全画面の基本」「全画面の申し子」の評を受けた。
とうとう最終鬼畜作品別全部全画面判定トーナメントでは相方共々月華チーム大将へと昇格、見事優勝を果たす事に。
+素振りの真相
全画面ルール大会において、相手が近くにいなくても技を降る様に参加者は大半がうp主によってAIをガン攻めな傾向に調整されている。
だが、コイツだけは一人おかしかった。
AIに一切手を加えていないにも関わらず、明らかに相手との距離に関係なく剣を振り、挙句の果てに背後に相手が居ても振る始末。最早失礼剣の領域。
OrochiHerman氏の刹那は搭載AIの牽制行動が多い為、本大会ルールに噛み合い過ぎた結果が上記の有様である。
伝説の始まり http://www.nicovideo.jp/watch/sm8114475
全画面ルール以外の9条特殊ルールにおいても、即死ペナルティルールに出場しても遺憾なく素振りをしており、素振り脳の疑いがある。
動き過ぎると死ぬルールでバタバタ自爆する連中が居る中、一人黙々と剣を振り回す姿に視聴者にデモンズウォールなどと称号が贈られた事も。
また、勝ち進んで欧州農民と対戦する事が多くなり、視聴者層にライバルと言われる様に。
「命の証とは・・・何だ!」
少なくともペナルティ条件を満たしたらサクサク死ぬ様なものではないだろう。

最終的に特殊ルール大会においてルールを理解して順調に勝ち進み、決勝戦ではこの手のルールらしからぬ名勝負を演じ、優勝を勝ち取っている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24731120
なんだかんだ言いながら カニミソ大会への理解度が非常に高い ことに、すっかり定評が付いてしまった感がある。
無茶な特殊ルールを振られようと、 なんだかんだ理解してしまう 彼の適応力には敬服するばかりである・・・。



「悪夢の様だろう?」


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み

【影楼】

出演ストーリー

+一覧
DragonXross
KING OF FIGHTERS X(原作準拠)
Mr.Kの挑戦状
MUGEN Fighters History
MUGEN LIFE
MUGEN STORIES INFINITY(辻斬り)
MUGEN学園カラス部
MUGEN高校邪気眼部!(邪気眼部顧問)
MUGEN商店街の人々(料理店の店主。名字が天楼
Nの日常
ある殺人貴の物語
いおりんやったれMUGEN譚
岡崎教授は眠らない
コードネスツ 反逆のクリザリッド
志貴と無限市物語(学校の教師、名字が聖栄
ししらぐ日は
紳士と少女
大闘領 -Sengoku Legend of the Gainers-
とある吸血鬼の東方見聞録
とある北斗の伝承者
とある無限の物語
東北紅魔卿EX
ナイトメア・ハンターズ主人公、苗字が霧生)
七夜月風(朴念神自治会長)
爆熱硬派ひなないさん
パンドラの底はまだ見えない(BBB、政府反逆者)
百鬼運送業(妖怪・名字は魂魄
楓流メイフィールド(大学生)
宝石少女とツギハギのカミサマ
夜風物語(に貞操を狙われている)
ブランドー一家(借金取り)
新約ブランドー一家
夢幻の夜
名探偵ぱちぇ子俺がガンダムだ