刹那




「命の証とは……何だ!」

                                              流派: 無銘(殺)
                                              武器: 八十枉津日太刀
                                              生年月日: なし
                                              年齢: 外見20歳前後
                                              身長: 6尺2寸(約187.9cm)
                                              体重: 20貫目(75kg)
宝物: なし
趣向: なし
利き腕: 左
好き: なし
嫌い: 現世、常世を問わず全ての存在
家族構成: なし
キャッチコピー: 暗闇の殺戮剣 -Dark Soul-

設定

SNKの格闘ゲーム『月華の剣士 第二幕』に登場するキャラクター。ガンダムの人はこちら
戦乱の中死んだ赤子の肉体に地獄門から出た怨念(みたいなもの)が取り憑いて生まれた、呪われた存在。
(ちなみにサムスピにも似たような出自の人が居たりする)
この世あの世を問わず、自分も含めて全ての存在を憎んでいる。
人間の負の部分を集めた存在であるが故に、その性質は純然たる「悪」である。
彼が戦う理由は地獄門の封印の阻止、即ち封印の巫女=の殺害。
また、漆黒の刀身が特徴的な彼の愛刀『八十枉津日太刀(やそまがつひのたち)』は
刀匠であった高嶺響の父、源蔵の絶作。この刀を打ったことが、源蔵を死に至らしめる原因となった。

と、いかにもな設定があるのだが、当の高嶺響とは響、刹那のどちらのストーリーモードでも出会うことがなく、
電撃や技構成などが対っぽい楓とは全く縁が無い。
設定を生かしていると言えるのは雪と相互中ボスになっている事ぐらいで、
あとは斬鉄李烈火など物語的に特に重要でもなく、縁のある相手もいないキャラの中ボスで出てくるだけという
敵役として作ってはみたものの、既に身内で話がまとまっている連中に絡ませる余地が無かったと思えてしまう微妙な扱いであった。
ちなみにEDで慨世から「イノチヲカルモノか」という意味ありげな言及を受けるも、当人ははぐらかした上に、
月華の剣士の物語も現状二幕で終わっている為、それがいかなるポジションの存在なのかは不明のままである。

ストーリーでのしゃべり方はテンションが低いのだが戦闘時は一転して高くなる。
例:「うぉおあああ!!」「死ねえ!!」「無駄だ!!」
通常投げの高笑いは本当に楽しそうである。



原作性能

原作ではかなりのパワータイプ。
特徴としては、全体的に技のモーションがかなり大振りで隙だらけなので小回りが利かない点が挙げられる。
←+Aや屈蹴りと言った小技が、発生が遅い、ヒットで五分、ガードされると大幅不利、と非常に性能が悪い。
その為接近戦ではかなり分が悪く、密着されると投げか弾き位しかやる事が無くなる。
斬り攻撃は総じてリーチがあるが、強斬りは全て二段技なため、空振りした際の隙は甚大。
動作自体も非常に大きいので、剣質技だとガードされたとき1段目と2段目の間にガード短縮を仕込まれて弾かれるという惨状すらある。

基本的に地上ではリーチがそこそこで上方向にも判定が強く適当な対空と牽制を兼ねる立ち弱斬りと、
モーションが小さめでリーチもありダウンを奪える足払いを弾きの的にならない程度に振りつつ、
弾かれても痛い反撃を受けにくい空中から発生が早く上下をカバーする弱斬りでちくちくダメージを取り、
隙を見てダッシュ通常投げを叩き込んでいく、というパワーとはかけ離れた戦法を強要されるキャラ。
弱斬りから昇華対応技に繋がるので、4Aか5Aどちらかに目押しがかけられたら火力面だけでも大きく変わっていたのだろうが…
ちなみに無銘(伍)のアーマーを着ければ、効果時間が短いとは言え相手は手出ししにくくなるので、
図々しく立ち回ることが可能になる。でも投げやスライドダウン技や足払いには無力。

ちなみに彼の持つ技は全て「無銘」である。通常技はすべて「無銘」。
奥義は「無銘(壱)」、「無銘(弐)」、など。彼のクールというか邪悪な雰囲気にはマッチしているかもしれない。
だが、「無銘(絶)」、「無銘(極)」、「無銘(極の追)」、「無銘(滅)」等々…。それ、既に「無銘」じゃないから。

ついでに無銘無銘書かれててもどの技かピンと来にくいと思われるので簡易的な紹介。
無銘(壱)・・・「消えろぉ!」と叫びながら一刀両断。
無銘(弍)・・・「無駄だぁ!」と叫びながらいわゆる空牙。(ただし無敵も全く無いので対空には使いづらい)。
無銘(参)・・・「るあぁぁ!」と叫びながら突進斬り。
無銘(四)・・・「目障りだ!」と掴んだ時に叫ぶ対空投げ。
無銘(伍)・・・「ふっ!」とryスーパーアーマーを付ける技。
無銘(伍ノ追)・・・「踊れぇ!」と叫びながら相手に悪っぽい電撃をかます技。追撃可能。
無銘(絶)・・・「今ここでぇ・・・死ねぇぇ!!」と叫びながら強化版無銘(壱)。 見え見え…なんだよぉ!!
無銘(極)・・・「こああぁ!」と叫びながら三回耐えられるスーパーアーマーをつける。
無銘(極ノ追)・・・「終わりに・・・するかぁ!」と叫びながら無銘(伍ノ追)。
        当たると相手を鏡の中に閉じ込めて、魂を抜き出し「悪夢のようだろ・・・?」と握り潰す
        新声社のコミックアンソロジーのとある漫画ではコレがFATALITYみたいなことにry
無銘(滅)・・・「泣き叫べ!」と叫びながら乱舞奥義。

これだけ書くと逆に混乱しそうではある。


「在るべき場所に行きつくだけだ…。」

ちなみに、SNK公式ギャルゲー『Days of Memories』では若者の人気を集める新進気鋭の映画監督として登場…って何故だ
一応、シナリオによっては悪役としての一面も見せるが。


MUGENにおける刹那


+ Orochi Herman氏・アレンジ仕様
+ HSR氏・原作仕様
+ 月砂氏・BBB仕様
+ macbeth氏・影楼

ニコMUGENでの扱い

ニコニコMUGENではBBBキャラと相性が良いのか久那妓との和風銀髪ペア、扇奈とのセ組、どちらも人気がある。
ちなみに久那妓の兄・神威と容姿が似ており、扇奈も巫女で神威の目的も刹那の地獄門云々と共通点がある。
さらには、上記の通りにBBB仕様まで作られるほどである。
なお、彼の連れているフクロウの名は「ナギ」。

また、見た目はどことなく八神庵に似ている(危ない雰囲気も)。因みに4コマ漫画でもネタになった。
ロック・ハワード)同様、『KOF MI2』にて庵の隠しコスチュームに刹那の衣装が用意された。

他のストーリー動画では、借金取りでいい人役をやらされたり
時には先生(ロリコン属性持ちどことなくお茶目な性格持ち)や
生徒(朴念神自治会長大学生など)にもなったりと非常に多彩なキャラ付けがある。
また、彼の名前から某ガンダムの主人公扱いされることも。
そして勿論原作同様悪として活躍してる動画もあるので安心してほしい。
また、逆に主人公を務める動画もある。
とある理由で復讐者であろうとするも、かっこ良くもややダメ人間な刹那を見られるのはこの動画位なものであろう。こちらも一見の価値有り。
+ ストーリー動画ネタバレ

+ 大会動画ネタバレ


「悪夢の様だろう?」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧