ニケ


「オレは行かないよ
    じつはすごい力を秘めてるけど面倒はゴメンだし
    一市民としてひっそりやりすごしたいんだ」

「あいかわらずライトノベルのようなことを!!」

エニックスの漫画雑誌・月刊少年ガンガン連載の衛藤ヒロユキの漫画『魔法陣グルグル』及びWeb雑誌・ガンガンONLINE連載の正式な続編『魔法陣グルグル2』の主人公。
アニメでの声優は第1期は瀧本富士子で、第2期は南央美、第3期が石上静香
グルグル暦1298年10月21日生まれのO型。冒険開始当時13歳。
ジェムジャム大陸にある小さな村、ジミナ村で「勇者マニア」の両親に無理やり勇者として育てられ、
ある日村に「勇者募集!!」と書かれた立て札を父親バドが見つけ
(父さんも勇者になろうと修行した、 でも肝心の魔王がいなかった。今の世は魔王がいる幸せだー!!! byバド)、
勇者として旅立たされる事となる。別に今からでも親父が行ってもいいのではないだろうか
そしてジミナ村の決まりに則って立ち寄った「魔法オババ」のもとで
ミグミグ族という種族だけが使える「グルグル」という魔法を使う魔法使い・ククリと出会い、一緒に旅立つ事になる。

ククリから「勇者様」と呼ばれ、他の人からも『勇者』の肩書きで呼ばれることが多く、
本名の「ニケ」で呼んでくれる人は作中でもごく一部しかいない。
勇者と呼ばれているものの、それは世界を救う者の称号的な意味合いで、
勇者でありながら『職業』は
序盤は父親の虐待のような特訓によって身体能力こそ優れていたものの何の能力も持っていないただの少年であったため、
一言でいえば「弱かった」のだが、後述する光魔法キラキラと
「勇者の拳」と呼ばれる専用装備(おかしい物事に「それはおかしい」と 正しくツッコミを入れられる勇気 を持つ者だけが装備できるデカイ拳)
を身につけてからは、ムラはあるものの驚異的な強さを発揮する。
光魔法の最高峰である『キラキラ』(自然界のあらゆるエネルギーを剣の形に変えて取り出す魔法)を使う。
普通の長剣の扱いは得意ではなく、剣の道場主ゴチンコからは「全く才能がない」と断言される。
これは職業が盗賊であると共に、光魔法の剣を使う勇者であるからとされる(勇者は原因を後者に求めた)。
最初は自分自身の未熟さを反映したキラキラを上手く扱えずにいたが、レベルアップや自然界の王達(いずれも濃いおっさんたち)に認められることにより、
「自分の剣」を始めとした火、地、水、風の剣をだんだんと使いこなし、上手く応用して困難を切り抜けていく。

また中盤から光魔法『カッコいいポーズ』を覚える。
学ぶ期間が短かったために最初は不完全な技だったが、実戦を重ねるうちに技に磨きがかかり、
次第にただ失態を誤魔化したいときや目立ちたいだけのときにも気軽にこの技を使用するようになった。
この『カッコいいポーズ』を使用している際の外見は普段に比べ著しく大人らしく見える。
またそれ以外でも特に第1期アニメ版で「シリアス顔」「美化」と称して大人らしい外見となることがしばしば見られた。
女の子に弱く、調子に乗りやすい。その軟派な性格から何度もククリをやきもきさせるが、
「ククリを守る」という旨の台詞をピンチのときに発し、毎回ククリを勇気付けている。
(そこで風の精霊ギップルが現れ、クサい台詞に悶えるのはお約束。)
またククリに対する本心やその内面は、年相応な少年らしいところがある。

終盤では勇者の活躍を後世に残す役割を持つ天使に名前を「勇者ああああ」、勇者の拳を「恥ずかしの拳」、
挙句の果てに「 魔王ギリ、キタキタ踊りに封印される 」として登録されてしまう。
その為、続編では「魔王ギリを倒したのはキタキタ(という謎の存在)」と語り継がれていた
(名前は流石に「勇者ニケ」として語り継がれている模様)。

MUGENでニケが連れてくるストライカー(パーティ)たちの紹介。
+ ククリ

+ キタキタおやじ

+ ジュジュ

+ ギップル

(以上、wikipediaより一部抜粋、改稿)



MUGENにおけるニケ

あっちょ氏製作のククリがサポートについた『ニケ&ククリ』が存在。
原作ゲームではククリが操作キャラでニケがオート操作のNPCだったのが逆になっている。
ギップルが回復出来る薬草をくれたり、キタキタおやじが強制的に出てきたりと賑やかなキャラクターとなっている。

閑丸などの ショタ AIに定評のあるran氏によるAIパッチが公開されている。

出場大会

更新停止中

ラジニ「ただし・・・・・・1ヶ月の場合、 魔法は尻から出る! *1

ククリ「みっちり半年でおねがいします」



*1 :シュギ村に住む闇魔法使いラジニが、修了に半年もかかる修行に消極的なククリに対して「1ヶ月コースもある」としたうえでの発言。
ニコニコでもこの名言(迷言?)があらゆる動画でコメントされる事が多い。MUGENでは主にの登場する動画で。


添付ファイル