ユリアン




「余の強大なる力からは

    逃げることも許さぬ!」

「余の瞳を見よ!

    貴様の最後が映っておろう!」

代表国/出身地: 不明
身長: 195cm
体重: 120kg
好きなもの: 己の利益
嫌いなもの: ギル
職業/所属: 秘密結社の副総統
ファイティングスタイル: 秘伝の格闘術
キャッチコピー: 反逆の使徒 (III)、逆光の覇道 (V)

"Get ready to die!"


III2nd
紀元前より世界を裏から支配しているとされる謎の秘密結社の副総統。兄のギルは総統。
ユリアンはギルとともに幼少の頃から総統候補として英才教育を受けてきた。
現在はギルの参謀として信頼を得ているが、情緒不安定という理由から、兄であるギルが総統に選抜されたという経緯を持つ。
このことからユリアンは副総統の座に甘んじることになり、その屈辱からギルに激しい憎悪と殺意を抱いてきた。
III3rd
野望を遂げ、組織の新しい総統となったユリアン。
しかし彼はこの上なく不満だった。組織の影のトップにはあいかわらず「天帝」としてギルが
居座っているのだ。こんな理不尽を許しておけるものか。
「余こそが君臨者たるべきだ!愚兄には絶望の制裁を与えん!!」

キャラクター設定

ストリートファイターIII』に登場するキャラクター。『2nd IMPACT』より登場。
ラスボスを務めるギルの実弟であり秘密結社の副総統。
上記にあるように同等の教育を受けながらも総統の座を降ろされ、自身よりもその才華を認められたギルに対し激しい恨みを抱いている*1
『2nd IMPACT』のストーリーでは総統の座の奪取が目的であり、エンディングでは自身のポテンシャルが認められその地位が与えれらるも、
組織の真の支配者である天帝の存在を垣間見せられ、そしてそれがギルであることを知ったユリアンは、兄を亡き者にしようと更に野心を高めてゆく。
CAPCOM FIGHTING Jam』にもプレイアブルキャラクターとして参戦している。
ファンの間での愛称は「閣下」。
担当声優は『2nd IMPACT』ではガロンザッパ等で知られるうえだゆうじ氏、
『3rd STRIKE』『CAPCOM FIGHTING Jam』ではギル、ネクロトゥエルヴも演じるLawrence Bayne氏、『V』では加藤将之氏。
組織のトップに居座る兄の存在が許せずに反旗を翻す野心家といったシリアスストーリーを持ち、イントロや作中ムービーでもスーツでビシッと決めているのだが、
いざ戦闘となるとスーツを筋肉で破き飛ばし筋骨隆々の身体に腰布一枚巻いただけ色黒銀髪という強烈なインパクトを誇る外見で戦うという、
カプコンキャラの濃い部分が凝縮されたようなキャラクター。
忘れられがちだが普段の姿はギルと同じく金髪の白人である。アイカラーは碧のままで変化は無いが色が薄いためしばしば白目と勘違いされる。
体の色が変化するのは鋼鉄の肉体に組み換えている為。崋山鋼鎧呼法あたりから着想を得たのだろうか。
その為か、ユリアンだけガード時の効果音が金属を叩いたようなやけに硬そうな音になる。
ギルからは「暗黒の力(暗黒パワーとは関係ない)」と言われているのだが、黒く変色するからと言っても別に暗黒属性には見えない。
むしろ土属性+一部の技で電気属性を思わせる。ギルがなので、何だかそちらの方が収まりが良さそうにも思える。

初登場の『2nd IMPACT』のみ対戦前デモや勝利ポーズなどで日本語を口にしている
『3rd STRIKE』以降の登場作品では、(担当声優が外人に変更された為)彼が日本語を喋る場面は一切ない。
例えばページトップの"Get ready to die!"は『3rd STRIKE』でのイントロ時のボイスであるが、これが『2nd IMPACT』では「捻り潰す!」となっている。

ギル共々、兄弟揃って褌一丁で闘う理由は謎である。
その風貌から勘違いされがちだが決して脳筋というわけではなく、人体再構成理論を提唱しトゥエルヴの基礎を作り上げたりしているかなりのインテリである*2

『3rd STRIKE』のギル戦では双方ともに殺意を明確にして戦い、改めてギルを倒して天帝の座につく。
そのエンディングでは組織の遺産である2000年にわたり蓄積され続けた歴代天帝保存施設を爆破し、実兄にして宿敵であったギルを地球上から完全に抹殺した。

「‥‥余には引き継ぐべき使命も遺産もない!

 今、この瞬間から余の物語が始まるのだ。

 本年をもって定める!AU(アフターユリアン)元年と!!」

…エンディング自体は格好良かったのだが、最後のAU(アフターユリアン)元年宣言のせいでそのネーミングセンスがよくネタにされることに。
確かに紀元前=B.C.はBefore Christ(キリストの前)、西暦=A.DはAnno Domini(キリストの年)なのだが、当然これらはキリスト自身が名付けた訳ではない。
そもそも、After Urian(アフター・ユリアン)では ユリアンより後 という意味になるので、 ユリアンが死亡しなければならなくなる
折角のインテリ設定が…。

『III』より前の時代の設定である『V』では追加キャラとして参戦。
ストーリーではナッシュを秘密結社の力で蘇生させる、ジュリや新キャラのラシードを対シャドルーの手駒として招集する、
金にがめついバイソンからシャドルーの計画のデータを買い取る等、裏で暗躍している。
なお、この作品ではイントロでスーツを破ることなく、そのままの姿で戦う。
…と思われていたのだが、後に 試合開始まで「弱P+中K+強P」を押し続けると全身を炎で包んで服を消し飛ばし『III』時代の格好になる ことが発覚した。
やはり閣下は褌一丁もお似合いです。
また、瞳の色も濃くなっており、 衣装も相まって七枷社に似ている 以前の作品より目の白色部分との区別が付きやすくなっている。

カプコンシークレットファイルによると、初期案では胸に頭蓋骨の模様(刺青?)のある髭を生やしたアフロ黒人であった。肩にカラスが乗っている原画もある。
また顔立ちは整っている設定であるようで、スタッフからは〝「喋らなければかっこいい男」の代表〟〝二枚目のおっさん〟と言われていたようである。

+ 『CFJ』エンディング一枚絵

+ そんなの関係ねぇ!!

これぞ王者の神体なり!


キャラクター性能

リーチの長い通常技や強力な連続技もさることながら、
もはや代名詞と言ってもいいスーパーアーツ「エイジスリフレクター」を絡めた連携はテクニカルかつ強烈。
三強と呼ばれるケン春麗ユンの総合的な強さには一歩引けを取ってしまうが、
プレイヤーのスキル次第でそれらを食えるだけのポテンシャルは十分ある。

基本技必殺技のモーションはギルと同じ
しかしプレイヤー用キャラ故か、性能はボス専用キャラであるギルよりもそれなりに抑えられており、
必殺技のコマンドも大部分がタメコマンドな為、咄嗟に技を出す事が出来ない場合が多い。
高威力な技を用いた戦法、連続技が非常に強力。通常投げの間合いは広く、威力も高い。
体力と耐久力も全キャラクターでトップクラス。
すばやく長いダッシュと、リーチと判定に優れる技を多く持つ。

反面食らい判定が大きく、スーパーアーツ以外の無敵技を持たないために守勢に立つと脆く、接近戦も苦手とする。
とくに、いぶき豪鬼ユンといった手数の豊富なキャラクターに押さえ込まれたときの打開策に乏しい。

「余の肉体は鋼鉄! 突進すなわち砲弾の威力!」


  • ガード不能エイジス
『3rd STRIKE』にて、プレイヤー間のゲーム攻略が進みキャラクターの詳細が明らかになる過程で、
旧基板において「エイジスリフレクター」の設置時からみて逆方向から、
相手キャラクターを「エイジスリフレクター」とユリアン本体で挟撃する位置関係を取ると、
背後からの攻撃がガード不能になるバグ が発覚した。
オロのスーパーアーツ「夜行魂」も同様のガード不能連携を作り出すことが可能。
全キャラクターに対応したガード不能連携が明らかにされたことで、ユリアンは絶大な恩恵を受けた。
ただし、これらの背後攻撃はブロッキングでの防御は可能。
また背後攻撃がガード可能になった新基板では使えないので注意が必要である。

連続技の威力がもともと高い分、ありとあらゆる状況からSAゲージを回収しつつ、
相手をそのまま即死に追いやることも可能であった

現在ではパターンは膨大な数に達しており、従来のエイジスリフレクター設置後の中下段の二択攻撃を加えることで、
脱出不可能な連携を作り出すことも可能となっている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15712623

またプレイヤーによっては「エイジスリフレクター」以外のスーパーアーツである
ユピテルサンダー」や「タイラントパニッシュ」を好んで使う人もいる。
前者は気絶値が非常に高く、気絶絡みのコンボに用いられ、
後者は分かりやすい性能でヒット時のダメージが非常に高い(しゃがみ状態の豪鬼に対し実に6割を削る)等、
それぞれにきちんとした使い道があり、実質死に技といえるスーパーアーツがないのもユリアンの特徴といえる。

格闘ゲームの全国大会「闘劇」の07年大会ではユリアンプレイヤーとして名を馳せるRX氏が
“動画”と称される鮮やかなプレイを披露し、見たものの記憶にユリアンの凄さを改めて刻み付けた。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1168251 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1168336


MUGENにおけるユリアン閣下

中々に人気のあるキャラのため、数多く製作されている。
ドット改変の素体としてもよく使われる。

  • 海平氏製
3rd仕様。非常に高い原作再現度で、ガー不エイジスも使用できる。
氏製作のQなどと同様に非常に高いブロ精度を誇るAIも搭載。
エイジスを使った連携はあまりせず、対空ユピテルや小足タイラントなどが主なダメージソース。
壁際だとタックルコンボもしっかり決めてくるので中々強い。
なお、7P~12PカラーだとEXモードになり「リザレクション」や「火柱」などアレンジ技が使えるようになる。
このモードだと何故か後ろにヤンがいるが、気にしてはいけない。
iswebライト終了によるサイト移転のついでに公開停止状態だったが、2011年1月3日に公開再開された。
それとともにEXモードからリザレクション削除、ヤンが背景からいなくなる、新SA追加などの大きな変更が加えられた。
が、2017年4月のサイト閉鎖を以て公開終了。
+ EXモード(更新後)解説

  • RajaaBoy氏製
3rd仕様。
こちらも非常に原作再現度が高く、スコア表示まで完全再現されている。
細かい部分まで弄れるオプションも充実しており、氏のこだわりが伺える
それなりに動くAIも標準搭載。新MUGEN専用。

  • rei氏製
CVS2仕様。
オリコンや前転があるため3rd仕様とはかなり違った戦法で戦える。
AIも中々優秀で壁際でのエイジス→屈大Pからのコンボがかなり強力。
  • Fido氏製 MXユリアン
現在は入手不能。
4ボタン制となり、ブロッキング、JDなどを搭載した、氏のMXシリーズ共通のシステムを持つ。
AIは簡易。エフェクトが非常に綺麗。
ちなみに某師範動画で近未来的な下敷きを出していたのがこのユリアンである。
  • One Winged Angel氏製
3rd仕様。
何故かタックルのスピードが無茶苦茶速い。
デフォルトでAIが搭載されている。
ゲージがたまるとエイジスを頻発する為、下記の通りゲジマユで下敷きの錬金術師と言われていた。
タッグでは中々強いのだがタイマンだとエイジスを的外れな所に出したり
EXデンジャラスヘッドバットを急にぶっぱしたり、対人戦を想定しているのかやや立ち回りが甘いところがある。
また、MVC仕様に改変するパッチが公開されている。製作者はR@CE 45氏。AIもそのまま備わっているようで、かなり強い。
  • 608氏製 ユリアンタイプB
綺麗なエフェクトに定評のある608氏が製作した閣下。
技の殆どが綺麗な自作エフェクトになっており、性能もそれ相応なものになっておりとても強い。
AIもデフォルトで搭載され、5段階まで設定可能。
戦闘をPlayer型のヘルパーに任せており、毒が効かなかったり相手のAIがコンボをよく失敗したりする。
そのためコンボゲー勢には滅法強く、AIレベルMAXだと1Pでもモヒカン氏AIトキに勝ってしまうほど。
7P~10Pは通常より装甲が硬く11P-12Pは常にゲージマックスとなっている。
12Pは4体で同時に戦う仕様で、攻撃されてもダメージを受けない代わりに常にライフが減少する。つまり一定時間耐えられると敗北。
普通のキャラではゲジマユの閣下×4による猛攻に到底耐え切れないが、
逆に神キャラと戦うと混線など高度な即死攻撃を受けた際に試合を進行不能にする(大ダメージ等、普通の即死には反応しない)。
閣下自身は即死を使わず、攻撃を食らうと仰け反るため、ある程度固くて殺傷力が神より低いキャラや、
長時間の広範囲攻撃で時間を稼げるキャラなら撃破可能となっている。

  • Ethan Lives氏製 G Project
体の色が左右で赤と青に分かれ、ギルの技を使いこなすようになったユリアン。
システムはマーヴル系でスーパージャンプやエリアルレイブも使いこなし、一部の必殺技を空中で使用可能。必殺技も派手になっている。
AIも搭載済み。

……と書くといかにも狂ランクの改造キャラっぽく聞こえるが、戦力は強ランクに収まる(というか3rdやCVSキャラに普通に負ける)ため
普通のランクの大会に出したり、ストーリー動画で「ギルの力を取り入れてみたもののやっぱりやられる総統」みたいに起用できる。


ニコニコMUGENでの扱い

初めて大勢の目に触れた某究極大会ではいきなりエイジス3枚を展開して視聴者の度肝を抜いていたが、
ゲジマユ初出場の試合でエイジスをあらぬ方向にばら撒き、タイラントパニッシュを闘牛さながら連発し、それでいて負けたりしたため変なキャラ付けがされてしまった。
その後もゲジマユでエイジスリフレクターを連発し、今や「下敷きの錬金術師」と呼ばれるのも恒例である。

以前からも邪悪の化身ディオ!!に股間をパニッシュメントされたり、阿部さんザンギュラに体を弄ばれたり、ハルヒに股間をまさぐられたりしている。
ストーリー動画等ではやはりというか、そのトンデモないでたちから変態役としての登場が目立つ。
嗚呼、閣下のカリスマは何処へ…。


"Tremble before my might!"



出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ ...

「反逆者よ! 支配者の礎となりて

 その罪 償うのだ!」


*1 ケンに対し「余は「燃える手」を見ると気分がすぐれぬ 切り落とす!」、
 ユンにも「兄! 存在の罪だ!問答無用に葬る!」と言うなど、ギルへの憎悪は相当なものである事が伺える。
 もし『NAMCOxCAPCOM』に登場し、あっちのギルと出会っていたら一体どんな会話になったのだろうか…。

*2 ユリアンとギルの両親は、共に博士号を持っているとの事(特に母親は、スポーツ力学の分野で活躍していると同時に自身もオリンピック選手の模様)。
 そんな両親から受け継いだ素質を垣間見せたエピソードであると言える。