ダリー


現在の医学では…とても、倒すことはできません

『ウルトラセブン』の31話「悪魔の棲む花」に登場した怪獣。別名「宇宙細菌」。
身長は僅か1mm、体重も0.1gとウルトラシリーズに登場する怪獣の中では最小クラス
電子顕微鏡を使わないと見えなかった程(1mmならケシ粒位だし、肉眼で見えるんじゃね?という気もしなくもないが)。
ピンク系の体に昆虫を彷彿とさせる姿をしている。その為、細菌と言うよりは寄生虫に近い存在。
血液中のフィブリノーゲンという物質を好物としており、血を吸われた人間は吸血鬼と化してしまう。
基本的に地球の医学では撃退不能である。

劇中では宇宙から飛来してきた卵の殻を花弁と間違えた女性が口付けをした事によって寄生。
寄生した女性から好き勝手に血を吸い取っていき、吸血鬼化させる。
初めは原因が分からず苦戦していたウルトラ警備隊だったが、やがてダリーが女性の肺に巣食っている事が判明するも、
地球の医学ではとても撃退する事が不可能であるため絶望的な状況に陥る。
そんな中、ダン隊員=ウルトラセブンがミクロ化して女性の体内に侵入。未知の世界で悪戦苦闘するものの、
何とかダリーの潜伏場所へと到着。当初こそ、人間の体内で無闇やたらと戦闘を行なう事ができない上、
そんな事はお構い無しに攻撃してくるダリーに苦戦したが、丁度外の世界で女性に点滴をしようと
薬物を注射した事によって体内の環境が変わる事で形成が逆転。ウルトラバブルによって溶かされ、泡と化した。

ちなみに、寄生された女性を演じたのはまだ子役だった頃の松坂慶子氏。
またダンが吸血鬼疑惑のかかった女性を見て、「こんな美しい人が血を吸うわけがない!」と
「人間は所詮見た目だよね」なことをのたまったのも一部で有名。
(実際は小説『カーミラ』(1872)や『ドラキュラ』(1897)の影響で吸血鬼は美形と相場が決まっているのだが…。
 美形の方が獲物を誘惑しやすいしね。
 (ただし小説化以前の民間伝承に登場する吸血鬼は誘惑なんてせずに力ずくだったので美形でもなんでもなかったとか))

SFC版『ウルトラセブン』でも登場。
地面に潜る避け技や、真上からのガード不能かつ高威力の急降下攻撃など他の怪獣とは一風変わった技を持つ。
動きが俊敏で、他の怪獣には通じることが多い急降下キックも避けでかわされたりして通じにくい難敵。
飛び道具もバリアで反射できないものばかりのため、バリアで反射に徹するという戦法も使えない。
ただし急降下攻撃はバリアで防げダメージも与えられるため、急降下攻撃の対策にバリアを多用するのは有効。
なお体内で戦闘を行っているのだが(ストーリーモードだけなく対戦モードでもダリーを選択した時点で体内ステージ固定)、
容量の問題もあり普通に光線やアイスラッガーをぶっ放している
人体に悪影響ってレベルじゃないような気がするのだが大丈夫なのだろうか。


MUGENにおけるダリー

MUGENではウルトラ怪獣でおなじみの這い寄る混沌氏がSFC版『ウルトラセブン』を基に制作したものが公開された。
SFCセブンからの参戦としては同作者のキングジョーパンドン、別作者によるギエロン星獣に続いて
4番目にMUGEN入りしたキャラである。

真上に飛び上がり、画面外から相手をサーチして飛びかかる奇襲攻撃がかなりのAI殺し
だが、氏のキャラにしては攻撃力や防御力が控えめ(後述のライフドレインだけは例外)なので
落ち着いてプレイヤー操作で立ち向かえばそう手強い的ではないといえる。
また、寄生した相手が吸血鬼になったりと設定的な点でも、吸血鬼キャラの多いMUGEN世界には
案外違和感なく溶け込めるかもしれない。
実際、超必殺技のライフドレインは相手のライフだけでなく パワーまでも吸収する という極悪技。
レバガチャで早々に逃れなければ形勢を逆転されてしまう。

余談だが、元になったSFC版『ウルトラセブン』ではダリーのみ1P・2Pどちらで選んでも専用ステージでの戦闘だったが、
別段ステージがキャラの一部と言う訳ではなく、MUGENでは普通のステージでも対決できる。

宇宙細菌の出番は6:20頃から

出場大会

出演ストーリー




添付ファイル