K'






「俺一人で十分だ…」



格闘スタイル: 暴力
誕生日: 不明
年齢: 16~18歳
出身地: 不明
血液型: 不明
趣味: 無し
大切なもの: 無し
好きな食べ物: ビーフジャーキー
嫌いなもの: KOF、甘いもの
得意スポーツ: なし(運動は苦手)
身長: 183cm
体重: 65kg

THE KING OF FIGHTERS』 ネスツ編('99~2001)の主人公。「ケイ・ダッシュ」と読む。 *1
堕落天使』のチキン主人公ではない。モデルは俳優の松田優作との談。
浅黒い素肌に直に上下ブラックレザー+黒サングラスのコスチュームも、彼が映画「蘇える金狼」の主人公・朝倉哲也を演じた姿の影響か。
ジャケットの背中に書かれている文字は 「A BEAST OF PREY」(肉食獣)。
担当声優は松田佑貴氏。主に舞台で活動している人だが、NHKの朝ドラの視覚障害者用の副音声を担当していたりもする。
他には相方繋がりで『封神演義』の紂王辺りが有名どころか。

 秘密結社・ネスツ(NESTS)によって身体強化手術を受けた改造人間で、草薙京の炎の能力を移植されている。
 研究初期の移植だったため完全ではないが、制御用の赤いグローブをはめた右手から京と同じ赤い炎を放つことができる。
 ネスツの「プロジェクトK」における初期の成功例で、彼と同じような境遇の通称Kシリーズが多数存在する。
 しばしば誤解されるが、能力を移植されただけであって京のクローンではない。 彼自身は元々普通の人間である。
 その後はネスツの戦闘員として過ごしていたが、過去の記憶を操作され失っている。
 同じネスツ製改造人間のマキシマはネスツ所属時からコンビを組む相棒で、奔放で無鉄砲なK'の保護者的な存在。
 そして彼の良き理解者・女房役であり、作品ごとにチームメンバーが変わっているなか彼だけは不動となっている。

初登場のKOF'99では、ネスツの構成員という身分を伏せたまま謎の「招待選手」という立場でKOFに出場し、
戦闘データを作戦本部に送りながら、チームを組んだ二階堂紅丸矢吹真吾を餌に脱走した草薙京をおびき出すという任務を帯びていたが、
ネスツの真の狙いだった世界同時テロ計画の最後の鍵となる「トリガーデータ」、つまり「殺人」のデータの採取のため、
上司であるネスツ幹部・クリザリッド('99ラスボス)に命を差し出すことを要求される。
しかし特別ネスツに忠誠を誓っている訳でもなかったK'はこれを拒否し、逆にクリザリッドを倒してしまったためネスツのテロ計画は頓挫。
裏切り者としてネスツを追われるように脱走し、相棒マキシマと共にゲリラとなって組織と戦う道を選ぶ。

クーラ・ダイアモンドとは兄妹同然に育ったらしく、K'が改造・記憶操作を受ける前にも何らかの関わりがあったようだが、
KOF2000では冷気を操る能力「アンチK'アーツ」を移植されたクーラがクローンゼロの反乱の鎮圧のために投入されたところで再会。
当初は自分を始末するための刺客として送り込まれたと思い警戒していたが、ネスツ崩壊後は和解して行動を共にするようになる。
これはおそらくセーラことウィップの暗躍による所も大きいと思われる。

KOF2000のエンディングでは夢の中にウィップに似た幼い少女が現れ、記憶が断片的に蘇る。
その直後にウィップと対面し何かを告げられるが、この場面は口パクのみの演出となっているので実際に何を言ったのかは不明。
ネスツ編完結章のKOF2001のストーリーがグダグダになってしまっていたため、真相は正式に明かされないままになってしまったが、
デモなどを見る限りウィップがK'の実の姉のクローンであることはほぼ間違いない。
ネスツ編を補完している嬉野秋彦氏の小説によると、お互いに記憶を操作されていたため認知していなかった、となっている。
また生まれはごく一般的な家庭だったようで、ネスツには拉致されたようだ。
記憶はイグニスによって戻されたが、その記憶も曖昧なもので、いまだ過去の記憶と新しい記憶の区別がついていない。

 その生い立ちや強化手術の影響か、それとも単に生まれついての性分か、
 極度に内向的な性格で他人とコミュニケーションを取るのが苦手。ただ対人恐怖症という訳ではないようだ。
 常に無愛想で他人との馴れ合いを極端に嫌い「面倒」や「ウザい」等の単語を口癖にしている。
 寡黙であまり多くを語ろうとしないが、クーラ曰く「可愛いところ」があるらしく、
 素直に自分を表現できないだけという一面も伺える。
 またMI2ではマキシマの身体の異常を察し、その解決の為に動くなど仲間想いな側面を見せている。
 嫌いなものはKOFだが、ネスツが壊滅した後も毎回参加している。(本人は基本的に嫌がってるようだが)
 03以降はウィップ繋がり+食い扶持稼ぎ(K'・マキシマ・クーラ・ダイアナフォクシーの五人分)も兼ねて、
 ハイデルンの依頼で動いている事が多いようだ。
 ウィップは元の怒チームに戻っていき、現在はマキシマ、クーラと共に行動している。


'97で完結を迎えたKOFオロチ編から新章に突入し、に続く二代目主人公として登場。
しかし'99稼動当時は彼の外見がどう見ても「ガングロ(死語)になったオロチ」にしか見えなかったこと、
また'99のストーリーがクローンを扱っていた事からオロチのクローンなのでは、と言われていた。
開発段階では髪型はオールバックだったらしく、この姿は'00のK'のアナザーストライカー、アナザーK'で見る事が出来る。
ネスツ編には京やも続投しているため影が薄くなりがちなのだが、それでも主人公(笑)と言われなかったのは流石と言った所か。
2010年に海外のゲーマーが選ぶ格ゲー男キャラTOP20にてまさかの1位を獲得したりもした。

先代主人公である草薙京との関係だが、対戦勝利時の専用セリフが'99時だと「聞きたい事がある…くさる程な!」 *2
という具合に強く意識していたものが一転、'00では「あんたとの因縁はどうでもいいんだよ!」となり、
以降のシリーズでは対戦時でも公式チームストーリー文中でも絡みは皆無に等しく、特に互いを意識しているような素振りは殆ど見られない。
「主人公同士」というキャラ相関において一般的な友情の芽生えも無ければ、強い確執があるわけでもない、珍しく淡白な関係である。
K'の方から因縁付ける事もあるが、気に入らないからという理由で毎回因縁付けられてる京からすれば「逆恨みだと自覚した上で挑んでくる分、むしろ清々しい」らしい。
ただ、小説版においては、2001にて邂逅(小説版ではそれまでの時間軸でK'と京は対面していない)。
京が「お前はお前の好きにやれ」とK'を後押しし、ネスツ打倒を任せる等、京の方がK'の事を気にかけている様子も見られた
(K'からは「なんでお前にそんな事言われなきゃいけないのか」と突っ込まれたが)。
XIIIでも通常京だと「いつまでも過去に拘るお前には燃えられない」と説教しているが、ネスツスタイルだと「余計なお世話だと思うが、誰もお前を俺のコピーだとは思っていない」と
K'を気遣う姿を見せている。 通常京がガラ悪すぎるのか、ネスツスタイル京が性格丸くなりすぎてるのか…
そんな歴代主人公の1人であり、KOF15周年記念のマークにもなっているにもかかわらず、XIIではされてしまった。
しかし家庭用移植版のアナウンス時に不知火舞とともにKOF公式サイトに XIIテイストのK'のイラストが掲載された ため、
追加キャラとしての出場がほぼ確定と思われていたが、家庭用追加キャラクターは なぜか マチュアエリザベートのみだった。
K'よ、お前は今泣いていい
…が、XIIIでは無事復活。
鎮元斎の策略によってほぼ強制参加させられた。彼にとっては「嫌い」なKOFから解放されるのはまだ先の話のようである。
掛け合いでは復活したマチュア&バイスに蛇蝎の如く嫌われていたり、ライデンにはプロレスのヒール役にスカウトされたり、
シェン・ウーには舎弟にならないか言われる他、女性格闘家チームとの会話ではチームの2人共々からかわれ、合計5人からイジられる羽目に。
XIIIでのストーリーではマキシマ&クーラとともに「遥けし彼の地より出ずる者達」に関する情報を調べており、かなり重要な発見をしている
(働いていたのはもっぱらマキシマだが・・・)。

XIIからの新ドットにおいてイメチェンが図られた他キャラクター達に比べると、
K'チームは全員従来のシリーズのイメージをそのまま引き継いだイラストやドット絵となっている。
大きく変わったのは常にサングラスをかけている点(XI以前は基本的に戦闘中はサングラスは外している)で、
超必殺技「チェーンドライブ」ではグラサンを投げて一撃を食らわせた後、跳ね返ってきたグラサンをキャッチし
再びかけ直してから技に移行するというなかなかニクい演出が加えられている。

2003から嫌いなものに「甘いもの」が追加され、クーラにペロペロキャンディーを向けられて迷惑がったり、
大元の原因になったマキシマの甘党ぶりを見てうんざりしている。
好きな食べ物はビーフジャーキー(酒と一緒に食べると美味という理由)。えっと…未成年…ですよね?
まぁ国籍が日本じゃないし、15で成人の国も多いから問題は無い……という事にしておこう。
さり気なくタバコも吸ったりしているが、これも国によっては年齢制限すら無い国も多いので問題はない……多分。
また格闘スタイルは暴力らしいが、これをスタイルと言っていいのだろうか(暴力嫌いとの仲が気になるところ)。
ニュートラルポーズでは左手を前に出して構えを取るが、すぐにポケットに手を突っ込んで直立になるあたりに面倒臭がりな性分が出ている。
XIIIではしばらく放置すると首まで回し始め、公式ストーリーでもストレートに「可能な限り動こうとしない」とか書かれ始めてしまった。
トレードマークの一つである右手の赤いグローブは炎の制御装置であり、これがないと炎の力が暴走してしまう。
'99のEDでグローブが壊れた際は炎が制御できず、手から出っぱなしになっていた。
2000のEDではネスツとの最終決戦に向け、自ら格好よくグローブを脱ぎ捨て自身の決意表明をしていたのだが、
2001以降も何事も無かったように着け続けている。やはりグローブなしでは炎を制御できなかったようだ。
イラストレーターのヒロアキ氏は'00のEDを考慮し、'01のイラストでは以前とはやや見た目の違うグローブをデザインしている。
小説版ではマキシマがネスツのコンピューターにアクセスしてグローブの設計図を盗み出し、
マキシマ自ら新調してやったという形で補完されている。なんという夜鍋。
その他服装では上下とものモノトーンなライダース風ファッションだが革ツナギではなく、
着丈の短い立襟シングルライダースのジャケットを着て、のパンツにのチャップスを重ねのエンジニアブーツを履いている。
そして炎を使わない左手にはの鋲打ち指出しグローブ。そんなに黒が好きか。*3

小説版2001やMI2などでは結構クーラとイチャついている。
MI2のEDムービーでは最初に出てくるのがクーラとK'のペア。というよりクーラがじゃれついてくることが多い模様。
ふたりの掛け合いを見ていると、ど~もK'はクーラのことが心配でたまらないらしい。
XIでクーラに勝つと『…無茶すんじゃねぇよ』と気遣う様子も見られる。 割といいお兄さんになれるんじゃないか?
また、もともと上記のような根暗な性格だったのだが、2001~2002で異変を起こし、やたら叫ぶキャラになった。*4
まぁ実際は99の頃から三ヽ(  )ノ┌┛「シャラーイ!」とか言ってたわけだが……。(後年のシャラァではなくシャラーイ)
XIで初期のような根暗なボイスに戻り、「本来のキャラに戻った」と安心するファンの声も多い。
ただ'02のMAXチェーンドライブ(下記参照)の声は、決めのふてぶてしさがK'らしいからか結構人気だったりする。

パチスロ『KOF2』では01~02をさらに上回る壊れっぷりを披露*5。どうやら京のDNAは確実に彼を蝕んでいるようだ。
K'のMAX2「クリムゾンスターロード」を見たらこう叫ぼう。

「黒だよ…  真っ黒ォ!







「オラオラオラァッ!

  …どうした……あん!?」

原作中の性能

各種技に派生が多く存在し、波動から対空技に派生させたり、上段蹴りから下段蹴りに派生したりと、
変則的な波動昇龍タイプといった感じのキャラクター。
始動技の「アイントリガー」から飛道具である「セカンドシュート」、浮かせ・対空技の「セカンドシェル」、
相手の裏側に回り込む「ブラックアウト(作品によっては派生できないことも)」などに派生できる。
突進技「ミニッツスパイク」や移動技「ブラックアウト」など機動力や間合にも利があり、攻め手は豊富である。
ブラックアウトには無敵持続はほとんどなく、回避には使えないと言ってもよい。1ゲージ使うEX版でやっと無敵が使える程度。

サングラスを投げる事で飛び道具をかき消してからコンボに入るリーチが長い乱舞技 「チェーンドライブ」 や、
ヒット確認後から追撃が確定、相打ちになってもダメージ量で有利な「ヒートドライブ」など超必殺技も優秀。
ただし作品により超必の仕様の変更が多いのもK'の特徴で、
チェーンが強い年はヒートが弱い、ヒートが強い年はチェーンが微妙という忙しい変更を見せる。
チェーンドライブのサングラスも潜在の覇王翔吼拳をぶち抜く事もあれば、逆に普通の覇王翔吼拳に木っ端微塵にされる事もある。
ヒートドライブも威力が高い年もあれば、逆に普通の必殺技より弱い場合もあったりする。
ある意味どちらの技も日の目を見れる良調整なのかもしれないが…。

 '99では性能が固まり切っていなかったためどっちつかずの弱キャラで、生命線のアイントリガーが弱攻撃から繋がらない。
 '00で作中最強クラスに。「アイントリガー」「セカンドシェル」の発生,硬直が短く、判定も強化された。
「チェーンドライブ」も実用レベルまで強化され、「クロウバイツ」の無敵が強化された。
 '01以降は判定・無敵時間の弱化など、防御面は控えめな性能にされ、攻撃特化キャラとなる。
 '01~'02はコンボ性能が低かったため中堅といった位置だったが、2003では5強、XIでも上位に入った。

 MIでは攻撃面がさらに強化され、空中SAからの連続は見切り困難な連続として猛威を振るった。
 また投げから追撃が可能な上に威力も高めで、上記の空中SAからの攻めはまさに鬼のラッシュ。
 一方でMI2では空中SAの弱化、中・下段の少ないSAと攻撃面では弱体化したものの
 当て身技 「クリムゾン・スターロード」、牽制として使いやすい 「エアトリガー」 と防御面で大幅強化を受けた。
 投げからの追撃も健在で、K'のガード崩しの貴重な一手として重宝する。
 作品によってはゲージ無しでもかなりの強さを見せるが、基本的にゲージ依存率が高いキャラである。

2003から立ち絵が変更され、通常技の性能が若干変更された。
XIで吹っ飛ばしが復活した際は、大きく蹴り上げるモーション(セカンドシェルの使い回し)から不良っぽい蹴り飛ばしの様な新規モーションになった。
対空技「クロウバイツ」は強は発生が遅い代わりに無敵時間が長く、相手の攻撃を巻き込みやすくなっている。
「チェーンドライブ」に関しては、フィニッシュ時に「ヒートドライブ」を放つようになった。
XIのK'チームは最強キャラのクーラと上位に入るマキシマがいるため、デフォチームでは最強と呼ばれている。
02UMではKOF15周年ということもあってか、技のモーションが速くなったり長い無敵が追加されたり新技を手に入れたりと大幅強化。
ネスツ編の総集編・総決算作においてしっかりと最強クラスな辺り、さすが主人公である。*6
XIIIでは最上位キャラに。「K'一強」との声も多い。
下方向に強いJDと屈弱キックがキャンセル可能なので崩し能力が高い。めくり能力も高く通常投げ起き攻めからめくりを狙える。
セカンドシェルで打ち上げた後、ミニッツヒット>ナロウすかし>クロウバイツが繋がるようになり、
ノーゲージ火力も高い上、画面端まで一気に運べることが可能になった。
先鋒に置けば互いにゲージもなく攻めやすく、パワーゲージもドライブゲージも次鋒降に残しやすいので先鋒K'が安定している。
家庭用ではさすがに各種性能が軒並み削ぎ落とされ、中堅付近に位置しているようだ。
NEO MAX超必殺技の「ハイパーチェーンドライブ」は地面に拳を叩き付けて巨大な火柱を上げるという、ネームレスが使っていたような技。
「これのどこがチェーンドライブなんだ」 とか 「ヒートドライブの間違いじゃないのか」 とか 「そもそもネーミングが安直すぎる」 などと
色々突っ込まれてはいるが、威力や性能は申し分なく、演出的にも派手。
また、この技で相手をKOするとグローブが破損する特殊勝ち演出に移行するが、別に次のラウンドで弱体化したりするようなことはないので安心して使おう。
マキシマが予備のグローブを沢山用意してくれているのかもしれない。

「身軽になりゃワケねえよ」


MUGENにおけるK'

原作再現キャラが幾つか作られている他、アレンジ版や改変キャラも数多く存在する。
というかAKOF参戦男性キャラの殆どが彼の改変キャラである


  • 原作再現系
+ kaku & gogo +danzou氏製作 2000仕様
+ 別府氏製作 XI仕様
+ 社長氏製作 NBC仕様
+ K.O.D氏製作 2002UM仕様
+ 斑鳩氏製作 2002UM仕様
+ 斑鳩氏製作 XI仕様
+ nekohoshi氏製作 KOFXIII仕様

  • アレンジ系
+ RYO2005氏製作 K'-ROTD
+ Mouser&BLACK氏製作 XI&MI仕様+アレンジ
+ Mouser&BLACK氏製作 BLACK K'
+ Mouser&BLACK氏製作 シャラァァァアァァアッ!
+ 斑鳩氏製作 XI+アレンジ仕様
+ 社長氏製作 K=ホシ
+ K.O.D氏製作 KOFXI+α仕様
+ Ina氏製作 KOF複合仕様
+ K.O.D氏製作 アルティメットK'
+ Roach氏製作 K`
+ TightRiam氏製作 K`
+ TheNightWalker-Le@n氏製作 K'MI
+ Dynamowolf氏製作 Zero Nightdyne
+ キール氏製作 偽K'
+ NAO&M.氏製作 AKOFアレンジ仕様
+ 葉桜氏製作 AKOFアレンジ仕様
+ Flowrαlliα氏製作 Keeper of K
+ 製作者不明 K-
+ 蔦屋氏製作 ステーク・クリムゾンフィールド

+ ニコMUGENでの彼


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

プレイヤー操作


*1
当初の設定では正確には「K´」(アクサン テギュ:フランス語などで使うアクセント記号)という表記だったが、
PCで変換しにくい「ダッシュ」 を表す記号が他にも沢山あるため分かりにくい等の理由で公式でさえ統一されていない。
そのため現在は一般的に最も分かりやすい 「'」(アポストロフィー) が当てられている。
この名前の元ネタはマキシマと同様、小説『装甲騎兵ボトムズ外伝・青の騎士ベルゼルガ物語』の
主人公ケインのクローン人間の名前である。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm903803
ついでに統一されていない繋がりで、XIII公式サイトでは背中に背負っている文字が
「BEAST OF PLAY」になっている。 なんだよ遊びの獣って…
その癖ドットではちゃんと背中に「A BEAST OF PREY」と書かれていたりする。

*2
これに呼応する京からの専用勝ち台詞が「教えてやれることは何一つないぜ。こっちが聞きたい位なんだからな!」
つまり聞きたいことを京が何も知らないので興味も失せたことに加え、目の前のネスツの動向を追った方が
自分の目的に近づけると考えたためだろうか。
一応、公式ストーリーだとKOF2003では鎮から自分を「草薙の予備」扱いされたと感じて苛立ったり、
KOFXIでは「アッシュや草薙京やムカイといった連中を相手に、それぞれ借りを返していく」のが
当面の自分の目的なのだと思索するシーンがあるので、全くの無関心という訳でも無いらしい。
また、2002UMにおいては、'99での特殊イントロが復活している。

*3
いわゆるひとつのシングルライダースジャケットにしか見えない上着や、尻部分からボトムスの重ね着が分かる彼の出で立ちだが、
嬉野小説版KOFでは99から2001下巻まで一貫して「革のシャツ」「レザーシャツ」に「揃いのレザーパンツ」という描写がされている。
単なるミスなのか、それともこの格好を「シャツ+パンツ」とみなすのがいろいろアレなネスツ的ファッションセンスなのか。

*4
アテナ現象参照。
一応ファンの間では「01では最終決戦に向けてテンションが上がっていて、02でもそのままだった」 または
「01でようやくウィップから自分がクリザリッドのクローンではないと教えてもらい反動でしばらくテンションが上がっていた」 という
ちょっと苦しい解釈がされていることがある。
2002が息の長い作品になったため、「むしろこの声じゃないとK'じゃない」 という者も現れるようになったが、
リメイク版の02UMではボイスを録り直された。

*5
参考動画( キャラ崩壊注意
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2225840
他のKOF2の動画を見れば分かるが、これは演出の一環 (というかお遊び) でキャラを壊しているのであり、
本来のK'の性格自体は変わっていないので注意。
ここでは巨乳に反応するマキシマとは対照的に、K'が反応を示した女性が全員10代のため、一部でロリコン疑惑が浮上している。
しかしよく考えるとK'自体の年齢は16~18なので普通といえば普通である。
また常に浮き輪を所持しているためカナヅチ疑惑も囁かれている。
まぁプロフィールにも運動苦手って書いてあるしね。

*6
…しかし、1Pのデフォカーソルは京だったりする。
ただしK'チーム自体は六角形の形をしたキャラクターセレクトのちょうど中央の列の左部分におり、
オープニングムービーの締めが京と庵な所も考えると、おそらく京とK'両方に華を持たせる為にこの様な形になったのだろう。
2Pのデフォカーソルはバイスだとかそういう野暮はいいっこなし。