ルカリオ


「波導は我にあり!」

データ

図鑑No.448
分類: はどうポケモン
タイプ: かくとう / はがね
高さ: 1.2m
重さ: 54.0kg
特性: せいしんりょく(ひるみ状態にならない)
   ふくつのこころ (ひるみ状態になると、素早さが1段階あがる)
   せいぎのこころ(あくタイプの技でダメージを受けるとこうげきが1段階あがる/隠れ特性)
種族値
HP:70
攻撃:110
防御:70
特攻:115
特防:70
素早:90

任天堂の育成RPG「ポケットモンスター」に登場するポケモン。
獣人のような姿をしたポケモンで、犬科に似た頭部を持ち、体形はほぼ人間に近い。
手の甲と胸にトゲ状の角がそれぞれ1本ずつ付いており、後頭部には4つの房を持つ。 足の裏には肉球が3つある。
あらゆるものが発する波導(物理学の波動ではなく、の事)を感じ取る能力を持ち、
これで相手の行動や考えを読み取ることができる。また、人間の言葉を理解することも可能。
ちなみに第5世代で漢字表記が導入された際、図鑑のテキストで「波 」表記になっていたことが物議をかもした。
これに対し桜井政博氏から映画やスマブラでは「波導」、ポケモン本編ゲーム作品及びアニメ版では「波動」ということで合意がとれていると明かされている。
『XY』での鳴き声は「くわんぬ」。
あまりにも特徴的なため、そのまま愛称として使われることもある。

第4世代『ダイヤモンド・パール・プラチナ』で追加されたポケモンだが、
劇場作品の『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』に主役ポケモンとしてフライングで登場している。
映画版のルカリオはテレパシーのようなもので、人語を話し会話していた。
CVは『戦国BASARA』『MUSASHI-GUN道-』など、宮本武蔵に縁がある浪川大輔氏。
TVシリーズでは、ポケモン担当でおなじみの阪口大助氏が演じている。
ただしアニメXYにおけるコンコンブルのルカリオは映画と同様に浪川氏が演じていた。

ちなみに、映画版で主役を張ったポケモンの中では初の伝説ポケモンではないポケモン。(後にゾロアークという後継者が出来た)
もっとも、新シリーズで登場する伝説のポケモンはストーリ中盤~終盤のネタバレ要素なので発売前は普通デザイン画のみで
主人公が使ったり、戦闘シーンは公開されないはずなのに『ダイヤモンド・パール』の発売前情報では
操作説明や主人公がルカリオを使用してたりと颯爽と登場していたりするので伝説のポケモンではないと言う判断材料があったのだが。
野生では出現しないレアポケモンで、進化前の「リオル」というポケモンが生まれる卵をイベントで入手できる。
このリオルのなつき度が高いときに昼レベルアップするとルカリオに進化する。
ストーリー上で使用するトレーナーは切り札として繰り出してくるジムリーダーのスモモ以外にも、こうてつじまと言う場所で上記の卵をくれるゲン、
ストーリー上のラスボス的存在であるチャンピオントレーナー・シロナの手持ちの1匹でもある。
余談であるがゲンは前述の映画でルカリオを扱うトレーナーのアーロンと瓜二つである。
さらに『プラチナ』では手から波導の様なものを出し、「きみたちから はどうを かんじる!」と言っている。
『ポケモン+ノブナガの野望』ではランマルのベストリンクポケモンとなっている。


原作での性能

格闘タイプの中でもダークホース的存在で、同タイプでも珍しいすなあらしの影響を受けず、弱点に格闘タイプが含まれるポケモン(他にはコバルオン、テラキオンがいる)。
攻撃、特攻、素早さが高く、それらを十分に生かす物理技と特殊技はもちろん、補助技も豊富かつ優秀。先制技だけでも4種類を覚える。
ただし鋼タイプにも拘らずHP、防御、特防が軒並み低く、鋼対策の煽りも受けやすい(ただし抵抗タイプもかなり多いので相手を選べば堅い)。
素早さが微妙に中途半端なのも問題点のひとつで、同じようなステータスで素早さの高いボーマンダやゴウカザルにお株を奪われがち。
「格闘が弱点で無い鋼タイプのポケモン」等に有効な、特殊炎技を上の二体と違って覚えないと言う事情もある。物理ならタマゴ技で「ブレイズキック」を覚えられるのだが…
ただし素早さや耐久は持ち物で補うことができ、ルカリオ自体も弱いわけでは無く、中堅の部類に入るのでそこらへんは大丈夫である。
分類に恥じることなく「はどうだん」を筆頭に「りゅうのはどう」「みずのはどう」など「はどう」系のわざを多く覚えることが出来る。
中でも、映画でも使用した「はどうだん」は必ず命中するわざの中でもっとも威力があり、しかもルカリオはこれをタイプ一致で使えるということで
第4世代では他に覚えるポケモンの多くが不一致だったり、大会で禁止されている伝説クラスのポケモンだったりするので、ルールの存在する大会なら専売特許であった。
なお第5世代以降ではコジョンドが登場したり、ランダムフリーで禁止級伝説も使用可能になっているためそうではなくなっている。

ダブルバトルでは相手の「まもる」を無効化できる「フェイント」や特性を生かしたサポート担当として使われることもある。
さらに『ハートゴールド・ソウルシルバー』にてこのゆびとまれを習得し、サポート能力に磨きをかけた(相手の攻撃を受けるには紙であるが)。

ストーリー上では、『ダイヤモンド・パール』ジムリーダーのスモモの手持ちのルカリオを最初に見ることになる。
自分の手持ちに入れるには、通常は手に入れたタマゴからのみの入手なので、イベントをこなして
卵が孵るまでひたすら走るとレベル1の進化前のリオルが孵り、
そこから進化して、ようやくルカリオとなる。もらえるようになる段階ではストーリーも終盤に差し掛かっているところなので、
もらったタマゴから孵ったリオルをルカリオにしてストーリーで役立てるには、結構時間が必要。
また、なつき進化の為、正確に狙ったレベルの進化は出来ないものの、
能力の高さと多くの攻撃技を覚え、抵抗も多いはがねタイプということもあって物語後半に多いあく、はがね、こおりタイプに優位に戦え、
特にミオジム、キッサキジム、ギンガ団戦では存分に活躍してくれる。
但しボスクラスの相手は技構成も巧みなため、こちらが弱点を突ける相手でも、相手もこちらの弱点を突いて来るポケモンも多い。
相手のレベルも高く、ルカリオの耐久も低めのため、先制一発勝負で勝たなければかなり危険。
前述のジムリーダーのスモモ、チャンピオンのシロナ戦で敵として登場してきたルカリオも同様に、相性で有利でも油断できない強敵になっている。
プラチナのゲンもしょうぶどころで切り札として使用するのだが、覚えてる技が物理技だらけで波導を一切使わない

『ブラック・ホワイト』では準伝説に同じ鋼・格闘のコバルオンが登場したがこちらは耐久向きの種族値をしているため棲み分けはされている。
同じく新登場したコジョンドは先述の通りタイプ一致で「はどうだん」が使えるがこちらは特攻でルカリオを下回り、
むしろ大きく上回る攻撃を生かした「とびひざげり」のほうがメインウェポンとしては採用されやすい。
ついでに「いやしのはどう」を覚えられる様になった。これを期に、本気でダブル・トリプル用に変わったかもしれない。
また、進化前のリオルがシナリオクリア後に野生で出現するようになったので入手が容易になった。
+ しかし…
『ブラック2・ホワイト2』では序盤でリオルをゲットすることが出来るようになった。
最初のジムはノーマルタイプのため頑張ってレベルを上げれば有利を取れる格闘技を習得できる……のだが、最初に覚える格闘技が反撃技の「カウンター」(レベル6)で、攻撃技(はっけい)はレベル15まで上げなければ覚えない。
このレベルになればリオルでなくとも最初のジムなら余裕でクリアできるので、ゲーム中でこのアドバイスを聞いた多くのプレイヤーがモヤモヤした気分を味わうこととなった。
なつき進化のため上手くいけば2つ目のジムまでに進化も可能。鋼タイプが付くので毒も怖くない。

『ポケモン+ノブナガの野望』では高い能力値、耐性が多い鋼属性、移動力3と格闘タイプでも優秀なポケモン。
また、技の「はどうだん」が間接攻撃のため格闘タイプのポケモンが被害を受けやすいエッジアーマーなどを無視できる。
特性もこのゲームでは重要な移動力を強化する「俊足」、ひるむ無効化の「精神力」、直接攻撃回避の「太刀捌き」と優秀。
ただし格闘タイプとしては珍しく正面1マスを攻撃できない、出現するエピソードが少ないという欠点も存在する。

+ そしてポケモンX・Yにて…


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるルカリオ


シリーズ三作目『X』にて隠しキャラとして初参戦。
全体的に発生が遅いうえに癖の強い技が多くて素の状態では攻撃力は低めだが
ダメージが増えれば増えるほど自身の攻撃力が上がっていく特性を持っている。
要するにこのキャラだけがオートハンデがつけられているようなものに近い。
その仕様からよくドMと言われるが違うよ!特性のふくつのこころを再現してるんだよ!
三角飛びやしゃがみ歩き、そして壁に張り付く事が出来る。ちなみに三角飛びのジャンプ力は全キャラ中最高。

人型に近いデザインという点やNBなどを見ると前作のミュウツーポジションのような印象を受けるが、総合的な性能や使用感は大きく異なっている。
+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

+ 『亜空の使者』での活躍

一方で、「ええいこんなゾロマスクの犬はいい、ミュウツーを出せミュウツーを!」と叫ぶミュウツーファンもいたとか。
わざわざ変更されたのは当時映画等で活躍してた話題のポケモンだったからしょうがない

『3DS/WiiU』でも引き続き参戦し、初期キャラに昇格。前作よりも波導パワーの補正が強くなっている。
多くのワザに波導補正が付いたため全体的な火力が向上、重さも平均的で復帰力は抜群、復帰阻止もされづらくリーチも上々。
とかなり強い要素が多いのだがルカリオのバーストに適した技は基本「ワンテンポ遅れて発動する」ため、やたら当てづらいという悩みのタネが存在する。
特に横スマッシュはリーチもバースト力も高いのに ワンテンポどころかツーテンポ遅れるレベル の前隙を持っている始末。
短期バーストが苦手な相手には強みを押し付けれそうだが、そういうキャラは得てして素早いためこれまたバーストに難儀する。
とにかく生き残りさえすれば恐ろしい火力とリーチで攻めれるため、相手の危険なワザを貰わない立ち回りが特に求められるキャラ。


+ 『ポッ拳』におけるルカリオ


タイプ:ワイルドにおけるルカリオ

格闘スタイル…アーロン流 波導拳法
性別…♂
ポケアシスト…アーロン様(師匠)・ピジョット(乗り物)・マニューラ(友達)
一言…私の名はルカリオ。
   師と共に戦乱の時代からやってきた。
   私達がなぜ呼ばれたのかは分からないが
   この闘いの先に答えがあると信じている。

数百年前からこの時代に飛ばされたという設定。
オーソドックスな波動昇龍キャラだが、どこぞの中国拳法みたいなスタイル。


MUGENにおけるルカリオ

MUGENでは3体のルカリオが確認されている。
+ Dshiznetz氏製作 タイプ:ワイルド仕様
+ 木。氏製作 手描き
+ SpiderMew氏製作 グリーンランタンルカリオ

「満ちるぞ…この波導!」

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー

プレイヤー操作