ロードローラーだッ

「これより静止時間9秒以内にッ! カタをつけるッ!」

           「ロードローラーだッ!」
「ウリイイイイヤアアアッー!ぶっつぶれよォォッ!」

漫画『ジョジョの奇妙な冒険』第3部にてDIOが「脱出不可能」な攻撃として唐突にロードローラー(OVA版ではタンクローリー *1 )を持ってくるシーンを格闘ゲームで再現した技。
画面上方に姿を消し、相手の頭上からロードローラーを落とす豪快なハイパーコンボ

時よ止まれッ!」同様、DIOの代名詞的な技と言える。どこから持ってきたのかは永遠に謎。

ちなみにこのシーンでは下敷きにされないよう承太郎はスタープラチナのオラオララッシュで脱出しようとするのだが、
DIOはローラーの上から素手で無駄無駄しぶっつぶすというのがミソ(そもそも吸血鬼だからスタンドより生身のが強いかも)。
TVアニメでの一連のシーン
こちらフィギュア再現


原作ゲームでは

元ゲーにおける技の性能面では、ほぼ画面全体を覆いつくす凄まじい攻撃判定を持っているものの、発動までに時間がかかる上にガード可能。
しかし時止め中相手に1ヒットも攻撃を当てていない場合に限り、時止め中の-50%補正を無視できるという特性を持っており、さらに上空に逃げた相手を地上に引きずりおろし設置ナイフを無理やり当てる事もできる。

時止めの追撃用として作られた技と考えていいだろう。

MUGENでは

本来なら、原作通り時間停止後でなければ当てるのは難しい。
だが「発動前に画面外に跳んで姿を消す」という行動にAIが対応できず、ドサクサに紛れて出しても意外と当たってしまう事も。
悪咲3号氏のDIOならびにハイDIOには、この技で止めを刺したときのみに発生する特殊演出がある。また、しお氏のハイDIOも普通のとは別に、原作での一連の流れを再現したアレンジ技が搭載されている。

格闘ゲーム全般の中でも個性の強い技であり、MUGENキャラにおいてこの技のパロディは結構多い。
代表的なのをあげると、咲夜ブランドー影咲夜コンバット越前ホーマードナルドロボロックミーアAmerican idiot引越しババア谷崎ゆかりRare Akumaマカオとジョマ鏡音リン等(MegamariのようなOVAのタンクローリーの方を再現したキャラもいたりする)。
特性が似ていて同じくパロディが多いとの違いは、「大きな物を持って降ってくる」かどうか。
ブロントさんの「パンチングマシーン」は上からではなく真横からくる「ロードローラーだッ」といえる性能。
ライダーも原作ゲームでやっていたのだが、残念ながら再現している格ゲーはなく、MUGENキャラでも再現されていない。
また、KOF MI2ではとあるお方もロードローラーを使うが、こちらは落とすのではなく 落とされる方 である。
ロードローラーそのもののキャラも存在する。

*1
何故わざわざタンクローリーに変更したかと言うと、主な理由が「無駄無駄の応酬をした後に大爆発させる事によってアニメ的に見栄えがよくなりつつ総作画枚数が減るから」らしい。
爆発は芸術だ!