志々雄真実







「所詮この世は弱肉強食。強ければ生き、弱ければ死ぬ」



プロフィール

身長:170cm
体重:59kg
生年月:1848年(嘉永元年)8月
出身地:京都府(新京都編では新月村)
血液型:O
好きな言葉:弱肉強食
嫌いな者:弱者
趣味:湯治
流派:我流


週刊少年ジャンプにて連載していた剣客漫画『るろうに剣心』の登場人物。
同作における「京都編」のラスボスでもあり、2014年に短期連載された番外編「炎を統べる」では主人公を務めた。
名前の読みは「ししお まこと」。“志を同じくする雄”と書いて「ししお」、“真実”と書いて「まこと」と読む。
「まこと」と言ってもこいつらに追い回されている男ではない。
土佐弁の空手少女でも美少女戦士でも悪戯レベルの復讐を繰り返してる子でも喧嘩百段のごっつい漢でもアイドルでもない。
人物像のモデルは新撰組筆頭局長の「芹沢鴨」であると言われている。
アニメ版の声優は『バトルスピリッツ 龍虎の拳』でロバートを演じた池田政典氏。
実写映画「るろうに剣心 京都大火編」「伝説の最期編」では藤原竜也氏が演じた。

「弱肉強食」を信条とした支配思想を持つ。
主人公・剣心が奇兵隊の人斬りから遊撃剣士となった後に影の人斬り役を引き継いだが、
その野望と功名心を危険視され、仲間である維新志士らによって全身を炎で焼かれてしまう。
そのため汗腺がほぼ全滅し、発汗による体温調節が出来ず、常時異常なまでの体温を纏う事になった。
何とか生還した後に京都の暗黒街で暗躍し、武器商人、政府を恨む者達、凄腕の精鋭・十本などからなる一大兵団を組織し、明治政府の転覆を目論む。
剣心は最後まで彼の思想を否定したが、皮肉にもこの後明治政府は富国強兵政策を取り、
日本という国が力による支配という志々雄の思想をそっくりそのまま体現する歴史を辿ってしまった。*1

全身包帯姿であり、着流しにブーツという異様な姿である。
頭には鉢鉄を仕込んだ帽子をかぶっており、また爆薬を仕込んだ皮手袋を着用している。
弱者に対しては容赦無いが、強者や部下に対してはそれなりの敬意らしきものを見せる場面も。

回想シーンにおいて火傷を負う前の姿も登場しているが、どこかで見たような顔……というか そのまんまであった。
剣に対する考え方もモロに彼の影響を受けている(の座右の銘は「剣の道とはしょせん殺人剣。それ以外に道はなし」)
技の1つである紅蓮腕ものオマージュだし、まぁいつものことだからしょうがない
紅蓮腕に関しては作者は単行本でSNKに謝罪している。で、その紅蓮腕は後に逆輸入された
この他、 の得意技である三段笑いを完全にマスター していたりするなど、るろ剣にはSNKネタが満載されている。
作者がサムスピ大好きだし仕方ない…最後には公式でキャラデッサンを頼まれたしね。

+ 秘剣

+ ネタバレ注意

+ 悪のカリスマ

テーマ曲「The Last Wolf Suite~志々雄真実の組曲~」は「京都編」以降の次回予告で毎回流れるために印象的で、るろうに剣心を象徴する曲である。

「このいかんともしがたい実力の差を…ちったぁ埋めてからかかってこい!!!」


ニコニコ動画での扱い

ニコニコ動画ではキワミシリーズにおける空耳で有名。
どうしてもキワミ相楽左之助の陰に隠れがちだが、最も有名なフタエノキワミ動画における一連のシークエンスである
  1. 志々雄VS剣心
  2. 志々雄VS斉藤
  3. 志々雄VS左之助
  4. 蒼紫が登場するシーン
これら全てにおいて出ずっぱりであり、登場している時間の長さも空耳の数もダントツである。

+ 主な空耳

2007年8月以前はトーナメントに出場しても原作ファンが反応する位で、余り人気がなかった。
しかし2007年9月に入ってからのニコニコでのフタエノキワミの大流行により、ニコニコMUGENでも一気に知名度が上昇。
勝った時はコメントに良く佐渡島方治(最終決戦に立ち会った十本刀の1人)が出没する。
例:「強し強し強し強し強し!」「流石は志々雄様、全てにおいて抜かりなし!」「←うるせぇよタコ」
余りの人気に名前繋がりで獅子王が登場した際にCCOのあだ名で呼ばれることに。

しかし、これらを嫌っている原作ファンもニコニコには多いので、取り扱い注意のネタである。


MUGENにおける志々雄真実

スペイン語版と、それを改変した日本語版と、さらにそれを改変したCCOが存在する。
+ 制作者不明 スペイン語版
+ Warner氏 & @ndroide氏 日本語版
+ 江戸川インポ氏改変版 CCO
+ Aoshi24氏改変版

「生き残った方が…この戦いの勝者だァァーッ!!」


+ 大会ネタバレ

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



*1
ただし、当時の日本は富国強兵政策を採用しなければ、欧米列強に何時まで経っても追いつけないばかりか、
国が成長できないために最悪植民地化される危険性もあり、当時の政治背景上仕方ない面もあった。
事実、殆どのアジア・アフリカ諸国は欧米列強によって植民地にされてしまい、それが解放されたのも比較的近年の事である。
富国強兵自体も、欧米と不平等条約を結ばされた幕末の頃から説かれていたという見解もある。

*2
よく勘違いされがちだが、作者自身が「るろ剣最強」と認めている比古清十郎との戦いは、
あくまで修行・奥義伝授という形であった為、カウントはされない。
また、斎藤一の場合は「愛想を尽かされた」ため、勝負が成立していない。