蒼崎青子

「それも当然。だって私、魔法使いだもん」

「そんな所にいると蹴り飛ばすわよ?」

『月姫』および『MELTY BLOOD』(『Re ACT』以降のシリーズ)の登場人物。元来は奈須きのこの同人時代の小説『魔法使いの夜』の主人公である。
『メルブラ』でのCVは年上キャラに定評のある(奇しくも「月」やら「魔法使い」に縁のある人でもある)三石琴乃
アニメ『真月譚 月姫』では木村亜希子。

世界でも5人しかいない「魔法使い*1の一人で「魔法・青」と呼ばれる第五魔法の使い手。
魔術協会からは三原色の一つ『青』の位を授かり「ミス・ブルー」の二つ名を持つ。
なお、「魔法・青」の詳細は現在明らかにされていない。
過去への干渉など時間関係の奇跡を可能とするらしき描写から
(『MELTY BLOOD Actress Again』でも、オシリスの砂から「終末に立ち会う事のない放浪者」と言われていたりする)、
彼女の魔法は「時間旅行」ではないかとファンから推測されているがあくまで詳細は不明である。
『魔法使いの夜』第一部では時間旅行の効果も発揮できるがあくまで副産物でしか無く本質はもっとヤバイ方面の魔法であることが仄めかされている*2

現代に生きる数少ない魔法使いであるが、魔術師としては魔力量や素質を決める魔力回路の数は平凡で、腕前のほうも並以下で大した事はない。
しかし、破壊する魔術に対してのみ天才的な素質を持っており、加えて通常の魔術師の100倍は魔力使用の燃費が良い。
魔術スタイルはロアの使うゲマトリア(数秘術)と同じく、カバラ神秘主義思想のノタリコン(省略法)が中心。
これはヘブライ語の文章や単語の頭文字をとってひとつの単語に省略する秘文解読法で、例を挙げると「アドナイ(主)」「メレク(王)」「ナーメン(忠実なる)」を纏めるとキリスト教の「アーメン(かくあれかし)」という言葉になる。
2ちゃんねる風に言うならJK(常識的に考えて)やKY(空気読め)のようなものである。
更に高速詠唱を得意としているので、略語を際限なく矢継ぎ早に唱えるものだからビームやレーザーじみた魔弾が弾幕のようにバカスカ飛んで来る。
おまけに高校生の頃のとある事件以来、格闘技を組み合わせた白兵戦スタイルに切り替えたらしく迂闊に近寄れば殴る蹴ると始末に負えない。
このため「人間ミサイルランチャー」「マジックガンナー」という物騒な仇名も持っている。
魔弾を撃たずとも魔術回路が駆動するだけで腕からジェットエンジンさながらの快音が響き出すというのだから、さもありなん……。

軋間紅摩と同様、平均的な宝具を持つサーヴァントと互角に渡り合える実力を持つ。
しかし、軋間が鬼の混血による恩恵で高い身体能力を獲得しているのに対し、青子はただの人間である。
Act Cadenzaストーリーで青子が軋間と対峙したシーンでは彼に 「人の身でありながら、オレなぞよりよほど逸脱しているようだが」 とまで言わせた。
また、TYPE-MOON世界において最強格の一人であるアルクェイドに対し、3:7という(不利ながらも)勝算を持つ数少ない存在。
なんなんだこの先生。

『月姫』の主人公、遠野志貴にかつて姉の工房から奪った魔眼殺しのメガネをプレゼントし、
また志貴の心を救った恩人であり、志貴からは敬意を込めて「先生」と呼ばれている。本人曰く「志貴の初恋の人」であるらしい。
(尤も、七夜曰く志貴の初恋の相手は幼少期に一緒に遊んだ少女であり、同時期に出会っている窓辺のリボンの少女の存在も考えると
この件については青子の思い込みである可能性は高い)
真偽は定かではないが、『月姫』本編においても志貴は彼女への敬意を失ってはおらず、幼い頃もとても慕っていたのは確か。
志貴は青子以外に「先生」という敬称を使わない。学校の先生などは教諭と呼んだりしている。それほど恩を感じている。
ただし『月姫』での出番は物凄く少ない。最初と最後にチラリと出てくる程度。
ちなみに半公式的にショタコン気味。シナリオ担当の奈須氏によると志貴のファニーフェイスは青子のストライクゾーンど真ん中だとか。

7月7日生 A型 身長160cm 体重50kg 88-56-84 とナイスバディの持ち主である(後述の『魔法使いの夜』におけるイラストでもそれが遺憾なく表されている)。飾り気のない服装をしている。
家族構成は姉に『空の境界』の登場人物:蒼崎橙子がいるが、蒼崎家の遺産相続の際のトラブルが元で現在は非常に仲が悪く、
姉妹喧嘩がよく行われる殺伐とした関係である(ここでは文字通り殺したり討伐したりの意味を含む)。
ここでいう遺産というのは単にお金や資産等では無く、上記の「魔法」の継承の事である。
元々、魔術師としての修行を積んでいたのは橙子のみで、
青子は「面倒なことは全部姉貴におしつけていいのねー」なノリで普通の学生生活を送り、普段は離れて生活している橙子とも仲の良い姉妹だったが、
青子の16歳の誕生日に唐突に祖父が「やっぱり後継者は青子」と指定した為、ショックを受けた橙子は祖父を殺害してしまった。
その後、色々あって壮絶な姉妹喧嘩に発展、最終的に「二度と故郷には帰れない」という呪いを橙子にかけた。
まぁ「魔法使いの夜」は3部作なので、この姉妹の性格上このまま済む筈も無いのでもうひと波乱ありそうではあるが……。

また、「アオアオ」と続く自分の名前が嫌で、フルネームで呼ばれると怒るアルクェイドシエル達からは(ミス)ブルーと呼ばれる。
「昔はツンデレだった」「昔、男に首輪を付けて飼っていた」という噂があり、『Re ACT』の赤朱秋葉ルートでは志貴を「使い魔」にしようとしていたが、
これらが文字通りの意味なのか比喩的な意味なのかは今の所不明。知りたい人は『魔法使いの夜』にて確かめよう。
本作は当初2010年と発表されていたが発売延期に延期を重ね、2012年4月12日満を持して発売となった。長かった…。

性格は『月姫』では幼い志貴を導いた「賢者」のような立ち位置だが、
はた迷惑な暴れん坊の面も持っており、『MELTY BLOOD』ではそっちの面のほうが強く描写されている。
基本的に、相手がよほどの危険人物でなければ気さくなお姉さん風の態度を崩さないが、
わりと怒りっぽかったりノリがよかったりするのでやることは結局暴力である。
格闘ゲームだから戦わなくてはいけないという土壌もあるだろうが)

余談ながら、彼女の髪が赤く塗られているのは「月姫」時代の画面の色合いの問題であり、本来の髪の色は黒。
(志貴も黒髪、青子も黒髪なので、2人が同時にイベント画に入ると画面上で黒の割合が不必要に多くなる為)
前述の『魔法使いの夜』では茶系の色で塗られている。

+ 他作品での活躍



MELTY BLOODでの性能

『Re ACT』では特定条件を満たして白レンを倒すと現われる真ボスでCPU専用キャラクターだった。
CPU専用のボスキャラだけあって、マジックガンナーの二つ名どおり弾幕でプレイヤーを蹴散らす。
ガードしているだけでゴリゴリ削られてしまうので、とにかく弾を撃たせないようにごり押ししなくてはならない。
ただしAIは単純であるため、対策さえ出来れば勝つことはあまり難しくない。
飛び道具が何というか、ブラシツールで描いたような大雑把な感じなのがこの当時の先生である。
なお、非公式に流通していたゲーム改造パッチによれば、レバーを下に入れてもしゃがめない為、足元がお留守

『Act Cadenza』からはプレイヤキャラクターとして選択可能となった。
性能が大幅に変更され、ゲーム内で唯一3段ジャンプが可能だったり、設置技や反射技などを持つトリッキーなタイプとなった。
『Re ACT』の時ほどハジけた性能は無くなったが、見た目は派手な飛び道具やエネルギー波も健在。

『Actress Again』ではスタイルによって戦い方は変わるが、
『Act Cadenza』のように設置・反射技を使うトリッキーキャラ、もしくは遠距離飛び道具タイプのキャラとして戦う。
稼動当初は最強との声も挙がったが、現在稼働中のVer.Aでは中堅どころに落ち着いている。
ラストアーク「逆行運河・創世光年」の性能は全作通して指折りの使い易さとも言われ、距離に関係なく発動と同時に相手をロックする。
『魔法使いの夜』が発売されたおかげでセリフと綴りも判明した。
+ 『魔法使いの夜』ラストシーンのネタバレ含む

そして、待ちに待った『Actress Again』のPS2版でなんと『Re ACT』時代の青子が登場。もちろんCPU専用。
条件を満たすことによって歴代ボスと連続戦闘できる「ボスラッシュ」というメニューが出現し、そこで戦える。
Re.ACT時代と言っても具体的には射撃が『Re ACT』、あとは『Act Cadenza』と一緒となっており接近戦も出来るようになっている。
弾幕によるえげつない固めに加え、CPUなのに1コンボで常に4割前後持っていくコンボ精度と火力はさすがというべきか。


MUGENにおける青子

現在約9類(原作準拠:5、アレンジ:4)が存在する。

原作準拠
+ Ex-Inferis氏作の「aoko-ex」

+ 来焔眞氏作の「蒼崎青子」

+ ⑨氏作の「(CPU専用)蒼崎青子」

+ BD氏作の「蒼崎青子」

+ ⑨氏作の「AACC版蒼崎青子」

アレンジ版
+ わくわく氏作の「蒼崎青子 7thMoonStyle」

+ エス氏作の「青子IF」

+ Rajaa氏の「蒼崎青子」

+ 布団氏の「青子Monk style」

ニコニコMUGENでの扱い

先生と呼ばれているせいか、学園モノのストーリー動画では本当に先生をしている。
ただしだいたいダメ教師だが。
この動画この動画では一家の母親として出ており、なかなかいいお母さんである。


「や~ら~れ~た~」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧


*1 :Type-Moon作品の多くが共有する世界観において、魔術によって引き起こされる現象は科学技術などの他の方法を用いても再現しうるのに対し、
魔法とは本物の奇跡を実現する神秘であり、第一から第五まで五つが存在している。
第一魔法の使い手は既に死去しているが、その影響は世界にまだ残っており、
その関係で魔法使いの数も個人の解釈で「影響が残ってるし5人」「影響が残ってても使い手は死んでるんだから4人」という捉え方で4人だったり5人だったりする。

それを扱える魔法使いは世界に現在四人しか存在していない。言い換えれば、魔法使いは魔術師の頂点と言える。
今のところType-Moon作品に登場している他の魔法使いには遠坂家の師父でありアルクェイドの後見人であるキシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグがいる。
青子は第五法『魔法・青』、ゼルレッチは第二法『並行世界の運営』の到達者である。
ちなみに、青子以外は人間やめてます(ゼルレッチはやめさせられたようなものだが)。

*2 :作中で時間関係の奇跡は起こしているが、通常の時間旅行が第二魔法(並行世界の運営)の範疇で時間を旅するのに対し、第五魔法は未来の自分の経験値を上乗せする、特定対象の時間を一部なかったコトにする、それら時間操作で生じた矛盾による負債を未来や過去に押し付けることすら可能とする。大局的に見れば「今」のために宇宙の熱的寿命を早めたり過去を破綻させたりと現代人類の消費文明の象徴のような魔法で、色々倫理ぶっ飛んでる橙子にすら「最低だ」と言われている。