シーナ・ビー


「勝ちました!」

プロフィール
 【本名】パステル
 【出身島】どんぶり島
 【生年月日】どんぶり歴3402年3月21日
 【趣味・スポーツ】音楽鑑賞/水泳
 【特技】ピアノ
 【血液型】B型
 【身長】157cm
 【体重】42kg
 【バスト】86cm
 【ウエスト】57cm
 【ヒップ】82cm
 【視力】右1.5 左1.5

ここでは『ツインビー』のパステル、およびそれをモデルにした『女帝戦記』のシーナを共に解説する。

原作『ツインビー』のパステル

コナミのシューティングゲーム『ツインビー』シリーズで、2P機体の「ウィンビー」に乗るパイロット。
シナモン博士の孫でツインビーのパイロット・ライトの従兄妹で、彼を「おにいちゃん」と呼ぶ。
優しく素直だが、たまに我を通す為頑固になったりする。
ライトが女の子にメロメロになっていると嫉妬してへそをまげ怒りだす。

『女帝戦記』のシーナ


「大胆不敵のシーナさまだ!忠僕注目ぜんたいとまれ!」
元々はツインビーシリーズのキャラで格闘ゲームキャラでは無いのだが、
(一度だけ3D格闘ゲーム『バトルトライスト』でタイムリリース隠しキャラ隠しボスとして登場した事はあるが)、
同人サークル「ライナーシステム」がX68000で製作した2D対戦格闘ゲーム『女帝戦記(じょていせんき)』に参戦していた。
女帝戦記では、直接名前を使うのを避けて「シーナ」(パステルの声を担当したのが椎名へきるという事で、その「椎名」から)という名前だったが、
使う技はルガールクラウザーギースのものであり、特にジェノサイドカッターを使う事から「ルガールBee」という愛称が付いており、もっぱらこちらの方で呼ばれていた。
+ なんでルガールでBeeなのか
使う技全てが高性能で、なかなかの強キャラではあるが、「全ての技のリーチが短い」という最大の弱点があり、通常技等はかなり接近して当てないといけない。

ステージBGMは「Twin memories」。


MUGENにおけるシーナ・ビー

  • にゃん☆鬼龍氏製作
SFXVI関係のコンバートでおなじみのにゃん☆鬼龍氏によるものが存在していた。
現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅した為、入手不可。
キャラ名は当初「ルガールBee」の方を採用していたが、後に「シーナ・ビー」となった。
性能はMUGEN用にアレンジとカスタマイズされている。
キャラの長所・短所も割と原作に忠実であり、その小ささ故に遠距離から烈風拳かカイザーウェイブの砲台と化すか、
あえて密接接近によるジェノサイドを決めるかという二択で攻めるキャラクターとなっている。

+ シーナ・ビーの性能について

つづら氏のAIパッチが制作されていたが、本体公開停止時にAIを公開停止する方針に基き公開停止中。
2011年1月22日の更新で、今まであったライドシステム制御用の3つのモードに加え、新たに、ライドシステムを
まったく使用しない「無印モード」、パステルモードのみを使用する「ファイナルクライマックスモード」が搭載された。

なお、「ファイナルクライマックスモード」を使用すると10割コンボを積極的に使用してくるようになるので、
使用には注意が必要である。

ちなみにこのキャラの趣味は、「倒した格闘家の三面図を取り、コレクションをする」というものである。

「あなたのおかげですばらしい三面図を手に入れる事ができたわ」

出場大会