グリーンランタン


" In brightest day,in blackest night,

 No evil shall escape my sight.

 Let those who worship evil's might,

 Beware my power...Green Lantern's light!"

(輝ける陽の下も、漆黒の夜の闇も、我が瞳、悪を逃さじ。
闇の力を崇める者よ、畏れよ、我が光!グリーンランタンの光を!)

アメリカのDCコミックに登場するスーパーヒーロー。
ヒーローとしては珍しく「特定の一人」を指す名前ではなく、一種の集団コードネームである。
惑星オアに拠点を置くガーディアンズ・オブ・ジ・ユニバースが、宇宙を守護する超警察機構を結成。
それこそが「グリーンランタン・コァ」*1であり、「グリーンランタン」とは、コァに所属する隊員を指す言葉なのである。

このため、主人公格のグリーンランタンだけでも代替わりを含めて6人もいるのだが、
ここではMUGENキャラにもなり、最も著名と思われる二代目グリーンランタン、「ハル・ジョーダン」および、
他にMUGEN入りしている三代目、四代目についての簡単な説明に留める。


地球を含む「セクター2814」を担当するグリーンランタン、赤い肌の異星人アビン・サー。
しかし彼は瀕死の重傷を負ってしまい、任務を続行するために、自身の後継者を不時着した地球から探すことになる。
このとき選ばれたのが、当時コーストシティでテストパイロットをしていたハル・ジョーダンであった。
こうして彼は、地球人初のグリーンランタンとして、宇宙規模の災厄からセクター2814を護るべく活動を開始する事になる。

ちなみに初代グリーンランタンも地球人だが、鉄道技師だった彼は事故に巻き込まれた際、
自分の持っていたランタンが、宇宙中の魔力を込めた隕石を加工したランタンだった事を知り、
そのランタンの力を使って人々を救うべく、ヒーローとなり、ゴッサムシティを守っていた。
こういった誕生経緯の為、彼はコーズには所属しておらず、カウントされていない。(後に名誉隊員にはなったが)

現行設定では基本7色のリングに加え黒と白の合計9色のリングと、後述のパララックス含むそれぞれの色を象徴する化身が存在し、
それぞれの色が象徴する概念に感応・適合した者達でそれぞれ派閥を作っている。

+ 色ごとの簡単な説明

能力

ヒーローとしての能力は、グリーンランタンの証として渡される「パワーバッテリー」と「パワーリング」である。

彼らはランタン型のバッテリーを通して、惑星オアに設置されたセントラル・パワーバッテリーからエネルギーをチャージし、リングを通して自由に行使できるのだ。
エネルギーは「意思」の象徴である緑色の光として顕れ、ビーム状に投射したり、念じたものを具現化するソリッドライト(和訳すると固体の光)として使用することができる。
その応用範囲は使用者の想像力が及ぶ限り極めて広く、バリアとして使う他、武器、乗り物、動物などありとあらゆるものに変化させることが可能。
また、ソリッドライトで再現できるのは形だけでなく機能にも及び、
火炎放射機を作って火を放つことや水を作って消火を行うこと、レーダー衛星を作って周囲を探査することや医療機器を作って電気ショックを与えたり生命維持を行うといったことも可能。
宇宙キター!!な仮面ライダーもびっくりの万能ぶりである。

また、宇宙や水中での活動能力や、他のグリーンランタンとの超空間通信能力も与えられる。
ただし、なんであれ黄色い物体に対しては、リングのパワーは効き難く(かなりのベテラン隊員でないと、黄色の物体にリングのパワーを行使できない)、
また1度充填したエネルギーが切れると(基本的に内臓エネルギー上限はないのだが、24時間で0になる為)再チャージする必要がある。
黄色い物体に効かないのは、恐怖の化身である黄色のエネルギー体『パララックス』がバッテリー内に封じられていたため、
現在は、パララックスの存在が明るみとなったために、“己の恐怖を知り、それを克服できる意思を持つもの”ならば黄色の物体に対してリングのパワーを行使できる。
またこのソリッドライトはパワーも意思力に依存し、使用者の意志力によっては惑星を動かしたり、あるいは惑星サイズの敵を倒す程の威力を発揮することもできる。

また、ソリッドライトの力以外にも相当な飛行スピードを誇り、特に宇宙空間では超光速で星間を移動できる。
実際、作品ごとの描写にもよるが後述の理由でグリーンランタンが敵となった際、超高速移動が武器のフラッシュを易々と捕捉し倒している。
一方単純な腕力や防御力は、パワーリングを使った攻撃や防御を想定しているためかそれほどでもないようで
生身の人間のバットマンに殴られて気絶したランタンもいる程。
その辺を補うためにソリッドライトによってパワードスーツを作り出し、それを着こむといった戦い方も
グリーンランタンとしてはスタンダードな戦い方のようだ。
全くの余談ながら、テッカマンやパトレイバーのイングラムそっくりのパワードスーツを作り出した事も。
某弐号機といい日本のアニメ好きだなあんたら

ちなみにこのリングを使用するために必要な精神力にはかなりの水準が要求され、
「単なる生身の肉体の持ち主で、特別な武器も無し、ただ弓の技術と度胸だけが武器」という精神力の持ち主のグリーンアローですら
ソリッドライトで矢を一本精製し打ち込むだけで精一杯であった。
グリーンランタンに徴用されている人物を除いて、地球在住の存在でパワーリングを扱いうる精神力を持った存在は
他にスーパーマンバットマンの二人だけなのだとか。
さらにその扱いうる精神力の方向性も重要で、「恐怖」を自らの精神力の源とするバットマンには
パワーリングが制御できず暴走を起こし、正規のグリーンランタンであるハルですら
当初は「怒り」を内に秘めていたために、非常に脆いソリッドライトしか操る事が出来なかった。

なお、非ヒューマノイドを含むあらゆる種族からグリーンランタンが登用されているが、
個人名の無い種族でも、小さな虫でも、色も識別できない種族でも、知性ある惑星でも、知性ある数列でも、知性ある天然痘ウイルスでも、知性あるロボットでも、
恐怖を克服し、正義を遂行出来る存在なら問題なく登用される。
ただし出身地が防衛担当地域とは別地域である場合は別で、例えばスーパーマンはセクター2814(地球を含む宙域)在住で
パワーリングを扱うのに十分な素質を備えているが、出身のクリプトン星がお隣のセクター2813のためにグリーンランタンに選ばれなかったという経緯がある。
まぁパワーリングつけたスーパーマンとか誰が倒せるんだって話ではあるししょうがない。
ソダム・ヤット?そんな奴は知らねぇ

逆にパララックスの「恐怖」を掲げる黄色のリング集団シネストロ・コァでは恐怖を広められる存在ならば、
知性ある殺人ウイルスでも、知性ある人口都市でも、宇宙一危険な寄生体でも登用されるし、恐怖を広める方法は各自異なる。
もちろん断ったけど、ぶっちゃけ犯罪者からしたら怖すぎるバットマンもシネストロ・コァにスカウトされた。

尚、前述の通りこれは全グリーンランタン共通の能力である為、特にハル・ジョーダン特有の力は存在しない。
(ちなみにリングに選ばれた隊員が自身の固有の能力を持っていた場合、それを使用するのは構わない)
だが……。

狂気と復活

ランタンとリングのパワーを駆使し、グリーンランタンとして活躍を続けていたハル・ジョーダン。
しかし、彼の故郷であるコーストシティがモングルによって滅ぼされたあたりから、運命の歯車が狂い始める。
ハルは自らの力を以てコーストシティを復活させようとするが、ガーディアンズ・オブ・ジ・ユニバースはそれを私利私欲による行為と判断し、彼の更迭を画策。
狂奔したハルは他のグリーンランタンの防衛線を突破し、惑星オアに侵攻した挙句、ついにセントラル・パワーバッテリーのエネルギーを我が物とする。
結果、ガーディアンズはパワーの源を失い、1人を除いて全滅。
グリーンランタン・コァもリングのエネルギー源を失い壊滅する。(エピソード エメラルドトワイライト)

その後も暴走する彼の狂気はとどまるところを知らず、ついには宇宙そのものを作り直すことで、
「そうあるべき世界」を生み出そうと画策、「ゼロ・アワー事件」を起こすも失敗し、一時姿を消す。(エピソード ゼロ・アワー)

数年後、宇宙生物サンイーターが太陽系に到来、太陽を覆いそのエネルギーを奪う。
新たな氷河期を迎え、更には太陽の超新星爆発を起こそうとするこの未曾有の危機に際し、
ハル・ジョーダンは自らの全てのエネルギーを太陽に投じ、再び太陽を点火させ、地球を救う。 (エピソード ザ ファイナル ナイト)

「ファイナルナイト」事件から数年後、復讐の精霊スペクターを狙う妖魔ネロンの引き起こした「デイ・オブ・ジャッジメント事件」のさなか、
死後の世界の「堕ちたる英雄の領域」にいたハルは、復讐の精霊スペクターの新たな宿主となり現世に帰還する。
以降、彼は犯罪者に裁きを下しつつ、自らの救済を求める日々を送るようになる。 (エピソード デイ オブ ジャッジメント)

その後「グリーンランタン・リバース」において、この一連の災厄に関しての責任はハル・ジョーダンに存在しない事が発覚。彼の名誉は挽回された。
あの狂気はセントラルバッテリーに封印されていた怪物パララックスが、リングを通してハルを乗っ取ったために発生したものだったのだ。
その後復活したハルはパララックスと分離し、他のグリーンランタンと協力して再びパララックスをセントラルバッテリーに封印することに成功。
紆余曲折ありパララックス化の件で他隊員から悪く思われる事もあるものの、現在はグリーンランタン・コァの一員に復帰してセクター2814を守っている。

ハルは数あるグリーンランタンの顔というべき存在であり人気は高く、スーパーマンやバットマンに次ぐ程の人気とも言われる。
その為『DKR2』などの大型クロスオーバー作品でも、重要な役割を任されていることが多い。
クロスオーバーなどにも多数登場しており、グリーンアローとは作品の垣根を越えた名コンビとして認識されている。

ちなみに恐怖を武器にしているバットマンは、どんな恐怖も克服してしまうハル(というかグリーンランタン)が苦手なのだとか。
実際、ハル以外にもジョン・ガイの二人のグリーンランタンとも仲が良いとは言い難い。

大物ヴィランのシネストロは長い間ハルと戦ってきた宿敵だが、反逆前のグリーンランタン時代はハルの師匠的存在だったこともあり単純な敵同士とは言えない重要なポジションである。
……とか言ってたらなんとシネストロが再度グリーンランタンのリングに選ばれ、
かつハルが「ガーディアンを殺すことはできない」というリングにかけられたプロテクトを超えてガーディアンの反逆者クロナを打ち破って命を奪ったために危険視されて解雇され
シネストロが地球周辺宇宙担当のグリーンランタンになってしまった。
だが、宇宙を作りかえる野望を持ったファーストランタンとの戦いの中でシネストロは再びイエローリングを手にし、
そして戦いの末にハルは再び正式にリングを手にして現在はグリーンランタンに戻っている。


MUGENにおけるグリーンランタン

二代目グリーンランタン:ハル・ジョーダン

PrimeOp氏、Enzo氏、Arque氏の三人の合同作としてのグリーンランタンが存在する。
ガイルキャプテンアメリカマグニートーをベースに改造したらしい。
原作通りパワーリングからビームを撃つ他、ソリッドライトを巨大な手にしたり山羊にして相手にぶつけたり、ビーム砲台にしたりと変幻自在な攻撃が可能。
もちろん、相手が黄色くてもダメージは問題なく入るので安心である。



2011年4月にEnzo氏、Buyog2099氏、Arque氏、McCready氏合作による新バージョン
「Blackest Night Edition」が公開された。
上記のコスチュームが現行シリーズのデザインに変わり、(2Pが旧コス)
一部エフェクトが描き直されたり、新技も搭載されている。
旧版と違いスペシャルの使用にも少量のゲージ消費が必要になったが、
スタートボタンでゲージ溜めが可能になった。
更に、スタートボタンを押しながら選択すると6種類もの特殊カラーが使用出来る。

+ 特殊カラー解説

このブラッケストナイト版にはnaclken氏の外部AIが存在する。


また、Erradicator氏とTof氏によるガイ・ガードナー(四代目)や、Maximoff氏とMadcock氏によるジョン・スチュワート(三代目)も存在する。


三代目グリーンランタン:ジョン・スチュワート

DCヒーロー総出演の『ジャスティスリーグ』が白人ばかだと色々マズイのか、アニメに出て来るのは彼。
元アメリカ海兵隊の軍人であり、リングなしでも軍仕込みの戦闘術で戦う気骨を見せる。
しかし子供の頃に大好きだったヒーロー達の事をいつまでも覚えていたり、同僚のスーパーヒロインとロマンスを育んだり、
決して堅物なだけではないという事も描写されていたり。
続編の『ジャスティスリーグ・アンリミテッド』ではヒゲを生やすようになった。 でも正直似合ってないような
上述のアニメ日本語版での声は『トランスフォーマー ギャラクシーフォース』のコンボイ役などの楠大典氏。
ZVitor氏製作版は、それぞれソリッドライドで作られたヘリで攻撃したり、戦車に乗り込んだり、スナイパーライフルで
狙撃したりと元軍人らしさ溢れる攻撃方法が多い。

四代目グリーンランタン:ガイ・ガードナー

元はリングのもう一人の後継者でハルの予備となっていた。が、事故で重傷であったためジョンにその座を先に譲ることに。
なにやら問題児だったらしく、復帰してきたハルからセクター2814担当を奪おうとしたり、
それで負かされると死亡したヴィラン・シネストロの墓からイエローランタンリングを盗んできて再戦してきたりしていた。
それから色々あって後に異星人の血を引いているという 後付 事実が判明。
身体変形能力が開花し、一時期コーズを抜けて「ウォリアー」を名乗って活動していた(現在はコーズへ復帰している)。
品が無いのも事実だが、強い正義感を持つのも事実で、現在はオナー・ガード(名誉隊員)に出世して戦い続けている。
天然痘ウイルスのランタンに、シネストロ・コーズの殺人ウイルスの脅威から救われ難を逃れた事も。
近年のイベント「ブラッケスト・ナイト」では怒りを力の源とするレッドランタンリングとグリーンリングの二刀流で
ブラックランタン・コーズを相手に鬼神の如き戦いぶりを見せた。
その後のイベント「グリーンランタンズ・ウォー」でもパワーリングが使用できなくなった際に
レッド(怒り)とバイオレット(愛)のリングを着用し、グリーンランタンコァへの愛とコァを襲う敵への怒りから
両極端の光の力を一人で引き出してセントラルパワーバッテリーに巣食ったパララックスを排除して見せている。
キチガイと呼ばれる事もあるが……どうもグリーン以外のリングを操る才能にも恵まれているらしく、その戦闘能力は抜群。
アニメ『バットマン ブレイブ&ボールド』にも登場している。

上記のガイをaa250氏、 Warceus氏、 JASONTODD氏、ALEXZIQ氏、がアップデートさせた新バージョン
も公開されており、スプライトが一新され新技も多数搭載されている。
また2Pカラーは一部技が異なる「レッドランタンモード」になる。
Jason Todd氏とTeam Spoilerによるウォリアーバージョンのガイも製作されている。

五代目グリーンランタン:カイル・ライナー

正義感の強い元イラストレイター。ハルの暴走によるグリーンランタンコァの壊滅後、生き残ったガーディアンのガンセットによってグリーンランタンに選ばれた。当初はヒーローとしての自覚が薄かったが、ヴィランによって恋人が惨殺された事をきっかけにグリーンランタンとしての覚悟を決めた。
特徴としてはイラストレイターならではの発想力があり、ソリッドライトで様々なものを実体化させて戦っている。
また、上記のように現在はホワイトランタンとなっている。
過酷なオリジンを背負いながらも真っ直ぐに戦う姿が人気を獲得し、代替わりヒーローの数少ない成功例となった。(失敗したのはスパイダーマンとかアズラエルとか……)
Vor76氏が製作。Mugen Multiverseで公開中。
アニメーションの枚数が少なかったり、固有のボイスが無い(sndファイルは存在するが、効果音やシステムボイスのみ)など作成途中といった感じである。
なぜか通常必殺技の多くでゲージを消費してしまう。通常技キャンセルで必殺技を出せない。
AIは搭載されているが、一応動くといったところ。


出場大会

削除済み

出演ストーリー

温泉女王と温泉に(ジョン・スチュワート)(番外編より)

*1
綴りは「Green Lantern Corps」である。
片仮名で書く場合によく「グリーンランタン・コーズ」「グリーンランタン・コァ」など表記揺れが起きるが、これらは同一の団体。

なお、「コープス」とは発音しない。そっちはcorpse(死体)になってしまう。