無界



 「スベてはチリとカす!」


名前: ムカイ(無界)
格闘スタイル: 独自の格闘術+石化能力
誕生日: 不明
身長: 231cm
体重: 168kg
血液型: 不明
出身地: 不明
趣味: 新たな技や戦術を編み出す事
大切なもの: 闘争本能
好きな食べ物: うまいもの
嫌いなもの: 虚勢、まずいもの
得意スポーツ: 格闘

THE KING OF FIGHTERS』 のキャラクター。『2003』のラスボスとして登場。
大会の裏で糸を引く「遥けし彼の地より出づる者たち」の一人で、物体の石化石柱の召喚能力を持つ。
いかつい外見とは裏腹に、声に出して呼ぶといかにもお向かいに住んでそうな庶民的な響きに早がわりする事と、
ボスにしては親近感のある人柄から、KOF史上初めて「さん」付けされるボスとなった。
「ムカイさん」、「向井さん」などと呼ばれる。漢字変換の面倒さも手伝っていると思われる。
名前以外の共通点が見当たらないため言われる事は少ないが、漫画『力王』の同名ラスボスが元ネタではないかとの声も。
外見は漫画『はじめの一歩』のブライアン・ホークに似ている。性格はあちらとは真逆だが
担当声優はオズワルドと同じ重塚利弘氏。

『2003』で神楽ちづるに暗示をかけKOFを開催させた「遥けし彼の地より出づる者」の一人、牡丹と共にオロチの復活を企てる。
決勝戦後に八咫の鏡の能力で生み出されたKUSANAGI、神楽マキと本体のちづるがアッシュたちに倒され
オロチの封印が解かれると姿を現し、彼らが「ツギなるトキをムカえるにふさわしき」存在かを見極めるため勝負を挑む。
敗れはしたがダメージはなく、彼らを正体不明の力でどこかに転送し、自らは無事撤退した。
どうやら後に禍忌も口にする「人の持つ可能性」を引き出すのがもう一つの目的だったらしい。

『'03』エンディングでは無界の他に4人の「遥けし彼の地より出づる者」を確認できたが、
『XIII』のトレイラーでは無界を含めて9人の姿が見られる(紫苑と禍忌を加えると計11人?)。
亜空間に閉じ込められた紫苑や、死亡が確定的な禍忌とは違って無傷で帰還しており、
ここでも無界は集団の中心で元気な姿を見せている。
さらには非常に見辛いが、彼らの言う「主」を呼び起こしているかのような映像も…?
+『XIII』ネタバレ
しかしこの直後現れた、主である斎祀によってミイラ状にされ(恐らく)死亡。
わざわざ気を遣って「ココはワタクシめにおマカせを」と言っているのに、
「時間が無いのに配置に付かなかったから」という理由で粛清される。
・・・・ひどい上司だ。ネスツといい、KOFにはろくでもない上司ばかりである。

その扱いがあまりにも「かませ役」そのものであったため、
『XIII』をプレイしたユーザーからはこの扱い方に関して物議を醸すほどになっている。
上記での扱いに対し、ファンからは「無界さんと戦えないバグ」と形容され、
家庭用での追加を期待する声もあったが、残念ながら参戦せず。
それほどまでに、無界というキャラクターがKOFボスの中でも有数の人気を持っているという事の現れかもしれない。

ただし斎祀の性格を分かっていたにも拘らず、こういった行動を取ったのは無界の失態と言わざるを得ないだろう。
またストーリーを見るに斎祀が数分数秒ですら焦っていた状況で、
リーダーである彼の言の通りに行動しなかったのは純然な無界のミスでもある。
親分の性格を考えると、忠義立てし過ぎた無界の悲劇といったほうがいいかもしれないが、
何よりも自分の言う事を最優先に考える斎祀の命に逆らったという意味では、
彼の勘気に触れるに十分な落ち度だったとも言える。

まあメタ的にぶっちゃけると、新ドットで無界を作っている時間など無かったからなのだろうが。



 アッシュ編第一のボス。「分かり易い迫力が必須」という事でまず石化能力が決まり、
 そこからデザインが決まったという逆の手順で生まれたキャラらしい。
 人類を滅ぼそうとする悪役には違いないが、牡丹が戯れで火中に飛び込ませた猫を、
 「ムエキなセッショウをするモノではナい」と石化能力を使って助けたり、
 人間を超越した存在であるにも関わらず人間を侮らず警戒していたり、
 武士然とした言動や筋骨隆々とした外見をしている事などから、
 何を企んでいるのか分からない主人公よりも余程真っ当かもしれない人格者である。
ケイコダイにもならぬわ!という勝ち台詞などから、常日頃から体を鍛えている事も窺える。
俺はそこいらの雑魚と違って修行なんかしなくても最強なんだぜ」という連中が多くを占めるラスボス界隈では中々珍しい。
趣味は 「新たな技や戦術を編み出す事」、得意スポーツは「格闘」という生粋の武道家である。
ちなみに好きな食べ物に「うまいもの」、嫌いな物に「まずいもの」を挙げており、
実はグルメという一面も併せ持つ(単に食べ物に強い関心が無いのかも)。

+そんなムカイさんの上司はと言えば…
彼が仕える斎祀の性格は無界とは正反対で、唯我独尊で凶暴、尚且つ非常に短気である。
「とにかく嫌な奴」をコンセプトに作られただけに言動は小物で往生際も悪く、
前述のとおり無界殺害に関しても旧作ボス軽く粉砕する圧倒的な強さを驚かれるよりも、
中ボスとしてもう一度戦いたいと期待されていた無界との対戦をフイにしてしまった失望の方が大きく、
実はラスボスではなかったとか死に際の往生際の悪さとか対戦ステージの手抜きっぷりとかも相まって、
「とにかくカリスマ性の無い奴」というキャラに仕上がってしまった。

同じくカリスマ性のない禍忌は兎も角として(ネタ的なカリスマ性はあるがそれは別の話)、
なぜ武人肌の無界が斎祀に仕えていたのかは謎である。
斎祀の力に惹かれたのか、或いは元々主家に仕える家臣の立場で、
理不尽な上司でも尽くす忠節が美徳という思考だったのかもしれないが……。
それにしても(作品内では)さしたる悪事をしていないにも関わらず、
忠誠を尽くした結果が、身勝手な上司の理不尽な因縁で簡単に始末される最期となると哀れとしか言いようが無い。

ちなみに家庭用では斎祀のアイコンにも出てきている。
変身前は殺害シーンがモチーフだが、変身後は全裸の斎祀にパンツをはかせているオカンのような姿が確認できる。

KOFのラスボスにしては行動パターンが良心的で、むしろ中ボスの神楽マキの方が厄介だが、というほどでもなく、
漢字をカタカナに変換したような独特の喋り方をする(自分の名前もカタカナ)事も親近感を生み出し、
『2003』自体の出来と比較して「ムカイさんはOK」と妙にプレイヤーに慕われるキャラとなった。
その人徳からか、KOFラスボスでは珍しく自爆したり部下に殺されたり上司に消されかけたりせず無事に撤収。
今後の活躍に期待されていた……がその結末は前述の通り。

一応『XIII』ラストの歴史改変で斎祀とアッシュは「歴史上いなかった存在」となり、
人々の記憶からも消え去ったが、無界の件がリセットされたか否かは微妙なところである。


原作中の性能

戦闘スタイルは「石」と「石化」。岩石を投げつけ、石の柱を生み出して攻撃する
特に「石化」は無界を象徴する能力で、掴んだ相手を石化させるコマンド投げ「死戒」と、
画面全体に石化する波動を放つ全画面判定超必殺技「死界」の2つの技が強力。
石化後は自由に攻撃を入れられるため簡単に永久を組む事ができ、プレイヤーが使うと単純かつ凶悪。
石を投げつける飛び道具「投破」は隙は大きいが、マキシマの「ファイナルキャノン」を除く全飛び道具を打ち消す事ができる。
何気に一部通常技ガードポイントが付いており、こちらの技が潰される事もある。
が…原作ではCPUがあまり無茶な行動を取ってこず、突進技を適当に出していても当たってくれる事が多いので、弱い部類のボスになる。
まあそこはストーリー通り、あくまで「ヒトのもつチカラ」を引き出すために手加減してたって事で…。



 「トキは、ワレラにムケテナガれハジメた!」


MUGENにおける無界

凶悪系も含めると結構な数のムカイさんが在住。なぜかフリーダムな魔改造が施されている場合が多い。

+Cyanide氏製作 『2003』仕様
  • Cyanide氏製作 『2003』仕様
現在MUGENにある無界の中では最も原作に近い仕様。
殆どの通常技にキャンセルが掛からない代わり、単発の火力は高めになっている。
洗練された動きではないが、発生保障のある地衝や天衝を軸として、
かなりガン攻めしてくるAIを標準装備。AI殺しのスライディングも中々強い。
石化永久を使用せず真っ当に攻めてくるにも関わらず非常に強く、スポーツマンなムカイさんを見る事ができる。
ちなみにAIはeasyと無印の2段階に調節可能。

∞ロダにhardAIと銘打った外部AIが公開されていたが、現在はロダの閉鎖により入手不可。
こちらは挑発中は無敵というこのキャラの仕様を存分に生かし、相手の攻撃を無効化しつつ隙を見て石化からの永久コンボを叩きこんでくる。

+初期ゲージ量について
ちなみに開幕時から3ゲージ保持しているので、気になるという人はcnsの
[state 190]
type = powerset
trigger1 = time = 0
value = 3000

のpowersetの前にnull;をつける事で初期ゲージを0に出来る。

+GONZO-氏製作 『2003』仕様+アレンジ
  • GONZO-氏製作 『2003』仕様+アレンジ
現在氏のサイトからは公開場所へ繋がらなくなっているため、はいうぇい氏が代理公開している。
原作をベースに、オリジナル技を多数搭載したちょっとタミフル気味なムカイさん。
「激衝」:スライドする様に突進する必殺技。突進中えらく楽しそうに笑う
「死刑」:間合いの広いコマンド投げ超必殺技。天衝・地衝で相手を挟んでプレスする
「天激」:出だしに無敵のある超必殺技。強烈なアッパーを見舞わせ、そこから追撃も可能
等。他にもZで選択する事で「岩石モード」となり、若干性能が強化され、専用の必殺技を使用できるようになる。
その名も「石化ガス」。
手の平からガス状のものを発し、ヒットした相手が石化するという絡め魂ポイズンブレスのような技。
地上ならばガードできるが、空中ではガード不能なため非常に強力。
その分パワーゲージを消費し、発射までに比較的時間が必要という欠点もある。決してにぎりっ屁ではない。
なお、岩石モード時のみ天衝を使用した際に降ってくる石柱が
どこかで見たような人たちの石像に変わるというシュールな改変が加えられている。
最新版では石化ガス以外のアレンジ技も岩石モード専用となり、また岩石モードでも天衝で降ってくる石像が通常版と同じ石柱になった
(ただし石像のデータはそのまま残っており、cnsを書き換えれば更新前同様石像落としを見る事はできる)。

Yell氏やもんすん氏(最新版非対応)によってAIパッチが制作されていた(どちらもOneDriveアカウント凍結により入手不可)。
Yell氏のAIはレベル4から石化ガスを活用し、最大レベルではピンチ時に石化ループを自重しなくなる強力なAIだが、
石化ガスを使用させるスイッチを搭載しており、レベルを下げる事で原作技のみを使用させる事も可能。
本気になったMr.ムカイ

もんすん氏のAIは近づいてきた相手にはお得意の石化ループ
相手が遠ければ石を投げまくったり頭上から石柱を落としまくったりする弾幕?地獄とまさに自重率0%

またウィーフィー氏によって最新版対応のAIが公開された。

この他、屠神氏により何故か某魔法少女っぽくなるパッチも公開されている。

+大会ネタバレ
凶と狂の境界で台パンするシングルトーナメント勝手に2Reでは、もんすん氏AIを搭載して参加
…したのはいいが中々出番に恵まれず、遂には空気王の称号を得てしまう事になった。
だが、登場後は軒並み台パン勢相手に石化ハメを駆使するなどして順調に勝ち残っていった。
そんな中、大会中盤でOP画像を飾っていたスパイダーマンが失格になると、彼の代わりのポジションに立ち、存在感をアピールした。
このような状況下で何とか決勝戦まで生存し迎えた仮面ライダーストロンガーとの決勝戦。
1R目こそは相手の猛攻であっけなく落とすも2R目では石化ハメを駆使してタイムアップ勝ち。
そして最終ラウンドではやはりお得意の石化ハメを駆使し、優勝はほぼ確定的…と思われた。
しかし石化ループを止めた所を相手のロマン技「超電子ドリルキック」を浴びてしまい逆転負け。惜しくも準優勝に終わった。
だが視聴者は言った。この大会の主役は彼であると……。
何はともあれ優勝こそ出来なかったものの、大会を大いに盛り上げてくれた事には間違いないだろう。

真お神杯凶下位~上位タッグバトルでは、「見た目が石像っぽくなるカラーがある」という理由から、
同じ共通点を持つ暴君と共に「うごくせきぞう」として参加。
相方がポーションカウンターでゲージを奪い、自身が全画面攻撃で攻めていくスタイルで、多くの自重しないタッグ相手に勝利し続けた。
大会中盤で一旦脱落危機に陥るも、それでもしぶとく生き残り続けてきた。
大会終盤で再び脱落危機に陥るが大会主催に引導を渡し、その勢いで連勝を続けラスト2組の1つに残った。
だが、最後は決勝戦において「あなた犯人です」ペアに三度目の正直が如くリベンジされ、惜しくも準優勝に終わった。
準優勝だったとはいえ最終戦績は15勝6敗と大会最多勝タイ。まさしく大会における影の主役のような立場であった。

+Tin氏製作 MVCアレンジ仕様
  • Tin氏製作 MVCアレンジ仕様
6ボタン仕様になっており、屈中P始動でエリアルも可能。こちらも様々なオリジナル技が搭載されている。
「擦炎」:空中から炎を纏って前方下に突進するキック。ダウンを奪えずヒット後も繋がらないのでエリアルの締めなどに
「華山」:地を滑るように突進しアッパーを繰り出す。エリアルで追撃が可能
「死怪」:前方に突き出した手から紫色のビームを放つ。ヒットすると石化するが打点が高い
「岩波」:超必殺技。地中から前方に向けて次々と岩盤を沸き上げるというどこかで見たような技
「滅界」:超必殺技。アッパーで掴んだ相手を石の棺桶に放り込み、タコ殴りにするというどこかで見たような技
「落隕」:超必殺技。画面外に飛び去り、巨大な隕石とともに相手を押し潰すというどこかで見たような技
デフォルトでAIが入っているが、簡易AIのため複雑な行動はほとんど取ってこない。

+RYO2005氏製作 ROTDアレンジ仕様
  • RYO2005氏製作 ROTDアレンジ仕様
KOF仕様だが、システムは氏お馴染みのROTD風となっている。
誠治氏によってAIパッチが作成されており、氏曰くタッグ戦がお勧め。
また、大艦氏によるAIが存在したが現在は入手不可。

+humi氏製作 「P-mukai」
  • humi氏製作 「P-mukai」
かなりはっちゃけたアレンジされた無界。
何故かいっぱいいる上にいろんなものを呼び出すため画面が大変な事になる。
無界改変においても知名度が高く、よく狂~神キャラの大会に参加している。
全ては塵とカオス

リュウセイ氏によってAI常時起動化&12P耐性強化される改変パッチが公開されている。

+熄 癈人氏製作 「鋼道」
  • 熄 癈人氏製作 「鋼道」
動きが遅い代わりに高火力&ハイパーアーマーな凶悪改変キャラ。
SelfStateCounter (略称:SSC)というシステムが特徴的で、
SSCが1以上の時ステートを奪われてもステ抜けするようになっている。

+tuki氏製作 「神無界」
  • tuki氏製作 「神無界」
神オロチといい勝負が出来るようにしたとの事で、かなり性能が上がっている。
カラーによって性能が変わり凶~準神くらいまで戦える。
proj化スイッチが付いており、更に耐性を上げる事が出来る。

+KAMUI氏製作 「無界3」
  • KAMUI氏製作 「無界3」
見た目は普通の無界だがいろいろと強化されている。
設定次第で凶~狂キャラと渡り合える。

+sudara13氏製作 「ロボムカイ」
  • sudara13氏製作 「ロボムカイ」
ロボというだけあり動きが重々しくなっている他、
技が全体的に電気っぽくなっている。
強~凶くらいの強さだが、一部カラーではさらに性能が強化される。

+八式鬼ン驍氏製作 「塵芥(チリカス)」
  • 八式鬼ン驍氏製作 「塵芥(チリカス)」
まさかの石柱が本体
無界そのものは一部の攻撃モーションで出現するのみ。…なのだが、特定の技や勝利モーションでは無数の無界が画面を埋め尽くす。

一見出オチなキャラに見えるが、実はそれでいてかなり変わった性能の盛り込まれたキャラでもある。
体力は1000000もあるが、打撃攻撃は被ダメージを1000倍にして(つまり通常のキャラと同程度になるようにして)通すが、
反面飛び道具や投げは等倍のため、ほとんど喰らっているのが見えない。
また、使う技も通常技はそれなりだが、ゲージを消費する必殺技はかなりトリッキー。
11体の無界がかかと落としを見舞う「雷剛」と、当たるまでやたら長時間判定が残る設置全画面になった「死界」は、
共にくらった相手を石化させるのだが、「死界」による石化はダメージを10分の1まで激減させ、「雷剛」のそれは5倍に激増する。
更には10ゲージ使用で凍結超即死当身まで搭載。ただし、デフォルトでは5ゲージまでしか増えないので上限を増やす必要がある。
カラーも6Pまで搭載し、2P以上になるにつれ硬くなる。
6Pは様々な耐性が付き被ダメージ1固定になり、タイムオーバーで全快してしまう。

このような性能のため、飛び道具等の無い相手には滅法不利で、並程度であっても負けるが、
打撃の少ない相手には狂上位であろうと勝ててしまえるため、強さのランクは定めにくい。

+Deoxgigas氏製作 「Celestial Mukai」
  • Deoxgigas氏製作 「Celestial Mukai」
氏のAurora Tenshiを元にした改変で、特殊イントロも用意されている。
石柱に加えて要石や虹色の気質を操るため、MUGENストーリーで天子の父親役を想定された改変なのかと思ってしまう程。
デフォルトAIや特殊カラーを搭載済み。


他にも「ルドラ」、「Hyper Mukai San」、「D-Mukai」、「Crovax Mukai the cursed」といった凶悪系改変がいくつか存在する。
また、ここで挙げた以外にもいろんなアレンジ・改変キャラが存在するものの、他のKOFボスに比べると少なめ…だったのだが、
2014年以降はモジャック氏による炎属性の「火塞」、影縫氏による雷属性の「雷」、
雑魚氏による氷属性の「凍洞」、純白のトロサウルス氏による闇属性の「閻慟」など、何故か多数の別属性無界が製作されている。
さらに、その石化能力を受け継いだ(?)天人や、某組織の改造人間も存在しているようだ。


歴代のKOFラスボスの中で最も常識人で温厚な彼だが決して怒らせてはいけない。
間違ってもループハメなどしてはいけない。

服装がひらひらとしてるためかパンチラが拝めそうでもある。
ムカイさんご自慢の大石柱

某ストーリー動画では顔グラがないのにも関わらず、多数のファンを獲得した。


出場大会

+一覧
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み
凍結

出演ストーリー

+...
DIOの喫茶店
Drえーりん診療所
K'の社会復帰
Medium Heart
MUGEN LIFE
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN町 任侠伝
Nの日常
アイマスハート
ウサギの大冒険
クリザリッドの風紀委員日誌
香霖堂夜想曲
こわしや無界 (主役)
骨董屋と苔生す石(戦闘無し)
骨董屋の回想~スロー・チューズデーナイト
人造生物03RIA-紅
戦国無限
戦極夢限-帝レース-
それはある月夜の出来事
血が嫌いな吸血鬼
てんこちゃん愛してる!
豆腐屋 早苗さん
となりのむかいさん(主役)
パチュリー・ノーレッジは静かに暮らしたい
飛竜の旅
宝石少女とツギハギのカミサマ
まったりCafe「鬼神」
ミコエラビ (先代神様役)
無界と地子のものがたり。 (主役)
無限市吸血鬼事件
無限戦記
無限の果てに。
ランダムセレクトストーリー
ロック・ボガードの憂鬱(顔グラなし)

その他