ちびゆっくり


     _人人人人人人人人人人人人人人人_
     >   ゆっくりしていってね!!!   <
      ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
      |::::;'⌒ヽ\ _,. -‐ァ
    _|::/   >‐<__/        《_,ニ=─-< ̄》
    (::::::_;'ニ二>-<ハヽ/`7     ,≦=-   -=≧、ヽ
    「イ  / /|∧/|∧l 」∨     l ィ\人レ/∧ lハ|
     〉 /レ,,(ヒ]  ヒンレ| ィク     レリ|(ヒ]  ヒン,,| l l ||
    /  ノ l   ヽニ' 从| | |     「_l、 ヽニ'  |_| l リ
    ∧〈 ) ー‐--‐          レレ ー----‐レレ
「ゆっくりしていってね!!!」
「あたいもまぜて!」

その名の通り小さいゆっくりしていってね!!!
製作はI.M.R.F氏。作者自らの解説は氏のブログのリンクにある。
ROのポリンにインスパイアされたらしい、コンビを組んだミニサイズのゆっくりズ。
夫氏制作のものとはひと味違ったウザかわいさがある。
でかさ以外の違いは声が甲高いこと、ダメージを受けた時の声が「ゆっ」で統一されていること。

ガ板のネタが多めだが、基本的には好きなものなら何でもありらしい。
夫氏のゆっくりと区別する意味でも、本項では名前をひらがなで表記することにする。

本体はまりさで、いくられいむを攻撃しても倒すことは出来ない。
更に、コンフィグの「本当の2対1」スイッチをONにすると、両方倒さないとKOできなくなる。Life共有にしてといった結果がこれだよ!!!
れいむ・まりさ共に独自の体力ゲージがあるので、ライフバーは飾りであ……ったがβ3からは本体と同期している。
が、内部処理は全て変数で行っており、無理矢理表示を合わせているだけで直に減っているわけではない。おまえはどこの神キャラだ。
れいむは一定以上のダメージを受けると行動不能になる(やられいむ)が、まりさの「はやくよくなってね!」で回復し、体力満タンになると復活する。
やられいむ状態中は、心労でまりさのLifeとPowerとテンションが減少し、対戦相手のAIはまりさだけを狙うようになるため、
相性次第ではれいむKO即まりさKOとなることも多い。
なお、通常時で対戦相手AIがまりさを狙う確率は3分の2ぐらいらしい。

テンションゲージ(以下通常ゲージと区別する為Tゲージ表記)という独自のゲージを搭載しており、攻撃等の行動で増加し、ダメージを食らうと減少する。
上昇率は被ダメと時間経過に比例して加速。
ちびゆっくりの攻撃力・防御力・ゲージ消費量はこのテンションゲージに依存している。
ラウンド開始時のTゲージ5割の状態を1とすると、攻撃力は0.75倍(Tゲージ0)~1.25倍(TゲージMAX)、
防御力はダメージ量が1.5倍(Tゲージ0)~0.5倍(TゲージMAX)となる。
ただし、攻撃力は元々の数値が極端に低く、防御力もTゲージ5割の時点でKFMの半分しかない紙装甲。
必然的に、ダメージソースがゲージ依存になるため、ゲージがなくなると決め手に欠ける。
TゲージMAX時にゆっくり空間を展開させると攻撃力1.5倍・防御力KFM並になるが、
それでもまだ安いと言えるほど攻撃力が低い(ただし、TゲージMAXゆっくり空間ではゲージ消費量が10分の1と破格のコストになるため、相対的に火力は高くなる)。

スペルカードはまりさ・れいむ共に3枚持っており、どちらを使うかは設定で変更可能。ゆっくり状態時に切り替えることもできる。
まりさは縦横の運送技が出来、火力もやや高めだが自爆する事も多く、れいむは広範囲に攻撃できるがまりさを巻き添えにする危険性がある。
どちらも一長一短なので、好みで選んで構わないだろう。
なお、まりさのマスタースパークとれいむのみっしんぐのみ受けたダメージ量に応じて威力が上昇する。
通常なら1割か2割削れれば御の字だが、大ダメージ耐性が働く神キャラ相手だと1発で9割以上を持って行く超火力になる。

攻撃は貧弱で装甲も紙なのだが、れいむを盾にしつつまりさは逃げ回るため油断はできない。
その上まりさは瞬間移動系の当て身(ゲージ消費)を持つため、捉えられない時は本当に捉えられない。
テーレッテー、ゆっくりゆゆこの捕食(FATALITY)と2つも一撃必殺技を持つため、戦闘が長引けば長引くほど不利になるだろう。
さらに、タイムアップ時には、ふらんが全画面即死を放ってくる始末。もちろんこの即死は自分も食らうので強制ドローになる。

また、敗北直後のラウンド限定だがライフ2割以下+テンションゲージ半分以下+やられいむ状態で「切り札」を発動する事が出来る(残りゲージ全消費)。
「切り札」は極太マスタースパークを発射するのだが、それが全弾ガード不能であることに加えて、発動演出後0Fで攻撃判定が出る。
オーモーイーガーまで流れる始末。
なお、オーモーイーガーが流れるが一撃必殺ではなく単なる大ダメージ技である。全弾当てても倒しきれなかった場合は自分がKOとなる。
更に、発動直後にLifeが1になるので、阻止された場合も確実にKOされる。
最近になって、似たような性質の「自爆」がれいむにも追加された……が、条件にまりさKOor死兆星点灯があるため、コンフィグをいじらないとまず見られない。

AIがかなり強力であり、見た目通りの当たり判定の小ささもあってかなりの強さを誇る。
しかし、乱入キャラのらんとちぇん、きめぇ丸ようむゆゆこ、そして何よりもれいむの攻撃によって自爆しやすいという欠点を持つ。
最近では中国も乱入キャラに入ったようだ。
全ての攻撃が味方にも当たるので、タッグを組むときは注意しよう。
2/24の更新でさらにぱちぇも追加。
7/27にこまっちゃんえーき様も追加。
11/18ありす追加。
3/30ゆっくりシステム追加。
6/15天子さん追加。

+ 乱入キャラ一覧

ストーリーモードも搭載されているのだが、ラストスペルの性能がやばすぎる為かAIによる対戦動画ではまず見られない。
現在、れいむだけでなくまりさ、チルノのストーリーも存在する。
コンフィグによって切り替え可能。

また、地味に凶悪系への対策もなされている(大ダメージ耐性、永続仰け反り耐性、フライング対策、OTHキラー耐性、変数操作耐性など)。
スーパーメカ翡翠花火宇宙意思守護者エミヤセレスティアルスターも耐えます。
試合放棄による自殺か、強制死の宣告以外では滅多に即死しなかったりする。
攻撃手段は若干乏しいものの耐性は高いため、そこらの削り殺し可能な神キャラ程度が相手なら普通に勝つことができる。
しかし、大ダメージ耐性は時折通常キャラ相手でも発動し、3ゲージの大技を軽減してしまうため、
また他の防御特性(判定が小さいこと、基本逃げAIなこと等)も含めてしばしば物議の対象になってしまう。
要はgdgdになりやすいというのが悪目立ちしてしまうのだろう。
この辺は強制的にゆっくりペースにさせるというキャラコンセプトが招いた悲劇と言ったところか。
もっとも、元々は格ゲーでたまに出てくるアクションゲームっぽい特殊な性能のボスキャラをイメージしているらしいので、
通常の格ゲーキャラとは方向性が違って当然であり、同列に論じること自体間違いである。
なお、大ダメージ耐性は現在Lv設定が可能なので、気になる方はそちらで調整を。
ちなみに作者曰く、回復のインパクトが強いがよっぽどの相性差がない限り、耐性が発動する相手には発動してやっと互角のバランスとのこと。
非常に誤解と間違いが多いので、各自コメントの前に作者ページで確認を。

ストーリーモードの内容(2:37より)
これでもLv3(VeryHard)

制作者によれば現在の完成度は遊動的で目安でしかないとのことで、まだ先の見えないβ版の段階である。
更新もハイペースで行われており、性能がころころ変わるので注意。
東方新作の発売と同時に、乱入キャラの追加予定が増え続けている為、完成度100%は当分なさそうである。

なお、通常のちびゆっくりの他にサイズの異なる3種類のdefファイルが同梱されている。
Mゆっくりにすれば当たり判定の小ささによるgdgdは解消されるが、全体的に大きくなる(乱入キャラ含めて)ため大味な戦いになりやすい。
特にきめぇ丸や藍様が暴れ出すと手がつけられなくなり、ゆゆこも驚異の存在と化す。
さらにサイズの大きいでかゆっくりではきめぇ丸や藍様はおろか、まりさやれいむの攻撃までがほぼ全画面攻撃のようになり、大変なことになる。
逆にさらに小さいナノゆっくりはさらにgdgdが加速することは間違いない。

+ ゆっくり4サイズ比較

+ ストーリーモード

なお、Truth-Modeのスイッチをいじると論外化する。が、バグが多いので使用の際は注意。
基本的に死なないので、ネタ以外では使わないようにとのこと。

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー


出演動画マイリス




添付ファイル