獅堂光


「私たちは絶対に負けない!!」

プロフィール

【年齢】14歳
【誕生日】8月8日
【身長】145cm
【血液型】O型
【好物】アイスクリーム
【声優】椎名へきる

CLAMP原作の漫画、及びアニメ『魔法騎士(マジックナイト)レイアース』の登場人物。「しどう ひかる」。
東京タワーでの社会見学中、龍咲海、鳳凰寺風の2人と邂逅し、その瞬間異世界の姫エメロードによって「セフィーロ」へ召喚される。

セフィーロは「信じる心」が力になる、意思を形にすることのできる世界であり、
エメロード姫はそのセフィーロの「柱」として平和と秩序を祈り続けることで世界の均衡を保っていた。
しかしある日神官ザガートがエメロードをさらい、セフィーロは秩序を失い、魔物が跋扈する危険な世界へなりつつあった。

伝説の戦士「魔法騎士(マジックナイト)」に選ばれた3人は、囚われたエメロード姫を救い出して東京に戻るために旅立ち、
3体の魔神(マシン)に力を認められ、その力を「まとい」、戦うこととなる。
光が選ばれた魔神は、タイトルの名を冠した炎の魔神「レイアース」。単行本巻末資料によると、『炎』『情熱』『未来』を象徴する。
+しかし…(ネタバレ注意)
魔法騎士の真の使命とは、祈りによって世界を維持する「柱」が世界を支えることを拒否した時、
世界の崩壊を防ぐために、その「柱」を抹殺することであった。
神官ザガートに恋慕を抱き、セフィーロよりもザガート一人を想うようになったエメロード姫は
このままではセフィーロを崩壊させてしまう。
セフィーロの人間では「柱」を傷つけることはできず、「柱」は自死することも許されない。
それ故、姫が自らを殺させるために召喚したのが光たち異世界の人間だったのである。*1
「姫をさらった悪い神官ザガートを倒し、エメロード姫を救い出す」ことが使命だと思っていた光たちは、
この残酷な真実に打ちのめされながらも、ザガートを討った魔法騎士への復讐に狂うエメロード姫を
やむなくその手にかけるのだった…。

たった一人の人間に世界すべてを背負わせ、それが無理となれば抹殺する(しかも殺させるのは無関係の人間)
という無慈悲な「柱」制度にはセフィーロの主要人物も強い疑問を抱いており、
第二部では次期「柱」選定の試練に、さらに「柱」の力を欲する複数の国まで介入してきた戦いの末、
試練に打ち勝った光の希望により「柱」制度は完全に廃止されることとなる。

家族は両親と3人の兄がいるが、父は当時幼稚園児の光に剣道で負けたショックで修行の旅に出ており、
長い間家には帰っていないらしく、代わりに兄3人には大切にされている。
明るく元気いっぱいで誰とでも仲良くなれる性格だが、言い出したら聞かない頑固な面も持つ。
3人の兄の影響かやや男の子みたいなしゃべり方をするが、一人称は「私」であり、ボクっ娘というわけではない。ましてやオレでもない。
本人は変わっているという自覚はなく、海と風に指摘されると「へんか?」と不思議そうにしていた。
身長が低く、童顔であり、よく実年齢よりも幼く見られるのが若干コンプレックスである。
年齢を明かすまで、海や風からも小学生と勘違いされていたほど。
また、女子校に通っており、学年を問わず人気があり、魔法騎士三人組の中では一番運動神経がいい。
幼少の頃から愛犬の閃光(ひかり)と共に育ったためか、動物と意思疎通をはかる事ができる。
3頭身の描写になると時々猫の耳とシッポが出る。テーマカラーは赤。

使用する魔法も「炎の矢」「紅い稲妻」など、テーマカラーの赤にあわせた攻撃的なものである。
また、セガサターンのゲーム版独自の魔法として、魔法騎士の試練で対峙した愛犬・閃光(ひかり)の幻影を
召喚獣のように喚び出して攻撃させる強力な魔法「閃光」も存在する。

装備している剣はエスクードという鉱物を使用した魔法騎士専用の成長する剣である。
未使用時は鞘ではなく篭手の宝玉の中にしまっておくことが出来るほか、対応した魔法騎士以外が持とうとすると、海のレイピアは水になってしまい、風の大剣は持ち上げることも出来ぬほど重くなり、光の剣に至っては 炎に変わって相手を焼き焦がしてしまう という便利な安全装置つき。
また、エスクードを手に入れる迄の短期間ではあるが、創師(平たく言うと素材持込み式の鍛冶屋)プレセアから借りた武器を使用していたこともある。
防具は ショタジジイ 導師クレフがエスクード製の武器の仕様に合わせて用意してくれたもの。
思い込み 信じる心が力になる世界だけに、彼女たちの心の成長に合わせて剣と甲冑が段々と強化されていき、
最終的にはマントつきの豪華な全身鎧にまでパワーアップした。
+甲冑最終形態
流石に四六時中ごてごてした格好は 作画が面倒 肩が凝るのか、
第二部では戦闘時以外は成長前のブレストプレートの状態に戻るようになっている。
こちらもクレフが用意したものである。

アニメ版では第二部に独自の設定として、第一部の最終決戦のトラウマが生み出した光の負の半身といえる
「ノヴァ」というライバルキャラクターがいる。
その出自から光に強く固執しており、次期「柱」選定の戦いの中で光と何度も激闘を繰り広げている。
最後は彼女を受け入れた光と融合するような形で消滅した。
ちなみにこのノヴァは、アニメ版の全シリーズを監督した平野俊弘(現・平野俊貴)氏の代表作である、
OVA『戦え!イクサー1』に出てくる「イクサー2」(声:戸田恵子)が元ネタで、
以前からこのアニメの大ファンであったCLAMP自身がアニメ版の監督を平野氏が務めると言うことで、
キャラクター造形は元より、OVAでの登場シーンをこのアニメでも再現して欲しいと頼み込んだ経緯を持っていたりする。

余談だがアニメ版の3代目OP「光と影を抱きしめたまま」は、
わずか1分半のOPにセル画約6000枚を使用したことで有名(普通は30分アニメ1話分で約3000枚)。

OVA版『レイアース』では設定が変更されており、漫画およびTVシリーズ版とは違い三人組は全員同じ中学校に通っている。
目前に迫った中学卒業後、三人がそれぞれの進路で散り散りになってしまう事に心を痛めており、
「仲良しの二人と別れたくない」という強い想いを持っていた。
異世界・セフィーロの地球侵略 の際にはその想いの強さからいち早く炎の魔神・レクサスを覚醒させるが、
そのひたむきさ故に自ら死地に飛び込んでしまい第一話にして敗北、行方不明となってしまう。
ランティスによって救助された後、彼との対話の中で友との別離を受け入れられず戦いの中でも
全てを一人で背負い込もうとする己の頑迷さと向き合い、本当の心の強さを身に着けていく。
(これはある意味、漫画やTVシリーズ終盤での「光無双」に対するアンチテーゼともいえる展開である)
なお、こちらでは終始母校であるミッション系中学の制服姿であり、剣は持たず鎧姿にもならない。
むしろ魔神と同化すると剥かれる。魔神の負傷と同調して全裸で悶える姿は無駄にエロい。
イクサーリスペクトも大概にしてください。


MUGENにおける獅堂光

+にゃん☆鬼龍氏 SFXVI仕様
  • にゃん☆鬼龍氏 SFXVI仕様
現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅したため、入手不可。
お試し版の段階で開発は停止状態にあるが、一応の実戦には耐えれるまでの作りとなっている。
一通りの通常攻撃、打ち上げ攻撃からのエリアルレイヴ、追い打ち攻撃、龍咲海のストライカー攻撃と、
現段階でも充分に攻める手段は揃っている。
今のところ、一部の必殺・超必殺技の効果がない、通常投げを持っていない状態である。
つづら氏のAIが制作されていたが、公開停止中。

+Rikard氏製作 KOF仕様
  • Rikard氏製作 KOF仕様
手書きドット絵によるもので、KOFのキャラ質感を意識して作られている。
操作感もKOFをベースにしており、基本的な攻撃から緊急回避、吹っ飛ばし攻撃等の代表的な攻撃方法が網羅されている。
必殺技が多少癖のあるものが多く揃い、特にボタン押し溜めの必殺技が、タメ時間が短いため暴発
しやすいという点があるが、それ以外の必殺技はバランスよくコンボに組み込める仕様になってる。
超必殺技も飛び道具、投げ系、当て身系と揃っており、攻守共にかなり優れたキャラになっている。
その超必の一つにノヴァも登場するなど、ファン必見の出来である。
尚、勝利デモもあるが、海外産のため全て英語表記。

簡易AIも搭載されており、それなりな立ち回りも見せてくれる。
おまけの人氏とつづら氏によって外部AIが作成されている。
つづら氏のAIは現在公開停止。

Rikard氏のサイトが完全閉鎖になったため、現在入手不可。

「後悔するのは……

          ぜったいに いやだ!!!」

出場大会

更新停止中

出演ストーリー



*1
セフィーロの人々の役職名が「導師(グル)」「創師(ファル)」「魔法剣士(カイル)」など
おそらくは現地の言語でルビが振られているのに対し、光たち魔法騎士だけがマジックナイトという
こちらの世界の言葉で呼ばれているのは、セフィーロ(及び周辺国)とこちらの世界が同一存在によって造られたことを示唆している。
ただし、これらの要素は原作版のみ。アニメ版では現地語読みではないし、マジックナイトという名前を誰が命名したのかも不明。
「レイアース」の名前にも意味が隠されている。