河城にとり


「あらあら、久しぶりに盟友である
  人間に出会ったと言うのに残念ね……
  仕方がない、これ以上山に入るというのなら
  その本気、確かめさせて貰うよ!」

『東方Project』のキャラクター。初出は『東方風神録』の三面ボスとしての登場。
種族は河童で「水を操る程度の能力」を持つ。二つ名は「超妖怪弾頭」「水棲の技師」「水平思考の河童」「河の便利屋さん」。
姓は「かわしろ-」。ファンからの愛称は「にとり」「にとりん」「河童」「Nitro」「寝取りor寝取られNTR」等。
富士山バスター』や『大江戸ファイト』の河童とは多分無関係。
テーマ曲は「芥川龍之介の河童」。

名前や外見が旧作時代のキャラクター北白河ちゆりと似ている。
当然だが、某曲芸のヒロインとは無関係。強いて言えばキュウリ繋がり。

+ 詳細な原作設定

+ 芥川龍之介著「河童」との関係

+ 二次創作での扱い

「ひゅい!?」


東方心綺楼における河城にとり

不思議な力で空を飛ぶのが基本の東方では珍しく、背中のリュックサックから巨大なローターを出して飛行し、水鉄砲や機械などの道具を使ったスタイルで戦う。
この道具も中々ユーモアに富んでおり、「菊一文字コンプレッサー」「さよならラバーリング」「飛べ!三平ファイト」「撃て!バブルドラゴン」などパロディが目白押しではっちゃけている。というか元ネタが無い技の方が多分少ない。

にとりの特徴としてまず挙げられるのが、固有システムである特技「水妖エネルギー」。
最大999のゲージを最初から持ち、射撃・必殺技を使うことで消費されていく。そして0になると弱体化、あるいは使用不能となる。
試合中に回復する手段は一切無いが、ラウンドを跨ぐと全回復する。

性能面では、単純に横にリーチのある技にはやや乏しい代わりに、上下に対して攻撃するものが非常に多いのが特徴。
上下どちらにもジャンプ出来る本作の仕様ならではの特徴であり、上や下から攻めてきた相手を迎撃したり、逆に逃げようとする相手を叩き落したりなど、広いカバー範囲を生かした戦法を得意とする。

その他、上記の特技とは別に固有システムとして、中央ラインより上or下にいる状態で反対方向へジャンプすると通常より速く、また軌道が一度滑るように落ちてから再浮上するものに変化しキャンセルした技にも慣性が乗る特殊なジャンプが出るという特性がパッチにより追加された。
早い話が格ゲーでもたまに見られる「滑空」の上下対応版と思えば良い。ただし自由度が高い反面、暴発しやすさからコントロールの難しさも高くなっている。

+ 性能とその変遷


MUGENにおける河城にとり

minoo氏が製作したもの、及びその改変版が存在する。
2011年にはリアス式海岸氏からD4七頭身のにとりが公開された。

ストーリー動画ではエンジニアとしての登場が主。
また、戦闘時にはフリーダムにとりの出番が多い。

+ minoo氏製作 河城にとり
+ minoo氏製作 フリーダムにとり
+ 魁氏製作 ストライクフリーダムにとり
+ 影縫氏製作 フリーダムにとりズ
+ Seravy氏改変版
+ リアス式海岸氏製作 D4にとり
+ nomu氏製作 収集荷取・金仕様

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
凍結
【フリーダムにとり】
削除済み

出演ストーリー

+ 一覧