アリス・マーガトロイド

「何体まで同時に操っても大丈夫かしら?」


『東方Project』の登場キャラクター。Win版での初出は『東方妖々夢』三面ボス。STGでは『永夜抄』で単独使用も可能。
「魔法を扱う程度の能力」「人形を扱う程度の能力」を持つ魔法使いの少女。
二つ名は「七色の人形使い」「七色の人形遣い」「雹の人形遣い」等。
専用BGMは「人形裁判 ~ 人の形弄びし少女」(妖・萃)「ブクレシュティの人形師」(妖・萃・緋・非)「the Grimoire of Alice」(怪・非)等。
原作者曰く少し特別なキャラの為、BGMは気合を入れて作曲されていると云う(他、非想天則に「人形のある風景」という会話BGMがある)。
容姿は金髪で肌の色は薄く、人形の様な姿をしている。容姿の細かい描写があるキャラは東方ではとても珍しい。性格は他人に無関心。
身長はやや高めのグループ。博麗霊夢よりちょっと上で、十六夜咲夜八雲紫よりは低い。

+詳細な原作設定
瞳の色は一番上の画像のとおり金色だが、作品毎に色が異なり、
東方萃夢想』のドットや立ち絵では、EDでは。一部のEDでもくなっている。
旧作と『三月精』のアリスの瞳は金色で『妖々夢』では、『永夜抄』ではとなっている。
見る角度によって色が変わったり戦闘時に変わったりするのだろうか?
そして「 幻視力 」を活用する。瞳の色が変わるのが幻視力と関係あるのかどうかは不明だが。

種族は「魔法使い」。人間が修行により魔法を身につけ人であることを捨てたとされている。
寅丸星が、魔界で「人間は魔法を覚えることが出来る」と言っている)
再登場した妖々夢で「妖怪版魔理沙」と位置づけられてたり、萃夢想では「生粋の魔法使いさん」「人妖のたぐいである」や、
魔族とも呼ばれた(東方では悪魔・吸血鬼・魔法使いは近縁種とされている)。
永夜抄のバッドEDでは、人間である魔理沙よりも先にすぐ眠っている。これは睡眠を十分に取った方が事態は良い方向に進む事を知っていた為。
日本生まれではないようだ。

「主に魔法を扱う程度の能力」をもち、特に人形の操作を得意とするが不得手な魔法は無く万能型。
物理的に操っているかは不明だが、大量の人形を生きている様に操り、人間に出来る動きの殆どが可能。
更にそれらを連携させたり非同期で動かし、雪かきや家事などの複雑な行動をさせる事が出来る。挙句の果てには人形に人形を操らせる事すら出来る。
その為か、『求聞史紀』では魔理沙と稗田阿求に自分で操っていることを疑われている。
八意永琳チルノの台詞から人形には心や魂が宿っているという。

現在は魔法の森の一角に小奇麗な洋館を構える(弾幕アクションでのホームステージもこれ)。
内装も洋風で整えられており、客間には暖炉やソファテーブル等がある。
壁には多くの装飾品が掛けられており窓際には花も飾られている。
とても裕福である事が伺えるが、収入源は明らかではない。三月精での本人談によれば、人形で稼いでいるわけではない模様。
趣味は人形やマジックアイテムの蒐集。勿論その器用さを生かし製作活動もする。
勿論あの暢気な巫女とは顔見知りで、萃夢想でも緋想天でも双方のストーリーで必ず会っているが、大抵どうでもいい理由で弾幕勝負になる。
妖々夢にて彼女等が戦ったのも特に理由はなく、そこに居たから魔法の相手になっただけ。
妖々夢時点で「三度目」の戦いと明記されている。怪綺談3面→怪綺談Ex→妖々夢3面という事だろうか。

蒐集癖があり、魔理沙とはコレクターの同業者であり仲が悪い、とされる。
その記述がある『東方永夜抄』は、人妖でコンビを組んで戦うというコンセプトのため(だから前段階の妖々夢でアリスと紫が出た)、
異変を解決するために魔導書で異変解決に慣れている魔理沙を雇ったギブアンドテイクの関係。
異変解決に声をかける辺り、魔理沙の戦闘能力に関しては認めているようだ。頼る必要がない場合(萃夢想・緋想天)では単独で活動するが。
『地霊殿』の頃には関係も大分改善されたのか険悪さが殆ど無く、なぜかTVゲームの知識を共有していたりする。
『非想天則』で魔理沙に「そろそろ、究極の人形が完成しそうよ。これで森は私の物ね」と言ってたりもする。
同族のパチュリーとは、異変時には知識を求めて訪ねる事がある。
「貴方の図書館は無料のままだよね?このまま本が増えつづけても……」というように異変以外でも時折図書館に行っている様だ。
博麗神社の宴会でも2人は普通に会話をしている。
アリスにとって戦いで相手を圧倒してしまう事は全く楽しくない為、相手より少しだけ上の力に常に抑えて戦う
全力で戦って負けると後がないから、負けたところで本気は出さない。霊夢と似た思考らしい。
戦闘の緊張した空気の中にも心に余裕を持ち、その余裕こそが彼女達の美徳であるとされる。

『萃夢想』で、レミリア・スカーレット西行寺幽々子に会わなかったのを伊吹萃香に指摘された事で強者は避けると解釈されやすい。
あくまで萃香が言ったに過ぎないが、幻視力の存在や古明地さとりを警戒してたり。

『非想天則』では人形と巨大化を組み合わせた全く新しい人形『レベルティターニア』『ゴリアテ人形』を開発していた。
しかし試験中なためか、ゴリアテ人形は一定時間経つと爆発してしまう。スペカとしての実装が望まれるところ。
緋想天で萃香との台詞で「人形の巨大化!インパクトはありそうだから挑戦してみるかなぁ」と言っていたのが前フリだったのだろう。

『文花帖』では神社の裏の木々に頭に蝋燭を立てながら大量の藁人形を打ち付けているところを、三日三晩張り込んだ射命丸文に発見される。
本人曰く呪いの藁人形も研究の一環とのこと。文に発見されても取材を快諾し、また何も無かったかのように作業に戻るなど大して気にしていない風であった。
効果はいまいちだったらしいが、誰に呪いを掛けたのかは不明で、その事を文に問われても話を逸らしていた。 釘とカナヅチを構えて脅しながら
『求聞口授』によれば、丑の刻参りは大して効果の無い呪術で、何れにせよ効果は期待できなかった模様。
他に髪は伸びるわ泣くわやりたい放題のいわくつきの人形も所有しているが、普段はそれらを使った魔法は封印している。

+性格
自称「都会派」などの言動からクールな性格に見られることがあるが、『求聞史記』では「人間への友好度が高く、危険性が低い妖怪」として紹介されている。
また、妖々夢のラフイラストには「ちょっと何考えているか不明」と書かれている。

彼女は魔女になってからまだ日が浅いため妖怪になった今も人間に対して高い理解があり、
食事や睡眠を採るなど(魔法使いはどちらも不要)人間の様な生活を送っているとのこと。
妖怪といっても人間を襲う事はなく、寧ろ魔法の森に迷い込んだ人間に宿を貸したり妖精や妖怪も家に迎え入れる。
実際、寒い冬に暖かい紅茶とお菓子で持て成してくれたりと非常に優しい。
但し三妖精の様に「魔導書を盗みにきた」などと口走ると怒らせてしまう。まあ当然か。

人里の祭りの時には出向いて人形芸を披露する。
萃夢想では森に迷った咲夜に道案内を買って出たり、永夜抄では魔理沙に「気を付けて」等と言っていたり、
三月精でも初対面の妖精に対して「寒くないかしら?」と言ったりと、何かと誰かを気遣う様子がみられる。
また小鳥に人形と一緒に手渡しでお菓子をあげていたりそれを肩に乗せていたりもしていた。
特に異変時の外では温厚な性格がよく見られる。
嘘つきをつつく鷽につつかれていないことから霊夢と同程度には嘘をつかないようで、自分の感情に素直である。

『緋想天』においても、「これもみんなの為だからね」といいながら一生懸命に異変解決に努める一幕もある。

そして彼女は今のところ唯一、
面ボス・Exボス・面中ボス・自機・サポート・書籍・ラスボス・偽者 」で登場している。

+旧作のそこまでよ!アリス

「究極の魔法で、あなたをやっつけてあげるわ!」

アリスはPC-98版最後の作品となる『東方怪綺談』で初登場(マーガトロイド姓は付いていない)。
二つ名は「死の少女」「魔法の国のアリス」。専用BGMは「プラスチックマインド」「the Grimoire of Alice」。
容姿や口調がWin版より幼い為、ファンからは「ロリス」とも呼ばれる。靈夢程ではないが、EDで散々な目に遭っている事で有名。
原作者はアリス・マーガトロイドとは同一人物としており、『妖々夢』では霊夢と旧知の知り合いである事を示唆していたが、
ストーリー的には一切関係が無いとも語っており、旧作の設定がどれだけ残っているかは極めて曖昧。
(紅魔郷から全体の設定を一掃した、設定は基本的に最新作が一番細かく正しいものとも語っている)
3面では2体の人形のようなもの(付属テキストでは「オプション」)を従え、Exでは「Grimoire of Alice」なる魔導書を使い、五色の魔法を駆使した。
「七色の人形遣い」という二つ名はこの頃の名残かもしれない。
妖々夢で「七色魔法莫迦」と霊夢に呼ばれていたが、アリスの二つ名「七色」が具体的に何なのかは不明。
弾アクや地霊殿ではこの呼び名を意識してか七色のショットを撃つようになった。
風見幽香に究極魔法を奪われたかラーニングされたようだが、幽香はWin版で多分使用していない。
現在は常に魔導書を持ち歩いており、それが「Grimoire of Alice」ではないかとファンの間では囁かれているが、実際は何なのか不明。
いつも同一の本なのかも判らない。

「そこまでよ!」は元々は怪綺談三面でアリスが発したのが初。通称「へにょりレーザー」の使い手でもあった。

因みに元ネタは『真・女神転生』シリーズに登場する魔人アリス
上記の「死の少女」という二つ名もこの「魔人アリス」のイメージから来ているのだろう。
EXで本を持っているのは『アシュラブレード』のアリスからとのこと。こちらとはアリスさん姉妹Mr.Kの挑戦状にて共演中。
まさにMUGENならではのコラボレーション(出てるのはWin版アリスだが)。

+二次創作での扱い
本人の性格と行動に矛盾点が目立つ(緋想天時点で「他人に無関心」なのに公式でも他人に親切な描写など)事からツンデレ扱いだったり、
一人で寂しがる友達の居ない孤独キャラだったり。
性格の点をふまえ、二次創作ではアリスは常識人・ツッコミ役・聡明なお姉さんとして描かれる事が多い。
ギャグ方向に走ると、ツンデレ・苦労人・友達が居ない人(IOSYSのアレはコレに近い)。

カップリングの相手は永夜抄や地霊殿で組んだ魔理沙が最も多く、東方百合界隈では現在も尚屈指の人気を誇る。
魔理沙と同じく怪綺談で敵対した霊夢や幽香、同種族のパチュリーや共通点が少なくない咲夜との組み合わせも稀では無い。
恋愛関係まで進展しない作品では、使い魔である上海人形や人形妖怪のメディスンと仲良くしていることも珍しくはない。

それと非常に多い二次創作として、近くにいる人形を上海や蓬莱などと名前を付けて呼ぶ事がある。
だがこの様な描写はやはり公式には無く、上海や蓬莱はアリスのスペルや使い魔の名前でしかなくアリスにとって特別な人形だということも無い。
これはどちらかというとアリスの二次設定というよりは上海人形や蓬莱人形というスペルの名前を借りた人形キャラの創作と言った方が近い状態だろう。

神綺との面識は不明だが、「魔界にあるものは全て私が創った」という発言からアリスの創造主でもあると解釈され、親子関係として扱う作品も多い。
他には、成長を止めて不老長寿を齎す捨虫の魔法を使用した描写が無いことから、人間と同様に老いて死を迎える可能性を示した作品もたまに見受けられる。
戦闘力は人形や神の創造物といったイメージからか理想的なサイズ、また霊夢達に合わせて貧、対照的にやや豊と割と多様である。

久々に魔界が出た星連船に黒幕的+追加曲な非想天則などで魅力が浮き彫りになったからか、第7回人気投票では激戦区で順位が上昇したり、
アレンジされ復活した旧作アリスのExテーマ曲「the Grimoire of Alice」が、脅威の 34 ランクアップし人形裁判を超えた。
これは、魔理沙の恋色マジックアレンジの恋色マスタースパークを除けば旧作BGMでTOPである。

更に第9回のキャラランクでは、妖怪キャラとしては最高順位の 第2位 に輝いた。
ツイッターの出口調査では常に1位を独走していたこともあり、世界1位の座を奪うとも思われたが。
因みに一押し票数では霊夢を抑えて1位だった。


原作での性能

+東方萃夢想』での性能
豊富な設置技を備えたテクニカルキャラ。
中距離における制圧力と起き攻め能力は高いが、攻め込まれるとかなり苦しくなる典型的中距離キャラである。
切り返しに乏しく、相手に一度接近されてしまうと霊撃以外で切り返すのが困難なため、リーチが長いAの先端をひっかけられる距離をキープしつつJA,6AやDBなどの各種通常技をちらつかせながら人形を設置し、相手を追い込んでいくのが基本となる。
そして、一度相手を転ばせれば、アリスの本領発揮となる起き攻めタイム。但し、相手ごとの移動起き上がり距離と時間、モーションの把握とそれに応じた起き攻めの構築など覚えることが多く、敷居は高い為ここで腕前が問われる。
火力そのものは高くも低くもないが、人形を絡めたセットプレイはかなりの火力を誇り、それ故相手の迂闊なスペカ宣言を安全にとがめる能力も高い(スペカなしではトップクラス)。
スペカは起き攻め用、コンボ用と揃っており、自分のプレイスタイルと相手キャラに応じて選択可能で優秀なものが多い。
ランクとしては1論外2よりは強い、中堅団子軍団の一員。但し、その中では下の方。

+東方緋想天』での性能
性能が大きく変化し、設置系キャラとなった。
C射で設置した人形が弾を出した後も設置として機能する。
人形を使ったリーチのある遠A・6A・J6Aが非常に優秀であり生命線。特にJ6Aが優秀。これとB射をからめることにより画面端へ運ぶ能力が高く、C射により削り能力も高い。
ヒット確認がしやすい技ばかりで設置が無くても事故ヒットからも安定してダウンを奪えるし火力もそこそこ。
相手に触れられることなく封殺するのがアリスの基本の戦い方になる。

一方で接近戦は苦手。まず前述の優秀な牽制はいずれも手元に攻撃判定が存在しておらず無敵技もほとんど存在しない。
ガー反、通常技対空、グレイズ攻撃なども乏しい為一度守勢に回るとかなり苦しい。

無敵付きのスペルも2種類しか存在せずいずれもあまり頼れる性能ではない。

更に、射撃の挙動が「設置>射撃」というプロセスを踏むため、必殺技以外で打撃>射撃による連ガが事実上不可能で(事前に設置してあれば可能)、
咲夜のように相手を長時間拘束するのは不得意。

安定した切り返し手段が無い&相手の切り返しを喰らいにくい&起き攻めが強力なため、
低ランクの戦いは敵をハメ殺すか自分がハメ殺されるかの二択になりやすく、触られたらアリスの負けと言われるほど。
総じて上級者向けのキャラでランクは中堅程度と言われるが、理論上最強の声もある。

『緋想天』では性格からか彼女のみコスト5のスペルを所持していないが、
寧ろスペルの確定状況の多さなどから、ゲージ火力は高い方と言われる。但しゲージ効率は悪い。

天候は「雹」、効果は「霊力が強まる程度の天気」
参考動画
Ver1.06でのコンボムービー


A連やDAで披露する通称「蹴リス」は密かに人気があり、蹴リスを極めんとする猛者も稀にいる。
原作者によればヤクザキックらしいのだが、モーションは蹴り上げで実際のものとは異なる。
設定上では体術は

+『東方非想天則』での性能
ver1.03では全体的に下方修正され、前作の強力な固め、瞬発的な割り能力、それらに裏打ちされた事故誘発能力の全てを失った。
また4Aの実装により遠Aを出したい距離でますます近Aモーションが暴発しやすく、
先行入力受付時間の低下により前作では繋がったコンボの難易度上昇など、システム面でも恵まれていない。
いわば本体能力は近~遠距離全てにおいて低下したことになる。

一方でスペカ・スキカは多くが上方修正され、5コストを含む新スペカもそれなりに使える性能であった。
弱体化したとはいえ6A系統の圧力も健在なので、低下した霊力割り能力と火力をスペルで補う立ち回りが必要になるだろう。

ver1.10にて、弱体化しすぎたの反動か強化点が多くなった。
…と思いきや、本体性能とスペル性能を引き上げる代わりにスキル性能を若干低下させた形になっており、3A・C創操等の弱体化もあって、純粋に強化されたかは微妙なところ…という認識。

追加されたカラーが見事に薔薇乙女である。人形つながり?



MUGENにおけるアリス・マーガトロイド

グレイズが普及していないので弾幕キャラとしてもやっていけなくはないが、
システムの都合、懐に潜り込まれると原作以上に辛い為、動画ではタッグ形式で相方を盾にする戦術に活路を見出している。
元々ゲージ依存率が低いので、味方が思う存分ゲージを使えるのも強み。一人残されれば勝機は薄い。

やたらはっちゃけた強さの改変キャラクターが多い のも特徴。
弾幕アクション出身かつ人形操作というバトルスタイルの分、近接格闘をさせるにはスプライトが足りないのが原因か。

原作仕様

+SUI氏製作 萃夢想
  • SUI氏製作 萃夢想
現在は公開されていない。
萃夢想準拠のアリス。以前は祇園城奏貴氏によるアリスと双璧をなしていた。
デフォルトAIは搭載されていない。
+祇園城 奏貴氏製作 萃夢想
  • 祇園城 奏貴氏製作 萃夢想
最終更新日は2011/07/11。氏が引退した現在でも氏のサイトに残されている。
サイトが消滅次第手に入らなくなる可能性があるので、興味のある方はお早めに。
ストーリーモードこそ無いもののその完成度は高く、またデフォルトAIが搭載されている。

流れ者氏による外部AI兼改変パッチが存在したが現在は公開されていない。
苦手とする近距離戦にもかなり対応できるようになり、近~中距離を自在に動くのでタッグでは相方を選ばず万能。
シングルでは、技の特性上ガン攻めタイプが相手だと分が悪いが、駆け引き戦となれば多彩な人形をフル活用する。
AIレベル以外にも設定項目があり全開にすれば強審査もかくやと言うほどの強さになる。
モンゴリ、魔理沙、アレックスに対しては専用AIが搭載されている。

またこのパッチにはユリポエ氏によるモンゴリアンとのタッグ用にイントロ・勝利ポーズを変更する改変パッチが同封されており記述を少し変えてやれば 立ちモーションまでモンゴリにすることができる
なおシングルの勝利ポーズは「さびしい」とのコメントが後を絶たない。
+大会ネタバレ
幻想郷お祭りリーグトーナメントに「ウィッチドール」として霧雨魔理沙とタッグを組んで出場。
コンボのサポート、マリス砲さながらの同時スペルカードなど抜群の連携を見せ、決勝リーグで1位タイ、決定戦に勝利し見事優勝した。
+水影氏製作 緋想天・非想天則
  • 水影氏製作 緋想天・非想天則
現在は非想天則仕様のもののみsekt氏のサイトで代理公開されている。
緋想天・非想天則準拠のアリス。ストーリーモードは未搭載。
利用する場合は最新版を必ず使ってください、との事。

AIは未搭載だが、厨忍氏による外部AIが公開されている。
中距離での立ち回りが上手く的確な行動が強みで、近距離で固められても隙を突いて回避結界→DAからのコンボを決める。器用で自分のペースを作るのが上手いアリスらしい?AIとなっている。
メモ帳など勝手に改行をしてしまうテキストエディタでcnsを開くとエラーを発生する場合があるため注意。

アリス名義のアレンジ系

+チャバネ氏製作 MVC風アレンジ
  • チャバネ氏製作 MVC風アレンジ
氏の他の製作キャラ同様MARVEL VS. CAPCOM風にアレンジされたアリス。
腕を振り回してから殴りかかったり相手を打ち上げて大量の人形にめった刺しにさせたり設置した人形が攻撃判定に代わる技があったりと技もかなりアレンジがされているほかアシストとして魔理沙を呼ぶことができる。
また、ジョジョの奇妙な冒険系のキャラや同氏製作の鈴仙が相手だと、バイトとしてエボニーデビルの人形が出てくる。
デフォルトAIは搭載されていない。
+ネンミン氏製作 アリスドールズ
  • ネンミン氏製作 アリスドールズ
緋想天風アリスのアレンジキャラ。稗田阿求に頼まれて幻想郷を人形で記録するのに協力しているという設定がある。
最大の特徴は「東方キャラの人形を使役し、弾幕を張る」点。
1Pカラーデフォルトでは紅魔郷のキャラ、カラー選択かカードで上書きすることで他作品のキャラ達の人形を使用できる。
設定変更で最初の人形を特定のものにしたり、カラーによらずランダムにしたりできる。
現在の人形群は、神霊廟までの14種類+北斗の拳MELTY BLOODの計16種類とカラー数を越えているので、
カラー選択だけでは全ての人形を扱うことができない。
現在公開されているものは、1Pカラーデフォルトが神霊廟になっている。
もう一つストーリー動画仕様のものがあり、こちらは北斗とMBが無い代わりに、~Restaurant Dolls~アリスさん姉妹の人形が使える。
尚、デフォルトの状態での初期人形はカラーによらずランダム。
作者曰くネタキャラとのことだが、「プリズムリバー3姉妹」や八雲一家の合体攻撃など制作者のこだわりが感じられる。
設定次第ではエルクゥに勝つ事も可能(基本的には負け越す)。
デフォルトでちぃたま氏によるAIが搭載されている。

ひろゆき(笑)氏製作のおかしなパチュリー特殊イントロがある。確かにパチュリーの様子が 何かおかしい。
+Gu氏製作 アレンジ仕様
  • Gu氏製作 アレンジ仕様
現在は公開されていない。
PS2版テイルズオブデスティニー風のシステムを採用している。
チェイン・キャパ(CC)を霊力、ブラストゲージをスペルゲージで代用している。
デフォルトAIが搭載されておりAIレベル、システムカードの設定が可能。
狂以上のキャラと戦わせることは禁止です 」の動画使用制限有り。

改変キャラ

+にんにく氏製作 ポルターガイスト
  • にんにく氏製作 ポルターガイスト
作者曰く、アリスの皮を被ったなにか。ライフゲージとパワーゲージの役割が反対、
攻撃を受ける度に色が変わり特定の攻撃(打撃・射撃・投げのどれか)を1~6Pでは無効化、
更に本体とは別に攻撃してくる血塗れの剣などAI殺しな要素を多く備えている。
その特殊な性能は治まるまで暴れ続ける見えない騒霊の名に相応しいだろう。
尚7~9Pでは色に対応した特定の攻撃のみしか通用しない、10~12Pでは打撃・射撃・投げのどれも無効の極悪モードと化す。
当然論外性能だが、ゲージ技を使うとライフが減るので時間切れまで逃げ切れば判定勝ちは可能。
また、ゲージ溜まって即使用な相手とタッグを組むといつの間にか死んでいたりする(10P以降は除く)。
と言うか、MELTY BLOODキャラと組ませると 相方の強制解放=死の宣告となり、相方のヒート状態が終わった瞬間に死ぬ

※逆にゲジマユ状態を作り出す相手と組むと不死身と化す。
例:ウルトラマグナスとのタッグ(9:00~)

剣と一緒にMMD入り。

+Noobic Cube氏製作 こわれたアリス
  • Noobic Cube氏製作 こわれたアリス
大ポトレがZUN絵風(カットインも)。
常時スーパーアーマー状態なのが大きな特徴。
よって投げキャラには滅法強いが、アーマー殺し技を持つキャラには滅法弱い。
コンフィグでAIレベル(0~11)、アーマーレベル(なし~10)、強化版必殺技のオンオフ等が細かく設定できる。
基本的には緋想天アリスと同じ技を使うが、自分のポスターを投げたり上空からポスターを降らせるなど妙な技を持っている。
更に多くの東方キャラをバイトとして雇っている。
同氏製作のフェアリーチャリオットには逆にバイトとして雇われている。
+キャラ設定。強烈なキャラ崩壊・同性愛・キャラ殺し、アリス死亡ネタ注意
魔理沙の好色ぶりに苦悩した末に精神に異常をきたし、魔理沙を独占するべく周囲の東方キャラを徹底的に叩き潰してしまおうと思い立ったという設定のアリス。
つまるところ ヤンデレ 。レイプ目。
精神が肉体を上回った状態の彼女は、どんなに厚い弾幕を浴びても、どんなに強力な打撃を受けようとも、怯む事はないし、痛みも感じない
+そしてついに…
出会ってしまった…。ランセレさんによって。

2:00のところから
+萃香の夫氏製作 大魔道士アリス
  • 萃香の夫氏製作 大魔道士アリス
小型人形に飽き足らず遂には等身大人形を繰り出すまでに上がった魔法力で今日もmugen界の敵を討つ(説明書より抜粋)
アリスを凶キャラ化したもの。 有り余る魔力で時よ止まれッ!したりリザレクションしたり月を落としたりする。
1HIT攻撃を食らっただけでワープして逃げるので、コンボは通じない。
なお、DisplayNameは"Arch_Mage_Alice"だが、Nameは"ore_no_aijin"。

+Lates氏製作 フィサリス
  • Lates氏製作 フィサリス
Jinny氏によって代理公開されている。
Psyqhical風にアレンジされたアリス。(スペルはPhysalis)黒い。目がヤバイ。
元キャラの技を忠実に再現しており、非常に高い性能を誇る。
同氏の黑魅霊とは対を成すようなキャラ。
10P、12Pカラーでは分身を展開し、11P、12Pカラーではステータス上昇、ゲージ常時回復、被ダメ時以外常時life回復、
更に地上喰らい中に無敵技or全画面技が出せるなど完全に狂キャラレベル。
デフォルトAIが搭載されている。

FLAM氏による改変パッチが存在したが現在は改変キャラ「Physalis_F」として公開されている。
新技、それに伴ったAI、ポトレ等が追加される。
更新でjinny氏提供のドットが追加され、ミッドナイトブリスにも対応するようになった。
DEFも原作Psyqhical再現で300になるので、動画や大会のレベルに応じて調整する事。
こちらは更に、愛茶氏によって処刑BGMパッチが、deception氏によって勝利ポーズ&カットイン&パートナーに駆け寄る追加パッチが公開されている。
紹介動画

+Lates氏製作 ニルヴァーナ
  • Lates氏製作 ニルヴァーナ
フィサリス同様Jinny氏によって代理公開されている。
服の色は白、エフェクトは赤と黒。同氏のフィサリスとはまた違うダークで禍々しいイメージである。
当身と弾幕がメインだが、フィサリスに比べると強さは控えめ。
性能が強化される12PカラーもあるがDefファイルを弄って個別パレットにしないと使えない。
デフォルトAIが搭載されている。
影縫氏によって狂ランクと化す性能強化パッチが公開されていたが現在は入手不可。
+境地氏製作 Dollmaster
  • 境地氏製作 Dollmaster
ランダムに飛び道具をばら撒く人形を自分の周囲に常時6体展開しているアリス。ベホマ持ち。
カラーによる性能差はベホマ回数のみで、強さは全カラー共通で狂下位~狂中位の間くらいとのこと。
デフォルトAIが搭載されている。
+熄癈人氏製作 Nアリス
  • 熄癈人氏製作 Nアリス
5=11Pカラーの「ボスモード」と6=12Pカラーの「神モード」が凶悪なアリス。ボイス搭載。
同氏製作の凶悪キャラCパッチェさんの数少ない友人で、通信会話にも登場している。
Cパッチェさんよりも危ない奴らしく、製作日記でも殺傷力の強化を度々ねだっているのが確認できる。
現在は神最上位クラスの殺傷力を持つ。
デフォルトAIが搭載されている。
+蔚萌氏製作 暴走アリス
蔚萌氏製作 暴走アリス
現在は入手不可。
現実を改変したもの。様々な画像を飛び道具にして攻撃するが、中にはアウアウなものも…
デフォルトAIは搭載されていない。
+sudara13氏製作 極道人形遣い
  • sudara13氏製作 極道人形遣い
強~神キャラ。設定によると自らに掛けた呪文によってゾンビになったらしい。
12Pは親変更の技術を入れた神キャラだが殺傷力が低めなので神上位ぐらい。
デフォルトAIが搭載されている。

+ABAB氏製作 毛利アリス
  • ABAB氏製作 毛利アリス
BASARA風。戦国BASARA X及び本家のアクションゲームである3の毛利元就とアリス本人の要素がミックスされている。
Xの先の手「発」はガード可能になった代わりに敵が踏んだ際に自動で起爆するように。
命じ手「槍」はXの援軍と同じ3種類の軌道で上海人形を放つ技。
3の誘い手「幻」、命じ手「射」、及び5ゲージ技として日輪の光で焼き尽くす終の手「照」が使用可能。
弾き手「壁」を長押しする事で壁を遠距離に設置したり敵を吸い寄せたり出来る為、壁サンドもお手の物。
他、人形を用いた爆破、突撃、レーザーといった本家アリスの技も多数搭載している。

双方のガードブレイクや弾き返し、解放(戦刻ブーストか戦極ドライブ)の選択、BASARA技まで完備。
禁じ手「縛」が2段階タメ可能で使用中は設置した弾き手「壁」が消えない、弾き手「壁」を打撃で動かせる、
呼び出した兵と味方を殴れる 等、本家スタイリッシュアクションの再限度が素晴らしい。

デフォルトAIが搭載されている。
3Dアクションから輸入したことで凶悪化した弾き手「壁」、解放、BASARA技といった多くのAI殺し、及びそれらを使いこなすAIで凶に食い込む。
7P以降の詭計智将モードではステータス上昇やガードブレイク削り量強化、設置時のアーマーにより設置技の発動が遅い弱点が解消される、といった強化が得られる。
氏お馴染みの12Pの金カラーも搭載。

12Pでの長期戦。9:48~
+プレート氏製作 ラビリンス
  • プレート氏製作 ラビリンス
「元はアリスだったが、クトゥルフの事件に巻き込まれて狂人化、変わり果てすぎてもはや別人となった」というもの。詳細な設定は同梱されている説明書を参照。
姿としては三網で不気味な黒い鎧を纏っているおり一部クトゥルフ神話を基にした技も存在する。
デフォルトAIが搭載されている。相手の動きを封殺しつつその隙をつくという戦法をとる。
+にんにく氏製作 チェスピース・ロイヤロイド
  • にんにく氏製作 チェスピース・ロイヤロイド
チェスをモチーフにした改変で、チェスに見立てた14体の人形を従えている。
人形はチェスと同じようにポーン、ルーク、ナイト、ビショップ、クイーンがあってチェスのルール通り動かせる。
人形は一度に1体しか動かせないが、ばらばらに動かし続けて途切れない攻撃をしかける。
本体はキング+クイーンで本体が倒されたら人形も皆倒れる。
本体と全ての人形にハイパーアーマーが搭載されており、2つ以上が一度にダメージを受けると1つ以外の受けたダメージが無効化される仕様。
デフォルトAIが搭載されている。
+soruzin氏製作 ダンタリオンアリス(D_Alice)
  • soruzin氏製作 ダンタリオンアリス(D_Alice)
2013年7月3日にβ版が公開。『テイルズオブデスティニー2』の敵キャラ「ダンタリオン」風にアレンジされている。
原作のジジイボイス(CV:長嶝高士氏)となっているが、イヤな人はボイスOFFにもできる。
デフォルトAIも搭載されており原作を再現した戦法をとる。
原作では弓使い型の手下「セージ」を2人連れ彼女らを前衛にして自分は後方で晶術を放ってくるが、
搭載されているAIもほぼ原作ゲーム通りの戦法を見せる見事な原作再現となっている。
「セージ」役は2体の蓬莱?人形で、デフォルト設定だとイントロで出現しプレイヤー操作だろうが勝手に動く。
再び呼び出すと新たな人形が出現すると同時に元の人形が敵を追尾、敵に接触すると 自爆する 。連続で使えばファンネルミサイルと化す。
個別に食らい判定はあるが倒すことはできないので、本体のアリスへ攻撃を集中させよう。
ただし原作では画面が広い上基本的には4対3で戦うが、MUGENの画面は狭い上に単独で戦うので相当厳しい。
また原作再現で晶術が全て補正無視のガード不能技となっており非常に厄介。
この他、アリス要素としてお供とは別の人形を呼び出し一回だけ攻撃させる「パイアスドール」が使える。

2016年12月の更新で正式版となり上司同僚同様一定時間アーマー化しつつ晶術詠唱がカットされるSB(スピリッツブラスター)が搭載され、
技もシャイニングスピアがプリズムフラッシャからの昇華で出せるようになった上にそれ以外の中級昇華晶術三種も追加など再現度が向上、
またアレンジ要素として空中ダッシュや空中通常技が追加され、
セージ人形呼び出しと自爆が別コマンドになり最高4回まで呼べる(=計 8体 まで出せる)ようになった。
更にオリジナル秘奥義として「魔神降來弓」が追加された。
ロックやカットインはないが自分の背後に縦に並んだ4体の人形を出現させ、
人形の矢でSTGの如き軌道と量の弾幕を撃ちつつ一定間隔で相手狙いの大玉を放つ技となっている。
AIの挙動もより原作に近づいたほか、オプションに開幕人形召喚時の出現数やSBの使用体力、
人形に攻撃が当たった際本体が一定時間無敵化するスイッチなど設定項目が大量に追加された。
翌年3月の更新でバグ修正と共に魔神降來弓の消費ゲージが低下し、
フルゲージまたは瀕死時の魔神降來弓が強化技「真神降來弓」に変化するようになった(消費ゲージは変わらない)。
こちらは人形の数が6体に増加した上交差レーザーが追加、更に魔神では大玉しか飛んでこなかったアリスの後方にも弾幕が放たれる。
+黒巻氏製作 アヴィス・メイガス・ナイト(Abyss'Mega's-Night)
  • 黒巻氏製作 アヴィス・メイガス・ナイト(Abyss'Mega's-Night)
2018年03月17日に初公開。
デフォルトAIが搭載されており、optionスイッチにより推定狂下位上限~狂上位程度のランク変動が可能。
同氏制作のキャラクターは通常技から全てのコマンドに技名が付けられており、見て楽しみ、操作して楽しむこともできるキャラクターとなっている。

紫を基調とした服装、エフェクトが用いられておりイメージカラーもわかりやすい。
アリス改変の中でも特徴的なのはその使用武器である「魔導刃」だろう。
本体ドットと攻撃エフェクトを上手く組み合わせてあり、製作者の苦労と気概が感じられる。
魔導刃で広い範囲を攻撃する一方、堅実なガードで立ち回っていく。

アリス改変とは思えないスピーディーかつアクロバティックなコンボ。
そしてなんと超必殺技に搭載された全てのカットインはrion氏の美麗なオリジナルイラストを使用。
2ゲージ技『B.C インフェルノ』での動き、エフェクトを組み合わせたカットインには一見の価値あり。

生まれつき身体に魔術線という模様があり、体内の魔力が高まると魔術線が薄紫に輝く。
本人は幼い頃から魔術線を気に入っておらず、深く膨大な魔力を持ちつつも出来るだけ魔力を使わないように過ごしている。
種族は魔法使い。その過ごした歳月は100年を超えるとか。


hkwhkw06氏製作のアリスについては、Alice-Rで解説。

その他

+SUI氏製作 スーパーマリサランド仕様
  • SUI氏製作 2頭身アリス
氏の引退に伴うサイト閉鎖により入手不可。
黄昏フロンティア制作の二次創作ゲーム「スーパーマリサランド」仕様。
原作通り踏み付けと魔理沙人形で戦う他、アレンジ技が搭載されている。
デフォルトAIは搭載されていない。
+nomucoke氏製作 紅魔城伝説仕様
  • nomucoke氏製作 紅魔城伝説仕様
2017年3月20日公開。
Frontier Aja制作の二次創作ゲーム「紅魔城伝説 緋色の交響曲」仕様。原作は悪魔城ドラキュラ風味の2Dアクションゲームで、
ゲーム性やドット絵の関係かキャラ自体も小さいが気にすることはない
原作とは異なりプレイヤーが操作できるようにアレンジされているが、元がアクションゲームのCPU専用キャラであるため
多彩な動きはできず、よほど奇特な人でない限りは操作には向かないだろう。氏の他の同作キャラ同様カラーに比例して強化されるが、
特に12P(金カラー)では各種技の性能やステータスが一層強化され、原作難易度ハード以上の弾幕ゲーと化す。
原作の挙動を再現したデフォルトAIが搭載されている。

+ストーリー動画での扱い
他の東方キャラよりも人間らしく、一般的な感覚を持っているように思われるため、
常識人的なポジションや、暴走する他キャラを静止するツッコミ役、騒動に振り回される苦労人をやっている事が多い。
そのためか主役を張る作品も多く、また他の東方キャラと比較すると改変キャラに出番を譲る事が少ない。
前述の通りストーリー動画のネタを搭載したアリスドールズなんてキャラも製作された。
…が、ストーリー動画黎明期に出演したでの役割が あまりにも濃い ので、そういう役割に回される事も少なくない。

出場大会

+...
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み
非表示
アリスドールズ
凍結
ポルターガイスト
こわれたアリス
  • 超えられない前転の壁【タッグトーナメント】( OP
大魔道士アリス
凍結
フィサリス
削除済み
更新停止中
凍結
ニルヴァーナ
ドールマスター
Nアリス
極道人形遣い
毛利アリス
ラビリンス
チェスピース・ロイヤロイド
ダンタリオンアリス

出演ストーリー

+...
Dark Hero(Nアリス)
Determination
DIOの喫茶店
La Jodaso Stiana(邪気眼備えしツンデレ)
Lost_Memoris_Town (Nアリス)
MUGEN'S EVERYDAY'S
MUGEN STORIES INFINITY
MUGEN街の夜雀亭 2nd
~Restaurant Dolls~(主役の一人。ウエイトレス)
S.I.X.-志貴とイングリッドの無限奇譚-
S&S ~ようこそ、古明地探偵事務所~(毛利アリス)
stories(フィサリス)
Tea Party of Witches
Timekeepers
Transfer Avengers(上海人形のうちの一体がコイツ
暁家の悪魔(アリスドールズ、バーンシュタイン家次女)
阿求の旅
アリスさん姉妹(主人公、変態)
アリスさん姉妹・R(〃)
アリスとラオウ(主人公、世紀末覇者の娘
がくえんアリス(主人公、田舎派)
影気ままなストーリー
仮面ライダーMIOMEGA
がんばレイセン!R2
カンフー美鈴の修行
霧雨魔法店
月下の幻想曲
香霖堂夜想曲
こんな緋想天は嫌だ
サイキョー流珍道中
さつきとDIO
すごい漢シリーズ
ストーリー動画対抗戦・無限交差(アリスさん姉妹枠)
大闘領 -Sengoku Legend of the Gainers-
たとえばこんなサプライズ
とある吸血鬼の東方見聞録
豆腐屋 早苗さん(マガトロ博士)
東方一年戦争
中の国
永江一家の正しい過ごし方(ツンデレ+ヤンデレ)
七夜月風
パーフェクトソルジャーは動かない
稗田喫茶物語
百鬼運送業(扱い注意)
楓流メイフィールド
不破師範は今日も逝く
宝石少女とツギハギのカミサマ
北斗六兄妹
暴君の日常(アリス・ニルヴァーナ・フィサリスで三姉妹役)
魔物使いと劇団と。
無限カオス戦記(笑)
無限学園奔走記(主人公その2 Physalis有り)
~ミハエル喫茶店にようこそ~
無限の果てに。
夢幻屋敷にようこそ
無限旅行
名探偵ぱちぇ子
もえるく。(主人公、子育て)
もこや営業中!(博士)
モララー社長
幽香の農業王国物語
ラディッツがMUGENで幻想入り
ロック・魔理沙のキノコに釣られておいでませ夢幻想郷
ロックマンゼロが幻想郷の住人と戦うシリーズ