ボーナスステージ


対戦格闘ゲームにおいて、対戦と対戦の間に挟まれる、ボーナス得点を獲得するための特別ステージの事。

ゲームセンターのゲームには「如何にハイスコアを出し、ネームランキングにその名を連ねるか」の競争がある。
プレイヤーはただゲームをクリアするだけではなく、ハイスコアを獲得するための研究を重ねる事も必要とされ、
またそれがアーケードゲームならではの楽しみ方として、今なお続いている。
(特に、インターネットを利用した全国集計が可能となった現在では、その競争熱は以前よりも高まっているのではないだろうか)
そのスコアを大きく伸ばす、いわばチャンスとしてのボーナスステージが設定されているゲームが色々とあった。

初期の対戦格闘ゲームもその例に漏れず、如何に高得点を出してネームランキングに名前を載せるか、というポイントは残っていた。
その為、高得点を獲得するチャンスであるボーナスステージが設定され、
そこで一気に得点を稼ぎスコアを伸ばすというのも、ゲームの道中では用意されていた。
  • ストリートファイターII』シリーズ:車破壊、樽壊し、ドラム缶破壊
  • 餓狼伝説』シリーズ:ボタン連打による腕相撲や石柱壊し
  • 龍虎の拳』シリーズ:ボーナス獲得と同時に超必殺技伝授や体力・気力アップ
など、様々な形のボーナスゲームが存在し、得点獲得に一役買った。中にはボーナスと呼べるかどうか疑問なものもあったが。

しかし、次第に対戦格闘ゲームは「対戦そのもの」が重要視され、「得点よりも勝ち星を」という意識がプレイヤー達に根付き、
次第にボーナスステージの存在そのものがゲーム展開のテンポを崩してしまう要因の一つとなってしまった。
(このテンポ重視の傾向は、デモや戦闘前・後のセリフのカットなど重要視されていく)

そして『スーパーストリートファイターIIX』や『餓狼伝説スペシャル』といった、ボーナスステージを排除し
完全なる対戦格闘ゲームのツールとして特化する作品が登場した。
それ以降の対戦格闘ゲームにおいては、希に意識してボーナスステージを入れるゲームもあるにはあったが、
対戦を重視するためにボーナスステージは入れない方向で製作するゲームが増える事となった。
ただし、アーケードから家庭版に移植されたものや、アーケードと家庭版が同時に開発進行されていたゲームの場合、
家庭版のみのおまけ要素としてボーナスゲームが追加されるケースもある。

ちなみに普通の操作キャラクターながら動きが鈍重かつ単調、無駄にでかいスーパー・ハイパーアーマー持ち、
そして何より 弱い キャラクターが 通称で「ボーナスステージ」と呼ばれてしまったりする
(『マブカプ』のザンギエフ、『アカツキ電光戦記』の電光戦車等)
なおこの方はそもそもボーナスステージ専用キャラなのでそういう意図はない。
…いやギャラクシーファイトの頃はそうだったかもしれないけど、修行して強くなったんだからねっ!

MUGENにおけるボーナスステージ

MUGENにおいてでは、本来のシステムの柔軟性を利用して、ボーナスステージを再現するデータが製作、配布されている。
また独自のボーナスステージを製作、得点を競うデータもある。
これをメインとして扱う動画もあり、対戦だけではなくこういった楽しみが出来るといった、MUGENの面白さを伝えるファクターとしても機能している。

MUGENで配布されているボーナスステージの例

  • プレイヤーがKOされることのないボーナスステージ
    • 体力鍛錬の行」:大量に現れる雑魚をなぎ倒す
    • 「石柱壊し」:石柱を攻撃して破壊
    • トレインクラッシャー」迫り来る列車を破壊
    • 「演武」:出てくるカカシを斬り(?)倒す
    • ダックハント」:空飛ぶカモをたたき落とす
    • Catwalk」:DDR風ダンスゲーム
    • 「KFM無双」:KFMをなぎ倒し、ポケットファイターのジェムを回収
    • Break the targets」:ステージ内を移動するターゲットを30秒間で何個壊せるか競う
    • car」:用意された車を破壊する
    • ブロックボーナス」:積み上げられたブロックの塊を壊す
  • プレイヤーがKOされる恐れがあるボーナスステージ(いわば死亡遊戯)
    • 真・三國無双」:複数登場する雑魚兵を倒していく。
    • 「エイリアン無双」:エイリアンクイーンを上手く捌きながら、雑魚エイリアンを倒す
    • 「サルタバルタ無双」:『ファイナルファンタジーXI』の敵モンスターをなぎ倒す
    • 「ボーナスカンフーマン」:一度に3人出現するKFMを倒し続ける(ただし一定数倒すごとにMPKFMが出現)
    • Super Mario Bros Stage 1-1」:FC版スーパーマリオブラザーズのステージを模したステージ
    • 「バイオハザード」:『マブカプ2』でジルの必殺技に登場したゾンビやケルベロス、そして最終的にタイラントを倒す
    • 「ROモンスター」:『ラグナロクオンライン』の敵モンスターをなぎ倒す。最初はポリンやスポアなどの低レベルモンスターだが、30体倒すごとにランクが上がっていく。
    • 自衛隊」:怪獣になった気分で戦車や戦闘機を攻撃し、制限時間内の撃墜数を競う。ゴジラ映画に登場した超兵器、スーパーXが最後に出現し、これを倒すとクリア。
    • にょき」:カルノフを倒して出てくるハートを5個集め、最後に登場する握り拳のボスを倒す。


添付ファイル