ダッチ・シェーファー


「やってくれるぜ!」

キャラクター設定

カプコン製傑作ベルトアクション『エイリアンvsプレデター』のプレイヤーキャラの1人。
階級は少佐(Major)で、英語表記は「Maj.D.Schaefer」。
異星生物との戦闘を目的に改造手術を受けたサイボーグで、武器戦闘のエキスパート。
第二次エイリアン掃討作戦の際に右腕を欠損したため、二度と武器を失わないよう銃と一体化した義手を装着している。
その性格は、海外版では見た目通りの セクシー コマンドーだが
日本語版ではエイリアンクィーン相手に恐怖でふるえが止まらなかったり、使い捨てられる兵士に同情したりと、そこはかとない人間味が加えられている。
愛称は「少佐」「シュワちゃん」など。

映画『プレデター』の主人公であるダッチ・シェーファー少佐とは同姓同名であり外見も主演の某州知事を思わせるが、 大人の事情 により設定上は別人。
簡単に言うと、カプコンが版権元のダークホース社に内緒で州知事化しちゃったせいで揉めたから。
余談ながら、ゲーム自体も色々大人の事情がこじれすぎてしまい、作品としては国内外で大ヒットしたにもかかわらず
続編も作られなければコンシューマー移植も不可能な代物であったりする


+ 原作での性能

MUGENにおけるダッチ・シェーファー

4人の少佐が存在する。
+ Mouser氏製
+ ですからー氏製
+ sergeus氏製
+ Cerenas氏製

ニコニコでは

ニコMUGENではまだまだ活躍の場は少ないが、少佐があらゆる動画でジョン・メイトリクスばりに大暴れする日も近いであろう。

+ 「メイトリクスって誰なの?教えて頂戴!」⇒ 「このMUGEN動画で教えてやる」

出場大会

削除済み

出演ストーリー



  |ヽ、__________________________
  |.
~|〇  プレデターに、勝てますように 
  |                           ダッチ・シェーファー                   
  ヽ.
.    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
+ 力こぶれ、肉密度1000%!!!

「くらえッ! この☆£@◎野郎ッ!」

*1
通常攻撃の〆やダッシュやハンマーナックルの硬直をキャンセルしたり、寝ている相手に当てて画面端まで運送or無理矢理引き起こしたり
設置するようにバラまいておき6面ボスのマッドプレデターをハメ殺したり等、飛び道具だと思わなければ幅広い使い道がある。

*2
『エイリアンvsプレデター』の残機設定はデフォルトだと「初期残機0、10万点1エクステンドオンリー」だが
ハイスコア集計を意識していない大抵のゲーセンでは「初期残機1、40万点ごと1エクステンド」のEASY設定で稼働していた。
この設定ならクイーン戦までノーミスだと残機は6~7機になり、いくら少佐でも残機潰しすれば余裕で勝てる。
このゲームにおける「ワンコインクリア」とは、あくまでデフォルトに準じた「1ミス以内でクリア」の意味である。

*3
ニコニコのコメントでは「少佐はゲーメストですら攻略を諦めた」と噂する声もあるようだが、決してそんな事はない。
ちゃんとノーミス攻略に成功しており、クイーン戦パターンも掲載されている。
その内容を要約すると
「クイーンが画面外攻撃を出したら画面右端で待ち、復帰するところをメガクラッシュで回避。
 このときクイーンが運良く左向きならちょうど処理の関係でハマって動けなくなるので殴り倒す」
となる。とはいえこの記事、「運」「重なることができなかったら、それはあきらめるしかないだろう」ともあり、厳しい事には変わりない。
これを踏まえた上で動画を見ると、高機動型少佐達の凄まじさがより味わえるだろう。