リン・クロサワ


「虎影脚!」

カプコン製傑作ベルトアクション『エイリアンvsプレデター』のプレイヤーキャラの1人。
異星生物との戦闘を目的に改造手術を受けたサイボーグで、宇宙海兵隊第13独立部隊のリーダー。
東洋古武術を身につけており、攻撃に「気」のパワーを付加することで強大な戦闘力を発揮する。
腰に帯びたサムライソードは彼女の「タマシイ」である。
そう、彼女はサムライであって、ニンジャでもストライダーでもないのだ。そこを勘違いしてはいけない。
階級は中尉(First Lieutenant)で、英語表記は「Lt.Linn Kurosawa」。

カプコンオリジナルキャラで人気も根強いのだが、 大人の事情 により他のカプコン作品に表立って登場できない宿命にある。
簡単に言うと、契約のゴタゴタで『エイプレ』の版権元であるダークホース社に権利持ってかれちゃったから。
それでもストZERO2のケンステージやストIIIの温泉ステージにこっそり出演していたり
ナムカプシルフィーが一瞬だけ化けたりしているが
タテマエ上いずれも無関係の別人であると言わざるを得ない状況である。
ちなみに、キャミィが出演しているアクションシューティング『ガンスパイク』のキャラ「シモーヌ」は、彼女のリメイクキャラだという。

+ 原作での性能


MUGENにおけるリン・クロサワ

3人のリンが存在。
+ Tin氏製
+ Falchion22氏製
+ sergeus氏製

あと余談ながら、竜子2ndがウルスラを召喚した時の「いくぞぉ!」は、リンのコンティニュー時ボイスのもの。


ニコニコではいくつかの大会に参加しているが、専用AIがないことから
あまり見せ場のないまま敗退することが多かった。
が、2009年5月15日、プレデターのAIで知られるガンホール氏によって、ついに念願のTin氏リン用AIが製作された。
ハンドガンとディスクを主体とした立ち回りと、超反応メガクラッシュが特徴で、飛び道具へのガードが甘いキャラでは手も足も出ない。
生まれ変わった強いリン・クロサワの今後に期待しよう。

参考動画

+  大会ネタバレ


出場大会


視聴に難あり

出演ストーリー


「やっぱり こういう時はなぐるにかぎるのよね」