カブキ団十郎


「どけ どけ どけ どけ どけ
 どけ どけ どけ どけ どけ どけーい!!
 ジパング一の伊達男!
 カブキ団十郎様の お通りだーい!
 小汚い 田舎者は 恥ずかしそうに 道の端っこ 歩きやがれ!!」
 年齢 19才
 出生地 不明
 血液型 B型
 身長 176cm
 体重 63.5㎏
 CV

ハドソンの人気RPG『天外魔境』シリーズの登場人物。
1992年の二作目『天外魔境 卍MARU』から登場している、主人公パーティーの一人。
さらに、あまりにもキャラが立っていたせいか、三作目『天外魔境 風雲カブキ伝』では主人公に抜擢
また、同作の格闘ゲーム版である『カブキ一刀涼談』、および『天外魔境 真伝』にも登場している。
『天外魔境ZERO』では各国の瓦版屋とお祭りを仕切るカブキ一族というそっくりさんたちがたくさんいる。
ZEROは他のシリーズとはパラレル世界なので血縁関係ということはないはずである。
実写版のオリジナルドラマやZEROのミュージカルでは俳優の石渡譲が演じている。

ジパングにおける「火の一族」の末裔であり、ヘビ仙人の下で修行を積んでいる。
兄弟子に、一作目『天外魔境 ZIRIA』で主人公パーティーの一員だったオロチ丸を持つ。
性格は極めて快楽主義的で喝采願望持ち。そして好色。
「火の一族に産まれてこの方それで得したことなんざ一度もねえ」 と、
「根の一族」と戦うべき「火の一族」の使命などまったく歯牙にもかけず、世の混乱を好機とばかりに目立ちまくって名を上げようと、ただ自分の夢を叶えることにのみ力を使おうとする。
自分より目立つものが現れると対抗心を燃やして頭に血が上り周りが見えなくなるのが弱点で、敵にそこを衝かれ、卍丸を出し抜こうと単独行動をとってまんまと捕らえられたことも。
その反省から武者修行の旅に出て、兄弟子大蛇丸から巻物を借りたりして数ヵ月後卍丸たちが絶体絶命の危機に陥ったところで颯爽と登場し窮地を救い、ようやくパーティーに再加入する。
「海が呼ぶ!」「風が呼ぶ!」「女が呼ぶ!」
「ジパング一の伊達男!
  “新”カブキ団十郎様たぁ俺のことでぇーぃ!」
ちなみに、彼の夢は「ジパング一の伊達男になること」だそうである。
その心意気を示す背中に背負った「天下一」の旗は命の次に大切な宝物であり、風呂に入るときでも外さない。
「自分を斬るのはいいが、間違っても衣装には傷をつけるな」と言うほど“粋”を通す生粋の伊達男。

『天外魔境 風雲カブキ伝』では、京の北座で歌舞伎役者をやっている。一日で五千両も稼ぐ文字通りの千両役者で、まさに天職と言うべきか。どう見ても歌舞伎じゃないけど
デーモン教(ジパングでは大門教と称される)退治のためはるか遠くロンドンまで船で向かうも、道中補給のために様々な国の港に立ち寄ったので、そのたびに女性と関係をもっている。

後日談のドラマCDでは今度はアメリカ大陸へと渡った。

そんなこともあってセガサターンで発売された、アメリカ大陸が舞台の『第四の黙示録』では、変装しないと臆病なところと常識人的な感覚以外は彼と性格がそっくりな子孫が登場している。
現在ではPSPでも発売されている&そちらの方がシナリオ上の活躍が多いので、興味のある方はやってみるといいだろう。

カブキ固有の特技である「秘芸」や専用の術は自分に敵の攻撃を集中させる「悪態」や、逆に相手の攻撃対象から外れる「黒子」など、性格に反して仲間の術や特技と組み合わせることで効果を発揮する地味な戦略的な補助系統のものが多い。
逆に攻撃系の術には「氷刃」「凍竜」「花嵐」など性格を反映した、強力で派手な技が多い。

『風雲カブキ伝』のメインテーマは『開運! なんでも鑑定団』などTV番組でよく使われるので聴いたことがある人は多いはず。
また、ラスボスのテーマソング(後述)は『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円!!』のイライラ棒のテーマとしてお馴染みである。
TV番組で使われたゲーム音楽としての知名度は白夜のフィヨルドに匹敵するかもしれない。

ウソみたいだろ…93年発売のゲーム中で実際に流れる音楽なんだぜこれ…

『カブキ伝』最大の特徴として、ボスキャラが戦闘前に自分のテーマソングをアニメーションムービー付きで歌うというミュージカル演出が挙げられる。
中にはリクエストするとそれに応えて3番まで歌ってくれるボスもいる。
もちろん、ラスボスである魔王もノリノリで美声を披露してくれる。
なんなんだアンタら
ボスの声優はそれぞれ永井一郎松本保典神谷小杉十郎という豪華さ。無論、歌唱力も抜群である。
このミュージカル演出は後に『サクラ大戦』シリーズに繋がることになる。

+...
「てめーっ!! ふざけんなよ!
 あんたには 子供を誘拐された 親の気持ちってのが わかんねえのかっ!?
あんただって女だろ!! 母親になるんだろ!! 子供を 産むんだろ!!」

ジパング一の伊達男を自称するだけあり、黙っていれば凛々しい顔立ちの男前なので「カブキ様」と呼ばれとんでもなくモテる。
各地で幼女から熟女・老婆までも甘い言葉で口説き落とす徹底ぶり。
一度口説いた女性には年賀状を送るというアフターケアを欠かさない意外なマメさも持ち合わせている。
自分を捕えた敵がかなりの美女だったので「このまま殺されてもいいか」と考えるなど、女絡みなら躊躇いなく命を投げ捨てる。
そんなカブキの女グセが悪い理由には、幼いころに母親から捨てられたという生い立ちが大きく影響しているらしい。
「火の一族に産まれて得したことがない」というのも、捨てられた理由に関係しているのかもしれない。
ゲーム中で母親と再会するイベントが用意されるはずだったがカットされ、それを匂わせる描写もなくなっているが、
『風雲カブキ伝』では子供をさらっていた女性に激怒する場面があり、
また、阿国の気の強さを「俺は男に負けるような女が一番嫌いなんだ」と好感を持ったり、カブキの女性・母親という存在に対する尊敬と憧れが伺える。
これらを抜きにしても『II』の終盤で根の一族への怒りを吐露し、エンディングで「火の一族に生まれてよかった」とまで言い切ったり、
『風雲カブキ伝』で仲間の死に涙し、「友達だ」という言葉を口にした辺り、彼も仲間たちを愛し、仲間たちと一緒に戦いの中で成長していったことが伺える。




……せ、成長したはずである。

『天外魔境電脳絡操格闘伝』の戦闘アニメは派手で人を小ばかにしたカブキらしい演出が見ていて楽しい。。


『天外魔境 真伝』では、突進技「カブキ閃風弾」や対空技「カブキ羅砕刃」を備えたオーソドックスなキャラクター。
ただ、歩いたりダッシュしたり、放つ必殺技の演出が非常に派手。
リーチもあるが、技の隙が大きめな傾向がある。
原作の設定を反映した仕様になっている。

+勝利メッセージ
卍丸
オレ様に勝とうなんざ
カニの縦歩きほどムチャなことよ!

極楽
老いたな極楽!年だよ、年!!
千年も生きてりゃ、ジジイだよな!

綱手
おそろしく力のある女だな……
女は、おしとやかが一番だぜ!

大蛇丸
久しぶりに戦ってみたけどよ
手応えねぇぜ!兄弟子さんよ!

八雲
こいつ、阿国にそっくりだけど
まっ、他人のそら似ってとこか!

対自来也
てめぇみたいな田舎もんに
オレ様が負けるわけがねぇんだよ!

対カブキ
オレ様みてぇな二枚目は
この世に二人といらねぇんだよ!


絹はちっとも悪くねぇぜ
ダメなのは、しつけの悪い犬の方さ

マントー
マントーよ、オレ様には わかるぜ
お前は、本物のバカだって事がよ

対カラクリ
ったく、無愛想なヤツだぜ
粗大ゴミはすてっちまえてんでぃ!

邪神斎
オレ様を、そんなまやかしで
煙にまこうなんざ一万年早えぜ!

対ルシフェラー
てめぇみてぇな醜い化け物は
最後にやられるのがオチなのさ!

MUGENでは

死門氏によって制作されたカブキ団十郎が存在する。
二枚目な兄弟子同様あまり見かけない。原作の知名度のせいだと思われる。
AIは蓬莱氏のものとおまけの人氏のものが存在。
前者は現在公開されていないが、動画ではよく見かけるのがこのAI。
隙が大きく差し込まれやすいが、高火力とリーチでカバーする。
後者は高性能な技、カブキ閃風弾などを連発する、いつものおまけ氏仕様AI。
強さはこちらがかなり上だが多彩な動きはあまり無いとも言える。

「なあ 卍丸よぉ…
     俺は 火の一族に生まれて…
       …よかったぜ!」

出場大会

更新停止中
削除済み