霊烏路空


「地上に降り注ぐ太陽の光。それは新しい原子を創る核融合の熱。
究極の核融合で身も心も幽霊も妖精も、フュージョンし尽くすがいい!」

『東方Project』の登場キャラ。初出は『東方地霊殿』のラスボス
核融合*1を操る程度の能力」を持つ地獄鴉の少女。
名前の読みは「れいうじ うつほ」。霊烏路の烏は「鳥(とり)」ではなくて「(からす)」なので注意。

劇中での通称は「おくう」、『ダブルスポイラー』では射命丸文が「お空さん」と呼んでおり、
ファンの愛称は「お空」や、バカっぽくて特に可愛らしいという意味合いで下記の「うにゅ」+「うつほ」から「うにゅほ」など。
二つ名は「熱かい悩む神の火」。専用BGMは「霊知の太陽信仰 ~ Nuclear Fusion」。

「そこんとこ、どうなんだ?」

「うにゅ?」

+ 詳細な説明

+ 二次創作での扱い


格闘ゲームでの霊烏路空

東方緋想天』のアぺンドディスク『非想天則』にて追加キャラとして登場。
驚きなのはマントの裏地で、宇宙や電子が動く凝った描写である。*3
自身のストーリーこそないが他のキャラのストーリーに出た際や勝利台詞等で鳥頭っぷりを遺憾なく発揮。
「メガフレア」をはじめ、原作のスペカが数多く搭載されている。

+ 『東方非想天則』での性能詳細


MUGENにおける霊烏路空

『非想天則』発表以前にも手描きで製作されていた他、アクションゲームの『魔理沙と6つのキノコ』の画像を使用したキャラも存在する。
非想天則ドットが使用されてる空は意外と少ないが、これは空のドッターが自分のドットをMUGENで使用されることに難色を示した為。
そういった事情もあってか現在のところ、非想天則再現の空はいない。

手描きドット

+ キャベツ太郎氏製作 緋想天風
+ 青梨氏製作 非想天則風
+ 愛茶氏製作 太陽神マリーナ
+ BIYO氏製作 萃夢想風
+ 極楽主義者氏製作 太陽神
+ BIYO氏製作 緋想天風
+ エトワール氏製作 アカツキ電光戦記仕様

非想天則ドット

+ Kohaku氏製作 格ゲーアレンジ
+ fhqwhgads7氏製作 萃夢想風
+ humi氏 聖帝空
+ にんにく氏製作 鳥座U235星
+ soruzin氏製作 マグナディウエス空
+ ルフトゲルング氏製作 ロックマンXっぽいお空

その他

+ mapelao氏製作 原作STG風
+ Murdertroyd氏製作 魔理沙と6つのキノコドット

十得制御棒うにゅほについては当該項目を参照。

動画では核を扱うということでゴジラと共演したり、太陽繋がりで毛利元就と組んだりしている。
ストーリーでは彼女に付いてくる形でお燐やさとり、古明地こいしが出演しているケースも。

「貴方も私とフュージョンしましょ?」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧

プレイヤー操作



関連項目: 東方Projectのキャラクター一覧


*1
「核」と聞いて思い浮かぶのは核兵器や原子力発電だろうが、これらは「核分裂」のエネルギーを利用したもので、
原子核の反応によるエネルギーを利用する点以外は「核融合」とは全く別の技術。
空の「核融合を操る程度の能力」とは、その夢の技術である核融合を行う(八咫烏の)力。
しかも霊夢や早苗が(暑いとは言っているものの)彼女の近くや炉の中で平気でいるところを見るに、
常温常圧で行っている可能性が高い。放射線も全く出てないっぽい。この辺は幻想郷だからとしか。

*2
本来の意味の「制御棒」とは、原子力発電に必要な装置である。
中性子を吸収する物質でできており、これを燃料の間に抜き差しして中性子の量を調整することで核 分裂 の速度を変える為の部品で、
緊急時には押し込むことで反応を停止させる安全装置の働きもある。
本文のように核融合では中性子のやりとりによる連鎖反応がないため根本的に暴走が起こらず、
本来制御棒は必要ない (炉の破損が起きると温度や圧力が下がるため、勝手に反応が止まる)。
また燃料棒は核燃料の塊だが、これも気体または液体である水素を利用する核融合には無用の筈である。
にもかかわらず空の腕にこれらが装備されているのは足の数合わせなのか、それとももしかして柱をぶっぱなす方の神様の趣味なのか…
まあ「分解の足」とかも持ってるし、核分裂も使えるのかもしれないが。

*3
詳細は不明だがマントを透過させた裏に別途表示している物と思われる。
しかし、あまりに力を入れすぎたため低スペックキラー的な意味で最凶となってしまう。
後にパッチで簡易描画が可能になったが、無地マントとなる為低スペックPCは結局哀しみを背負う事になった。

*4
レミリアが前ダッシュによって立ち状態を飛び越えられない唯一のキャラ。
これのお陰で対レミリア戦では「立っている限りダッシュ攻撃でめくられる事が無い」と言う
地味な防御面での利点になっている。

*5
通常モード・理論上最強モードのどちらでも試合開始時の必殺技の種類・レベルを設定変更できる。
更に1P側と2P側でも個別に調整可能で、 デフォルトでは1P2Pの開始時使用可能な必殺技が異なる
動画使用の際にはデッキの編集と併せて留意しておこう。
(「初期スキル選択」欄で1P2Pの必殺技を揃える・一部東方キャラと足並みを揃える為にレベルを最大の4に設定する等)

*6
お空以前のキャベツ太郎氏のキャラにも搭載されているが、
スペカの数が神奈子が5枚、メディが4枚なのに対し空はなんと 9枚。
これは、空のスペカを攻略した際に原作ゲームの様に[P]アイテムが放出され、対戦中に体力回復が可能な為。
原作風だからって、紙STGキャラで回収しに行くとピチューンされてしまうので注意。
難易度は高めだが、腕に自信のある方は挑んでみてはいかがだろうか。

*7
黄昏フロンティア製作の『スーパーマリオワールド』風アクションゲーム。正式タイトルは『魔理沙と6つのキノコ~New SuperMarisaLand~』。
空は「地獄跡」の最終ステージである「地底都市最深部」で魔理沙を待ち受ける。
『ヨッシーアイランド』の「ビッグキューちゃん」を思わせるデザインとなっているため、「ビッグお⑨ちゃん」などと呼ばれることも。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11887253