霧島翔

格闘スタイル: キリシマアーツ
出身地: JAPAN
誕生日: 4月27日(19歳)
身長: 180cm
体重: 74kg
血液型: B型
趣味: 切手収集、少女マンガ読破
得意スポーツ: キックベース
好きな食べ物:
   ケチャップで自分の名前の入ったオムレツ
大切なもの:バイク(名前「トルネード」)、
      仲間、強い技(自分の)
嫌いなもの: 待ち投げ、強い技(ヒトの)

「てめぇ……俺のバイクに何しやがんだ!!」

THE KING OF FIGHTERS』の登場人物。
負けん気が強く涙もろい性格の、自称「健康優良不良少年」。可愛い女の子にはとことん弱い。
暴走族のヘッドであり、自分のバイクに「トルネード」という名前をつけている
自分の所属していた暴走族のチームが神楽ちづるとのレースに負けて解散してしまった過去があり、彼女とは因縁がある。

と、設定が数行で大体済んでしまうただの脇役にも見えるが、
何を隠そう、彼こそあの草薙京の開発段階での姿なのである。
……つまるところボツキャラなので、脇役どころではないということでもある。
ちなみにその以前は「良牙」という名前だった。
彼が主人公のままKOFが完成したらどういう作品になっていたのかは気になるところ。

そんなボツキャラとして闇に埋もれていくはずだった彼だが、'99の移植版においてストライカー専用のキャラとして登場。
続く2000でも京のアナザーストライカーとして登場し、その名をKOFプレイヤーに知らしめた(?)。
しかしそれ以降はMIで京のコスに彼のものがあったくらいで本人には音沙汰が無い。
京のコンパチとしても真吾が早期から存在しているのもあるし、
さすがに設定的に絡むところもほとんどないのにプレイヤーキャラとして参加するのは難しかったのだろうか。
というか別に出す理由もなかったのだろうか。
ストライカー限定キャラの中では知名度が高い方なのは間違いないのだが…

なお、ストライカー出演時のCVはKUSANAGIと同じ岩田光央。
そもそも、声優を含めた各種設定が『AKIRA』の主人公・金田のリスペクトなので
後にKUSANAGIとK9999との絡みが出来たのはSNK的に自然な流れであったのだろう。

ちなみに、'99では ロマンチックキリシマコンビネーション (二種類あり、もう一つは デンジャラストルネード )、
2000では セクシャル・キリシマ・ダイナマイト(リメンバーKOF) (※「(リメンバーKOF)」まで技名)
などという、とてもダサいぶっ飛んだ技名の持ち主でもある。
このセンスは レインボー・エネルギー・ダイナマイト・キック (R.E.D.KicK)としてしっかりと京に受け継がれている。
つまりいつ ロマンチッククサナギコンビネーション が出てもおかしくない……と考えると恐ろしい話である。
とか言ってたらKUSANAGIが『 千九百九拾九式・霧焔 』という技をやってしまった(技モーションもロマンチックキリシマコンビネーションとほぼ同じ)。

ストライカー専用のキャラではあるが、原作での性能は…
'99EVOではJUSTICEDARKが存在し、どちらもネオポケ専用ソフト『バトルDEパラダイス』と連動する事で
初めて解禁される『隠しキャラの中の隠しキャラ』という位置づけだった(ちなみに同時に解禁される天童凱も同じポジションだった)。
JUSTICE版のロマンチックキリシマコンビネーションは、斜め後方の空中から突進しヒットすれば連続攻撃を仕掛ける。
やや発生が遅いが、ヒット中追い討ちが可能で拘束時間もそれなりにある為、ヒットすれば大ダメージが狙えるものとなっている。
斜め後方から突進するので潰されにくく、割り込みに使えなくも無い。
ちなみに前述の霧焔のモーションは完全にコレ。どこかで霧島の遺伝子が混じってしまったんだろうか。具体的には 声辺りで。
突進が外れると「こっち来て勝負しやがれェ!」と逆切れしつつ、こちらのゲージを増加させる応援をする。 ……応援?

そしてDARK版のデンジャラストルネードはまさに凶悪の一言。
画面外から自前のバイク「トルネード」で突っ込み、乗り捨てながらバイクを爆散させて攻撃するものだが、
発生が早い、追い討ち可能、ヒット時はきりもみ吹っ飛び、 ガード不能 画面半分はある巨大判定
状況を問わず 相手のゲージを丸々3本近く減らす 挑発をする(ちなみに99のゲージは 一律MAX3本 である)など、
隠しキャラである事やDARKである事(DARKは軒並みJUSTICEより高性能)、
そして主人公補正である事を考慮しても異常なほどぶっ飛んだ性能となっていた。
特に判定の強さがすさまじく、クリザリッドのテュホン・レイジですら易々と貫通できる。・・・・すごいバイクだ。
さらにその判定ゆえ潰す事も難しく、そもそもバイクから降りるまで霧島は 完全無敵 なので適当にぶっ放しても
挑発まできっちり入ってしまう。つまり、いくら攻めていても
「ストライカーを呼ばれるだけで切り返され、逆に攻め込まれ、ついでにゲージがすっからかんにされる」という状況に、
ストライカーボムさえあればいつでも陥る可能性があることになる。
挑発の台詞は「てめェ、俺のバイクに何しやがる!!」。当たり前のように逆切れである。
「てめェこそこっちのゲージに何しやがる」と言わざるを得ない
また突っ込んでくるときに「トルネィド!!」と叫ぶが、どう聞いてもの台詞である。『ィ』の発音まで似せている事から、
また旧SNKのが出たと思われる。
ちなみにこのバイク、クリザリッド戦前後のデモでも乗り回している(4人並んでるカットでは後ろに駐輪)。
無論基地の自爆で逃げるときも乗っている。一人だけずるいぞ。

間違いなくバランスブレイカーなストライカーであり、本作最強のストライカーといっても過言ではない。
これが家庭用でなかったら'99は2000以上の世紀末になっていただろう事は想像に難くない。 元から不人気とか言うな。
いくらなんでもこの性能はないと思うのだが…スタッフの愛ゆえの暴走なのだろうか。
2000ではJUSTICEの調整版といったところ。ヒット中の拘束時間が短くなったが、ダウン中の相手にも当たるようになった。

余談だがその出自のせいか、デラレーズのネタを広めていた漫画家により デラレーズの総元締め としてネタにされた。
(参考:火の玉KOF2000コミックアンソロジー)
「背景どころか没キャラで全ての出番を草薙京に奪われたのヨヨヨ」という事で総元締めらしい。
漫画内でもその出自のせいかデラレーズの殆どに知られていなかったようで、ダックD!は総元締めがいる事すら知らず、
藤堂も電話で連絡はしてたが姿は全く見ていないという状態だった。
このネタ自体もあまり知名度は高くないが、これの為に同じデラレーズとして認知している人もそこそこいる。

ちなみに最近はモバゲー『THE KING OF FIGHTERS』バトルフェスタの
大会の雑魚敵キャラの一人として出演している。
霧島自体は第8回大会(章)から登場しているが、戦えるのは第17回大会の準決勝からである。





「俺の拳が真っ赤に燃えるぅ!!」


MUGENにおける霧島翔

  • アフロン氏製作
ストライカー専門である以上、MUGENでは……と思いきや、アフロン氏が単体のキャラクターとして作成。
各種モーションは京やシェン・ウーの改変などで補完されており、ボイスは声優繋がりでKUSANAGIやショーンのボイスが使われている。
システムは普通にKOF系で、飛び道具のない近接特化型キャラクターとなっている。
鳶影氏、ヅァギ氏らのAIも存在するので、ニコニコMUGEN界にキリシマ時代が到来する日も遠くはない……かも。
格好や配色が似ており、シェンの改変同士なせいか、キワミに間違えられることがある。

+ 技解説

  • 斑鳩氏製作
また、2012年10月29日に斑鳩氏による改変版が公開された。
氏のKOFキャラと同じ仕様でおなじみのAIレベル・反応速度を調整可能なAIも搭載済み。
バイクが壊れなくなったため「俺のバイクに何しやがんだ!」が発動できなくなったが、
超必殺技(4)がNEO MAX超必殺技となり必要ゲージ本数と威力が上昇した。
なお、現在は公開を停止している。

  • hork氏製作
システムとして『KOF'99』をベースに、何故か『 スーパーロボット大戦 』の「精神コマンド」
まで搭載した一風変わったアレンジキャラ。
実装されている技も草薙京(と何故かテリー・ボガード)のアレンジ技が殆ど。
何度かの更新を経てH.A.L.L.氏による優秀なAIがデフォルト搭載され、かなりの強さ。
別府氏のサイトで代理公開されている。


「こっち来て勝負しやがれぇ!」


出場大会

削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー