Mr.ゲーム&ウォッチ


「いつでもG&W♪どこでもG&W♪だれでもG&W♪」

+ 当時のCM

1980~91年に任天堂から発売され大ヒットした時計機能付き携帯型液晶ゲーム『ゲーム&ウオッチ』の登場人物。
当時は操作キャラからモブまで全部この「黒い人」だった為、「キャラクター」と呼べるまでの個性は無かった。

1980年4月28日に発売されたシリーズ第1作「BALL(ボール)」でデビュー。
プレイヤーはこの「黒い人」を操り、それぞれのゲームで任務を遂行。3回(ゲームによって違う)ミスするまでに何点稼げるか競うスコア型ゲーム。
「ファイア」「パラシュート」等の救助、宝探しの「オクトパス」の様なゲームの王道から、 漏れ出すオイルが引火しないようにバケツで受け止める 「オイルパニック」、脱走しようとするライオンと イスで戦う 「ライオン」、 ハンマーで殴り合う 「ジャッジ」など危機的状況も多い苦労人。
ワイドスクリーン・マルチスクリーン等のシリーズも続々発売され大ヒット。
国内での発売が終了した後も海外でシリーズ化され、最後に発売されたのは第1作「ボール」をマリオでアレンジした「マリオジャグラー」。

元祖であるゲーム&ウオッチ「ボール」の発売年月日は1980年4月28日なのだが、 現在も登場し会社が現存するゲームキャラとしては彼の先輩は事実上存在しない
同じくらい古いキャラだと、辛うじてアーケード版パックマンが同年5月22日に誕生しているくらいのものである。
さらに言うならば今では任天堂を代表するマリオは1981年のAC版ドンキーコングがデビュー作なので、ゲムヲやパックマンの後輩にあたる。
昨今有象無象に存在するゲームキャラ達の、まさしく大先輩なのだ。

『大乱闘スマッシュブラザーズ for 3DS/WiiU』では同期のパックマン まさかの参戦。
パックマンの参戦PVラストに同年に誕生したキャラクターとして 隠しキャラクターなのに Mr.ゲーム&ウォッチも友情出演を果たす
(ちなみに比較対象としてマリオとドンキーコングも頭の先だけ出てくる)。
これで最古参ゲームキャラ同士の共演が果たされることになった。

国内だけでも1287万個という記録的な売上を達成し、
任天堂がアーケード事業の失敗で抱えていた負債をあっさり帳消しにした という大成功を成し遂げている。
また、液晶パネルを2画面にした、いわば「ニンテンドーDS」の原型ともなった「マルチスクリーン」、
それに採用されて以降、任天堂のコントローラーの象徴となった「十字キー」をはじめて起用したのも
このゲーム&ウオッチからであり、今日の任天堂のゲームデバイスや携帯ゲーム機の始祖として大きな影響を与えた。

そして意外なことに、このゲーム&ウオッチは元々のターゲット層がサラリーマン向けであり、
時計付きというのも、ゲームをしていても時間が解る・通勤時間の合間に遊べるというコンセプトで付けられていたものだった。
しかし予想に反して中学生に爆発的な人気となり、
ターゲット層もそれに合わせたゲームラインナップとなっていった。
ちなみにゲーム&ウオッチの発案者は、後のゲームボーイシリーズの生みの親である横井軍平氏。
元々は氏が、電車の中で電卓のキーを叩いて暇つぶしをしているサラリーマンを見たことが
「通勤中のサラリーマンでも手軽に遊べるような」携帯ゲーム機開発のきっかけとなっている。
まさに、「携帯ゲーム機」の始祖とも言える存在なのである。

その後、1989年には後継機と呼べるゲームボーイが発売するが、
1997年にはかつてのゲーム&ウオッチの人気作品を今風にリメイクした「ゲームボーイギャラリー」シリーズが発売されている。
また、それに限らず近年ではゲーム内のミニゲームとして収録されていたり、
ゲーム&ウオッチ自体がクラブニンテンドーのポイント引換プレゼントとして復刻されたこともある。
また、DSiウェアでも完全再現されて9タイトルが配信されており、現在でも意外と多くの機会で遊ぶことが出来る。
ゲームの歴史上最年長に近い彼だが、これからもマリオやパックマンと並び、現役で活躍し続けることになりそうである。

+ 任天堂ミニクラシックス

性別、年齢、一切不明(Mr.だから男か?)。体は全身塗りつぶしたように真っ黒であり、完全な平面である。
また、声を一切発さず、身振りや電子音のみで意思の疎通をしている


大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズにおけるMr.ゲーム&ウォッチ

時を超え任天堂制作の対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズDX』の隠しプレイヤーキャラとして まさかの復活。
その際に複数ゲームの役割を統合され、「Mr.ゲーム&ウォッチ」の名前が付けられた。『X』以降にも登場する。
なお、元になったゲームは「ゲーム&ウッチ」だが、スマブラシリーズでは一貫して「Mr.ゲーム&ウッチ」表記である。
キャラデザインは同シリーズの『ファイア(ワイドスクリーン版)』がモデル。
余談ではあるが、シルバーシリーズ版ファイアの飛び降りる人はである。
名前が長くて呼びにくいためか、よく 「ゲムヲ」 という愛称で呼ばれ、スマブラの声援でも「ゲームウォッチ」とフルネームでは呼ばれない。

スマブラでは、変わった外見ながら(特に空中技全般に)オーソドックスな技を持ち、初心者にも使いやすい。
更に動きがコマ送りの為、モーションの始動が読みづらく、隙が全体的に少なめという隠れた利点もある。
その反面、体が小さいために間合いがかなり短く、体重も軽い。
このように別段高性能というほどではない強さながらも、『DX』のオールスターモードではラスボス
(ただし『X』では年代順になっており、最初の相手)を担当していて、
「Mr.ゲーム&ウォッチ軍団」として数の暴力を以て襲いかかってくる。
『X』以降は通常ワザの大半が性能が変更及び発生や威力が向上されて大幅に強化された。

当然ながら、彼のワザは全て『ゲーム&ウオッチ』のゲームが元ネタとなっている。

+ 各種必殺ワザ(以降「B」と表記)

『X』のアドベンチャー「亜空の使者」では
善悪の観念が無い 」「 ストーリーの中軸となる影虫を無尽蔵に生み出せる 」「 生み出した影虫を使って変身、分身などが出来る
等となにげにトンデモない設定になっている。

スマブラでの再登場を受けてか、近年では彼自身が他のゲームにちょくちょくゲスト出演することも多く、
メイドインワリオシリーズのいくつかのミニゲームに出演してみたり、
最近ではドンキーコングリターンズの工場ステージの背景でパイプを修理している姿が目撃されている。


MUGENにおけるMr.ゲーム&ウォッチ

分かる人にだけ分かる懐かしいネタキャラだけあって、そこそこの数がある。
また、GIF_Mr.T氏のものには強いAIがある。
+ GIF_Mr.T氏製作 スマブラX仕様
+ ぼうし氏製作 手描きスマブラX仕様
+ 4djouro氏製作 スマブラDX仕様
+ CGL氏製作 スマブラX仕様


出場大会

更新停止中
凍結
  • 「[凍結大会] [Mr.ゲーム&ウォッチ]」をタグに含むページは1つもありません。