ディアブロ



「この麗しい炎で、

おまえは真っ白な灰になるのだ……

ゆけ! ファイヤーボール!!」


アタリ社の恐竜格闘ゲーム「プライマルレイジ」に登場するキャラクター。
名前はスペイン語で悪魔」を意味する。

姿は肉食恐竜のようだが、その正体は天変地異により目覚めた7体の神々の中の1つ。
地上で生きる者たちの苦痛に導かれ、URTHという名の未来世界の灼熱の牢獄からやってきた。
+ エンディング

ディアブロは炎を使った攻撃を主体としており、テレポートする技も持っている。
また、同じモデリングの色違いキャラとして飢餓の神サウロンがいるが必殺技は全く違う。
性能としては飛び道具やワープ技など、一通りそろったバランスのいいキャラ。

原作にはフェイタリティ技(国内のプレイステーション版で「神罰」と呼称)が存在し、
そのグロさは一部に定評があるのだがディアブロの神罰は他のキャラに比べると
口から吐く業火で敵を焼き払ったり、地割れに落としたりと割とまともである。

MUGENのディアブロ

Lord Sinistro氏によって制作されている。
元のゲームのグラフィックそのままで作られており、不気味なくらいにヌルヌルと動く。
3段階に設定可能なAIも搭載されており、ガードは甘いもののコンボ精度が高く申し分ない強さをしている。
ちなみにAIを常時起動にするとフライングしてしまう点に注意。
また、AIが入るとゲージが自動で増加するようになる。

+ 技解説・技名はリードミー原文ママ

また、スタートボタンを推すと人間達=「信者」を呼び出すことができる(原作設定)。
普段は画面奥にいて見守っているが、時々戦ってる所に出てきては祈るような仕草をとる。
相手の攻撃が当たるようになっており、当たると悲鳴を上げながら吹っ飛ばされる。
でも死なない。なんなんだこいつら。
ちなみに原作ゲームでは、 彼らを食べる ことでライフを回復する技が全キャラ共通で搭載されており、MUGENでも可能となっている。

出場大会

削除済み

出演ストーリー