タロン


「短冊切りと、

          みじん切り、

どちらがお好みかのぅ」




恐竜格闘アーケードゲーム「プライマルレイジ」に登場するキャラクター。
「生存」を司る神である。見た目はヴェロキラプトルなどの小型恐竜に似ていて、ディアブロなど他の神々よりは小柄なほうだが
それでも原始人と比べてみる限り、結構なデカブツである。
また、「生存」といってもあくまで自分ら一族のことらしく、
エンディングでは全ての神々を倒した後に繁栄したタロンの一族が人間狩りを楽しんでいる。

全体的にリーチは短めで飛び道具を持たないが小柄で動作が素早いスピードタイプのキャラ。

俊敏に動き回り、鋭い爪や牙で相手を切り刻むのが彼の戦闘スタイル。
その性質故タロンの技は原作でも一・二を争うグロさであり、
踊るような動作で相手を切り裂いたり、相手にしがみついて顔面に齧りついたりするので
人によっては見るに堪えないものが多い。


MUGENにおけるタロン

ディアブロヴァーティゴと同様、Lord Sinistro氏によるものが存在。
氏のサイトの消滅により一時的に入手出来なくなっていたが、現在は新サイトにて再公開されている。
3段階に調整可能なAIがあり、このAIがかなり厄介。
コマンド投げ扱いとなっている先述の「顔面齧り」を連発してくる傾向が強く、相手をいとも簡単にハメ殺してしまうこともある。
ちなみに同作者のプライマルレイジキャラと戦わせると、特殊イントロが発生する。
原作ではガード等のできた技の多くがガード不能の投げ技になっており、このMUGEN版は投げキャラというべき性能になっている。
そのため小柄で素早い投げキャラという、大柄で動きの遅いことの多い投げキャラでは少し珍しい性能のキャラである。

+大会ネタバレ
某大会では、さっそく火星人に齧り付いていた。
相手の悲鳴も相まって、草食動物を捕食しているようにしか見えなかった。ご愁傷様。

体色と模様、体付きからモンスターハンターのドスゲネポスとか言われたことも。
ライトボウガンハンターとの戦い)

出場大会


出演ストーリー